エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

事務所

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では、48グループおよび坂道シリーズ所属のメンバーが所属している事務所について記述する。

概要

48グループ

  • AKB48については、結成当初はメンバー全員が、株式会社オフィスフォーティエイト(Office48)によるマネージメントを受けていたが、マネージメントや露出展開の強化を計るために、また、卒業後も芸能活動が出来るように一部メンバーが他の芸能事務所へ移籍した。
  • 新たにAKB48HKT48NGT48(2011年11月から2019年1月まではSKE48も)として加入したメンバーは、一部のメンバーを除き、最初は株式会社AKS所属だが、他の事務所からのオファーがあった場合は移籍するようになっている。また、研究生のままで他事務所に所属した例もあった[注釈 1]。当時のAKB48の運営方針では、全てのメンバーが他の芸能事務所に所属しマネージメントを受ける予定であった。
しかし、2012年3月25日のコンサート「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」で15名の事務所移籍が発表されて以降、大規模な事務所移籍発表は行われていない。逆に、アトリエ・ダンカン(のちに経営破綻)に所属していた片山陽加佐藤亜美菜、フロスツゥーに所属していた前田亜美およびMousaに所属していた全員がそれぞれ事務所との契約を満了し、(AKB48活動終了と共にMousaを退社した仲谷明香を除き)AKSへ出戻りとなる状況になっている(その後、片山は2014年1月1日付でアービングへ、佐藤亜美菜は同年6月1日付で大沢事務所へ移籍している)。
このため、外部事務所への移籍が停滞して以降は、後述するNMB48、海外グループおよび外部事務所所属メンバー以外のほぼ全員がAKSの所属となっており、同社のマネージメントを受けていた。48グループを卒業するメンバーのうち芸能活動を継続する者については、グループ離脱と同時ないし一定期間後に他事務所へ移籍する状態が長く続いていた。
2020年2月にAKSがに社名を株式会社Vernalossom(ヴァーナブロッサム)に変更し、同社は日本国内の48グループの運営から撤退、今後は9つある海外姉妹グループと日韓ガールズグループIZ*ONEの運営、新規事業を行うこととなった[1]。これに伴い、2020年4月にAKB48の運営・メンバーのマネジメントがAKSから新たに設立した株式会社DHへ移管された。
また、チーム8所属メンバーは当初から全員がAKS→DHの所属となっていたが、2020年7月に大西桃香が新興芸能事務所のアリゲーターに移籍したのを皮切りに、清水麻璃亜小田えりながセントラルへ、岡部麟が大手芸能事務所であるホリプロへ、小栗有以がSKE48のマネジメントを行っているゼストへ移籍するなど、チーム8メンバーについても外部事務所にマネジメントを委ねるケースも出始めている。
  • SKE48は、設立当初は株式会社ピタゴラス・プロモーションが運営母体となっていたが、2011年11月1日付でAKSへ事業を委譲し、当時の全所属メンバーおよび全運営スタッフが移籍した。その後、高柳明音(→エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ→エイベックス・マネジメント)、松井玲奈(→Grick)、佐藤実絵子(セントラル・ジャパン)[注釈 2]宮前杏実(→サン・オフィス。卒業後に短期間で退所し個人事務所設立)、松井珠理奈(→アービング)、須田亜香里(→TWIN PLANET)、大矢真那(→サン・オフィス)[注釈 3]はグループ在籍中にさらに別の事務所へ移籍を果たしている。また、HKT48より移籍した谷真理佳もワタナベエンターテイメントからの移籍オファーを受け、移籍を果たしている。
その後、2019年3月にSKE48の運営・メンバーのマネジメントがAKSから株式会社SKE(株式会社KeyHolderによる設立)へ、さらに株式会社SKEは2019年7月1日付で株式会社ゼストへ商号を改称して現在に至っている。
  • HKT48は、AKB48より移籍した指原莉乃(太田プロダクション)、多田愛佳(プロダクション尾木)以外では、2019年6月に村重杏奈がSKE48の須田亜香里、元AKB48の西野未姫が所属するTWIN PLANETへ移籍を果たしている(ただし、2019年6月の時点で(仮)契約であったが、その後同年10月に正式所属となった)。
その後、2020年4月にHKT48の運営・メンバーのマネジメントがAKSから株式会社Mercury(マーキュリー)へ移管された。
  • NGT48は、AKB48より移籍した北原里英(太田プロダクション)、兼任の柏木由紀(ワタナベエンターテインメント)を除き、2018年5月までは外部事務所への移籍はなかったが、第9回総選挙で第5位に躍進した荻野由佳がホリプロから、中井りかが太田プロからの移籍オファーを受け、それぞれ移籍を果たしている。
その後、2020年4月にNGT48の運営・メンバーのマネジメントがAKSから株式会社Flora(フローラ)へ移管された。
  • STU48は、当時HKT48から兼任していた指原、AKB48から兼任する岡田奈々(AKS→DH)を除き、株式会社STUの所属であり、2020年2月までは外部事務所への移籍はなかったが、同年3月に瀧野由美子がMama&Sonへ[2]、同年7月に石田千穂がTWIN PLANET(女優・俳優部門のワイルドプラネット)へ[3]移籍を果たしている。
  • NMB48においては、一部のメンバー(他グループからの移籍(市川美織梅田彩佳藤江れいな)および兼任メンバー)を除き、KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社の所属となっていた。NMB48卒業後も継続して芸能活動を行うメンバーは原則として、系列親会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシーへ移籍していた(福本愛菜[注釈 4]山田菜々)が、2015年12月にNMB48のプロデューサーを務める剱持嘉一が社長を務める株式会社Showtitle(吉本興業ホールディングス傘下の子会社)が設立[4]されたため、同社へ移籍するケースが基本となった(よしもとクリエイティブから移籍した山田のほか、小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香高野祐衣、三秋里歩(旧芸名:小谷里歩))。
その後、2016年12月にNMB48の運営・メンバーのマネジメントがKYORAKU吉本.からShowtitleへ移管されたため、前述の市川、藤江を除くNMB48所属メンバー全員がShowtitleへ転籍している。さらにその後、唯一の外部事務所所属であった市川が2018年5月1日でNMB48としての活動を終了したため、所属メンバー全員がShowtitle所属となっている。
  • なお、Showtitleを含む吉本興業系の事務所から離れての芸能活動を希望する場合は、2年間は他事務所での芸能活動ができない(いわゆる「2年縛り」)内規があったことが、2018年6月28日号の『週刊文春』で明らかにされている[5]。OGのうち太田里織菜岡田梨紗子佐藤天彩嶋崎百萌香瀧山あかね肥川彩愛久田莉子松田栞上西恵らはいずれもNMB48卒業から約2年以上経過後に別事務所に所属し芸能活動を再開した。その一方で、NMB48としての活動を終了してから1年後にNHK大津放送局のキャスターとなった村上文香(現在はフリーランス)の例があった。
その後「2年縛り」条項が事実上撤廃されたこともあり、NMB48としての活動を終了してから1年後に別事務所へ所属し芸能活動を再開した矢倉楓子(→エイジアプロモーション)や、NMB48としての活動を終了後まもなくして吉本興業系以外の事務所へ移籍した内木志(→SOMEDAY)、川上礼奈(→ONS PRODUCTION)、古賀成美(→イトーカンパニー)の様な例も散見される。

