エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

小石公美子

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
SKE48
小石 公美子 こいし くみこ
2015年SKE48プロフィール 小石公美子.jpg
公式ニックネーム

くみちゃん

生年月日

1995年8月4日 (22歳)

出身地

兵庫県

血液型

B型[1]

身長

160cm[1]

合格期

ドラフト1期生

選抜回数

0回

サイリウム

ピンク

小石 公美子(こいし くみこ、1995年8月4日 - )は、SKE48の元メンバー。兵庫県出身。

略歴

2013年
2014年
2016年
  • 2月10日、SKE48からの卒業を発表[2]
  • 2月23日、SKE48劇場で、劇場最終公演が行われる。
  • 2月29日→3月21日、SKE48としての活動を終了[3][4]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「あなたも今日で小石ちゃんに(恋しちゃう~)私だって磨けば宝石になれるよ!20歳の小石公美子です」[1]
  • 公式ニックネームは、「くみちゃん」
  • スラリとした体形に、はっきりとした顔立ち。関西人らしくトークも得意。
小石によれば「小さいころはよく吉本に入れと言われました。自分が言ったことで笑ってくれたりするのがうれしいんです」[5]と語っている。
  • SKE48加入当初はおとなしいキャラだったが、時が経つにつれ”二重人格”と自称するほどのハイテンションキャラに。
Google+「最初の頃に比べると、ホンマに二重人格ってく らい変わってしまって大人しい私の方が皆さん 好きかもしれないけど、、、。でも、私はこのまま変な子でいきますね(((o(゜▽゜)o)))えへ 先輩に好かれようとして、ゆうつもりではないですよ!!でも、最初の頃にチームEの先輩が全く喋らなくて積極性のない私に対して「MCで必ず一回は喋る!」って約束したんです!!やから、今の私がいるなぁって心の底から思います (*^^*)成長してるかなぁ。まっだまだやと思います!でも、私は人の良いところを盗む力がある ので笑、これからも先輩の良いところを盗んでいきたいと思います」[6]
  • 「私は最初お笑い芸人になりたかったんですね。でもSKEさんにドラフトで指名されたのでこれも神様が私に与えてくれたチャンスです」[7]
  • 妹がいる[8]
  • 劇場支配人評。
「初公演では本番での勝負強さを見せていました。非常に努力家なので、どんどん練習して成長してほしいです」(2014年)[9]
「ムチャブリへの対応力が向上。キャラを貫き、今後もとんでもないギャグを繰り出していってほしいです」(2015年・湯浅洋[10]
  • 将来の夢は、女優さん[1]

SKE48として

2013年

  • 9月22日、「AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション」3次審査において、指名候補者となる。
  • 11月7日、ドラフト会議直前のアピールで、ドラフト候補者が全国の劇場で公演の前座として出演、パフォーマンスを披露。小石はAKB48劇場に出演(他の出演者は川本紗矢武井紗良下口ひなな西山怜那福士奈央、上嶋歩花、冨田圭乃)。
  • 11月10日、ドラフト会議当日。小石は第1巡目でSKE48・チームEから指名され、交渉権を獲得(須藤凜々花の抽選外れによる)。
  • 11月16日、交渉権を獲得した松井玲奈が、小石の実家を訪問し指名の挨拶。同期や後輩メンバーの自宅に行ったことがないという松井は、インターホンをどう押すのかわからないほど緊張。「小石ちゃんのようなハツラツとした子がポンと入ってくると雰囲気も変わると思う。方言などは無理に直さないほうがいいかもしれない」とアドバイス。小石は「玲奈さんに後悔させたくないので、一生懸命頑張ります」と答える[11]

