エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

乃木坂46

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
乃木坂46
乃木坂46ロゴ.jpg
活動期間

2011年8月21日 -

事務所
レーベル

Sony Records (2012年2月)
N46Div. (2012年5月 - )

総合プロデューサー
運営委員長
公式サイト

乃木坂46」(のぎざかフォーティーシックス)は、AKB48の公式ライバルとして誕生した、秋元康総合プロデュースの女性アイドルグループ。坂道シリーズ第1弾[1]

概要

  • AKB48の生みの親・秋元康が新たに用意したAKB48の公式ライバル。世の中に数多ある類似グループではなく公認グループ。また、SKE48NMB48などのような姉妹グループとも違うというスタンスをとっている[2]
  • グループ名の「乃木坂」は、最終審査の会場「SME乃木坂ビル」(東京都港区赤坂)に由来[2][注釈 1]。48グループは地名をアルファベット表記にするが、ライバルであることを強調するために、あえて漢字表記にしている[4]。また、48グループのように乃木坂に専用劇場を持っているというわけでもない。
  • 『AKBより人数が少なくても負けない』という意味を込め、48ではなく「46」と名付けられた[2][注釈 2]
  • ライバルという位置づけではあるが、デビュー前から決定していた冠番組にはAKB48の運営会社であるAKSが参加。当時、AKS社長であった窪田康志もスーパーバイザーとして名を連ねるなど、48グループの運営が深く関わっている。
  • 円陣での掛け声は以下の通り[7]

せーの! のー!<(手拍子×4)> ぎゅっ!<(手拍子×3) (手拍子×3)> ぎゅっ! せーの! 努力! 感謝! 笑顔!うちらは乃木坂 上り坂46

結成までの経緯

  • 元々AKB48はソニーミュージックグループのデフスターレコーズに所属し、CDを発売していた(1stシングル「会いたかった」から8thシングル「桜の花びらたち2008」まで)。諸事情によりデフスター側から契約を打ち切られたAKB48はキングレコードへと移籍したが、移籍後から右肩上がりで売上を伸ばし、いつの間にか大ブレイク。デフスター側は2010年に『逃した魚たち』というそのままのネーミングの旧作のMV集を発売、「53(=誤算)」の涙シーンを収録するなど自虐的なことも行っていたが、そんなAKB48に一泡吹かせたいということで秋元とタッグを組み、公式ライバルを誕生させた[8]
  • 後に秋元が語ったところによると、デフスター時代、宣伝費などで相当な赤字を出してしまったが、結局CDは売れず、契約を打ち切られてしまった。AKB48がブレイク後、デフスター側から旧作の再販の話を持ちかけられたが、秋元が「タイトルは『逃した魚たち』にするんだったらいい」と提案。これをソニー側が本当に受け入れたことで、「それじゃ(また)何かやろうか」となり乃木坂を結成するに至ったという[9]
  • また、乃木坂46運営委員会委員長の今野義雄が『MdN』2015年4月号のインタビュー(抜粋)に答えたところによれば、

秋元先生がAKBのシャドーキャビネットみたいなものを作りたいというプランがあり、ソニーでプレゼンして企画を成立させようという話があって、プロジェクトリーダーを任されました。秋元先生からは、「候補者を50人見せてほしい」と言われました。僕の役割は秋元先生に、「50人の精鋭」を連れてくることだった。それが38,934人のオーディションになっていった。先生には結果的に最終の一個前の四次審査、100人残ってる段階から見ていただいて、33人の合格者を出したのが乃木坂の一期生ということです。
─― 38,934人から100人に絞るまでは今野さんの仕事だったんですね。
先生に「よくぞこの人材を集めたな」って言わせないと僕の負けだった。そこはもう、結構命がけでやりました。一回スタッフがチェックして落とした子たちのプロフィールが入ったダンボールももう一回見直しもした。動画で合格した子たちをチェックする時も、一緒に映る落ちた子も当然目に入るわけですよね。「ちょっと待て、巻き戻して。右から三番目の子、もう一回見ようよ」みたいなことをくりかえしやって集めた100人でした。[10]

と、語っている。

48グループとの違い

  • 専用劇場を持たず、ホールを中心に活動する[11]。このため、48グループにいる「劇場支配人」は存在しない。
  • AKB48のように年1回の選抜総選挙を行わないが、ミュージカル「16人のプリンシパル」ではショーを前半と後半に分け、間に設けられた休憩時間に投票が実施され、後半ステージのポジションが変わる形式をとる。秋元康は「どこまでできるかはまだわからないが、毎回投票によって立ち位置が変わることで、全てのメンバーにチャンスがある」と語っている[2]
  • AKB48が掲げる「会いに行けるアイドル」などのコンセプトはない。
秋元康は「コンセプトが無いのがコンセプト。一番大きな点は、AKB48が総選挙じゃんけん選抜をやったりしていますが、たぶん、その時のファンの皆さんの反応でメンバーを入れ替えていくスピード感は、こちらの方が早い」と語る。AKB48がブレイクするまでかかった5年の軌跡を、5ヶ月で追いつこうというのが目標[12]
  • メンバー全員が、ノース・リバー(AKS関連会社)とソニー・ミュージックレコーズが共同で設立[注釈 3]した乃木坂46合同会社に所属し、同事務所を通じてマネージメントを行う。乃木坂46本体の運営については「乃木坂46運営委員会」と称した委員会方式を執っており、トップである「委員長」には、ソニー・ミュージックレコーズに所属する今野義雄(こんの よしお)が就任している。
今野が、『MdN』2015年4月号のインタビューに答えたところによれば、

