エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

選抜

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます

48グループにおける「選抜」(せんばつ)とは、シングル曲やカップリング曲の歌唱や、テレビ・ラジオ・イベント出演、写真集・雑誌のグラビア撮影等などに参加するメンバーが選ばれること、およびそのメンバーを指す。本項では主にシングル曲について記述する。

選抜メンバー

シングルの表題曲を歌うメンバー。定員数は曲ごとに異なるが、だいたい16 - 21名ほど(最少は「スカート、ひらり」「青空片想い」「ごめんね、SUMMER」の7名、最多は「真夏のSounds good !」「ラブラドール・レトリバー」の36名)。この「選抜入り」というのは、研究生も含めて数百名在籍している48グループのメンバーの中から、1割未満の者しかなれない狭き門である。

この「選抜」というのはあくまでグループのメンバーとしての立ち位置であり、グループ外の「タレント」としての活動は所属事務所の力も大きく関わってくる。大手芸能プロダクションに所属していれば、選抜メンバー以外もタレントとしてTV出演する事が多い。[要出典]

メディア選抜

選抜メンバーの人数が多い場合、その中の代表としてTV番組やラジオ、雑誌での宣伝など、積極的にメディアに出演し活動する「メディア選抜」が選ばれる場合がある。現在までにメディア選抜が採用されたのは12回で、選抜総選挙でメンバーが選ばれた「言い訳Maybe」「ヘビーローテーション」「フライングゲット」(いずれも選抜メンバー21人中12人)、およびじゃんけん大会でメンバーが選ばれた「チャンスの順番」(選抜メンバー16人中12人)、「真夏のSounds good !」(選抜メンバー36人中22人)、「ラブラドール・レトリバー」(選抜メンバー36人中16人)、「さよならクロール」「希望的リフレイン」「僕たちは戦わない」「翼はいらない」(全て選抜メンバー32人中16人)、「シュートサイン」(選抜メンバー32人中19人)、「願いごとの持ち腐れ」(選抜メンバー35人中22人)である。

以前はAKB48の「顔」として、冠番組ではコーナー参加者としてメインとなって参加するのはほとんどがメディア選抜や選抜メンバーであった。しかしこれらのメンバーのソロ活動が活発になると、単独での活動などが優先されることも多くなっている。

カップリング担当ユニット

インディーズ1st「桜の花びらたち」では、当時のメンバー20人全員が表題曲とカップリングを歌唱していたが、インディーズ2nd「スカート、ひらり」からは歌唱するメンバーが選抜されるようになった。それでも両方の楽曲に参加するメンバーもいたが、13th「言い訳Maybe」で初めて選抜メンバーとカップリング担当メンバーが完全に分けられ、カップリング担当メンバーは「アンダーガールズ」名義となった。

その後は同じ名義でもシングルによってその都度メンバーが選抜されており、異なる名義を使用することもある。カップリング曲が複数曲の場合、通常は曲ごとに複数のユニットが結成される。その他、派生ユニット企画ユニットがカップリング曲を歌唱することもある他、グループ名やチーム名名義の曲も収録されることも多くなっている。

ここでは、現在までに使用されたカップリング曲の名義を記載する。メンバーなどの詳細はシングルの個別記事を参照。

この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます

AKB48のシングル

シアターガールズ

この項目は更新が必要とされています。この項目の情報は長らく更新されておらず、古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。
記事の編集には、誰でも参加できます

アンダーガールズ入りする事ができなかったメンバーは、ユニット「シアターガールズ」名義でシングルの3曲目を担当する。シアターガールズができたのは14thシングルからで、「シアター」とはAKB48劇場を指し、つまり劇場公演を中心に活動するメンバーの事。

自分たちのレギュラー番組であっても、収録に呼ばれる事は少なく、メディア露出が少なければ、知名度や人気が上がらず、選挙での順位も伸びない。1回の劇場公演を見ることが出来るお客さんの数は250名と少ないため、AKB48の原点である劇場公演を頑張って支えているメンバーであっても、ファンの人気や知名度という意味では評価に繋がりにくい。さらに現在は劇場公演が少ない時は月1~2回しか行われないなど、活躍する機会はますます少なくなっている。実際に選抜総選挙は、運営や所属事務所がプッシュし、シングル曲を歌っているメンバーや、メディアに頻繁に出演しているメンバーが有利な結果になるなど、「不公平」という批判も多い。