坂道シリーズ

  • 乃木坂46に所属するメンバーについては、全員が乃木坂46合同会社に所属しマネジメントを受けている。乃木坂46在籍中は48グループのように基本的に同社の所属を離れることはない[注釈 5]。乃木坂46を卒業などにより離れた場合は、かつては乃木坂46合同会社を離れて別会社のマネジメントを受けるケースが多かったが、生駒里奈より引き続き乃木坂46合同会社に所属し、同社のマネジメントを受けるOGも出てくるようになった[注釈 6]
  • 櫻坂46(旧名:欅坂46)および日向坂46に所属するメンバーについては、全員がSeed & Flower合同会社に所属しマネジメントを受けている。乃木坂46の場合と同様にグループ在籍中は基本的に同社の所属を離れることはない。また、既にグループを離れたOGの平手友梨奈長濱ねるについては引き続きSeed & Flower合同会社に所属し、同社のマネジメントを受けている。

凡例

以下項目は、各メンバーの所属状況について列記する[注釈 7]。なお、凡例は次の通り。

  • ★は、48グループ/坂道シリーズの元所属メンバーを表す。
  • ※は、48グループ/坂道シリーズ離脱後に同社の所属となったメンバーを表す。
  • △は、2010年3月25日の「満席祭り希望 賛否両論」で事務所移籍オファーが発表され、同社へ移籍したメンバーを表す。
  • □は、2012年3月25日の「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」で事務所移籍オファーが発表され、同社へ移籍したメンバーを表す。
  • 各事務所の詳細については、各事務所名のリンク、Wikipediaの記事、/ノートを参照。

48グループ現役メンバーのみが所属する事務所

DH

AKB48のうち、他事務所所属メンバーを除く全員が所属。

Mercury

HKT48のうち、他事務所所属メンバーを除く全員が所属。

Flora

NGT48のうち、他事務所所属メンバーを除く全員が所属。

STU

STU48のうち、他事務所所属メンバーを除く全員が所属。なお、正式名称は「株式会社STU」であり、「48」は付かない。

Hallo Hallo Entertainment

MNL48全員が所属。

尚越文化

AKB48 Team SH全員が所属。正式名称は「上海尚越文化发展有限公司」。

好言娯樂

AKB48 Team TP全員が所属。正式名称は「好言娯樂有限公司」、英名は「Muses and Nymph Entertainment」。

YAG Entertainment

SGO48全員が所属。

YKBK48 Entertainment

DEL48全員が所属。正式名称は「YKBK 48 Entertainment Private Limited」。

48グループメンバーが所属している事務所

太田プロダクション

現在の在籍者 大島優子(セントラル子供劇団→Office48→)、★△北原里英、★△指原莉乃、★△野呂佳代(ムーン・ザ・チャイルド(一時「朝倉佳代」名義で所属)→Office48→AKS→)、□入山杏奈、□横山由依中井りか
過去の在籍経験者 小野恵令奈(→無所属→レプロエンタテインメント→無所属)、★前田敦子(→Office MAEDA ATSUKO)

プロダクション尾木

現在の在籍者 多田愛佳、★高橋みなみ峯岸みなみ、★□市川美織(スターダストプロモーション→ボックスコーポレーション→無所属→AKS→)
過去の在籍経験者 ★△岩佐美咲(→長良プロダクション)、★浦野一美(→無所属→HIR)、★菊地あやか(→無所属)、★△小森美果(→無所属)、★仲川遥香(→Dentsu Indonesia)、★△野中美郷(→無所属)、★平嶋夏海(→無所属→ワンエイトプロモーション)、★△松原夏海(→無所属→ワンダー・プロダクション→ワンダー)、★渡辺麻友(→無所属)、★小嶋陽菜(→Mama&Son)
  • 高橋、峯岸は同社の系列会社Mama&Sonにも業務提携扱いで所属。

Mama&Son

現在の在籍者 加藤玲奈、★小嶋陽菜、※高橋みなみ、峯岸みなみ、向井地美音(セントラル子供タレント→イー・コンセプト→AKS→)、瀧野由美子
過去の在籍経験者 渡辺麻友(→無所属)
  • プロダクション尾木のスタッフが2017年3月に立ち上げた芸能事務所で、同社の系列会社。高橋、峯岸はプロダクション尾木との業務提携扱い[6]
  • 小嶋は当初はプロダクション尾木との業務提携扱いだったが、その後転籍した[6]
  • 渡辺もプロダクション尾木との業務提携扱いでの所属だった。

ジャパン・ミュージックエンターテイメント

現在の在籍者 大場美奈
過去の在籍経験者 阿部マリア(→隨身遊戲股份/麥卡貝網路電視(台湾の芸能事務所))
  • なお、阿部、大場の移籍当初の正式な所属カテゴリは「JMEルーキーズ」(現在は「ジャパン・ミュージックエンターテイメント」所属)。系列会社の「イー・コンセプト」には、向井地美音がAKB48加入前に所属していた。現在は元乃木坂46柏幸奈が所属している。

アービング

現在の在籍者 ★□永尾まりや、★片山陽加(AKS→アトリエ・ダンカン→AKS→)、松井珠理奈、※嶋崎百萌香(KYORAKU吉本.ホールディングス→無所属→)

JPEG

現在の在籍者 馬嘉伶

TWIN PLANET

現在の在籍者 須田亜香里、※西野未姫(AKS→無所属→)、※女鹿椰子[注釈 8](AKS[注釈 9]→無所属→)、村重杏奈[注釈 10]、※長久玲奈(AKS→無所属→)、※森平莉子[注釈 11](AKS→無所属→)、※後藤萌咲(AKS→無所属→)、石田千穂[注釈 12]
過去の在籍経験者 加藤智子(マッシモ→AKS→TWIN PLANET→キープスマイリング→スカイコーポレーション→リクコーポレーション→ウィザードリー・エンタテインメント)、長野雅(TWIN PLANET[注釈 8]→AKS→Mercury)

エイベックス・マネジメント

現在の在籍者 高柳明音(ピタゴラス・プロモーション→AKS→エイベックス・エンタテインメント→エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ→)、※川栄李奈(AKS→エイベックス・ヴァンガード→)、※金澤有希(AKB48在籍時は「金沢有希」、AKS→無所属→エイベックス・マネジメント→エイベックス・ヴァンガード→)、※菅原りこ(AKS→無所属→)
過去の在籍経験者 井尻晏菜(エイベックス・マネジメント→無所属→KYORAKU吉本.ホールディングス→Showtitle)

アリゲーター

現在の在籍者 大西桃香

セントラル

現在の在籍者 田野優花小田えりな清水麻璃亜
過去の在籍経験者 塚本まり子(AKS→セントラル→無所属)

De-LIGHT

現在の在籍者 中塚智実(AKS→ドレスコート→無所属→)、北澤早紀

dentsu X entertainment

JKT48全員が所属。運営母体である電通インドネシアには一部OGも所属する。旧称「JKT48 Project」。野澤玲奈もJKT48所属時は同組織に所属していた。

Independent Artists Management

BNK48およびCGM48全員のほか、一部OGも所属する。略称「iAM」。旧称「BNK48 Office」。

48グループと坂道シリーズメンバーが所属している事務所

Showtitle

現在の在籍者 NMB48全員、★井尻晏菜(エイベックス・マネジメント→無所属→KYORAKU吉本.ホールディングス→)、★太田夢莉、★木下百花(NMB48卒業後は一時「百花」名義で所属)、※高野祐衣(KYORAKU吉本.ホールディングス→無所属→よしもとクリエイティブ・エージェンシー(現・吉本興業)→)、★谷川愛梨、★山本彩(スマイルカンパニー→無所属→KYORAKU吉本.ホールディングス→)、★吉田朱里
過去の在籍経験者 岸野里香(→無所属)、※小笠原茉由(→無所属)、★須藤凜々花(→無所属)、★磯佳奈江(→無所属)、★三秋里歩(NMB48在籍時は「小谷里歩」、→無所属)、★松村芽久未(→無所属→mitt management)、※門脇佳奈子(→無所属)、※山田菜々(アップフロント関西→無所属→KYORAKU吉本.ホールディングス→よしもとクリエイティブ・エージェンシー→Showtitle→無所属)