AKBと違って、秋元先生が乃木坂のメンバーと共に時間を過ごすということがない。AKBの場合、秋元先生がメンバーと直接ご飯を食べて話し合いますよね。先生がいないぶん、おそらく先生はこの方向に向かってるはずだと考えながら僕が判断し、彼女たちと接していく。先生からは、「トンマナ(トーン&マナー)を整えるのはお前の仕事だ」とよく言われます。クリエイティブ面もメンバーのしつけも含め、これらを整えていくのが僕の役割なんだろうなと思いますね。[10]

と、実質的に秋元から、乃木坂46についてのマネージメント権限を与えられていることを、明らかにしている。
  • 国内48グループのメンバーに立候補資格が与えられるAKB48の選抜総選挙には、グループが異なるため立候補できない。例外として、48グループとの兼任メンバーについては、48グループのメンバーとして立候補資格が与えられる。第6回総選挙において、AKB48との兼任が決定していた生駒里奈SKE48からの兼任が決定していた松井玲奈が立候補資格を有し、実際に立候補の届け出を行っている。なお、生駒および松井は第7回総選挙への立候補資格も有していたが、いずれも立候補の届け出は行わなかった。
  • 48グループと同様に「研究生」システムが導入されており、2期生は研究生として加入している。セレクション審査は行われていない。シングル選抜メンバーへ選出されたメンバーは正規メンバーへ昇格した扱いとなり、運営委員会からのニュースリリースは行われないものの、公式ホームページでのプロフィールが正規メンバーと同様に掲載され、研究生ブログから個人ブログへ移行することが慣例となっていた。このケースに相当するのは7thの堀未央奈、8thの北野日奈子、11thの相楽伊織の3例である。また、運営委員会より「正式に昇格がリリースされた」例もあり、2014年3月の新内眞衣[13]、同年8月の伊藤かりん[14]の2例が該当した。2014年3月に西川七海、同年10月に矢田里沙子米徳京花が活動辞退し、2期研究生として残った6名については、2015年2月22日のライブ中に全員の正規メンバー昇格が発表された。そのため、現在、研究生はいない(研究生#乃木坂46 2期生参照)。
  • シングル選抜に選出されなかった正規メンバーは「アンダー」の扱いとなる。(レギュラー番組に出演しているメンバーを除いて)メディアに出演する機会は減少するほか、専用劇場を持たず常打ちの公演がないことから、乃木坂46としての活動自体が限られてしまう。最近では活動不足を補うべく、アンダーメンバーによるライブも実施されている[15]
  • メンバーは、ネイルアートもジェルネイルも禁止されているとのこと[16]
  • SNSについては、乃木坂46オフィシャルサイトに内包されているそれぞれの個人オフィシャルブログ(無料)と課金制の「乃木坂46 Mail」がメインとなる。Google+には参加していないが、2014年11月1日からはメンバーの任意において、755の利用を解禁している。

歴史

乃木坂46の歴史

メンバー

乃木坂46メンバー一覧を参照。

2021年9月5日現在、39名(1期7名、2期5名、3期11名、4期16名)。

用語

メンバーに関する用語(楽曲ユニット、軍団、個人など)は、乃木坂46のユニットを参照。

この項目は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
生プロダクション(いくプロダクション)
生田絵梨花が手がける架空のプロダクション。
  • ひじモデルをプロデュースする会社であり、社長は生田(なまた)。
  • 社員は他にチーフマネージャーのタカヤ(高山一実)のみで、所属タレントは星野みなみただ一人。
  • 社長自らがに股でスカウトに奔走し、白石麻衣を月給13円でスカウトしたが、未だ良い返事はもらえていない。そのため、最近ではべったりくっついて交渉を上手く進めようとしている。
俺の嫁
一般的な意味は、主に男性が理想的な女性(架空のキャラクターを含む)を意味する萌え用語。乃木坂46の場合、コンサート開場後開演前に一部ファンによって行われるコールの一種[17]
暫定キャプテン
デビューシングル発売に伴って、選抜メンバー16名での投票により暫定的に選ばれたキャプテンのこと。
  • 2ndシングルリリース時まで桜井玲香が暫定キャプテンとして活動していた。
  • 3rdシングル選抜メンバー発表時に、桜井玲香が正式なキャプテンとして活動することが発表された。
ドライマンゴー事件
2012年1月のある日、白石麻衣の鞄をあさっていた斉藤はドライマンゴーを発見し、井上小百合生田絵梨花と3人で盗み食いをしていた。運良く白石本人が現場に駆けつけ、お縄となった。
乃木坂クレープ事件
2012年1月14日、乃木坂46のメンバー33人が集まって収録をしていた。柏幸奈は待ち時間に栗きんとん苺クレープを食べていたのだが、席を外した5分の間に何者かに食べられてしまった。犯人は岩瀬佑美子[18]
乃木坂ちんすこう事件
2011年10月、「第一回メンバーお見立て会」が開催され、ソロ仕事で沖縄に行っていた衛藤美彩がメンバーへのお土産としてちんすこうを持参していた。これが一人一つであるにも関わらず、生田絵梨花が2個、能條愛未が3個食べていたため、他のメンバーが食べられないという事態に。番組収録でこの二人が持ち物チェックを引き当てたために発覚した。
乃木坂46リクエストアワー事件
通称「リクアワ事件」。2012年1月19日、東京ドームシティホールで開催されたAKB48のライブイベント「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012」に、2月にデビューを控えていた乃木坂46が登場。通常、事前に投票された上位100位の楽曲を順に披露していくイベントで、乃木坂46は圏外としてデビュー曲「ぐるぐるカーテン」を初披露した。これまでタイアップした「明治手づくりチョコレート」のCMとその新CM発表会見で楽曲の一部のみしか披露されておらず、直前の「乃木坂って、どこ?」でも「会いたかったかもしれない」のスタジオライブが披露されたのみだった。結果として、初披露は乃木坂46の番組またはイベントではなく、AKB48主催のイベントで行われた。
方向転換
乃木坂46メンバーが使う言葉。専ら「妥協」の意で用いられる。初登場は2012年10月14日放送の「乃木坂って、どこ? #54」。選抜メンバー全員で長縄跳びを46回連続で跳ぶというゲームをなかなかクリアできず、メンバーは最初から全員並んだ状態でとルール変更を提案。それに対してバナナマンが「妥協するんだね?」と聞くと、松村沙友理が「妥協じゃないです!方向転換です!」と発言した。「乃木坂って、どこ? #58」で、能條愛未が一人でパフェを食べきれなかった際にも橋本奈々未が「方向転換」と発言している。

