エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

宇佐美友紀

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48
宇佐美 友紀 うさみ ゆき
2006年AKB48プロフィール 宇佐美友紀.jpg
公式ニックネーム

ゆっき~

所属事務所

V.A.S.P

生年月日

1984年12月6日 (33歳)

出身地

埼玉県

血液型

A型

身長

152cm[1]

スリーサイズ

B92 W57 H83

合格期

1期生

選抜回数

1回

宇佐美 友紀(うさみ ゆき、1984年12月6日 - )は、AKB48の元メンバー。埼玉県三郷市出身[2]。V.A.S.P所属。

略歴

2005年
  • 10月30日、AKB48オープニングメンバーオーディションに合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。
  • 12月8日、AKB48劇場グランドオープンで劇場デビュー。
2006年
  • 3月31日、AKB48としての活動を終了。

人物

キャラクター

  • 埼玉県出身だが、千葉県で育ち、現在は東京都在住。
  • アナウンス専門学校在学中に、国体のアナウンサーをはじめ、ニュースキャスター・TVCM出演・リポーターなどを経験する。

AKB48として

2005年

  • 10月、秋葉原48のオーディションに応募した時は「MC希望」での応募だった。最終オーディションの前の審査で、「MCではなくてメンバーとしてオーディションを受けてみれば?」という話になり、オーディションを受け、見事合格した。[3]
  • 12月8日、劇場グランドオープンと共に初期メンバーの一人としてデビュー。しかし、やはりアナウンサーやナレーターといった、喋る仕事がしたかった為、2006年3月いっぱい(1st公演)を以て卒業する事を決意。

2006年

  • 3月23日、公演のアンコール最後の「桜の花びらたち」の前のMCで、何も知らない折井あゆみから「最後にゆっきーからお話があります」という振りで、宇佐美が前に出てきて「良いお知らせです!私、宇佐美友紀は今月の公演を最後にAKB48を卒業することを決めました」とスピーチ。ファンは勿論、メンバーも誰も知らなかったので、はじめはスピーチを聞いたメンバーは冗談を言っているのだと思ったのか、みんな状況を飲み込めていない様子。だんだん、宇佐美が卒業ということが本当なんだと理解するのと同時に、メンバーのこらえていた涙がどんどん溢れてきて、それをみた宇佐美も目に涙を浮かべながら「最年長だからみんなの前で弱いところを見せたくないんです…」と語った[4]
  • 3月31日、チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」 千秋楽を最後に、AKB48としての活動を終了(AKB48(グループ)のメンバーでは、最初の卒業生)。

AKB48卒業後

  • しばらくの間は、office48所属のMCとして活躍。その後、フリーランスを経て、PROUDに所属。その後、再びフリーランスとなるが、2012年よりV.A.S.P(バスプ)に所属。
  • AKB48のインディーズデビューシングル「桜の花びらたち」のシングルCDのジャケットを書いた。

2017年

  • 3月7日、自身がパーソナリティーを務める、bayfm『musicsalad』の放送で同年2月9日に入籍したことを公表する[5]

交友関係

性格・趣味

  • 趣味は、お笑い鑑賞・アイドル研究[1]
  • 特技は、早起き[1]

参加曲

シングルCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

  • teamA 1st Stage 「PARTYが始まるよ」公演星の温度(1st UNIT)

出演

バラエティ

  • M zip(元レギュラー、千葉テレビ放送)
  • ギャルギャル大図鑑(テレビ埼玉)

DVD

  • SPECIAL EDITION AKB48 「Memories」宇佐美友紀(2006年6月23日、AKS)
  • 宇佐美友紀 ~USAMISU~(2008年8月25日)

その他

  • 広報みさと(2004年12月号)
  • 情報倫理教材パートII(2004年)

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

外部リンク