48グループと元坂道シリーズメンバーが所属している事務所

ホリプロ

現在の在籍者 板野友美、★大島麻衣、★河西智美宮崎美穂、★△石田晴香、★△大堀恵(オスカープロモーション→ARTIST☆WIN→Office48→AKS→AZ-ENTERTAINMENT→)、□山内鈴蘭、★岩田華怜(モックプランニング→AKS→)、※石田安奈荻野由佳(AKS[注釈 9]→無所属→AKS→)、※永島聖羅乃木坂46合同会社→無所属→)、※宮澤佐江(Office48→フレイヴ エンターテインメント→無所属→)、岡部麟、※津田麻莉奈(AKS→ポニーキャニオンアーティスツ→JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント→)
過去の在籍経験者 佐藤すみれ(→無所属)、※内山奈月(AKS→無所属→ホリプロ→無所属)、★△仁藤萌乃(→無所属)

ワタナベエンターテインメント

現在の在籍者 大家志津香柏木由紀、★△倉持明日香谷真理佳[注釈 15]、※牛窪紗良(AKS→無所属→)、※伊藤寧々(乃木坂46合同会社→無所属→エイジアプロモーション→無所属→)
過去の在籍経験者 ★△佐藤夏希(→無所属)、★高城亜樹(→無所属→アイエス・フィールド)、★□仲俣汐里(→無所属)、※川崎希(Office48→AKS→無所属→スカイコーポレーション→ワタナベエンターテインメント→無所属)
  • なお、大家、柏木、倉持、高城、佐藤は、AKSから移籍した当時は同社の系列会社の「ビスケットエンターティメント」の所属であった。
  • また、矢神久美は2012年3月25日の「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」で、同社から移籍オファーの発表があった[9]が、正式な移籍リリースがないまま、SKE48を卒業している(その後、名古屋の芸能事務所・みらいく~るの所属となり、芸能活動を再開したが、2018年4月、結婚を機に芸能界を引退)。

A.M.Entertainment

現在の在籍者 生駒里奈(乃木坂46LLC→)、谷口めぐ
  • 生駒は乃木坂46合同会社に所属し、乃木坂46卒業後の2020年4月より同社との業務提携扱いだったが、2021年1月に転籍し専属となった。

ゼスト

現在の在籍者 SKE48(他事務所所属メンバーを除く)、※若月佑美(乃木坂46LLC→)、小栗有以(AKS→DH→)
  • ゼストへの体制変更後はSKE48以外の芸能人のマネジメントも行うようになっている。
    • 若月は乃木坂46合同会社に所属し、乃木坂46卒業後の2020年4月より同社との業務提携扱いだったが、2021年1月に転籍し専属となった。
    • 小栗は2021年1月よりDHから移籍し、国内姉妹グループの運営会社が、現役のAKB48所属メンバーを受け入れた初の事例となった。

坂道シリーズメンバーが所属、過去に48グループメンバーがいた事務所

乃木坂46合同会社

乃木坂46メンバー全員[注釈 16]。現役メンバー以外に白石麻衣西野七瀬はじめ一部のOGが所属。乃木坂46に所属していた生駒里奈[注釈 17]がAKB48と兼任(2014年2月 - 2015年5月)したことで、初めて同社所属の48グループメンバーとなった。生駒のAKB48兼任終了により、48グループの同社所属メンバーはいない。詳細は乃木坂46の項を参照。

現在の在籍者 乃木坂46全員、★伊藤かりん、★伊藤万理華、★衛藤美彩、★斉藤優里、★相楽伊織、★桜井玲香、★白石麻衣、★中田花奈、★中元日芽香、★西野七瀬
過去の在籍経験者 生駒里奈(→A.M.Entertainment)、★能條愛未、★若月佑美(→ゼスト)

坂道シリーズメンバーが所属する事務所

Seed & Flower

現在の在籍者 櫻坂46全員、日向坂46全員、★平手友梨奈、★長濱ねる

過去に48グループ、坂道シリーズメンバーがいた事務所

Grick(グリック)

現在の在籍者 ★□松井玲奈
  • (2014年2月 - 2015年5月の間)松井はSKE48と乃木坂46の兼任

過去に48グループメンバーがいた事務所

アーティストハウス・ピラミッド

過去の在籍経験者 佐藤由加理(→無所属→芸映プロダクション)、★△米沢瑠美(→無所属→エムズエンタープライズ→所属事務所不明)

