エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

松村沙友理

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
乃木坂46
松村 沙友理 まつむら さゆり
2017年乃木坂46プロフィール 松村沙友理.jpg
所属事務所

乃木坂46合同会社

生年月日

1992年8月27日 (25歳)

出身地

大阪府

血液型

B型

身長

163cm[1]

合格期

1期生

選抜回数

19回

サイリウム

ピンク

松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年8月27日 - )は、乃木坂46のメンバー。大阪府出身。乃木坂46LLC(合同会社)所属。

略歴

2011年
  • 大阪桐蔭高等学校を卒業後、浪人して予備校に通っていた。将来は看護師を目指していた。
  • 8月21日、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。
2017年
  • 12月12日、初のソロ写真集『(タイトル未定)』(小学館)を発売[2](予定)。

人物

この項目は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、整理する必要があります。

キャラクター

  • 大阪生まれの大阪育ち。現在は一人暮らし。
  • 姉と弟がいる。
  • 性格は、とろい。が、まじめでせっかちなところもあり、しっかりしてると思っている。
  • 「さゆりんごパンチ」という必殺技を持っている。
  • キャッチフレーズは、「さゆりんさゆりんさゆりんりん♪さゆりんさゆりんさゆりんごっ☆ 甘い蜜たっぷりのさゆりんご、ご賞味いかがですか?」
  • 友人には「さゆ」と呼ばれることが多いが、乃木坂46には井上小百合も「さゆ」であることから、次によく呼ばれる「さゆりん」を推している。
  • 母からは、さゆりんご、りんごちゃんと呼ばれている。
  • 「まっつん」というニックネームの由来は、前髪がぱっつんであることから。
  • アニメが非常に好きである。そのため、ブログでもアニメの話題が多い。アニメを好きになったきっかけは、アニメ好きな姉と一緒にアニメを観たことから。
  • 運動が苦手。唯一人並みにできるのはバレーボール。
  • 中学・高校時代は、バレーボール部に所属していた。ポジションは、センター。中学時代には、キャプテンもやっていた。
  • 尊敬する人物は、アンネ・フランク、マザー・テレサ。
  • 視力が非常に良く、2.0。
  • ダンス・歌ともに苦手である。
  • 普段は汗っかきではないが、イベントの時にはかなり汗をかく。
  • 寒いのは苦手。しかし、夏は寒いほうがいいと思っている。
  • 料理が苦手。番組で度々惨憺たる結果を残しているが、本人曰く、一回作ったら作れる。母がとても料理が上手く、母がいないときは父が料理をしていたため、松村自身は料理をする機会があまりなかったとのこと。
  • 「乃木坂って、どこ?」の企画で演技をしたことがあり、その際に言った「なんでなんよ~」がメンバーの中で流行った[3]
  • オーディションの時に、一人カラオケに行って練習した。
  • 年頃の弟に構ってもらうためにゲームをしていた。それが東京モーターショーのイベントで役に立った。
  • 2011年のクリスマスは、橋本と過ごした。

乃木坂46として

2011年

  • 8月21日、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。オーディションを受けたきっかけは、オーディション会場が大阪で通っていた予備校から近かったため。

