エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

折井あゆみ

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
AKB48
折井 あゆみ おりい あゆみ
2006年
公式ニックネーム

あゆ姉

所属事務所

フレイヴ エンターテインメント

生年月日

1985年7月20日 (32歳)

出身地

長野県

血液型

B型

身長

162cm

スリーサイズ

B77 W55 H78

合格期

1期生

選抜回数

1回

折井 あゆみ(おりい あゆみ、1985年7月20日 - )は、AKB48の元メンバー。現在は女優、タレント。長野県諏訪郡出身[1]。フレイヴ エンターテインメント所属。

略歴

2005年
  • 10月30日、AKB48オープニングメンバーオーディションに合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。
  • 12月8日、AKB48劇場グランドオープンで公演デビュー。
2007年
  • 1月25日、AKB48から卒業。

人物

AKB48として

2007年

  • 1月19日、チームA公演にてAKB48から卒業する事を発表。「突然な事で驚かせてしまって、本当にゴメンナサイ。そして4thステージを楽しみにしていて下さった皆さん、本当に本当にゴメンナサイ。でも、これは悲しい別れではありません。AKB48として活動してきた、約一年間の経験を持って、また新しい自分の挑戦していくスタートなんです。AKB48は夢を持った女の子が集まって、そしてまたそれぞれの夢に向かって羽ばたいていく場所です。去年の3月31日に卒業した宇佐美友紀ちゃんと同じように、私も自分の夢に向かって歩いて行きたいと思います。AKB48に入って秋元先生、夏先生、大好きなメンバー、スタッフさん、そして応援して下さっている皆さんに出会えたことがこの「出会い」が何よりの宝物です。この「出会い」をこれからも大切にして、頑張っていきたいと思っているので、応援してください」[2]
  • 1月25日、A3rd「誰かのために」公演千秋楽を以て、AKB48から卒業。(デビューした)AKB48メンバーとしては、宇佐美、上村に次いで3人目。また、折井の卒業に伴いチームAが16名から15名となってしまうため、チームBへ異動予定だった増山加弥乃がチームAに残留する事となった。[3]

AKB48卒業後

  • AKB48卒業後も、office48→フレイヴ エンターテインメントに所属。2008年度東京タワーイメージガールをはじめ、舞台、ドラマ、ラジオなどで現在ソロ活動中。
  • 2011年10月5日、6人のボーカリストと1人のギタリストで構成されるスペシャルユニット「Daybreakers」に参加。アルバム『Return To ZERO』をリリースした。相川七瀬、星村麻衣、中ノ森文子、HISATO(伊崎央登)、erica、海賊王(王族BAND)らが参加するコンセプトアルバムの中で、ロックシンガーとしての新たな魅力を発揮している。
  • 2016年3月27日「祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in 横浜スタジアム」の夜公演『AKB48グループ 高橋みなみ卒業コンサート』の最後の2曲、「桜の木になろう」と「桜の花びらたち」に他の初期OGとともに参加した。
  • 3月29日のブログは「今回のブログはラブレターだよ」(折井あゆみ ツイート - Twitter 2016年3月29日 tw48をトップ表示にしている)と言うように、高橋みなみへのメッセージである(以下引用)。
みなさんお久しぶりです。折井あゆみです[4]

昨日、横浜スタジアムにて行われた高橋みなみのAKB48卒業コンサートにて、最後の2曲に参加させて頂きました。 「桜の木になろう」と「桜の花びらたち」を歌わせて頂きました。

もうね、胸がいっぱいです。 大切で大好きな妹のような存在の彼女。

彼女を思うだけで涙が出る。 とってもとっても綺麗だった。

高橋みなみという人は、私の人生にとってかけがえのない存在で、出会った時の彼女はまだ14歳でした。 年齢は幼かったけれど、その年齢にしては珍しいくらい、精神的にしっかりした子だなと感じた事を覚えています。

私とたかみなと、初期メン最年少の増山加弥乃ちゃんは、当時住んでいた家が同じ方向だったので、仕事の後は毎日一緒に帰っていました。 電車では、彼女達二人分の座る席を確保するのも、私の仕事だと思っていました(笑) 無事席を確保すると、二人はあっという間に寝てしまって、私はそんな二人のあどけない寝顔を見ながら、「お疲れ様」と呟いたものです。

AKB48はスタートした時から、かなりのハードスケジュールでした。 レッスンをし、レコーディングをし、ステージに立つ。 毎日その繰り返し。それ以外にも雑誌の撮影やテレビの仕事、ラジオとスケジュールが埋まり、年上の私でさえ、かなりキツイな。。 と感じた事が沢山あります。

でも彼女は人前で弱音を吐かなかった。 そしてサボらなかった。 これね、凄い事だと思うんです。 疲れてきたら、少し手を抜こうかなとか、面倒だから… と、妥協しようとする事ってあると思うんです。

でも彼女は絶対にそれをしない。どんな時も自分に厳しく、真面目だった。 たかみなの凄いところって本当に沢山あるんです。 アイドルを応援して下さる方達は、その子の容姿の魅力だったり歌やダンスの上手さだったり、 自分が好きな子を応援する理由って色々あると思うんですけど、 たかみなを応援している人って、見た目とか歌はもちろんだと思うけれど、彼女の人間力に惹かれたんだと思うんです。

私はこの10年、たかみなを悪く言う人に出会った事がありません。

それくらいね、誰に対しても礼儀正しく、ただただ一生懸命頑張る子です。 そんな彼女が愛おしくて仕方ありません。 彼女をいつでも抱きしめられるように、私も 「正しくありたい」 とずっとずっと思ってきました。