2014年

Google+「5月2日初日公演。初めて初日公演に立たせていただきました。初日公演を迎えるまでのレッスン、リハーサル色んなところで自分が情けないと思いました。初日を迎えるのが、とても不安でした。初日公演に出させていただけることは本当に有難いことで私も生半可な気持ちではダメだと思いました、、、、でも、全く先輩についていけなくて、初日を迎えるまでに沢山迷惑をかけました。先輩たちの壁は大きくて、これはドラフト生なら誰しもが悩むことなのかもしれないですけど、やっぱりできない自分が悔しかったです。基本的なことから出来てないない私は、ステージにたってはいけないレベルとリハーサルのときに言われました。ドラフト会議のときよりも、公演デビューのときよりも、その言葉をいわれたときが一番辛く感じました。でも、初日公演、、本当に楽しかったです。やっぱり、ステージで輝きたい。初日公演だけじゃなく、次の公演にもでたい、強く思いました。なんて書けばいいのか分からないですが、自分がまだまだ未熟者だと感じました。私の実力では1日練習すればダンスが上手くなるわけではないので時間はかかるかもしれないですが、1日1日自分の課題を克服していつの日かダンスうまくなったね、表情素敵だったよ、って言われるようになりたいです!いや、そうなります!長い目で見守ってください。絶対に今よりも良い私を皆さんにお見せします。本当に昨日は楽しい公演でした」[12]

2016年

私はSKE48を卒業します。
自分の夢に向けて勉強したいと思い、卒業を決めました。
最後の日は決まっていないのですが、今まで以上に頑張るので、最後まで応援宜しくお願いします。[2]

劇場最終公演後の写真(チームEメンバー)。
劇場最終公演後の写真。SKE48在籍中のドラフト1期生と、NMB48から駆け付けた磯佳奈江内木志
  • 2月23日、SKE48劇場で劇場最終公演が行われる。
同期でNMB48に在籍している磯佳奈江内木志も鑑賞するなか、セットリスト後に小石の「活動の軌跡」を収録したVTRが流れ、ドラフト会議指名時の衣装に身を包み、松本慈子とともに『狼とプライド』を披露。さらに、SKE48に在籍するドラフト1期生全員で『RIVER』を披露した。小石が選曲した『狼とプライド』は「ちかくみ」と呼ばれるほど仲が良い松本とずっと入ってきた時から「狼とプライドやりたいね」という理由で、また、『RIVER』については「絶対に最後ドラフト1期生と何か1曲やりたいなと思っていて、この曲は私たちがSKE48に入るきっかけともなった曲」であったことが理由であった。
セレモニーでは、松本からの手紙が朗読され、花束が贈呈された。以下、小石からのメッセージ。

今日卒業公演に来てくだって皆さん、DMM、モニターを観てくださっている皆さん、本当にありがとうございます。今までで一番楽しい公演になりました。本当にありがとうございます
約2年半、皆さんに支えられてここまでやってきました。皆さんに支えられた時間は本当に幸せな時間となりました。本当にありがとうございます。
私はドラフト1期生として入ってきました。最初はなかなか周りから受け入れてもらえなくて、ドラフト生みんなでたくさん悩みました。
いつも怒られるのはドラフト生だし、何も、ダンスも踊れないし、歌もできないみんなが急にチームに入ることはファンの皆さんも少し受け入れるのは難しかったと思います。
私たちドラフトもいつも楽屋の隅っこでみんなで固まって過ごしたのを思い出します。
正直凄く最初は大変でした。でもみんなとここまで一生懸命乗り越えられてきて本当に良かったなと思います。
一緒に深夜までダンス練習したりとか、一緒に怒られたりとか、一緒にドラフトMCを作ったりとか全てが本当に思い出です。私はドラフト1期生で本当に良かったなと思いました。みんなありがとう、ありがとう。
そして、私は正直、前に出ることが苦手で、キャラを作っていたわけではないですけど、でも前に出ることが得意な子ではなくて、こうやって人前で喋るのもほんとは苦手なんですけど、『個性が大切なんだよ』ってチームEに入って教えてもらって、『前に出たいな、皆さんの顔がもっと近くで見たいな』と思って最初の頃、公演でたくさん色んなことをしてきました。
前に出ると凄くやっぱり怖いし、その分不快に思われる方もいるし、ほんとに勇気がいることだったんですけど、前に出るとチームEの先輩はみんなフォローしてくださるし、前に出て良かったなって思えることができました。
私はチームEじゃなかったらこんなに個性が出なかったと思うので、ほんとにチームEで良かったなと思っています。チームEの皆さん、本当にありがとうございました。
約2年半、ほんとに皆さんのおかげで楽しい時間を過ごすことができました。こんなに各イベントでたくさんの人に祝ってもらうっていうことは普通の人じゃ体験できないようなことだと思います。なので今日もこうやって皆さんに祝ってもらって私は。祝ってもらう? 卒業おめでとうっていう公演ですね(笑) 皆さんに送り出してもらえて私は本当に幸せだなと思いました。
実は私はまどかさんを見送る立場と思ってたんですよ。で、絶対自分の卒業公演にはまどかさん、もういないなと思っていて。明日は私は悔しいですけどいないんですけど、でも今日まどかさんと一緒に公演に出ることができてとても嬉しかったです。
そうですね、皆さんには本当に感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。
ドラフト生もですね、今はさりちゃんが選抜に入って凄く凄く嬉しいんですけど、他のドラフト生も一杯選抜に入って輝いて欲しいなと思っています。
卒業してもSKE48のことを応援していますし、自分も次の冒険も楽しみたいと思うので、皆さんまたどこかでいつか会えたらいいなと思っています。今まで本当にありがとうございました。幸せでした。ありがとうございました。[13]