ディスコグラフィー

乃木坂46のディスコグラフィー

福神・選抜メンバー

乃木坂46の選抜メンバー

ユニット

乃木坂46のユニット

オーディション

1期生

  • 応募条件
    • 満12歳 - 24歳(2011年4月1日時点において)までの女性に限る(未成年者は、応募に親権者の同意が必要)。
    • 審査過程において、テレビ・WEBその他媒体にて露出が可能なこと。
    • 特定のレコードメーカー、プロダクション、音楽出版社に専属契約のないこと。
    • AKB48(またはSKE48NMB48SDN48)のオーディションを受けたことがある、または在籍していたことがあっても応募は可。ただし現時点で、特定のプロダクションなどと専属契約してない事が条件。
    • 遠方在住者は、合格した場合、速やかに上京・在住できること。
  • 応募総数:38,934人[2]
  • 第1次審査
書類審査:締切 - 7月20日(水)
  • 第2次審査
面接審査:8月6日(土)、8月7日(日)に全国7か所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄)で実施。56人が合格[2]
  • 最終審査
実技審査:8月20(土)・21日(日)に「SME乃木坂ビル」で実施。
  • お披露目:8月22日(月)
  • 合格者:36人
合格倍率:1081.5倍
秋元真夏安藤美雲生田絵梨花生駒里奈市來玲奈伊藤寧々伊藤万理華井上小百合岩瀬佑美子衛藤美彩川後陽菜川村真洋柏幸奈齋藤飛鳥斎藤ちはる斉藤優里桜井玲香白石麻衣高山一実中田花奈中元日芽香永島聖羅西野七瀬能條愛未橋本奈々未畠中清羅樋口日奈深川麻衣星野みなみ松村沙友理宮澤成良大和里菜山本穂乃香吉本彩華若月佑美和田まあや
  • 主な不合格者
梅田綾乃(元AKB48 13期生)、伊藤かりん(2期生)
  • 概説
オープニングメンバー。2021年7月現在で残る現役メンバーは秋元、生田、齋藤飛鳥、高山、樋口、星野、和田の7名。25thシングル発売時点で所属している全員が選抜、および福神メンバーに選ばれた経験がある。

2期生

  • 応募資格:2013年3月31日時点で満13歳から22歳で、特定のプロダクション等に専属契約のない女性。2013年1月15日に締切。
  • 応募総数:16,302人
  • 合格者:14人(最終審査合格発表日:2013年3月28日[19]
伊藤かりん伊藤純奈北野日奈子相楽伊織佐々木琴子新内眞衣鈴木絢音寺田蘭世西川七海堀未央奈矢田里沙子山崎怜奈米徳京花渡辺みり愛
  • 主な不合格者
向井葉月(3期生)[20]
  • 概説
2期生は全員研究生からのスタートとなったため、正規メンバーへの昇格というステップが新たに生じている。この中で、堀は7thシングルでセンターに抜擢(研究生のセンターは乃木坂46史上初)、その後北野は8th、相楽は11thシングルで選抜入りし、正規メンバーに昇格。新内は2014年3月に、伊藤かりんは8月に正規メンバーに昇格した。西川、矢田、米徳は昇格しないまま活動辞退し、残る伊藤純奈、佐々木、鈴木、寺田、山崎、渡辺は2015年2月22日の「乃木坂46 3RD YEAR BIRTHDAY LIVE」にて昇格。
堀は7thから11thまでは選抜入りしたが、12th「太陽ノック」で選抜落ちとなった為、2期生デビューからのシングル連続選抜記録は誰も保持していない[注釈 4]。また現在在籍中のメンバーのうち、27thシングル現在、山崎は選抜経験がない。
2021年9月現在で残る現役メンバーは北野、新内、鈴木、寺田、山崎の5名。

