エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

向井地美音

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チームK
向井地 美音 むかいち みおん
2017年AKB48プロフィール 向井地美音.jpg
公式ニックネーム

みーおん

所属事務所

Mama&Son

生年月日

1998年1月29日 (19歳)

出身地

埼玉県

血液型

O型

身長

150cm[3]

合格期

15期生

選抜回数

9回

向井地 美音(むかいち みおん、1998年1月29日 - )は、AKB48チームKのメンバー。埼玉県出身。Mama&Son所属。

略歴

2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、特に設定していなかったが、2017年1月に行われたソロコンサートで、VTR出演した憧れのメンバーであった小嶋陽菜(後述)が使用していた「埼玉県から来ました~」というキャッチフレーズを譲られ、「埼玉県から来ました、みーおんこと向井地美音です」を使用することとなった[5]
  • 公式ニックネームは、「みーおん」。
  • 子役時代は、篠原涼子主演のドラマ『アンフェア』などに出演(後述)。AKB48加入後は、大島優子の指名で『ヘビーローテーション』のセンターに指名されている[6]
  • AKB48曲の歌詞解釈連載を持つほどのAKB48好き[7]
  • チャームポイントは、涙ぼくろ・147cmの身長(2013年)[8]
  • 一人っ子[9]
  • 劇場支配人評。

「何でも器用にこなせるコですが、まだまだこれから。大和田南那とともに、グループの中心になってもらいたいです」(2014年:湯浅洋[6]
「自分の立ち位置を常に謙虚にとらえ、仕事に取り組んでいます。持ち前のセンスや勘のよさで、今後も幅広い挑戦を!」(2015年:茅野しのぶ[7]
「チームKのセンターに恥じないようにとダンスや表情を研究。努力の成果もあって、表現力が格段に増しています」(2016年:茅野)[10]
「去年の活躍でまわりの期待がさらに高まり、プレッシャーもあったはず。それを力に変え、努力した1年でした」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[3]

AKB48加入前

  • 2009年までセントラル子供タレントに所属し、子役として活動。一時休業後、2011年から2012年までイー・コンセプトに所属。子役時代は篠原涼子主演の関西テレビ制作フジテレビ系ドラマ「アンフェア」に出演し、篠原と香川照之の娘役・美央役を演じた[11]
  • 後に明かしたところによれば、樋渡結依と同じ小学校に通っていた。学年は向井地が3学年上である[12]

AKB48として

2014年

  • 4月6日、さいたまスーパーアリーナでの「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200 2014」で、第39位にランクインした『ヘビーローテーション』のセンターに抜擢。前の曲を歌った梅田彩佳から「次の曲のセンターは大島優子が指名しました」と紹介すると、向井地の「ワンツースリーフォー!」のかけ声でスタート。1万8000人の「みーおん」コールを小さな体に一身に浴び、大島の代わりにセンターに立った向井地は、満面の笑みで大役を務め上げた[11]
  • 9月17日、AKB48の38thシングル「希望的リフレイン」の選抜メンバーに選出されたことが発表される。シングル選抜初選出。

2015年

  • 1月27日、篠原涼子主演の人気シリーズ「アンフェア」の完結編となる映画「アンフェア the end」が今年9月に公開されることが発表され、子役時代に同シリーズで主人公・雪平夏見の娘である美央を演じていた向井地美音が同役を続投することが明らかになった[13]
  • 3月25日、さいたまスーパーアリーナでの「AKB48ヤングメンバー全国ツアー~未来は今から作られる~」において、新ユニット「でんでんむChu!」の結成が発表され、向井地もメンバーに選出される。
  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナにて、「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」において、人事異動がサプライズ発表され、向井地はチームKへ異動することが発表される[4]
  • 6月13日(12日深夜)放送、日本テレビ『AKB48 旅少女』では、「元子役メンバーだらけで登山旅行」と銘打たれた企画で、元子役だった向井地、村山彩希市川美織の3名で茨城・筑波山へ登山旅行に行った[14]
  • 6月6日、第7回総選挙開票。向井地は第44位(獲得票数:18,392票)にランクインし、ネクストガールズに選出。
  • 8月18日、映画「アンフェア the end」(佐藤嗣麻子監督、9月5日公開)のジャパンプレミアに登場[15]

