エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

じゃんけん大会

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

じゃんけん大会」(じゃんけんたいかい)は、AKB48のシングル曲の選抜メンバーやソロシングルに参加するメンバーを、じゃんけんで決めるイベント。AKB48では2010年から年1回行われており、2016年からはJKT48でも行われる。詳細についてはそれぞれの項目を参照。

AKB48

AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会
19thシングル「チャンスの順番」の選抜メンバー16人を決定。
2010年9月21日、本戦開催。優勝者は内田眞由美
AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会
24thシングル「上からマリコ」の選抜メンバー16人を決定。
2011年9月20日、本戦開催。優勝者は篠田麻里子
AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会
29thシングル「永遠プレッシャー」の選抜メンバー16人を決定。
2012年9月18日、本戦開催。優勝者は島崎遥香
AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会
34thシングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」の選抜メンバー16人を決定。
2013年9月18日、本戦開催。優勝者は松井珠理奈
AKB48グループじゃんけん大会2014 ~拳で勝ち取れ! 1/300ソロデビュー争奪戦~
ソロシングル(「やさしくするよりキスをして」)の発売およびソロコンサートの開催権利が付与されるメンバー1人と、そのシングルのカップリングに参加するメンバー15人を決定。
2014年9月17日、本戦開催。優勝者は渡辺美優紀
第6回AKB48グループ ソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナ ~こんなところで、運なんか使っちゃうのかと思うかもしれないが、とりあえず、勝たなきゃしょうがないだろ?~
ソロシングル(「右足エビデンス」)の発売およびソロコンサートの開催権利が付与されるメンバー1人と、そのシングルのカップリングに参加するメンバー15人を決定。
2015年9月16日、本戦開催。優勝者は藤田奈那
AKB48グループ ユニットシングル争奪じゃんけん大会in神戸ワールド記念ホール
ユニットシングル(「逆さ坂」)CDデビューの権利が付与される上位7人(優勝者がセンターポジション)と、そのシングルのカップリングに参加するメンバー7人を決定。
2016年10月10日、本戦開催。優勝者は田名部生来
AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017
2017年9月24日、本戦開催予定。

開催までの経緯

  • 全員に選抜入りのチャンスがある選抜総選挙。2010年6月の第2回総選挙ではセンターが前田敦子から大島優子に代わるというドラマはあったが、選抜メンバー自体はいつもの顔ぶれだった。テレビへの露出の多いメンバーが有利であり、公平な選挙とは言い難く、ファンの不満は解消されていなかった[1]
  • そこで総合プロデューサー秋元康が発案したのが、じゃんけんで選抜メンバーを選ぶというアイデア。これまで運営にもファンにも選ばれなかったメンバーにとっては大きなチャンスとなった[2]。秋元康は「前回、選抜総選挙を開催したんですが、その時にファンの皆様から『テレビとか雑誌とかメディア組が有利だ』『やっぱり不公平感がある』と。じゃあ今度は48人、そして研究生に、全員にチャンスがあるような選抜方法がいいんじゃないかと。色々考えたんですけど、ジャンケンが一番面白いかなと。多分この選抜は誰も想像つかないと思うんですよ」とインタビューで答えた[3]
  • 開催発表後、メンバーはブログなどで「ビックリした」「もう何が起こっても驚かない」「おもしろそう」「チャンス」「楽しんだもの勝ち」「昔からスタッフに良く言われてたなぁ~実力、努力と一番大事なのは運だって…」「運営がやれって言うならやるしかない」などと感想を投稿した。