3期生

  • 応募資格:満12歳から満20歳で、合格後、上京および乃木坂46合同会社との専属契約が可能な女性。2016年7月19日に締切。
  • 応募総数:48,986人。セミナー時点の応募総数は1万人以上。
  • 合格者:12人[注釈 5]。かっこ内の数字はSHOWROOM公開時の番号。
伊藤理々杏(11)、岩本蓮加(8)、梅澤美波(12)、大園桃子(3)、久保史緒里(10)、阪口珠美(5)、佐藤楓(13)、中村麗乃(1)、向井葉月(7)、山下美月(4)、吉田綾乃クリスティー(6)、与田祐希(9)
  • 主な不合格者
佐藤璃果(4期生)[21]髙橋未来虹(日向坂46・三期生)[22]
  • 概説
合格者のうち大園が暫定センターを務めることになった。さらに、オーディションに併せて大手出版社各誌とコラボレーションした特別企画が実施。オーディションを全20誌の担当者が見学し、合格者の中から選出したメンバーに各誌が特別賞を与え、特別賞を受賞したメンバーは各雑誌への掲載が確約された。
その中で、大園と与田は18thシングルでWセンターに抜擢された。27thシングル現在、中村、向井、吉田の3名は選抜経験がない。
2021年9月現在で残る現役メンバーは大園を除く11名。

4期生

詳細は坂道合同新規メンバー募集オーディションを参照。

  • 配属者:11→16人
遠藤さくら賀喜遥香掛橋沙耶香金川紗耶北川悠理柴田柚菜清宮レイ田村真佑筒井あやめ早川聖来矢久保美緒、(以下、元坂道研修生黒見明香佐藤璃果林瑠奈松尾美佑[注釈 6]弓木奈於

新メンバー募集オーディション

乃木坂46 新メンバーオーディション.png

[注釈 7]

  • 応募条件[24]
    • 満12歳 - 20歳(2021年8月10日時点において)までの女性に限る(未成年者は、応募に親権者の同意が必要)。2021年8月10日17時応募締め切り。
    • 2次審査以降の審査に参加できる方。
    • 審査過程において、テレビ・WEBその他媒体にて露出が可能なこと。
    • 遠方在住者は、合格した場合、速やかに上京・在住できること。
    • 友達や姉妹と複数人で応募する「みんなで応募」制度を導入(1組最大3名)。
    • 研修生に選ばれた方は研修があるので、そちらに参加可能な方。
  • 第1次審査
書類審査:締切 - 8月10日(火)17時→11日(水)17時に締切延長[25]
  • 第2次審査
オンライン審査:8月20日(金)- 8月24日(火)
  • 第3次審査
面談審査1:9月4日(土)- 東京・名古屋・仙台、9月5日(日)- 大阪・福岡・札幌
  • 第4次審査
面談審査2:9月18日(土)- 東京
  • 研修生(メンバー候補生)最終審査
9月19日(日)- 東京
  • 研修生
研修期間:10月 - 12月予定
  • 合格発表:12月予定

コンサート

乃木坂46のコンサート

タイアップ

乃木坂46のディスコグラフィー#タイアップ

出演番組・イベントなど

Wikipediaを参照。

スマートフォンアプリ

乃木坂46のスマートフォンアプリ

パチンコ・パチスロ台

乃木ぱ

沖ハナ

  • 正式名称:ぱちスロ 沖ハナ-30[28]
  • ジャンル:沖スロ
  • 開発・提供元:京楽産業.
  • 稼働開始日:2021年4月19日[29]
  • 特記事項:乃木坂46から18人のメンバーのパネルとボイスが用意される[30]。4月からは200強の店舗のみの導入だった[31]が、2021年7月5日から本格展開される[32]