最後に小石の希望によりチームE全員で『バナナ革命』を歌い、公演を締めた。小石は一抹礼後引き上げる際に、

「ほんとに最初ドラフトで入ってきた時、最初どうなることかと思ってたんですけど、自分自身でも。ほんとにみんな成長したよ(w) ほんとにドラフト1期生で良かったなと思います。ありがとうございます。ボン・ボヤージュ、グイグイ」[13]

と言い、舞台裏へ戻った。
  • 3月21日、パシフィコ横浜でのAKB48『0と1の間』劇場盤発売記念大写真会参加をもって、SKE48としての活動を終了。当初、2月29日が活動最終日となることが発表されていた[3]

SKE48卒業後

2016年

  • 4月1日、大阪・西心斎橋にある元NMB48島田玲奈がオーナーを務めるカフェ「saq*cafe」のスタッフとして、採用されたことが明らかになった[14]

交友関係

  • 野口由芽とは、初公演デビューまでのレッスンにずっと付き合ってもらい、ダンスを教えてもらった。それ以来、「偉大な方でこれからも私にとって憧れで素敵なお方なんです」[15]
  • ドラフト生の惣田紗莉渚とはご近所でもあり、仲が良い。
惣田「くみちゃんとはご近所さんだし、助け合って生きていきたいと思っているので、これからもよろしくお願いします!笑」[16]
小石「ドラフト候補生のときから趣味が一緒でよく相談乗ってもらってました!プライベートでも、よくご飯を貰いにいく仲です笑」[17]
  • 他のドラフト生では松本慈子とも仲が良く、「ちかくみ」と称している。前述の劇場最終公演では、松本は小石への手紙を朗読している。
Google+「わたし、ちかこがとっても大好き! ちかこといると本当に楽しいし、色々相談もできて、アドバイスもくれます!毎日メールもしてるよ!ちかこも、くみちゃんが1 番大好きって言ってくれます!(*^_^*) 実は、ちかこは大人しくみえて私のテンションに唯一ついていける子なんですよ!ってことは、ちかこも、、、!笑 あしたは、ちかこに会えるからお洒落していこうかしら~(^○^)笑」[18]
  • チームEの中では、市野成美と仲が良く、「くみなる」と称している[19]
  • 同じチームかつ同じキャラの谷真理佳とも仲が良い。「同い年で高い声で同じB型で共通点いっぱいだから、話があうの!」。なお、谷のことを「谷様」と呼んでいる[20]
  • 柴田阿弥は小石のファンを称していて、柴田から、季節ごとに頻繁に大量の服を譲ってもらっている[21]
  • NMB48東由樹とは地元が一緒で、共通の知り合いがおり、「めっちゃ48グループの中では身近な人」とのこと[22]

