エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
(年の間違いの訂正(2019→2018))
(→‎外部リンク: カテゴリ)
181行目: 181行目:
  
 
{{AKB48}}
 
{{AKB48}}
 +
[[カテゴリ:AKB48のライブ・コンサート|こうはくたいこううたかつせん07]]
 
[[stage48:AKB48 Kouhaku Utagassen 2017]]
 
[[stage48:AKB48 Kouhaku Utagassen 2017]]

2019年7月14日 (日) 00:41時点における版

「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」(だいななかい エーケービー フォーティエイト こうはくたいこううたがっせん)は、2017年12月10日にTOKYO DOME CITY HALLで開催されたAKB48のコンサート。

概要

  • 開催日時:2017年12月10日(日)開場16:30 / 開演17:30
  • 会場:TOKYO DOME CITY HALL(東京都文京区)
  • チケット:指定席 6,800(税込)、ファミリー席 6,800(税込)
審査員
司会
演出
  • きくち伸(フジテレビジョン総合事業局コンテンツ事業センターペイTV部ゼネラルプロデューサー)

出演者

紅組

AKB48 入山杏奈大家志津香小嶋菜月佐々木優佳里田北香世子谷口めぐ中西智代梨樋渡結依市川愛美久保怜音篠崎彩奈下口ひなな田野優花藤田奈那峯岸みなみ向井地美音武藤十夢茂木忍湯本亜美柏木由紀加藤玲奈後藤萌咲竹内美宥達家真姫宝西川怜福岡聖菜馬嘉伶山邊歩夢岩立沙穂大川莉央大森美優岡田奈々川本紗矢北澤早紀小嶋真子込山榛香佐藤妃星高橋朱里千葉恵里野澤玲奈村山彩希坂口渚沙岡部麟小栗有以小田えりな倉野尾成美山内瑞葵
SKE48 北川綾巴松井珠理奈江籠裕奈大場美奈小畑優奈北野瑠華白井琴望惣田紗莉渚高柳明音竹内彩姫古畑奈和矢作有紀奈鎌田菜月熊崎晴香菅原茉椰須田亜香里
NGT48 荻野由佳小熊倫実加藤美南北原里英佐藤杏樹菅原りこ高倉萌香太野彩香中井りか西潟茉莉奈長谷川玲奈本間日陽村雲颯香山口真帆山田野絵角ゆりあ宮島亜弥

白組

NMB48 市川美織谷川愛梨山本彩加岩田桃夏加藤夕夏渋谷凪咲白間美瑠吉田朱里植村梓太田夢莉沖田彩華城恵理子上西怜村瀬紗英矢倉楓子
HKT48 兒玉遥指原莉乃田島芽瑠田中美久豊永阿紀松岡菜摘矢吹奈子運上弘菜冨吉明日香朝長美桜渕上舞宮脇咲良本村碧唯森保まどか荒巻美咲坂本愛玲菜月足天音松岡はな
STU48 石田千穂石田みなみ磯貝花音市岡愛弓今村美月岩田陽菜門脇実優菜佐野遥瀧野由美子田中皓子土路生優里福田朱里藤原あずさ森香穂藪下楓

セットリスト

  1. overture
  2. 紅組 ヘビーローテーション
    AKB48
  3. 紅組 1!2!3!4! ヨロシク!
    SKE48
  4. 白組 まさかシンガポール
    NMB48
  5. 白組 最高かよ
    HKT48
  6. 紅組 Maxとき315号
    NGT48
  7. 白組 思い出せてよかった
    STU48
  8. GIVE ME FIVE!
  9. One・Two・Three
    モーニング娘。'17
MC
  1. 白組 泡沫サタデーナイト!
    サシニング娘。(HKT48指原莉乃&モーニング娘。'17)
  2. 白組 Get you!
    サシニング娘。
  3. 紅組 アイドルばかり聴かないで
    NegiGT48(NGT48&Negicco
  4. 紅組 みどりと森の運動公園
    NegiGT48
  5. 紅組 抱きしめてアンセム
    しゃちKE48(SKE48&チームしゃちほこ
  6. 紅組 オキドキ
    しゃちKE48
  7. 白組 絶滅黒髪少女
    たこMB48(NMB48&たこやきレインボー
MC
~22までunplugged~
  1. 白組 僕らの音楽」オープニングテーマ
    瀧野由美子によるサックス演奏
  2. 紅組 恋するフォーチュンクッキー
    指原莉乃、峯岸みなみ、岡田奈々、高橋朱里、村山彩希、岡部麟、小田えりな、倉野尾成美、山内瑞葵、田野優花
  3. 白組 僕らのレガッタ
    加藤夕夏、渋谷凪咲、村瀬紗英、矢倉楓子
  4. 紅組 不器用太陽
    高柳明音、古畑奈和
  5. 白組 大人列車
    兒玉遥、本村碧唯、渕上舞、豊永阿紀 、坂本愛玲菜
  6. 紅組 青春時計
    佐藤杏樹、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、小熊倫実、菅原りこ、山田野絵、村雲颯香
  7. 365日の紙飛行機
    ダチョウ倶楽部&横山由依、柏木由紀、入山杏奈、加藤玲奈、松井珠理奈、宮脇咲良、兒玉遥、北原里英
MC
  1. 白組 過ち
    山本彩×稲垣潤一
  2. 紅組 抱いてやっちゃ桜木町
    中井りか×ロス・インディオス
MC
  1. 誰にも言わないで
    白井琴望
  2. 紅組 世界はどこまで青空なのか?
    NGT48
  3. 白組 ワロタピーポー
    NMB48
  4. 紅組 意外にマンゴー
    SKE48
  5. 白組 キスは待つしかないのでしょうか?
    HKT48
  6. 紅組 11月のアンクレット
    AKB48
  7. 紅組 サヨナラで終わるわけじゃない
    向井地美音、小栗有以
  8. 紅組 チームB推し
    チームB
MC
  1. 白組 True Colorsシンディ・ローパー
    松岡はな、矢吹奈子、田中美久
  2. 紅組 なごり雪
    松井珠理奈、小畑優奈×イルカ
  3. 白組 チェインギャングTHE BLUE HEARTS
    白間美瑠×押尾コータロー(ギター)
  4. 紅組 飛梅さだまさし
    柏木由紀×VOJA-tension
  5. 白組 On My Ownレ・ミゼラブルより)
    HKT48宮脇咲良×宮本笑里(ヴァイオリン)
  6. 紅組 ChandelierSia
    横山由依×栗本柚希3B junior
  7. 白組 失格
    山本彩×榊いずみ(ツインギター)
MC
  1. 天使はどこにいる?
    fairy w!nk(荒巻美咲、運上弘菜)
  2. あばたもえくぼもふくのうち
    ふぅさえ(矢倉楓子、村瀬紗英)
  3. 僕たちの地球
    Kissの天ぷら(北原里英、宮崎美穂、大家志津香) 
審査結果発表
  1. Happy Xmas