関連人物

坂道シリーズの複数グループに関連する人物については、坂道シリーズ#坂道シリーズと関係の深い人物を参照(バナナマンを除き50音順)。

タレント

公式お兄ちゃん。お笑いコンビ。ホリプロコム所属。
乃木坂って、どこ?』-『乃木坂工事中』のMC。また、他のレギュラー番組にも乃木坂46のメンバーがゲスト出演することが多い。設楽と和田まあやは誕生日が同じ(4月23日)。
お笑いコンビ。太田プロ所属。
永島聖羅、中田花奈、弓木奈於が出演した/する『沈黙の金曜日』(FM-FUJI)のメインパーソナリティ。
お笑いコンビ「ずん」ボケ担当。浅井企画所属。
#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』(AbemaTV)のMC。
お笑いタレント。ホリプロ所属。
『NOGIBINGO!』シリーズ(日本テレビ・hulu)でMC。寺田蘭世と誕生日が同じ(9月23日)。
声優、ナレーター。アトゥプロダクション所属。
『乃木坂って、どこ?』『乃木坂工事中』のナレーションを担当。
お笑いコンビ。元吉本興業所属[注釈 8]
『私の働き方〜乃木坂46のダブルワーク体験!〜』(放送終了・フジテレビ系)、『らじらー!サンデー』(NHK第1放送)のMC[注釈 9]。『特捜警察ジャンポリス』(テレビ東京系)では生駒里奈と共演。
お笑いコンビ「バッドボーイズ」のボケ。吉本興業所属。
「サガラとキヨトの乃木坂ぷぷぷ」のMC。用語/は行#バッドボーイズも参照。
お笑いコンビ「アンジャッシュ」のメンバー(状況によりボケ、ツッコミの両方を担当)。プロダクション人力舎所属。
初森ベマーズ』(テレビ東京)では「初森第二女子商業高校[注釈 10]」教諭・小島先生役で出演、『乃木坂46 4th Anniversary 乃木坂46時間TV』ではクイズ王(#スポーツ・文化人「古川洋平」参照)との対決企画「クイズ王のリベンジを返り討ちにしよう!」のMCを担当。
歌手・俳優・演出家。アメイジング所属。
衛藤美彩、山崎怜奈、北川悠理、柴田柚菜が歴代アシスタントとして出演の『金つぶ』(bayfm)のメインパーソナリティ。
お笑いコンビ「バイきんぐ」ツッコミ担当。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』(AbemaTV)のMC。2021年10月12日深夜放送開始の「小峠英二のなんて美だ!」(TOKYO MX)では、樋口日奈と共演。
相方の西村瑞樹とともにコンビとしては、『乃木坂って、どこ?』#170、#171「乃木坂スキー合宿」、『乃木坂工事中』#12「12thシングルヒット祈願」の進行を担当。
お笑いコンビ「TIM」ボケ担当。ワタナベエンターテインメント所属。
『乃木坂ゴルフ倶楽部』(楽天SHOWTIME・2015年)のレギュラーゲスト。
相方のレッド吉田とともにコンビとしては、『乃木坂って、どこ?』#67「乃木坂成人企画 初めてのオトナ体験ツアー」の進行を担当。
声優、ナレーター。アトゥプロダクション所属。
『乃木坂って、どこ?』『乃木坂工事中』のナレーションを担当。
お笑いコンビ。吉本興業所属。
『乃木坂46のザ・ドリームバイト!〜働き方改革!夢への挑戦!〜』(フジテレビ系)の2020年4月7日放送分からMCとして共演。
ナレーター、放送作家。フリー。
『乃木坂どこへ』『ノギザカスキッツ』『ノギザカスキッツ Act2』『乃木坂スター誕生!』(日本テレビ・Hulu)のナレーションを担当。
お笑いコンビ「ドランクドラゴン」ツッコミ担当。プロダクション人力舎所属。
『乃木坂46えいご』(CS・TBSチャンネル1、2015年6月 - 2021年1月)、『乃木坂お試し中』(同チャンネル、2021年2月27日放送開始予定)のMC。『乃木坂46 4th Anniversary 乃木坂46時間TV』では、メンバーがカラオケで対決する「ガチバトルTHE歌王」のMCを担当。また、2020年10月24日開始(~2021年1月2日)のドラマ『どんぶり委員長』(BSテレ東、テレビ大阪)で伊藤理々杏演じる「山笠静香」[注釈 11]のクラス担任の「茨泰之」役を演じた[34]
声優、歌手。アイムエンタープライズ所属。
乃木坂46のガクたび!』(NHK BSプレミアム)のナレーションを担当。
俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。
ドラマ『初森ベマーズ』では、第10球(話)で、ボウリング場に訪れていた4人組の客の1人・吉田義男役で出演[注釈 12]。映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、白石麻衣と共演。また、齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月出演の『映像研には手を出すな!』(ドラマ版、映画版とも)では、3人が通う高校「芝浜高校」の生徒・黒田役で共演。
タレント。人力舎所属。
『のぎ天』(楽天SHOWTIME・2014 - 2015年)のMC。『真夏の全国ツアー』『3期生お見て会』『46時間テレビ』では「天の声」を担当したこともある。
俳優。ラ・セッテ所属。
無口なライオン」のMVでは西野七瀬の父親役、『初森ベマーズ』(テレビ東京系)では白石麻衣が演じた「権田原キレイ」の父親「権田原兼持」役を演じた。
生駒里奈(2017年4月 - 2018年6月)、高山一実(2018年7月 - 2020年8月)、早川聖来(2020年8月 - 2021年9月)が出演した『ザ・ヒットスタジオ(水)』(毎日放送)のパーソナリティ。スミスは高山時代に卒業し、2019年6月から久松郁実が担当。
女優。鈍牛倶楽部所属。トライストーン・エンタテイメント所属。
ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方~Documentary of 乃木坂46~』(東宝)のナレーションを務めた。
  • ニック
お笑いコンビ「タイムボム」ボケ担当。サンミュージックプロダクション所属。
『乃木坂46えいご』に英語ネイティブスピーカーとして出演[注釈 13]
グルメエンターテイナー。『グルメの坂道』(smash.)の料理店・レストラン監修。
女優。オポス所属。
映画『あさひなぐ』では、二ツ坂高校薙刀部が合宿する「白滝院」の副住職・郁林役、ドラマ・映画『映像研には手を出すな!』では芝浜高校女子生徒役(役名なし)で共演。
  • ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)
お笑いコンビ。サンミュージックプロダクション所属。2021年5月10日から放送開始の『乃木坂スター誕生!』(日本テレビ・hulu)のMCとして乃木坂46・4期生と共演。