そしてこの様なファンからの不満や、メンバーのモチベーションも下がっているという報告を受けた秋元康が考え出した選抜方法が、「じゃんけん選抜」。秋元「一歩ずつしか進めない訳ですよ。まだ劇場の公演すら経験が少ないメンバーがどんなに頑張っても、総選挙で1位になれる訳がない。(現在シアターガールズにいるメンバーは)アンダーガールズに入って、選抜メンバーに入って、上位に入って、センターを目指す。という段階があります。でも今回だけは、研究生が突然、AKBのセンターに立つ事も十分ありえます」。[1]秋元の言うとおり、実際にじゃんけん大会を制し、センターになったのは、これまでシアターガールズだった内田眞由美であった(詳細は第1回じゃんけん大会を参照)。

また、秋元は「綺麗事かもしれませんが」としながら、「やっぱり48人いてAKB48なんです。音楽番組に出ているメンバーがいて、その時間に劇場公演でステージを見せているメンバーがいる。それがAKBの楽しさ。何をしていれば上だという事はない」と、階級制度の様な説明には否定的な見解を示している。実際にカップリング曲を担当するユニット名は、通称、AKB48においては「DIVA」(派生ユニットとしての「DiVA」とは異なる)、SKE48やSDN48においては「アンダーガールズA・B」「白組・紅組」の様に、上下関係が分かり難い様な名前を使用する事が増えている。

SKE48のシングル

  • 2曲目を担当
    チームB.L.T.
    2nd『青空片想い』で結成。
    アンダーガールズA
    アンダーガールズB
    3rd『ごめんね、SUMMER』Type-AとBでそれぞれ結成。
    紅組
    白組
    4th『1!2!3!4! ヨロシク!』以降、13th『賛成カワイイ!』までに9回ずつ結成。当初は選抜メンバーも入っていたが、5thからは松井珠理奈松井玲奈以外の表題曲の選抜メンバーが除かれ、さらに9thから松井珠理奈、10thから松井玲奈がそれぞれ除かれて、10th以降は完全に表題曲の選抜に入らなかったメンバーで構成されている。しかし、14th以降は前述の通り、カップリング曲が主にチーム名名義の曲となったため結成されなくなった。
  • 3曲目を担当
    シアターガールズ
    3rd『ごめんね、SUMMER』で結成。
    セレクション8
  • SKE48では、2ndシングルではチームB.L.T.がアンダーガールズ相当で、3rdシングルのみアンダーガールズ(AとBで分かれている)シアターガールズが結成されていたが、4thシングル以降はSKE48独自の「白組」「紅組」が結成されている。当初は選抜メンバーも「白組」「紅組」に入っていたが、5thからは松井珠理奈松井玲奈以外の表題曲の選抜メンバーが除かれ、さらに9thから松井珠理奈、10thから松井玲奈がそれぞれ除かれて、10th以降は完全に表題曲の選抜に入らなかったメンバーで構成されている。この「白組」「紅組」は後にNMB48のシングルにも踏襲されている。選抜と同様にメンバーはその都度選ばれ、人数も一定ではない。
  • また、通常盤が3タイプリリースされるようになった6thシングルからは、選抜よりも少人数の8人で構成される「セレクション8」が結成されている。8thシングルまではほとんど表題曲の選抜メンバーから選ばれていたが、9thは「歌唱力選抜」、12thは週刊プレイボーイのグラビア企画「出口陽セレクション8」、13thは2013年夏に研究生から昇格した8人のメンバーである。しかしながら、2014年以降は結成されなくなった。AKB48同様どの楽曲にも参加できないメンバーが生じるケースが多々ある(近年は一部研究生)。