性格・趣味

  • 泣き虫。「18歳になったのに、全くしっかりしておらず、むしろ、何かあるたんびに泣いてる気がします」[23]
  • 48グループのメンバーの中でも「がさつ」「汚ドル」との評がある。
フジテレビ「※AKB調べ」(2014年11月20日放送)の「AKBで一番ガサツなのは誰!?」ランキングでは19票を集めて、1位の谷真理佳に続き、2位にランクインした。当時の小石の部屋の状況は、衣服や毛髪、埃に加え、傷んだバナナ、使用済みティッシュが散乱し、部屋全体がゴミ箱状態であった。
  • 趣味は、旅行、ショッピング、音楽鑑賞[1]。旧プロフィールでは、読書、ガールズトークも。
  • 特技は、皿回し[1]。旧プロフィールでは、金魚すくい。
  • 好きな食べ物は、苺のショートケーキ[1]
  • 好きな言葉は、「小石から宝石へ!」[1]。旧プロフィールでは、「JOY of LIFE」。
  • (名古屋の)自宅にはテレビがない[21]
  • 佐藤実絵子による紹介。「兵庫県出身の、小石公美子ちゃん!高校三年生!チームEの一位指名です。最初は一位指名の子からにしてみた!このあとは順不同で(笑)小石ちゃんはまず、声がめちゃめちゃ可愛い!!もっと聞きたいと思うくらい可愛い!!そして、何よりも、がむしゃらさが魅力!どんな曲もとにかくがむしゃらに大きく踊る姿がとても良いです!SKEっぽいしね!がむしゃらさだったら、ドラフト候補生の中でもナンバーワンだったと思う。公演ですごく輝けるタイプだと思うから楽しみです!」[24]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

SKE48

出典

  1. ^ a b c d e f g h SKE48公式プロフィール
  2. ^ a b SKE48 チームE 小石公美子 活動辞退による卒業のご報告 - SKE48オフィシャルサイト(ニュース) 2016年2月10日
  3. ^ a b SKE48 チームE梅本まどか・小石公美子 最終活動日のご案内 - SKE48オフィシャルサイト(ニュース) 2016年2月11日
  4. ^ SKE48 チームE 小石公美子の今後の活動に関して - SKE48オフィシャルサイト(ニュース) 2016年2月18日
  5. ^ 小石公美子トークも得意/AKBドラフト - 日刊スポーツ 2013年10月28日
  6. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年8月3日 Gugutas
  7. ^ NHK BSプレミアム『AKB48SHOW!』2014年12月20日放送。
  8. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月1日 Gugutas
  9. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P108より。
  10. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P126より。
  11. ^ 大島優子、小6後藤さんにゾッコン「一目ボレ」…AKBドラフト指名あいさつ - ORICON STYLE 2013年11月18日
  12. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月3日 Gugutas
  13. ^ a b 【速報版】 小石公美子 劇場最終公演レポート - AKB48@メモリスト 2016年2月24日
  14. ^ saq * cafeツイート - 2016年4月1日
  15. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月5日 Gugutas
  16. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月2日 Gugutas
  17. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年4月30日 Gugutas
  18. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年7月28日 Gugutas
  19. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年8月8日 Gugutas
  20. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年8月1日 Gugutas
  21. ^ a b 柴田阿弥のブログ投稿より。柴田阿弥ヾ(о・ω・о)ノ 応援しよう!って思ってもらえるアイドルになれるように! - SKE48オフィシャルブログ powered by Ameba 2014年10月3日
  22. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月21日 Gugutas
  23. ^ SKE48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月1日 Gugutas
  24. ^ 佐藤実絵子 投稿 - Google+ 2014年2月8日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク