エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

山本彩加 卒業コンサート ~最後の一色~

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本彩加 卒業コンサート ~最後の一色~」は、2021年3月3日に大阪・オリックス劇場において開催された、NMB48のコンサート[1]

概要

  • 2021年1月17日、NMB48 オフィシャルYoutubeチャンネル「NAMBATTLE生配信 #1~序~」で開催発表[2]

日程

  • 3月3日 16:30開場 17:30開演[1]

主な出来事

  • 山本彩加 卒業公演(3月19日)およびLAPIS ARCHラストライブ(3月17日、18日、NMB48劇場)の開催が発表された[3][4]

出演メンバー

開催時点のNMB48全メンバー(活動休止中の三宅ゆりあは除く)

セットリスト

[5][6]

影アナ:山本彩加

前座

  1. 待ってました、新学期
    瓶野神音・南羽諒・小川結夏・早川夢菜・黒田楓和・佐月愛果・平山真衣・浅尾桃香

本編

  1. overture(NMB48 ver.)

オープニング・ファンファーレ/トランペットソロ:山本彩加

  1. GIVE ME FIVE!
    山本彩加・上西怜・梅山恋和・小嶋花梨・白間美瑠・渋谷凪咲・山本望叶・塩月希依音・横野すみれ・安田桃寧・加藤夕夏・川上千尋・新澤菜央・安部若菜・石田優美・泉綾乃
  2. 最強ツインテール
  3. 憧れのポップスター
  4. 法定速度と優越感

MC/原かれん・安田桃寧・塩月希依音・加藤夕夏・山本望叶

  1. 檸檬の年頃
    山本彩加・黒田楓和・和田海佑・佐月愛果
  2. 阪急電車
    山本彩加・泉綾乃・貞野遥香・堀詩音・清水里香・渋谷凪咲・石塚朱莉・鵜野みずき・前田令子・本郷柚巴
  3. 禁じられた2人
    山本彩加・小嶋花梨
  4. Good Timing
    塩月希依音・安田桃寧・黒田楓和・出口結菜・南波陽向・泉綾乃・河野奈々帆・清水里香・南羽諒・前田令子・山本彩加・梅山恋和・上西怜
  5. ごめんね、好きになっちゃって…
    山本彩加・山本望叶・水田詩織・小川結夏・中野美来・新澤菜央・横野すみれ・杉浦琴音・芳野心咲
  6. ランナーズハイ
    山本彩加・瓶野神音・早川夢菜・浅尾桃香・隅野和奏
  7. BBQメドレー
    1. 野菜シスターズ
    2. アボガドじゃね~し…
    お料理部メンバー:安田桃寧・安部若菜・出口結菜・山崎亜美瑠・岡本怜奈・南波陽向・北村真菜/映像に山本彩加出演
  8. おNEWの上履き
    山本彩加・中川美音・上西怜
  9. 点滅フェロモン
    白間美瑠・加藤夕夏・石田優美・河野奈々帆・川上千尋・塩月希依音・菖蒲まりん・平山真衣・眞鍋杏樹・山本彩加
  10. 今ならば
    山本彩加・梅山恋和

MC/あーやんクイズ:清水里香・水田詩織・中川美音・瓶野神音・泉綾乃・前田令子

ダンスブリッジ/山本彩加&だんさぶる!

  1. Teacher Teacher
    山本彩加・白間美瑠・加藤夕夏・小嶋花梨・平山真衣・石田優美・渋谷凪咲・安田桃寧・川上千尋・塩月希依音・河野奈々帆・上西怜・山本望叶・横野すみれ・新澤菜央・貞野遥香
  2. モニカ、夜明けだ
    中川美音・梅山恋和・水田詩織・出口結菜・菖蒲まりん・前田令子・山本彩加・小川結夏・黒田楓和・中野美来・南波陽向・杉浦琴音・浅尾桃香・瓶野神音・隅野和奏・早川夢菜・眞鍋杏樹・和田海佑
  3. 孤独ギター
    泉綾乃・南羽諒・山本彩加・堀詩音・石塚朱莉・清水里香・安部若菜・本郷柚巴・鵜野みずき・山崎亜美瑠・岡本怜奈・北村真菜・佐月愛果・芳野心咲
  4. 僕以外の誰か
  5. 僕だって泣いちゃうよ

MC/川上千尋・出口結菜・南羽諒・河野奈々帆

映像(M20~M22):山本彩加メモリーズ

  1. 潮騒のメモリー
    山本彩加
  2. やさしくするよりキスをして
    山本彩加
  3. 僕はいない

MC

  1. だってだってだって

アンコール

  1. あなたがいてくれたから
    山本彩加

MC/山本彩加スピーチ[注釈 1]

  1. 春はもうすぐ/5期生
    梅山恋和・小嶋花梨・清水里香・上西怜・中川美音・水田詩織・山本彩加

MC/山本彩加から同期(5期生メンバー)へメッセージ[注釈 2]

  1. 夢は逃げない

MC/梅山恋和から山本彩加への手紙[注釈 3]・中川美音から花束贈呈

  1. 青春のラップタイム
  2. サササ サイコー!

影アナ:山本彩加

注釈

  1. ^ 山本彩加スピーチ
    「こうして卒業コンサートという素晴らしい晴れ舞台を用意して頂いて、本当にありがとうございます。
    私はNMB48に加入して、いろんな方と出会い、様々な経験をし、沢山のことを学びました。夢や目標を持って活動をしてき、モデル、演技、シングルセンター、全て叶えてくることができました。
    幼少期から変わらない“人見知りだけれど負けず嫌い”で、小さなことにでも全力で取り組み、突っ走る。そんな私の性格だったからこそ、というのもあると思いますし、何よりもこんなにもたくさんの応援してくださる方がいて下さったおかげです。改めて本当にありがとうございます。
    でも、ただひたむきに突っ走っているときは、壁にぶつかり、どうしていいかわからなくなったり、悔しい思いも沢山しました。でもそんな時に近くにスタッフさんがいてくれて、今の自分に足りないものは何か、色んなことに気付かせてくれました。そのおかげで、また立ち上がり歩き出すことができました。メンバーは仲間でありライバル。これはどちらも欠けてはならないものだと、私は思っています。昨日までのナンバトルを見ていても、それはすごく感じました。仲良く支え合うことはもちろん大切ですが、自分たちが目指す夢や目標もしっかりと高く持って、それに貪欲になって、みんながそれを目指し突っ走っていく。そんな姿をきっとファンの方は見たいのかなと思います。私は全力で突っ走って、人に笑顔、勇気、元気を与えたいと思って活動してきました。これからメンバーのみんなにも、前を向いて突っ走っていってほしいなと、NMB48はまだまだ明るいんだなとファンの皆さんに思わせてほしいなと、思います。
    私がこうして活動をしてこられたのは、いつも近くで支えてくれた家族の協力があったからです。小さなことでもすごく喜んでくれて、家に帰ると私が大好きなフルーツタルトを用意してお祝いしてくれて、ライブにもよく足を運んでくれました。送り迎えだったり、疲れて帰ってもあったかい美味しいご飯があって、凄く幸せで沢山支えられました。いつも一番の味方でいてくれて、一番応援してくれて、本当にありがとうございました。
    そしてずっと共に歩んできたメンバーのみんな。メンバーのみんなに沢山刺激を貰い、そして支えられ、本当にみんなと出会えて、活動できて本当に良かったです。ありがとうございました。
    そしてスタッフの皆さん、凄くわがままで、曲がったことが嫌いで、沢山ご迷惑をおかけしたと思います。ですがどんな時もメンバーの事を考えて下さり、私たちのサポートをして下さり、本当にありがとうございました。
    そして最後になってしまいましたが、ファンの皆さん。皆さんが応援してくれて支えてくれたから、私はアイドルでいられました 本当に4年半、熱い、大きな応援を本当に本当にありがとうございました! 4年半、皆さんに応援していただけて、すごく幸せでした。改めて4年半ありがとうございました。」
  2. ^ 山本彩加から同期(5期生メンバー)へメッセージ
    「里香ちゃん、いつも優しくてメンバーのことをすごく見てくれていて、その優しさに助けられたメンバーが沢山います。これからもメンバーのことを沢山助けてあげて下さい」
    「美音。内に秘めている想いがすごく大きくて、グループ愛が強くて。これからはグループを支える一人になってください。大好きだぞ!」