NMB48のシングル

  • 紅組
    白組
    1st『絶滅黒髪少女』から9th『高嶺の林檎』まで、9回ずつ結成。白組はType-Aの、紅組はType-Bのカップリング曲を担当している。
    アンダーガールズ
    3rd『純情U-19』と4th『ナギイチ』のそれぞれで結成。
    NMBセブン
    難波鉄砲隊其之壱、難波鉄砲隊其之弐、…
  • NMB48では、SKE48のシステムを踏襲した「白組」「紅組」が結成され、白組はType-Aの、紅組はType-Bのカップリング曲を担当している。表題曲の選抜に入らなかったメンバー全員によるアンダーガールズが結成されていたが、3rdシングルと4thシングルの2回のみで5thシングル以降は結成されなくなった。
  • なお、「白組」「紅組」は選抜メンバーと表題曲の選抜に入らなかったメンバーの一部の計12名で結成されており、事実上選抜に準じたメンバー構成となっている。なお、4thシングルまでは選抜メンバーは全員がどちらかに参加していたが、5thシングルからは各4名ずつ、8thシングルからは各2名ずつの参加となっている。
  • また、通常盤が3タイプリリースされるようになった2ndシングルから4thシングルまでは、SKE48の「セレクション8」と同様に選抜よりも少人数の7人で構成される「NMBセブン」が結成され、Type-Cのカップリング曲を担当している。5thシングルより「難波鉄砲隊」が結成されており、「白組」「紅組」同様、選抜メンバーと表題曲の選抜に入らなかったメンバーの一部で結成されており、後ろに「其之○」、と連番を付けられている。「NMBセブン」に代わってType-Cのカップリング曲を担当していたが、カップリング曲が主にチーム名名義の曲となってからは、11thは限定盤と劇場盤、12thは劇場盤のカップリング曲と収録形態は異なっている(10th、13th以降は結成されていない)。
  • AKB48やSKE48と違い、全メンバーがシングルのいずれかの楽曲に参加しているが、選抜を含め、「白組」「紅組」「難波鉄砲隊」のいずれにも入らなかったメンバーは劇場盤のみに収録されている楽曲(「さや姉」など)の参加となっており、シアターガールズ相当の位置づけとなっている。

HKT48のシングル

  • あまくち姫
    うまくち姫
    1st『スキ!スキ!スキップ!』と2nd『メロンジュース』で2回ずつ結成。あまくち姫はType-Aの、うまくち姫はType-Bのカップリング曲を担当している。
    プラチナガールズ
    ダイヤモンドガールズ
    7th『74億分の1の君へ』と9th『バグっていいじゃん』で2回ずつ結成。プラチナガールズはType-Bの、ダイヤモンドガールズは7thは劇場盤で、9thはType-Cのカップリング曲を担当している。
  • HKT48では、SKE48やNMB48の「白組」「紅組」の初期体制と同様に、選抜メンバーの約半数と選抜入りしなかったメンバーによって「あまくち姫」「うまくち姫」が結成され、あまくち姫はTYPE-Aの、うまくち姫はTYPE-Bのカップリング曲を担当している。3期生が初めてCDに参加した3rdシングル以降は、カップリング曲が主にチーム名名義の曲となったため結成されなくなった。その後「アンダーガールズ」「シアターガールズ」に相当する「プラチナガールズ」「ダイヤモンドガールズ」が結成されている。
  • NMB48同様、全メンバーがシングルのいずれかの楽曲に参加しているが、選抜を含め、「あまくち姫」「うまくち姫」のいずれにも入らなかったメンバーは劇場盤のみに収録されている楽曲(「キレイごとでもいいじゃないか?」など)の参加となっており、シアターガールズ相当の位置づけとなっている。

選抜総選挙における区分

選抜総選挙で選ばれたメンバーが参加したシングルでは通常とは異なり、総選挙の順位によって歌唱メンバーが決められる。

選抜区分の一覧
シングル 選抜メンバー アンダーガールズ ネクストガールズ フューチャーガールズ アップカミングガールズ その他
1 言い訳Maybe 1 - 21位 22 - 30位 - - - メディア選抜:1 - 12位
2 ヘビーローテーション 1 - 21位 22 - 40位 - - - メディア選抜:1 - 12位
3 フライングゲット 1 - 21位 22 - 40位 - - - メディア選抜:1 - 12位
4 ギンガムチェック 1 - 16位 17 - 32位 33 - 48位 49 - 64位 - ウェイティングガールズ:圏外メンバー全員
5 恋するフォーチュンクッキー 1 - 16位 17 - 32位 33 - 48位 49 - 64位 -
6 心のプラカード 1 - 16位 17 - 32位 33 - 48位 49 - 64位 65 - 80位
7 ハロウィン・ナイト 1 - 16位 17 - 32位 33 - 48位 49 - 64位 65 - 80位
8 LOVE TRIP/しあわせを分けなさい 1 - 16位 17 - 32位 33 - 48位 49 - 64位 65 - 80位

脚注・出典

  1. ^ 『AKB48 じゃんけん選抜 公式ガイドブック』