アナウンサー

NHK東京アナウンス室所属。
2021年1月11日に放送された、『今日は一日“乃木坂46”三昧』(NHK-FM)の進行役[35][36]
TBSテレビ編成室アナウンス部所属。
『乃木坂お試し中』(CS・TBSチャンネル1)のナレーション。
フリーアナウンサー。ボイスオン所属。
11thおよび14thシングルの選抜発表の進行を行ったほか、コンサートライブのMCも行っている。
フリーアナウンサー(元フジテレビ)。フォニックス所属。
『乃木坂46のザ・ドリームバイト!〜働き方改革!夢への挑戦!〜』(フジテレビ系)でMCとして共演。
AbemaTV専属アナウンサー。
『#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』進行役。
ニッポン放送アナウンサー。ビジネス開発センター ネクストビジネス戦略部吉田ルーム副部長[37]
佐々木琴子鈴木絢音が出演していた「ジャパコン Presents 『エージェントHaZAP』」(BSフジ・2017年4月〜2018年3月)のメインMC。佐々木と鈴木は、番組終了後の2018年11月には、吉田がMCを務めていた『ミュ~コミ+プラス』に出演している[38]。また鈴木とは『ナナマルサンバツ THE QUIZ STAGE』で共演[39]
3人ともTBSテレビ編成室アナウンス部所属。
衛藤美彩が2011年10月から2013年12月までレギュラー、その後も2019年3月まで不定期出演し、現在も乃木坂46メンバーが不定期出演している『開運音楽堂』(TBSテレビ)の歴代司会[注釈 14]。2021年10月より卒業生の伊藤かりんがMusic Presenterを務めている。

スポーツ・文化人

  • 片山眞里
女子プロゴルファー。片山晋呉の妹。
『乃木坂ゴルフ倶楽部』のレギュラーゲスト。
  • 澤昭人
公認会計士。
『ジュグラーの波〜なぜ衛藤美彩はラジオで数字を学ぶのか?〜』(TOKYO FM)で衛藤美彩、『乃木坂46梅澤美波の「のぎぼき」!』(ニッポン放送)で梅澤美波と共演。衛藤とは、小説『なぜ彼女が帳簿の右に売り上げと書いたら世界が変わったのか?』の共著者でもある。
将棋棋士。
『将棋フォーカス』(NHK Eテレ)で伊藤かりんとMCを務め(隔週)、向井葉月MCの下では、講座「太地隊長の角換わりツアー」(2019年度下期)の講師。向井の師匠でもある。
クイズ王。カプリティオ代表。
『乃木坂工事中』のクイズ作成を務めるクイズ作家。推しメンは堀未央奈。『乃木坂って、どこ?』#159、#160で乃木坂46とクイズ対決をし敗戦。その後『乃木坂46時間TV』のクイズ対決でリベンジマッチを行い勝利。2018年4月から放送されていた『吉本坂46が売れるまでの全記録』(2020年9月29日終了)のレギュラー(放送開始開始 - 2019年3月26日、松村沙友理と共演)。2021年2月21日に配信された『9thバースデーライブ直前!乃木坂脱出ゲーム~46の謎と7つの部屋~』(AbemaTV)では、46キロの減量に成功し、髪をオレンジ色に染め大変身した“イメチェン姿”をメンバーに披露し、驚きを誘った[40]
「東進ハイスクール」英語講師。
『乃木坂46えいご』先生役。

クリエイター

漫画家。
齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月が出演した『映像研には手を出すな!』(映画およびテレビドラマ)の原作者。僕は僕を好きになるのアニメ版MVのストーリーと原画を受け持った[41]
  • Seishiro
振付師。P.I.C.S.所属[42]
レコード大賞を受賞した「インフルエンサー」、「シンクロニシティ」はじめ曲・ステージの振付を担当[43]。乃木坂46以外では、ジェニーハイ『夏嵐』MV(2021年8月17日20時0分にYouTubeで公開)に出演する日向坂46の金村美玖の振付を務めた[44]
振付師。
孤独兄弟をはじめ、ユニット曲、カップリング曲の振付を担当。同じく振付師のAcchanは弟子にあたる[45]
  • 堀越絹衣(ほりこし きぬえ)
スタイリスト
1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「ガールズルール」までの衣装を担当。
振付師。
1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」まで表題曲の振付を担当。
  • ムライマユ
振付師。
コンサート、TV出演の振付、演出を担当。
  • 村松祐輔
服飾デザイナー。MURALの一員。
21stシングル「ジコチューで行こう!」から乃木坂46衣装を担当[46]
画家、映像監督。
ガールズルール』『サヨナラの意味』などMVおよび個人PVの監督。また、2019年12月から配信された『乃木坂シネマズ』(フジテレビオンデマンド)第一話「鳥、貴族」(主演:齋藤飛鳥)の監督を務めた[47]
  • LICO
振付師。LICOを参照。
  • WARNER
振付師。WARNERを参照。

関連施設

東京メトロ千代田線の駅。2016年3月26日より、5thシングル「君の名は希望」が発車メロディとして採用されている(1番線はAメロ、2番線はサビ)。使用音源は生田絵梨花のピアノ生演奏。また、1stアルバム『透明な色』のジャケット写真に使用されている(Type-A:2番線ホーム、Type-B:1番線ホーム、通常盤:コンコース)。
東京都港区に実在する神社。乃木希典将軍とその妻である静子を祀っている。CD発売前にヒット祈願を行っているほか、メンバーの成人式を2013年より毎年行っている(成人式参照)。