アトリエ・ダンカン

過去の在籍経験者 ★△片山陽加(AKS→アトリエ・ダンカン→AKS→アービング)、★△佐藤亜美菜(舞夢プロ→無所属→AKS→アトリエ・ダンカン→AKS→大沢事務所)、※梅田悠(AKS→アトリエ・ダンカン→無所属→サンミュージックプロダクション)
  • 2014年2月1日付で事業停止、自己破産の手続きを申請[10]

イトーカンパニー

現在の在籍者 藤江れいな、※古賀成美(KYORAKU吉本.ホールディングス→Showtitle→)
過去の在籍経験者 近野莉菜(→無所属)
  • なお、近野、藤江は、AKSから移籍した当時は同社の系列会社の「イトーカンパニーリセ」の所属であった。

大沢事務所

現在の在籍者 佐藤亜美菜(舞夢プロ→無所属→AKS→アトリエ・ダンカン→AKS→)

SOMEDAY(サムデイ)

現在の在籍者 篠田麻里子、★△松井咲子、※内木志(KYORAKU吉本.ホールディングス→Showtitle→無所属→)

サンミュージックプロダクション

現在の在籍者 ※梅田悠(AKS→アトリエ・ダンカン→無所属→)、※加藤るみ(ピタゴラス・プロモーション→AKS→)、★小嶋真子

サン・オフィス

現在の在籍者 大矢真那
過去の在籍経験者 宮前杏実(→無所属→スリー・エス・スタイルプロ)、篠崎彩奈(AKS→サン・オフィス→DH)

ドレスコード

現在の在籍者 戸島花(AKS→無所属→)
過去の在籍経験者 小原春香(→マグニファイ→Officeきゅるるん)、★△鈴木まりや(→フレイヴ エンターテインメント)、★△中塚智実(→無所属→De-LIGHT)

フロスツゥー

過去の在籍経験者 ★△前田亜美(→AKS→オスカープロモーション)

ビッグアップル

現在の在籍者 ★□島崎遥香
  • 公式ホームページを開設していない。

スターレイプロダクション

過去の在籍経験者 水埜帆乃香(スターレイプロダクション在籍時は「Honoka」、フィット在籍時は「帆乃香」→「honaka」、AKS→FRONT(ORANGEディヴィジョン)→スターレイプロダクション→フィットワン(現・フィット)→プラチナムプロダクション)、★森川彩香(→無所属→バリーHeaRTSエンターテイメント)、※金子栞(AKS→無所属→スターレイプロダクション→無所属)、 ※あびる李帆(SKE48在籍時は「阿比留李帆」、AKS→unieek→スターレイプロダクション→無所属)

フレイヴ エンターテインメント

  • 系列会社のOffice48所属メンバーも含む。
現在の在籍者 秋元才加、★増田有華、★鈴木まりや(ドレスコード→)、※光宗薫(AKS→無所属→)
過去の在籍経験者 宇佐美友紀(→無所属→PROUD→無所属→V.A.S.P)、★小林香菜(→無所属→プロマージュ→無所属→プラチナムプロダクション)、★□島田晴香(→無所属)、★宮澤佐江(→無所属→ホリプロ)、※野村奈央(AKS→無所属→フレイヴ エンターテインメント→無所属)、★※奥真奈美(Office48→無所属→フレイヴ エンターテインメント→無所属→オスカープロモーション)、★梅田彩佳(→無所属→TRUSTAR)、★折井あゆみ(→無所属)
  • なお、秋元、梅田、折井、小林、島田、増田、宮澤はOffice48の業務提携扱いでフレイヴ エンターテインメントへ転籍している。

Mousa(ムーサ)

現在の在籍者 古川愛李(ピタゴラス・プロモーション→AKS→無所属→)、※璃香子(SKE48在籍時は「平田璃香子」、ピタゴラス・プロモーション→AKS→ジョイナス エンターテインメント→無所属→)
過去の在籍経験者 ★△内田眞由美(→AKS→無所属→ラナビオン)、★△田名部生来(→AKS→無所属→オムニア(業務提携))、★中田ちさと(ウェブカムプロモーション→AKS→Mousa→AKS→無所属)、★仲谷明香(→無所属→アミュレート→無所属→アニモプロデュース)、※梅本まどか(ピタゴラス・プロモーション→AKS→無所属→Mousa→無所属)

長良プロダクション

現在の在籍者 岩佐美咲(プロダクション尾木→)

シンエイV(ファイブ)

過去の在籍経験者 ★□中村麻里子[注釈 18]

フィット

現在の在籍者 佐藤七海(AKS→無所属→)
過去の在籍経験者 水埜帆乃香(スターレイプロダクション在籍時は「Honoka」、フィット在籍時は「帆乃香」→「honaka」、AKS→FRONT(ORANGEディヴィジョン)→スターレイプロダクション→フィット→プラチナムプロダクション)、★小嶋菜月(→無所属)

セントラルジャパン

現在の在籍者 佐藤実絵子、※後藤理沙子、※高木由麻奈(ピタゴラス・プロモーション→AKS→SKE(現・ゼスト)→無所属→)
過去の在籍経験者 木下有希子(セントラルジャパン在籍時は「木下ミシェル」、ピタゴラス・プロモーション→AKS→無所属→セントラルジャパン→無所属)

オー・エンタープライズ

過去の在籍経験者 ★□竹内美宥(スターダストプロモーション→GENERATOR TUNES→AKS→オー・エンタープライズ→無所属→MYSTICエンターテインメント(現・MYSTIC STORY、韓国の芸能事務所))

KYORAKU吉本.ホールディングス

NMB48全員(別グループからの移籍・兼任除く)が所属していた。詳細はNMB48の項を参照。

AKS(現Vernalossom)

詳細はVernalossomの項を参照。

総選挙における事務所別当選者数の変遷

当選メンバーを1人以上輩出している事務所のみ記載した。

シングル選抜当選者数

名前 第1回
2009年
第2回
2010年
第3回
2011年
第4回
2012年
第5回
2013年
第6回
2014年
第7回
2015年
第8回
2016年
第9回
2017年
第10回
2018年
太田プロダクション 3人 5人 4人 4人 3人 2人 3人 3人 3人 1人
プロダクション尾木 6人 5人 4人 4人 3人 3人 2人 2人[注釈 19] 1人 0人
ホリプロ 3人 3人 2人 2人 1人 0人 0人 0人 0人 1人
ワタナベエンターテインメント[注釈 20] 1人 2人 3人 1人 1人 1人 1人 1人 0人 0人
フレイヴ エンターテインメント[注釈 21] 2人 2人 3人 2人 1人 1人 1人 0人 0人 不在籍
サムデイ 1人 1人 1人 1人 1人 0人 不参加 不在籍 不在籍 不在籍
ビッグアップル 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 1人 1人 不在籍 不在籍
エイベックス・マネジメント 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 0人 0人 1人 0人 1人 0人
ジャパン・ミュージックエンターテイメント 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 0人 0人 0人 0人 0人 1人
アービング 不在籍 不在籍 不在籍 0人 0人 0人 0人 不参加 1人 1人
TWIN PLANET 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人
Grick 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 不参加 不在籍 不在籍 不在籍
乃木坂46合同会社 設立前 設立前 設立前 不在籍 不在籍 1人 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍
アーティストハウス・ピラミッド 1人 0人 0人 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍
アトリエ・ダンカン 不在籍 1人 1人 0人 不在籍 廃業 - - - -
ピタゴラス・プロモーション 1人 2人 2人 - - - - - - -
KYORAKU吉本.ホールディングス 設立前 設立前 0人 0人 2人 1人 2人 1人 - -
Showtitle 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 不在籍 2人 1人
Mama&Son 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 不在籍 1人
AKS 3人 0人 1人 2人 2人 5人 5人 8人 7人 9人

  • シングル当選者数は第1回から第3回までが21名、第4回以降は16名に削減された。

シングル選抜以外も含めた当選者数

名前 第1回
2009年
第2回
2010年
第3回
2011年
第4回
2012年
第5回
2013年
第6回
2014年
第7回
2015年
第8回
2016年
第9回
2017年
第10回
2018年
太田プロダクション 3人 5人 4人 4人 5人 4人 3人 4人 3人 2人
プロダクション尾木 7人 9人 8人 8人 8人 6人 5人 3人[注釈 19] 3人 1人
ホリプロ 3人 6人 5人 6人 4人 3人 3人 3人 1人 1人
ワタナベエンターテインメント[注釈 20] 1人 3人 4人 4人 3人 3人 2人 1人 0人 1人
フレイヴ エンターテインメント[注釈 21] 3人 4人 4人 5人 2人 2人 2人 0人 0人 不在籍
サムデイ 1人 1人 2人 2人 2人 0人 不参加 不在籍 不在籍 不在籍
イトーカンパニー 0人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 1人 不参加 不在籍
Mousa 不在籍 0人 0人 2人 0人 1人 不参加 不在籍 不在籍 不在籍
長良プロダクション 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 1人 0人 不参加 不在籍 不在籍
ジャパン・ミュージックエンターテイメント 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 1人 1人 1人 1人
アービング 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 1人 1人 不参加 1人 1人
ビッグアップル 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 1人 1人 不在籍 不在籍
エイベックス・マネジメント 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 1人 1人 1人 1人
TWIN PLANET 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人
サンミュージックプロダクション 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人
Grick 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 1人 不参加 不在籍 不在籍 不在籍
サン・オフィス 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 1人 不在籍 不在籍
乃木坂46合同会社 設立前 設立前 設立前 不在籍 不在籍 1人 不参加 不在籍 不在籍 不在籍
アーティストハウス・ピラミッド 1人 1人 0人 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍
アトリエ・ダンカン 不在籍 2人 1人 0人 不在籍 廃業 - - - -
AZ-ENTERTAINMENT 1人 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍
フロスツゥー 不在籍 0人 1人 1人 1人 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍 不在籍
ピタゴラス・プロモーション 2人 5人 6人 - - - - - - -
KYORAKU吉本.ホールディングス 設立前 設立前 1人 5人 8人 10人 11人 10人 - -
Showtitle 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 不在籍 9人 9人
Mama&Son 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 不在籍 2人
BNK48 Office 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 不参加 2人
STU 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 設立前 0人 2人
AKS 8人 3人 3人 22人 24人 43人 47人 54人 59人 75人