    「花梨ちゃん、いつもキャプテンとしてグループを引っ張ってくれて本当にありがとう。花梨ちゃんはグループの事を考えなきゃいけなくて、自分の事よりもってなっちゃうけど、自分のことちゃんと大切にしてね。いつでもこんな頼もしい同期がいるから頼っていいんだよ」
    「しおりんも本当に胸に持っている熱い想いがすごくて、それをファンの方に伝えたら燃えると思います。これからその努力でなんでもこなしていくところを後輩にも見せてあげて下さい」
    「恋和がいてくれたから今の私があります。沢山の魅力があるから、これからはライバルと戦うだけじゃなくて、グループの顔としてセンターでNMBを引っ張っていって下さい」
    「いーだ、いつも私の隣にいてくれて本当にありがとう。沢山支えられました。私の隣がいーだで良かったです。グループの事を考えるのはもちろん、自分が立ちたい場所、絶対立っていいんだからね。がんばれ!」
    「そして卒業した、みらい(溝川実来)、ももるん(岩田桃夏)、すず(山田寿々)、5期生10名、みんなが同期で本当に良かったです。5期生のみんな、本当にありがとう」
  3. ^ 梅山恋和から山本彩加への手紙
    「あーやんへ。卒業おめでとう。とうとうこの日が来てしまいましたね。
    こんな大切な日に、お手紙を書かせてもらうことになり凄くうれしい反面、プレッシャーに負けそうになりながら半泣きで書いています。自分の思いをちゃんと伝えられるのかわからないけど、心を込めて読ませて頂きます。
    あーやんとはNMB48の5期生として出会って、初めてあーやんを見た時、見た目はすごく可愛いのに話し方とかしっかりしていてギャップがあったのを覚えています。加入当時から5期生のエース的存在で、しっかり者で、みんなを引っ張ってくれて、昇格も選抜に入るのも一番早くて。そんなあーやんの事が羨ましくて、悔しいよりも『すごいな』っていう気持ちの方が強かったです。だけど活動していく中で、いつの間にか悔しい気持ちが芽生えてきて、『あーやんに追いつきたい、負けたくない』と思うようになりました。比べられることも多くなって、いつの頃からかライバルのようになり、お互い意識して微妙な距離感がでてきた時もあったよね。でも梅山本で『だってだってだって』のWセンターに選んでもらえた時はめちゃくちゃ嬉しかったなぁ。あーやんが隣にいてくれたから安心してセンターを楽しめることができたよ。2人の距離も近くなったし、あーやんで本当に良かったです。『梅山本最高やん!』って心から思いました。『だってだってだって』の曲は、私にとって一番大好きな曲です。これからもずっと大切にします。あーやんも同じ気持ちだったら嬉しいな。
    あーやんの卒業は、発表の前から分かっていたけど、どこかで『やっぱり卒業するのやめるわぁ』ってならないかなって思っていたので、冠公演で発表した時には『現実になったんやなぁ。ほんまに卒業するんや』って自分で思っていた以上に心にポカンと穴が開いたのを覚えています。
    卒業コンサートのリハで2人で『今ならば』をしている時、あーやんの様子がおかしいのに気づいて、泣いているあーやんを見て、自分も色んな気持ちが込み上げてきて、2人して泣きながらリハをしたよね。『リハでこんなに泣くぐらいやったら、本番どうなるんやろう、きっとメイクも落ちる位、泣いてる顔がえらいことになってるんやろうなぁ』凄い顔でお手紙読んでいたらゴメンね。
    正直、あーやんとはこれからのNMB48を盛り上げて引っ張っていける位になれるように切磋琢磨しながら一緒に成長していきたかったし、もっとライバルでいたかったです。あーやんの卒業は寂しいけど、看護師になるという新しい夢を見つけて、叶えるために卒業を決めたあーやんを応援したいです。決して楽な道ではないと思うけど、何事にも妥協せず努力して色んなことを乗り越えてきたあーやんなら絶対大丈夫! お医者さんや患者さんが取り合いになる人気ナンバーワンの素敵な看護師さんになってると思います。これからは別々の道に進むけど、お互いがそれぞれの場所で輝けるように、そして夢が叶いますように頑張ろうね!
    長くなりましたが最後に改めまして、あーやん、卒業おめでとう! あーやんと同期で本当に良かったです。今までありがとう。いつまでもキラキラ笑顔の素敵なあーやんでいてください。あーやん、大好き! 恋和より」

出典