篠原さん扮する主人公・雪平夏見の娘・佐藤美央を演じてきた向井地さんはドラマスタート時は7歳で、当時のことを聞かれ、「大人の中に一人、子供だったんですが、周りの方が優しくしてくださったこと覚えています」と笑顔を見せると、母役の篠原さんについては「10年前から変わらず、美しいお母さんです」と自慢げに語った。

また向井地さんは、今回の撮影で篠原さんとは「アイドルの話で盛り上がった」といい、同席していた篠原さんは、向井地さんから「篠原さんも昔、アイドルグループ(東京パフォーマンスドール)をやってらっしゃったじゃないですか」と話を振られると、「そうですね、昔話を……」と苦笑。そんな篠原さんは、成長した向井地さんの姿に「どぎまぎしちゃった」といい、さらに「大人になって、可愛くってキュートで。その若さとエネルギーを少しでもいただければ(笑い)」と目を細めていた[15]
  • 10月1日、NACK5The Nutty Radio Show おに魂』内の1コーナー「向井地美音のみーおんたいむ」(毎週木曜日)にレギュラー出演開始。
  • 10月5日、CBCラジオ『AKB48 今夜は帰らない・・・』(毎週月曜日)に、高橋朱里大島涼花とともに8代目レギュラーに選出される。なお、初回放送分は欠席。10月12日放送回が初参加となった(2017年3月までレギュラー)。

2016年

  • 3月21日、パシフィコ横浜での『0と1の間』劇場盤発売記念大写真会において、6月1日に発売予定の44thシングルの選抜メンバーが発表され、向井地は初のセンターを務めることが明らかになった。事前に向井地はセンターを務めることは知らされており、向井地は「あらためてファンのみなさんの前で発表されて、やっと実感できました。今年はAKB48にとってもすごく大事な年だと思いますし、しかも総選挙の(投票権付き)シングルということで、とても重要なシングルです。こうしてセンターを任せていただいたということで、プレッシャーあるのですが、なによりもまずはAKB48愛を持って、これからのAKB48を引っ張って行けるような存在になれるよう頑張ります。総選挙に関しては先日18日の生誕祭でも、『夢は大きく16位以内に入りたい!」と目標を言わせていただいたので、それを目指して頑張りたいと思います」とコメントした[16]
  • 6月18日、第8回総選挙開票。第13位(最終獲得票数47,094票)となり、初めて総選挙でのシングル表題曲選抜メンバーとなった。

2017年

  • 6月17日、第9回総選挙開票。第17位(最終獲得票数35,201票)となり、アンダーガールズに選出。

交友関係

  • 憧れのメンバーは、小嶋陽菜[2]
  • 同期のメンバーで仲が良いのは、込山榛香。「こみはるLOVE」[2]
  • 大和田南那との関係。「姉妹って感じはしないから双子で笑。くだらないことでも報告し合うし、大好きなの、なーにゃのこと」[9]
  • 先輩メンバーで仲が良いのは、「最近毎日あやなんちゃんとまりなさんが構ってくださいます。大好きです」[17]
  • NMB48で仲の良いメンバーは、太田夢莉。「実はメル友でもあるのです」[17]
  • 最近(2014年4月)、気になるメンバーは、茂木忍であった。当初は茂木の事を「怖い印象」を抱いていたが、「もっと仲良くなりたい!」[2]とコメントした翌日に「たくさん抱きしめてくれました。昨日仲良くなりたいって言ってよかった」[17]と語る。
    • その後、茂木とは相思相愛の仲になり、日本テレビ『AKBINGO!』の企画「ラブラブさんいらっしゃい」(2015年12月16日放送)では、「仲の良すぎるカップル」として茂木とともに登場。放送では、「お風呂もベッドも一緒に入る」「朝の挨拶で向井地が茂木に抱きつく」などのラブラブぶりを告白した。
    • また、2016年7月5日からAKB48のメンバーが続々とツイッターを開始し、茂木もその中の一人であったが、茂木が開始時点でフォローをしたのは前田亜美のみで、「2番目は心に決めた人がいるんや、、、」とツイート[18]。この時点で、(アカウントは開設していたが)ツイートを行っていなかった向井地であることを匂わせたが、翌6日に向井地もツイッターを開始し早速、茂木・向井地ともに相互でフォローした。向井地は「愛を感じますね」[19]とツイートしている。