いつだって彼女が憧れだったと言ってくれた 「あゆ姉」であり続ける為に。

昨夜は、初期メン全員が集まる事はできませんでしたが、皆彼女を愛する気持ちは同じです。 10年前、秋葉原で産声を上げ、初日のお客さんはたったの7人。ガラガラな劇場で踊り続けた私達。

そんな初期メンに、この横浜スタジアムのステージからの景色を見せてくれた、たかみなをはじめ、バトンを受け継ぎ走ってくれた全メンバーに心から感謝しています。 ピンクのサイリウム、綺麗だったなぁ。満開の桜の花みたいだった。

AKB48が多くの方に愛してもらえる大きなグループになった事、こんなに沢山の方がたかみなを応援してくれている事、 とてもとても嬉しいです。

たかみな、本当によく頑張った!! 総監督になって、メンバーに厳しい事を言わなきゃいけない事あったと思う。 厳しい事を言うって勇気がいる事。嫌われてしまうかもしれないから。

でも、本当に相手を大事に思うからこそ、言わなきゃいけない言葉ってある。 耳が痛い言葉をかけてくれる人こそ、親身になってくれる人だと思うよ。 誰よりも愛情深いたかみなだからこそ、できた事だね。

沢山みんなに愛を配ってきたから…だからね、いっぱいいっぱい幸せにならなくちゃいけないんだよ。

ステージで、148.5cmの背中をずっと見つめていました。 立派だった。 たかみながメンバーを抱きしめる姿を見て、その分彼女を抱きしめてあげたいと思いました。

コンサートの後、初期メンで彼女を待っていました。 みんなでお祝い。なんか胸が熱くなった! 全員集まりたかったね!

残すは、4/8の彼女の25歳の誕生日に行われる、AKB劇場公演ラストです。 素敵な1日になりますように。

大好きなたかみなへ

あゆ姉より。                      (行間等調整)

性格・趣味

  • 趣味はカラオケ。[5]
  • 特技は弓道。[5]
  • 夜景鑑賞士という資格を持っている。
  • 好きな食べ物は、牛タン。嫌いな食べ物はメンマ。基本的に好き嫌いはないがメンマは食べず嫌いであり、本人曰く「メンマはふやけた割り箸」とのこと。
  • AAAの宇野実彩子や川村ゆきえとは、何度も食事に行くくらい仲がいい。

出演

映画

  • クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(2007年4月21日公開、東宝)ひなげし歌劇団員(くらら)役の声優出演。
  • 美しき女豹 BODY SNIPER(2010年3月公開)
  • 鷲宮☆物語(2010年4月公開) - 小林あやめ 役

テレビドラマ

  • ホタルノヒカリ 第2話(2007年7月18日、日本テレビ)
  • ドラマ 鉄道むすめ -Girls be anbitious!- 第9・10話(2008年12月2日 - 9日放送、tvk/東名阪6局) - 曽我涼子 役
  • インディゴの夜 第4話(2010年1月8日、フジテレビ) - エリカ 役
  • 女帝 薫子 第2話 - 最終話(2010年5月2日 - 6月13日、テレビ朝日) - 和佳子 役

バラエティ・アニメ

  • クレヨンしんちゃん(2007年3月16日、テレビ朝日)大島麻衣・今井優・野呂佳代・浦野一美と共に「クレヨンフレンズ from AKB48」として、オープニング曲『ユルユルでDE-O!』を歌う。
  • みつめて!信州生テレビ2010 (2010年9月25日、長野朝日放送)

ラジオ

  • INTERVAREW(エフエムインターウェーブ|インターFM)
  • Club333NigitViewDJ(東京タワー館内放送)

CM

  • テレビ電話×AKB48 「振り付け」編等 (2006年、NTTドコモ)

Web

  • SUZUKIスズキ・ワゴンR presents 喫茶ベルサイユ(2007年3月14日 - 5月7日、Yahoo!動画)
  • アメリカザリガニのアイドル★チェキ!II(2009年7月13日、GyaOジョッキー) - ゲスト出演

舞台

  • JIRO-CHO(2003年10月 - 11月、博品館劇場) - お結 役
  • となりの守護神(2008年2月1 - 7日、シアターサンモール) - 友子 役
  • 7@dash(2008年4月3日 - 6日、東京池袋シアターグリーン) - 女子高生・ちえちゃん 役
  • エブリ リトル シング(2008年7月11日 - 20日、紀伊国屋サザンシアター) - ※Aのみ出演
  • CLASSICS vol.2【新説・鬼娥島】【Cornelia】(2008年12月12 - 25日、東京芸術劇場小ホール1) - 【Cornelia】セレン 役
  • イタズラなkiss~卒業編~(2009年7月29日 - 8月9日、博品館劇場・新神戸オリエンタル劇場)
  • 海冥の城 白の姫君(2009年12月25日 - 27日、北沢タウンホール)
  • スペース・ウォーズ(2010年5月19日 - 6月13日、西鉄ホール)
  • スペース・ウォーズ再演(2010年7月22日 - 25日、東京グローブ座)
  • メンズ校(2010年8月5日 - 15日、博品館劇場) - 春島エリカ・鷹野エリカ 役

作詞

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

  • TeamA 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演
    • クラスメイト(2nd UNIT)あなたとクリスマスイブ(※クリスマスまでの期間限定)
  • TeamA 2nd Stage「会いたかった」公演
    • 涙の湘南
    • リオの革命
  • TeamA 3rd Stage「誰かのために」公演
    • ライダー

脚注・出典

外部リンク