ライブ・コンサート関連

東京都新宿区に実在する野球場。日本のプロ野球球団「東京ヤクルトスワローズ」の本拠地であるほか、高校野球東京都大会の予選、大学野球の会場としても使用される。
2014年より「真夏の全国ツアー」の会場として使用されている[注釈 15]ほか、配信シングル「世界中の隣人よ」ではMV中で使用され、当楽曲のジャケット写真は、同球場のスコアボードに、1期生の当時現役メンバーおよび楽曲に参加しているOGメンバーが映し出されているものが使用されている。
ファンの間では「聖地」とも呼ばれている。

その他の施設については、コンサートを参照。

運営スタッフ

「僕は僕を好きになる」に記載されているスタッフは以下の通り(抜粋)。

  • 総合プロデューサー:秋元康
  • エグゼクティブプロデューサー:秋元伸介今野義雄北川謙二
  • プロデューサー:磯野久美子、堀江隆久、菊地政利、浦塚雅宣
  • アシスタントプロデューサー:熊谷隆宏、洲﨑大樹、中根美里
  • ミュージックマネージメント:河田進
  • A&R:吉田行孝、塩野恭介
  • チーフマネージャー:菊地友
  • マネージャー:富樫奈緒子、渡邉恵美子、本橋亜美、梅沢昌子、河野史華、田村理、市沢朱菜、河木容子、伊藤綾花、阿南賢太、矢吹穂並、森川亮、小林未歩、後藤優紀、杉浦里紗、泉瑠音、中川原太朗、伊藤佳香、木畑美紅、富山幸世、板垣未来、伊藤江梨
  • レーベルエグゼクティブプロデューサー:辻野学[注釈 16]、中村B隆志[注釈 17]

脚注

注釈

  1. ^ 2018年2月をもって、SME乃木坂ビルはジャニーズ事務所に売却。現在はジャニーズ事務所本社となっている。ただし、地下階のみソニー・ミュージックスタジオが引き続き入居している[3]
  2. ^ 実際にはグループの人数は46人ではなく、比較対象である「48」も人数を表しているわけではない。但し、メンバーの卒業や加入により偶然46名になる期間(2013年5月11日 - 6月16日、2017年2月21日 - 12月23日、2019年4月1日 - 5月24日、2020年4月28日 - 2020年10月25日)がある(詳細は定員を参照)。
  3. ^ 2社は、会社法上「業務執行社員」と呼ばれる。なお、ソニー・ミュージックレコーズは2014年4月にソニー・ミュージックレーベルズに商号変更している。
  4. ^ 但し、堀は14thシングル「ハルジオンが咲く頃」で選抜復帰をしており、そこから26thシングルまで13作連続選抜継続(2期生1位)。現役では新内が16thシングルから13作連続選抜継続中(堀と並び1位タイ)。
  5. ^ 最終審査前に13人が合格していたが1名辞退。12名が臨み全員合格となった。
  6. ^ 2018年12月に乃木坂46の4期生として加入予定だったが学業の優先を理由として辞退。その後「坂道研修生」として活動。
  7. ^ 日刊スポーツほか一部メディアは、「新メンバーは5期生として乃木坂46に加入するとみられる」と報じている[23]が、オーディション公式サイトやSNSは5期生という言葉を使っていない。
  8. ^ 2020年12月31日をもって吉本とのマネジメント契約終了[33]
  9. ^ 2018年4月1日まではSKE48とも共演していた。中田は2020年10月4日放送分をもって卒業し、翌週より藤森のみ単独出演。
  10. ^ 「初森ベマーズ」は「初森第二女子商業高校ソフトボール部」のことである。
  11. ^ 2020年11月21日放送の第5話より出演。
  12. ^ 同時共演ではなく、ななまる(西野七瀬)の少女時代の設定での出演。
  13. ^ 2016年までは元AKB48平田梨奈が担当していた
  14. ^ 2018年7月より2021年9月まで同番組のアシスタント(現名称:Music Presenter)を元NMB48、元AKB48藤江れいなが務めていた。
  15. ^ 2013年はZepp Tokyo、2018年は隣接する秩父宮ラグビー場との共同使用。2020年は中止。2021年は東京五輪のため(新国立競技場に隣接しているので)使用不可。
  16. ^ 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ代表取締役執行役員社長[48]
  17. ^ 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ執行役員(第 1 レーベルグループ担当)[48]