八百長・やらせ疑惑

この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
  • このように「運のみで結果が決まる」という触れ込みで始まったじゃんけん大会。2010年の第1回じゃんけん大会では、それまで連続して選抜入りしていたメンバーが次々と敗退する中、選抜入りどころかアンダーガールズにも選ばれたことがなく、過去2回の総選挙でも圏外だった内田眞由美が優勝。初選抜がいきなりのセンターポジションとなった。
  • しかし、第2回篠田麻里子第3回島崎遥香第4回松井珠理奈と、選抜経験の多いメンバーが優勝し、「特定のメンバーを優勝させるように運営が仕組んでいるのではないか」という疑惑が浮上。また、島崎遥香はチョキのみ[注釈 1]、松井珠理奈はパーのみで勝ち上がったことで、疑惑がさらに強まることとなる。
    これに対し、秋元康は「八百長と言われるので、彼女たちが可哀想だ。」と反論。「当日、武道館にいた観客、テレビ中継を観ていた視聴者は、あれが真剣勝負以外の何ものでもないことはわかるはずだ。」「敗者たちのあの悔しがり方は、ガチで狙っていたものを逃してしまった経験がある者にしかわからないかもしれない。」と説明し、4回中3回も“選抜常連組”が勝ったことについては「『(運を)持ってる』としか言えない」と結論付けている[4]
  • 第5回じゃんけん大会でも選抜経験の多い渡辺美優紀が優勝。元AKB48関係者は、第1回の内田眞由美の優勝がその後のじゃんけん大会を変えたと語る。「これだけ毎年有力メンバーが優勝するわけですから、疑惑が出るのは当然です。確率論的にもおかしいわけですから。やらせがあるのかは関係者ですらわかりませんが、第1回大会で内田が優勝したとき、総合プロデューサーの秋元康さんは内田の話題にはほとんど触れなかったですし、終始ムスッとしていました。ある意味、内田の優勝がその後のじゃんけん大会を変えたのです」[5]
    一方、第3回じゃんけん大会から予備戦の当選枠数の算出の監修も行っている統計学者の鳥越規央は「あいこまで全部台本に入れていたら大変なことでしょう」と、あいこの数によりやらせがあるかどうかが分かると語る。111対戦中、あいこは36回あり、発生率は32.4%。2人でじゃんけんをした際にあいことなる確率 1/3 = 33.3% とほぼ一致することから、「八百長が含まれる確率は非常に低い」と解説した[6]
  • 第6回じゃんけん大会では、選抜経験のない藤田奈那が優勝。5大会ぶりに圏外メンバーが優勝し、ベスト16の中でも藤田を含む11人がこの年の第7回総選挙で圏外だった。これについて多くのメディアは「ガチだったことが証明された」[7]などと報じたが、「ヤラセ無しさえもヤラセの一部」と、今大会のみ「運営が“ガチ”にした」という見方もある[8]

開催方式

以下、個人戦で行われた第1回(2010年)から第7回(2016年)までについて記述する。

出場メンバーなど

  • 「予備戦」と「本戦」に分かれており、予備戦から本戦に勝ち上がれる枠数が設けられている。
    • AKB48の正規メンバー(チーム8を除く)は本戦から出場できる。
    • AKB48の研究生およびチーム8のメンバーは、予備戦を勝ち抜いたメンバーが本戦に出場できる。
  • 第1回(2010年)はAKB48所属メンバーのみで行われた。第2回(2011年)以降は、国内姉妹グループにも門戸が開放されている。
    • SKE48およびNMB48は第2回(2011年)から、HKT48は第3回(2012年)から、NGT48は第6回(2015年)から出場している。
    • 姉妹グループについても、各グループごとに予備戦が行われ、予備戦を勝ち抜いたメンバーが本戦に出場できる。
      • 第2回は正規メンバーと研究生の区別がなかった。
      • 第3回からは研究生について「各グループの研究生予備戦」が新たに設けられた。これにより、姉妹グループの研究生が本戦に出場するためには、「所属グループの研究生予備戦」を勝ち上がり、さらに「所属グループの予備戦」を勝ち上がる必要がある。AKB48以外の研究生にとって、本戦への出場はかなりハードルが高くなったが、第4回ではNMB48の研究生(当時)であった鵜野みずきが本戦に進出したうえに「ベスト16」(最終順位:12位)となり、シングル選抜に選出されている。
    • なお、AKB48を兼任する正規メンバーについては「AKB48のメンバー」として出場するため、本戦からの出場となる。AKB48を含まない兼任メンバーは、兼任元グループの予備戦からの出場となる。
  • 組み合わせ発表後に何らかの理由でメンバーが出場を辞退した場合、対戦相手は不戦勝となる。
    • ただし第3回では、HKT48の活動を辞退した江藤彩也香の欠員枠を補充する「HKT48敗者復活戦」が行われている。
    • 出場辞退によるものではないが、第5回のNMB48予備戦ではトーナメント表の作成不備があり、河野早紀の対戦相手がいないため不戦勝となった。

服装について

  • 出場時の服装は、予備戦・本戦を通じて自由。ユニット衣装のほか、私服やコスプレ、果ては小林香菜佐藤聖羅石田安奈などのように水着で出場するメンバーもおり、「コスプレ大会」「衣装の祭典」とも呼ばれるようになる[9]
  • 第1回のメンバーの衣装はユニットの衣装や私服が中心であったが、小林香菜が48グループスタイリストの茅野しのぶに「水着が来たい」とリクエストし、本戦で水着を披露したことが後に「コスプレ大会」と呼ばれるようになったきっかけと、茅野はインタビューで述懐している[9]。第2回以降、個性あるコスプレをするメンバーが増加した。
  • 茅野はインタビューで印象に残った衣装をベスト10形式で挙げており、1位に内田眞由美(第3回)の「岩」、2位に小林香菜が3大会連続で披露した「水着」「バスローブ」「エプロン」、3位に小嶋陽菜が3大会連続で披露した「赤いドレス」を挙げている[9]