主な出来事

  • 「PRODUCE48」が発表された。韓国のMnetが展開している、視聴者がアイドルメンバーを選抜する番組「PRODUCE101」とAKB48がコラボしたプロジェクト「PRODUCE48」にて新しい女性アイドルグループの結成が決まり、そのメンバーオーディションにAKB48グループ全メンバーが参加可能。立候補期間は12月15日から1月10日までで、1月に1次オーディションが開始される。
  • 世界的に人気のあるテレビドラマ「レベルデ」やポップグループRBDのエグゼクティブプロデューサーを務めたペドロ・ダミアンがVTRを通じて発表。「レベルデ」に続く新しいテレビドラマシリーズ「L.I.K.E」の制作が決まり、その主要キャスト4名のうち1名を日本人女性キャストとし、AKB48グループメンバーから選出することを告げた。なお選出されたメンバーはドラマ出演と共にポップグループとしてデビューすることも決定しており、1年間海外留学することとなる。

投票結果

  • 紅組優勝(7対4)審査員6票(紅4白2)、映画館1票(白)、会場のアリーナ1票(紅)、スタンド1票(紅)、キャプテン2票(紅1白1)、計11票

演出に対する批判

  • 今回の演出は、フジテレビで「FNS歌謡祭」「僕らの音楽」「堂本兄弟」など数々の音楽番組を手がけてきた「きくちP」こと、きくち伸が担当した[1][2]。きくちの演出により、AKB48グループ所属メンバーとモーニング娘。'17、チームしゃちほこ、たこやきレインボー、Negiccoなどの他のアイドルグループやイルカ、稲垣潤一などのシンガーソングライターなどとの共演が実現するなど豪華な内容となった[3]
  • しかし、このきくちの演出に対し評価の声がある一方で、インターネット掲示板の5ちゃんねるやネットメディアなどで批判が続出し、一部のネットユーザーからは「最低のAKB紅白」と痛烈な批判を浴びた[4][5][6]
  • 主な批判の論点となったのが「『AKB48紅白対抗歌合戦』と銘打たれているにもかかわらず、一部の48グループメンバーと他のアイドルグループや歌手とのコラボに偏重し、本体主役であるべきの48グループ所属メンバーの大半が出演できなかった」という点であり、今回の審査員を務めた春風亭小朝からも、

(前略)
全体を通して感じたのは、楽しかったと思うメンバーとそうじゃないコたちの差が激しそうだなということ
私はなんのためにここにいるんだろうとか、私の役目はこれだけ?みたいに思ったコが多かったんじゃないかな
個人的には小嶋真子さんと大場美奈さんの見せ場を作って欲しかったし、
同じ会場であれだけ素晴らしいコンサートをやった13期の皆さんも村山さん以外は探すのが大変でした
運良く入場することができて喜んでいたファンの皆さんのテンションが上がりきらなかったのは
ゲストよりもメンバーのパフォーマンスをもっと観たいとか、自分の推しているコがその他大勢扱いにされているとか、
あと、選曲の問題もあるかもしれません
観客のモヤモヤ感を、少しでも解消してくれるコーナーがあってもよかったのにね[7]
(後略)

と、演出について疑問を呈している。

1年勉強した今年は全く別物。他所のアイドル呼ばずカバーは他局まかせ、48メンバーと楽曲で全曲完全生歌生演奏。[8]

と、外部ゲスト招聘を行わずに純48グループメンバーによる演出に傾注している。

脚注・出典

外部リンク