2013年

2014年

  • 6月30日放送テレビ東京系「乃木坂って、どこ?」の企画『乃木坂頭脳王決定戦』の冒頭で設楽統(バナナマン)が松井玲奈に「外から見たときに『この子もしかしたらおバカなのかな?』って思う子はいる?」と聞かれると松井は松村を指して「喋ったあとに『ウフフ』っていうから、大丈夫かなって…」、日村勇紀が「バカっぽいよね?」と言い、松井は「バカっぽいですね!」とばっさり切り捨てたが、順位では9位が松井、5位が松村という結果になった。「バカっぽい」と評した松井は松村に「ホントごめん!」と謝罪した[4]
  • 7月24日放送(9月29日再放送)NHK教育「Rの法則 ライブ&トーク乃木坂46」。渋谷の通行人の若い女の子に「夏のFree&Easy」の気になるシーンを尋ねるコーナーで、松村沙友理がヘッドホンをして床に寝転んで歌うシーンが第2位に選ばれた。「天使ですよ、革命が起きた、女受けも男受けもいい」「セクシー」といった賞賛の声が紹介された。松村は「夜だったんですよ、結構周りが真っ暗で、寝転んで下さいって言われて、言われるがままに、本当に私は曲を聞きながらやったんですよ。この曲のイメージをそのままなんか表情に出したらちょっとセクシーになっちゃったのかな。正直、私ナニされるんやろ、と思いながら撮りました」と話すと、TOKIOの山口達也に即座に「撮影だよ」と突っ込まれた。
  • 10月8日、「週刊文春」(10月16日号)において、大手出版社勤務の男性との不倫疑惑を路上キスシーンの写真付き記事で伝える。同日、文化放送「リッスン」に生駒里奈とともに生出演(その後、桜井玲香白石麻衣も駆けつける)。謝罪とともに釈明し、男女関係については否定[5](詳細は/ノートを参照)。
  • 10月10日、乃木坂46公式サイトにおいて、乃木坂46運営委員会名義で「ファンの皆様へ」のエントリーでリリース(処分などについては言及せず)[6]

ファンの皆様へ 松村沙友理の一連の報道に関しまして、ファンの皆様に多大なご心配をお掛けしましたことを深くお詫びいたします。
今回の件に関しましては、多数のお問い合わせ、ご意見、叱咤激励を頂戴しております。
みなさまのご意見を真摯に受け止め、引き続き乃木坂46の活動をご支援いただけるよう努めてまいります。
今後とも乃木坂46をよろしくお願い申し上げます。
乃木坂46運営委員会

  • 10月28日、一連の騒動から初のブログを更新。
「松村沙友理です。今日からブログを再開したいと思います。沢山ご心配お掛けしてすみません。今やるべきことも、何をしたらいいのかも正直 毎日悩んでいます。私の行動で沢山の方に不快な思いをさせてしまったと思います。自分の置かれている立場を何もわかっていませんでした。皆さんを失望させてしまったことを考えると毎日苦しくて苦しくて仕方ありません。本当にごめんなさい。でも、握手会で頂いた言葉も毎日思い出しますし、毎日のようにこのブログへのコメントも読ませてもらっています。また少しずつ前を向いて頑張ります。よろしくお願いします(後略)」[7]

2015年

  • 1月6日放送、NHK教育「Rの法則 ライブ&トーク乃木坂46」。「何度目の青空か?」について「10代女子500人グッときたフレーズ」第1位が発表された後、「青空を見上げるときのこと」を訊かれ、松村は「悩んでるとき。空とか景色を見て、なんか自分ちっぽけだな、と思って悩みを忘れる」とこたえた。
  • 1月19日放送、「乃木坂って、どこ?」で11thシングル選抜メンバーが発表された。松村は前回の2列目から3列目に下がったが選抜に入った。
設楽統「正直、色々ありましたからね。俺、今回入んないと思いました、松村。(聞いている松村は涙が溢れそう)松村もそういうふうに思っていたんじゃないですか?」
松村「ずっと、ステージに立つのも人前に出るのも怖くなっちゃって。もう、自分でもずっともう駄目だって思って『もう私出来ません』ってずっと言ってて・・・(沈黙、松村の右目から涙が溢れる)・・・『何でアイツが入るんだ?』って皆さん思うだろうけど・・・(沈黙、涙が頬を流れていく)・・・でも応援してくれる方もいて『笑ってるさゆりんがみたいよ』って皆さん言って下さって、それが本当に私の支えだったし、頑張らなきゃいけないなと思います。でもなんか。う~ん・・・」
設楽「わかるよ、複雑な思いはあるでしょうし、でもさ、もうしょうがないじゃん、って感じだよね。あのもちろん責める人のことも分かるし、でもやっちゃったのは自分だから責任もあると思うけど、昔のねバカみたいなことを言ってるような松村が戻ってきてくれないと寂しい部分もありますし」
松村「なんかまだ、この位置をもらったけど、本当にここにいていいのかなって思っちゃうとこがあるので」
日村勇紀「まあもういいでしょ、もう十分自分も痛い目も受けただろうし、もういいでしょ、誰もほんとぶっちゃけ(松村が両手で鼻を覆う)松村がいるのヤダって思わないよ」聞いている松村は首を横に振りさらに涙が流れる。「全然大丈夫よ。本当に番組でもいつも通り頑張ってもらいたいし、最近やっぱり元気なかったからね、明るく生きましょう。わかった?」
日村の言葉を聞いた松村の表情は明るくなり「ハイ」と前向きの返事をした。
  • 7月11日-9月26日、テレビ東京系テレビドラマ『初森ベマーズ』にユウウツ役で出演。背番号7。控え選手。[8]
  • 7月22日、この日発売の12thシングル『太陽ノック』Type B収録のカップリング曲『無表情』で生田絵梨花とユニットを組んだ。
  • 11月26日、乃木坂46のNHK紅白歌合戦への出場が決定した。NHK101スタジオで行われた初出場者が出揃っての記者会見に、13th選抜メンバーとして出席した。その直後に出演したニコニコ生放送の「生のアイドルが好き」では安堵の涙を見せた。