性格・趣味

  • 趣味は、ドラマを見ること[20]
  • 特技は、フラフープしながらキャッチボール[21]
  • 中学時代は硬式テニス部。今は部活に入っていない[22]
  • インドア派。「めちゃめちゃインドア。おうちだいすき」[22]
  • 苦手なものは、「ホラーと耳元にくる蚊です」[22]
  • 好きな食べ物は、プチトマト、タン塩[1]、チーズ[23]
  • 好きな果物は、「もちろん苺」[22]
  • 嫌いな食べ物は、マヨネーズ[22]
  • 好きなブランドは、LIZ LISA[2]
  • 好きな教科は、歴史、音楽[2]
  • 好きな色は、パステルカラー、黒。「正反対。笑」[9]
  • 好きなサイリウムの色は、ピンク、白[2]
  • 将来の夢は、女優。「特にいつか学園ドラマの主役をやってみたいです」[24]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

  • 次の足跡」に収録
    • 散ればいいのに…
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • 僕たちのイデオロギー
    • 涙は後回し - Team 4名義
  • 0と1の間」に収録
    • 愛の使者 - Team K名義
    • あれから僕は勉強が手につかない - でんでんむChu!名義
  • サムネイル」に収録
    • あの日の自分
    • 誰が私を泣かせた?(センター)

劇場公演ユニット曲

研究生「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ

チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」公演

  • アイドルの夜明け(バストロンボーン)
  • 残念少女

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • 禁じられた二人

田中将大「僕がここにいる理由」公演

  • 青春の木漏れ陽

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

出演番組

テレビドラマ

出典

  1. ^ a b FLASHスペシャル グラビアBEST 2014夏号
  2. ^ a b c d e f g 向井地美音 投稿 - Google+ 2014年4月18日 ArKaiBu Gugutas
  3. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P114より。
  4. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  5. ^ AKB向井地美音、脱優等生宣言 若きエースの覚悟「先頭を走る人になる」 - ORICON NEWS 2017年1月19日
  6. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2014』P99より
  7. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2015』P102より
  8. ^ AKB48グループ研究生 自己紹介映像 【AKB48 向井地美音】
  9. ^ a b c 向井地美音 投稿 - Google+ 2014年4月20日 ArKaiBu Gugutas
  10. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』P109より。
  11. ^ a b http://www.oricon.co.jp/news/2036086/full/
  12. ^ CBCラジオ『AKB48 今夜は帰らない』 2016年2月29日放送より。
  13. ^ 元子役・現AKBの向井地美音、『アンフェア』新作で美央役を続投 - シネマトゥデイ 2015年1月27日
  14. ^ AKB48旅少女(日本テレビ公式HP) - バックナンバー
  15. ^ a b 美しき母・篠原涼子と新旧アイドル談義で盛り上がる - マイナビニュース 2015年8月18日
  16. ^ AKB向井地美音が44枚目のシングルで初センター - 日刊スポーツ 2016年3月21日
  17. ^ a b c 向井地美音 投稿 - Google+ 2014年4月19日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ 茂木忍 ツイート - Twitter 2016年7月5日 ArKaiBu tw48
  19. ^ 向井地美音 ツイート - Twitter 2016年7月6日 ArKaiBu tw48
  20. ^ AKB48Mobileプロフィールより
  21. ^ 『有吉AKB共和国』 2014年01月27日
  22. ^ a b c d e 向井地美音 投稿 - Google+ 2014年4月21日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 向井地美音 ツイート - Twitter 2016年10月5日 ArKaiBu tw48
  24. ^ AKB48「研究生の部屋」向井地美音さん
  25. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜#21 - テレビ朝日

外部リンク