  • 全当選者数は第1回・30名、第2~3回・40名、第4~5回・64名、第6~9回・80名、第10回・100名と拡大している。
  • 2012年3月にビッグアップルへの移籍打診があった島崎遥香は、第4回総選挙開催の段階では同社の在籍が公表されておらず(同社の公式サイトが存在しないため、確認不能)、AKB48公式サイトでの移籍公表は同年9月8日となっているため、AKSの所属とする。wikipedia:島崎遥香の記事を参照。

解説

  • シングル選抜当選者数においては、当初より上位メンバーが在籍する太田プロダクションが強さを発揮している状況で、選抜第1位を輩出しているのは太田プロと後述するプロダクション尾木、アービングの3事務所のみである(太田:前田敦子大島優子指原莉乃、尾木:渡辺麻友、アービング:松井珠理奈)。
  • 太田プロは、前田、大島、指原と3人の総選挙第1位を送り込んでいたが、第10回総選挙では3連覇を果たしていた指原、海外留学中の入山杏奈が不参加となったため、2名の当選に留まった(選抜:横山由依、フューチャーガールズ:中井りか)。
  • プロダクション尾木は、第1回総選挙から渡辺のほか高橋みなみ小嶋陽菜峯岸みなみといった選抜常連を抱え、初期には浦野一美多田愛佳仲川遥香が総選挙選抜入りを果たしていた。その後相次ぐメンバーの卒業に伴い、総選挙選抜入りするメンバーも漸減しており、2017年末の渡辺および2018年5月の市川美織の卒業により、第10回総選挙の段階で在籍するメンバーは峯岸のみとなった。その峯岸は第32位に留まったことで、第1回以来続けていた同社のシングル選抜連続当選が途切れた。なお、加藤玲奈向井地美音については、尾木の系列子会社であるMama&Sonの所属となっている。
  • 第1回総選挙から所属メンバーが参加している事務所のうち、ホリプロ、サムデイはメンバー(ホリプロ:板野友美河西智美、サムデイ:篠田麻里子)の活動終了が影響してか当選者数が漸減。シングル選抜においては両事務所とも第6回では連続当選が途切れ、当時、唯一の所属メンバーであった松井咲子が圏外となったサムデイはシングル選抜以外も連続当選が途切れた。サムデイは松井の活動終了に伴い、2018年の時点で48グループに在籍するメンバーが皆無となった。
    • なお、第9回総選挙後にAKSから5位でシングル選抜入りした荻野由佳がホリプロへ移籍しており、第10回総選挙ではホリプロ所属として初の総選挙に臨んだ荻野が第4位に入り、ホリプロとしては第5回の板野友美以来の総選挙選抜メンバーを送り込んだ。
  • 同じく、総選挙第1回から参加しているワタナベエンターテインメント(ビスケット・エンターティメント)、フレイヴエンターテインメント(office48)は、数は少ないものの毎年シングル当選者を輩出していた。ただし、ナベプロは柏木由紀、フレイヴは宮澤佐江にそれぞれ事実上依存している状態であった。
    • フレイヴは宮澤の活動終了に伴い、第8回ではシングル選抜以外の連続当選も途切れることとなった。なお、当時同社唯一の所属メンバーであった島田晴香が活動を終了したため、2018年の時点で48グループに在籍するメンバーが皆無となり、第10回は初めて不参加となった。
    • ナベプロは第9回で選抜常連であった柏木が不参加となり、同社のシングル選抜の連続当選が途切れ、唯一の所属メンバーで参加した大家志津香も98位となったため、シングル選抜以外の当選も途切れた(なお、大家は第10回では第100位となり「第10回世界選抜総選挙記念枠」に当選している)。
  • AKSは、2011年11月にピタゴラス・プロモーションからSKE48所属メンバーが全員移籍したことや、HKT48が参加した2012年以降、全当選者数が大幅に増加している。第2回・第3回の段階ではメンバーを外部事務所へ移籍させる方針もあって当選者数は少なかったが、前述のSKE48、HKT48、さらにNGT48の参加や所属メンバーの外部事務所への移籍が少ないことが当選者増加の要因である。
  • 2016年から2017年にかけて、AKSに所属していた一部のメンバーが外部事務所に移籍したことで、第9回ではアービング(松井珠理奈)、TWIN PLANET(須田亜香里)、第10回ではMama&Son(向井地美音)、ジャパン・ミュージックエンタテイメント(大場美奈)が新たに所属メンバーを選抜に当選させている。
    • アービングは第7回まで永尾まりやがシングル選抜以外で当選を果たしているが、新たに所属となった松井を初めて総選挙選抜メンバーを送り込んだ。その後、第10回で松井が第1位を獲得し、太田プロ・尾木以外の事務所で初めて総選挙第1位を輩出した。
  • KYORAKU吉本.ホールディングスは、過去にシングル選抜に当選したメンバーは山本彩渡辺美優紀の2名のみに留まり、NMB48メンバーの総選挙での不振を象徴している。
    • その後、NMB48の一部を除く全メンバーが2016年12月をもってShowtitleへ移籍した。Showtitle移籍後初となった第9回では、選抜常連であった山本が不参加となったものの、白間美瑠吉田朱里が新たに選抜入りを果たした。
  • 2018年6月現在、既に48グループ所属のメンバーが在籍していない事務所(ピタゴラス・プロモーション、KYORAKU吉本.ホールディングスを除く)のうち、過去にシングル表題曲選抜の当選者(上位16名、第1~3回は上位21名)を輩出したのは、アーティストハウス・ピラミッド(佐藤由加理)、アトリエ・ダンカン(佐藤亜美菜)、サムデイ(篠田麻里子)、Grick(松井玲奈)、ビッグアップル(島崎遥香)、フレイヴ エンターテインメント(office48当時を含む。秋元才加宮澤佐江)、乃木坂46合同会社(生駒里奈)の7事務所である。