基本ルール

回によりルールの若干の変動はあるが、基本ルールは以下の通り[10]

  1. 掛け声は「じゃんけんぽん」のみ。「最初はグー」「あいこでしょ」はなく、あいこの場合はもう一度「じゃんけんぽん」から行う。
  2. 試合前にマイクパフォーマンスを行うことができる。「グーを出します」などといった心理戦はOKとするが、相手に「グーを出して」などの強要、脅迫行為は反則負けとなる。
  3. じゃんけんを行う腕には、装飾品(指輪、腕飾り、手袋など)を付けてはならない。
    • なお例外的に、第5回じゃんけん大会では入山杏奈が手袋を着用して出場したことがある。
  4. 「チョキ」は人差し指と中指の形を採用。
  5. 後出しと思われる試合はビデオ判定を行い、認定された場合は無効試合とし再戦を行う。

賞品

  • 第1回から第4回までは、優勝者がそれぞれシングルのセンターポジションを獲得。ベスト16進出者がシングル選抜メンバーとなっていた。
  • 第5回からは、優勝者にソロデビュー(既にソロデビューをしているメンバーについてはソロシングルの発売およびソロコンサートの開催権利)が付与され、ベスト16進出者が優勝者シングルCDのカップリング曲への参加とミュージックビデオへの出演となる。
  • 第7回は、優勝者にユニットシングルのセンターポジションを獲得。上位7人がじゃんけん選抜メンバーとなった。ベスト14進出者がじゃんけん選抜シングルCDのカップリング曲への参加とミュージックビデオへの出演となる。
  • 第8回はユニットを組んでの対抗戦となり、優勝ユニットはメジャーデビューが約束される[12]

開催地

  • 第1回以来、本戦開催地は東京・日本武道館で行われてきたが、第6回は初めて神奈川・横浜アリーナにて開催された。第7回は神戸ワールド記念ホールにて開催され、初の関東圏以外での開催となった。第8回は愛知・日本ガイシホールで行う予定。
  • AKB48以外の48グループに門戸が開放された第2回から予備戦が行われており、第4回まで各グループの劇場で予備戦が行われてきたが、第5回および第6回の予備戦は、千葉・幕張メッセにて各グループの予備戦を一括して行われてる。なお、第5回は「AKB48グループ夏祭り」に内包される形で行われた。

JKT48

JKT48 14thシングル選抜じゃんけん大会
14thシングル「LOVE TRIP」の選抜メンバー16人を決定。優勝者はAKB48グループじゃんけん大会2016本戦に出場。
2016年8月19日、本戦開催。優勝者はシンカ・ジュリアニ。

注釈

  1. ^ 初手のみ。永尾まりやにはチョキであいこになった後、パーで勝っている。

出典

  1. ^ AKB選抜メンバーじゃんけんで決める - 日刊スポーツ 2010年7月12日
  2. ^ AKB48、小野恵令奈が卒業&次期選抜をじゃんけんで決定 - 音楽ナタリー 2010年7月12日
  3. ^ TBSテレビ「サンデー・ジャポン」2010年7月18日放送分より。
  4. ^ 読売新聞 2013年9月29日 日曜版7面「秋元康の1分後の昔話」
  5. ^ AKBじゃんけん大会、自発的“やらせ”にメンバーを誘導する“内田眞由美の呪い”? - ビジネスジャーナル 2014年9月19日
  6. ^ Ustream生配信番組「ぶるぺん」2014年9月23日配信(AKB48じゃんけん大会は統計学的にガチ ぶるぺん - GYAO!)
  7. ^ AKBじゃんけん大会「ガチだった」無名の藤田奈那の優勝で証明される - 日刊大衆 2015年9月19日
  8. ^ AKB48じゃんけん大会、ヤラセなしに「優勝者がかわいそう」の声! 運営が“ガチ”にした理由とは? - おたぽる 2015年9月20日
  9. ^ a b c 光文社「AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック 2013」「AKB48グループスタイリスト茅野しのぶが選ぶ心に残る名衣装 BEST10」より。
  10. ^ 武道館が燃え上がった!!『じゃんけん選抜大会』完全レポート - ORICON STYLE 2010年10月6日
  11. ^ 前田亜美 疑惑の後出しでビデオ判定 - デイリースポーツ 2014年9月17日
  12. ^ AKBじゃんけん大会初の試み!ユニットで出場登録 - 日刊スポーツ 2017年7月23日

関連項目