出典

  1. ^ 鳥居坂46 1期生メンバーオーディション - 乃木坂46公式サイト
  2. ^ a b c d e f AKB公式ライバル「乃木坂46」誕生へ! - デイリースポーツ 2011年6月30日(アーカイブ)
  3. ^ ソニー・ミュージックの「SME乃木坂ビル」、譲渡先はジャニーズ事務所 地下スタジオはソニーが継続利用 - ねとらぼ 2018年2月19日
  4. ^ [1] - サンケイスポーツ 2011年8月22日(リンク切れ)
  5. ^ さしこ「さし坂46」で路チュー松村に言及 - 日刊スポーツ 2014年12月16日
  6. ^ AKB余裕 乃木坂“乱入”でライバル宣言も高橋みなみ「かわいい」 - スポーツニッポン 2012年1月20日
  7. ^ 人はなぜ走るのか?』の曲の冒頭
  8. ^ TBS系『アッコにおまかせ!』2011年7月3日放送分にて担当者が語る。
  9. ^ TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』2012年6月17日放送より。
  10. ^ a b 乃木坂46 運営委員会委員長 今野義雄インタビュー - MdN Design Interactive
  11. ^ AKB48“公式”ライバル乃木坂46、36人決定 毎日が総選挙?! - ORICON STYLE 2011年8月22日
  12. ^ テレビ愛知・テレビ東京系『乃木坂って、どこ?』2011年10月2日放送分。
  13. ^ 新内眞衣、正規メンバー昇格のお知らせ - 乃木坂46公式サイト 2014年3月2日閲覧
  14. ^ 伊藤かりん、正規メンバー昇格のお知らせ - 乃木坂46公式サイト 2014年8月4日閲覧
  15. ^ 乃木坂46アンダーライブが幕、次期開催も決定 - 音楽ナタリー 2014年7月29日
  16. ^ テレビ愛知・テレビ東京系『乃木坂工事中』2015年4月20日放送分
  17. ^ 乃木坂46が台北で初公演!「俺の嫁」と男性ファン絶叫 - サンケイスポーツ(共同) 2019年1月28日
  18. ^ 懐かしい◎ - 柏幸奈公式ブログ 2012年1月15日
  19. ^ 『乃木坂工事中』#212(2019年6月23日放送分)で北野日奈子が発言。
  20. ^ のぎおびSHOWROOM 2021年6月14日より。
  21. ^ 久保史緒里 SHOWROOM 2020年8月8日
  22. ^ 日向坂46ストーリー~ひらがなからはじめよう~【特別篇】遅れてきた少女たち - 週プレNEWS 2020年3月27日
  23. ^ 乃木坂3年ぶり新メンバーオーディション開催、リモート審査や友達と応募も - 日刊スポーツ 2021年7月19日
  24. ^ 乃木坂46 新メンバー募集オーディション - ソニーミュージックエンターテインメント
  25. ^ オーディション受付 8月11日(水) 17:00まで延長のお知らせ - 乃木坂46公式サイト 2021年8月10日
  26. ^ a b c 乃木坂46の限定コンテンツを続々発表『乃木ぱ』公式サイトオープン - PR TIMES 2021年9月27日
  27. ^ a b >乃木坂46がパチンコに!人気の25曲搭載、さらにレジェンドメンバーも - webグリーンべると 2021年10月13日
  28. ^ 「乃木坂46」のパチスロ登場!パネル、ボイス、楽曲に注目 - WebGreenBelt 2021年4月8日
  29. ^ ぱちスロ 沖ハナ-30 - KYORAKU.
  30. ^ ぱちスロ 沖ハナ - パチマガスロマガ(セイコーソリューションズ)
  31. ^ ぱちスロ 沖ハナ‐30 - P-WORLD (2021年7月5日時点のアーカイブ)
  32. ^ 乃木坂46メンバーのパネルが当るキャンペーン実施 - 遊技通信 2021年7月2日
  33. ^ 吉本がオリラジと年内契約終了「自ら確立した方針 - 日刊スポーツ 2020年12月28日
  34. ^ 新グルメドラマ『どんぶり委員長』恋敵役に乃木坂46・伊藤理々杏 - ORICON NEWS 2020年9月30日
  35. ^ 今日は一日“乃木坂46”三昧 ▽前半 - NHK
  36. ^ 今日は一日“乃木坂46”三昧 ▽後半 - NHK
  37. ^ 日本最大級のクリエイティビティの祭典「2019 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」開催のお知らせ。 - (一社)ACC 2019年5月15日
  38. ^ 乃木坂46・鈴木絢音&佐々木琴子、プライベートの過ごし方は正反対!? - ニッポン放送 2018年11月21日
  39. ^ 乃木坂46の鈴木絢音、舞台「ナナマル サンバツ」でヒロイン深見役 - 音楽ナタリー 2018年2月2日
  40. ^ 乃木坂46、“逆再生ソングゲーム”で齋藤飛鳥が涙!? 山下美月は独特な世界観で“タラちゃん”のまねを披露!『乃木坂脱出ゲーム~46の謎と7つの部屋~』にて - Pop'n' Roll 2021年2月22日
  41. ^ 乃木坂46初のアニメ版MV公開 『映像研』原作・大童澄瞳氏がストーリー・原画担当 - ORICON NEWS 2021年1月29日
  42. ^ P.I.C.S. managementにダンサー・振付師 / Seishiroが参加 - P.I.C.S. 2021年10月1日
  43. ^ Seishiro先生のプロフィール - DANCEWORKS
  44. ^ Seishiro Akidomi ツイート - Twitter 2021年8月17日
  45. ^ 振付師・FUMIHITOが感じた「探究心が湧くユニット曲の魅力」乃木坂46ユニットの魅力を語ろう! - 日刊大衆 2020年12月10日
  46. ^ Yusuke Muramatsu ツイート - Twitter 2019年4月17日
  47. ^ SHO YANAGISAWA ツイート - Twitter 2019年12月24日
  48. ^ a b グループ会社役員人事について - 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 2019年2月18日

外部リンク