注釈

  1. ^ 近野莉菜(→イトーカンパニーリセ)、小原春香(→ドレスコード)、佐藤すみれ(→ホリプロ)
  2. ^ 佐藤は、SKE48としての活動終了(2015年4月12日)直前の同年4月1日付で移籍。
  3. ^ SKE48としての活動終了(2017年11月30日)直前の同年11月29日付で移籍。
  4. ^ 福本に関しては、NMB48から卒業後の芸能活動を継続する初のケースであったことや、当初は吉本新喜劇の研究生としても活動していた(2019年1月に退団)ため、大阪が活動拠点となることから、Showtitle設立後もよしもとクリエイティブ・エージェンシー→吉本興業の所属のままである。
  5. ^ 例外として、SKE48から兼任していた松井玲奈はGrick所属であった。
  6. ^ 前述の生駒里奈や若月佑美は、乃木坂46卒業後も乃木坂46合同会社所属していたが、2021年1月に別事務所に移籍
  7. ^ SDN48もしくは吉本坂46のみ所属している/いたメンバーは、AKB48/SKE48/NMB48出身者のみ記載
  8. ^ a b 「青春高校3年C組」生徒として所属。
  9. ^ a b バイトAKB(第1期)メンバーとして所属(期間有期雇用のアルバイト扱い)。
  10. ^ 移籍当初は仮契約(仮所属)扱い。
  11. ^ HIGH SPIRITSメンバーとして所属。
  12. ^ 同社の女優・俳優セクション「ワイルドプラネット」に所属。
  13. ^ エイベックスとY&N Bros.の共同持分[7]
  14. ^ 移籍当初はAAF所属。
  15. ^ 名古屋事業本部所属。
  16. ^ 乃木坂46在籍時のメンバーは乃木坂46合同会社所属となる。例外は、SKB48と兼任していた松井玲奈(兼任開始の2014年2月当時からGrick所属)
  17. ^ 2018年5月に乃木坂46を卒業。2021年1月にA.M.Entertainmentへ転籍
  18. ^ 2017年6月から2019年6月まで、サンテレビジョンに契約アナウンサーとして所属していた[11]が、 2018年3月22日の時点でシンエイVの所属タレントとしてもプロフィールが掲載されていた[12]。現在はシンエイVとしてのプロフィールは削除されている。
  19. ^ a b 「にゃんにゃん仮面」として立候補した小嶋陽菜を含む。
  20. ^ a b ビスケット・エンターティメントの当選者も含む。
  21. ^ a b office48の当選者も含む。

出典

  1. ^ AKSが国内グループ運営から撤退 AKB・NGT・HKTは独立し新会社設立へ - 東京スポーツ 2020年1月20日
  2. ^ STU瀧野由美子Mama&son入り 峯岸ら所属 - 日刊スポーツ 2020年3月28日
  3. ^ ツインプラネット内、女優・俳優セクション「ワイルドプラネット」に石田千穂(STU48)が所属いたしました。 - TWIN PLANET 2020年7月7日
  4. ^ COMPANY 株式会社Showtitle 会社概要
  5. ^ なお、ドラフト3期生の加入に当たって当該条項が削除されている。グループ脱退後の活動を禁止するNMB48“奴隷契約書”を入手 - 文春オンライン 2018年6月20日
  6. ^ a b AKB48向井地美音&加藤玲奈、事務所移籍 高橋みなみ&小嶋陽菜が発表 - モデルプレス 2017年9月5日
  7. ^ 子会社設立に関するお知らせ - エイベックス・グループ・ホールディングス 2017年4月20日
  8. ^ 役員・グループ 一覧(2020年6月26日現在) - avex group
  9. ^ メンバー15人の移籍先事務所発表 - 日刊スポーツ 2012年3月25日
  10. ^ 大型倒産情報 - 帝国データバンク 2013年2月3日(アーカイブ)
  11. ^ プロフィール | 中村麻里子「まりログ」 - サンテレビジョンホームページ 2018年3月22日時点
  12. ^ AKB48中村麻里子WEBサイト - シンエイVホームページ