交友関係

性格・趣味

  • 食べることが好きで、好き嫌いがない。また、大食いであり、「乃木坂って、どこ?」で大食いっぷりを披露している。大食いを物語るエピソードは、2014年4月11日放送「ミュージックステーション」(テレビ朝日系列)で乃木坂46が念願の初出演した際、タモリからの質問「アイドルになってから苦労したこと」について松村は「食事制限が厳しい」と答えた。本人曰く「(普段は)ご飯だったら山盛りで9杯くらい食べられるんです」との事で、それを聞いたSMAPの中居正広から「タモさん、仏様でも2杯だよ!」とツッコまれた[10]
  • 好きな食べ物は、唐揚げ、タルト、天かす。唐揚げにレモンはかけない派。酸っぱいのが苦手。松村の姉は、添えられているレモンをそのまま食べる。
  • 苦手な食べ物は、納豆。
  • 好きな色は、ピンク、白、黄色。
  • 好きなアーティストは、ポルノグラフィティ。
  • 初めて買ったCDは、「Mickey/松浦ゴリエ」。
  • カラオケの十八番は、「恋のミラクル伝説」。よく歌うアーティストは、ポルノグラフィティ、YUI、大塚愛。許可がおりたらアニソンも歌う。
  • 一番好きなアニメ(漫画)は、「まほらば」。
  • 好きなアニメの台詞は、まほらばの「ひとめ見たときからあなたにゾッコンでしたー!!」。
  • アニメ、漫画ともに絵で判断するため、絵が気に入らないとはまらない。
  • 週刊少年ジャンプを読んでいる。
  • 好きな声優は沢山いる。声優を好きになったきっかけは、堀江由衣。
  • スポーツは観る専門。サッカー、バスケが好き。
  • 大阪桐蔭という高校野球の名門校にいたが、プロ野球はあまり詳しくない。地元阪神はメディアでよく目にしていたため詳しい。父と弟は、オリックスのファンである。
  • 好きな教科は、数学。数列が苦手。
  • 好きなテレビ番組は、しゃべくり007、ニュース番組、料理番組。
  • 好きな動物は、うさぎ。もし飼うなら、猫かハムスター。
  • 天王寺動物園が好きで、家族でよく行っていた。
  • 笑顔フェチ。
  • 好きなタイプは、短気じゃない人。自分が降りる駅ではないのに、後ろの人のために一度降りる人。
  • 一人暮らしなのにゴミ箱が5つもある。[11]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

乃木坂46

AKB48

アルバムCD選抜曲

乃木坂46

その他の参加楽曲

  • ツインテールはもうしない - まゆ坂46名義
    渡辺麻友の2ndシングル「大人ジェリービーンズ」のカップリング曲として収録された。

出演番組

  • 乃木坂って、どこ?(テレビ愛知発全国6局ネット、2011年10月2日 - )
  • 乃木坂浪漫(テレビ東京、2012年4月2日 - )#5,16,22,30,75,89

脚注・注釈・出典

注釈
  1. ^ 「その先の出口」に関してはお姉さん組(白石、橋本、松村、深川、高山、衛藤、秋元、松井)の他に、大和里菜が参加している。
出典

外部リンク