エース (坂道シリーズ)

提供:エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
独自研究が含まれてます。

エース」とは、坂道シリーズ各グループのメンバーのトップに立つ者を指す。「センター(ポジション)」とは意を異にする。

坂道グループにおけるエースと次期エース候補

48グループと一線を画す坂道シリーズのエースとエース候補を列記する。

乃木坂46

  • 乃木坂46は、当初AKB48の公式ライバルとして2011年8月結成。初の冠番組となる『乃木坂って、どこ?』#2で、「暫定七福神」として、生田絵梨花生駒里奈市來玲奈桜井玲香白石麻衣高山一実中田花奈が選ばれる。このうち生駒はデビューシングルとなる「ぐるぐるカーテン」から5作連続で、センターを務めた。生駒は交換留学生としてAKB48兼任の経験がある(交換要員がSKE48の松井玲奈、二人の交換留学は2015年に終了)、初期センターとして、外部の仕事が多かった。また桜井はグループキャプテンとして活動し、グループ全体を支えた。桜井卒業後は、2代目キャプテンとして秋元真夏が就任した。
その後、1期生は白石、西野七瀬、生田、深川麻衣橋本奈々未齋藤飛鳥もシングルのセンターを務めた。白石が初センターを務めた6thシングル以降は、西野との2名をエースとした体制が続いていた。また橋本と白石は、全てのシングル楽曲で「福神」を務めた。歌唱力抜群の生田はミュージカルの仕事が多かった。1期生最年少の齋藤飛鳥は11thシングル「命は美しい」から選抜常連となり、雑誌「Sweet」の専属モデルを務め、グループの将来を嘱望される存在となっている。
2016年以降、選抜常連となった深川、橋本、伊藤万理華、生駒、若月佑美衛藤美彩、桜井、井上小百合松村沙友理、高山、生田、星野みなみや、選抜としてはあまり優遇されなかったが、縁の下の力持ちとして存在感を示した中田と、グループ初期から支えた1期生が続々卒業(橋本、生駒、桜井、松村、高山、生田はアンダーの経験なし)。看板的存在の西野が2018年に、白石が2020年に卒業した。また、2022年7月に樋口日奈和田まあやが同時に卒業を発表。2011年8月に36名で結成された(うち2名は翌月に活動辞退)1期生は、秋元と齋藤飛鳥の2名のみとなる。
  • 2013年5月に加入した2期生14名は全員が「研究生」としてデビュー[注釈 1]。このうち堀未央奈は、7thシングル「バレッタ」で、研究生ながらセンターという鮮烈なデビューを果たした(同時に正規メンバーへ昇格)。その後、北野日奈子が8thシングル「気づいたら片想い」、相楽伊織は11thシングル「命は美しい」でそれぞれ選抜され、正規メンバーに昇格した。また、新内眞衣は2014年3月、伊藤かりんは同年8月に正規メンバーに昇格(選抜メンバー以外での昇格)。しかし3名が活動辞退し、また、「不遇の2期」と言われていたため、2期生の注目度が1期生より低くなっていた。2期生最年長(深川卒業後はグループ最年長)であった新内は一時期、「OL兼任アイドル」として活動していた(当該記事参照)。選抜が1度もないままグループから辞退、卒業したメンバーもいる。
シングル選抜に関しては運営からあまり優遇されてはいないが、伊藤かりん(2019年5月卒業)、寺田、渡辺などはメディア露出の面では多かった。また、伊藤純奈は舞台の活動が多く、山崎怜奈も高学歴を生かして、テレビ、ラジオで活躍していた。
しかしながら、2021年以降になって続々卒業を発表。堀は2021年3月に[1][2]、伊藤純奈と渡辺は8月、寺田は12月、新内は2022年2月、北野は4月、山崎は7月に卒業。残るメンバーは鈴木のみとなった。
  • 2016年9月には3期生が加入。2017年に8月に発売された18thシングル「逃げ水」では、大園桃子与田祐希が初選抜でWセンターを務めた。大園は加入当初暫定センターを務めており、また、白石の妹のような存在である[3]ことから、白石の後継とも言われていた。また、与田は西野の抜けた穴を埋めることが多く、また西野も与田を妹のようにかわいがっていた[4]ことから、西野の後継とも言われている。
28thシングル時点で、3期生の12人の中で9人が選抜メンバーの経験がある。その中で、梅澤美波久保史緒里山下美月、与田は雑誌モデルとしての活動の幅も広めている。山下は、26thシングル「僕は僕を好きになる」の表題曲のセンターを務めた。梅澤は2021年11月に新設された副キャプテンに就任した。また、中村麗乃吉田綾乃クリスティーは一度も選抜経験はないものの、舞台の活動が多くなっている。一方、大園は2021年7月にグループからの卒業および芸能活動からの引退を発表し[5][6]、同年9月に活動を終了(3期生から初の卒業)。
  • 2018年には、欅坂46(現・櫻坂46)、けやき坂46(現・日向坂46)との坂道合同オーディションで選ばれた11名が4期生として加入(その後2020年2月に坂道研修生5名が追加加入)。このうち遠藤さくらは24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」初選抜でセンターを務め、賀喜遥香筒井あやめもフロントメンバーとして抜擢された。遠藤は雑誌専属モデルも務め、金川紗耶は4期生として初の雑誌専属モデルを務めている。また金川はいち早くメディアに出始め、2019年10月以降、地元北海道で単独レギュラーとなるラジオ番組(金曜夜)、テレビ番組(土曜朝、2021年3月レギュラー卒業)を抱えている。また掛橋沙耶香は地元岡山の企業のイメージキャラクターを2020年より務めている。
その後、先述の遠藤、賀喜、筒井に加え、清宮レイ田村真佑早川聖来、掛橋、柴田柚菜、もシングル選抜に抜擢されている。また賀喜は、28thシングル「君に叱られた」のセンターを務めた(遠藤、賀喜はその後2度目のセンターを務めている)。一方、金川が『週刊文春』でゴシップが伝えられており、ブログで反省の意思を表明し[7][8]、今後の活動に注目が集められていたが、30thシングルで初選抜入りを果たし、徐々にマイナス面を取り戻しつつある。また坂道研修生出身として初めて、弓木奈於も選抜入りを果たした。
なお北川悠理は、第3回AKB48グループドラフト会議の出身者であった(AKB48チームBの2巡目で指名されたが、2018年3月に交渉権を辞退している)。
  • 卒業などによる世代交代の流れもあり、これまで先輩メンバーが務めてきたレギュラー番組のMC、アシスタントを引き継ぐ傾向も多くみられ(伊藤かりん→向井葉月[注釈 2]、堀→田村[注釈 3]、生駒→高山→早川[注釈 4](早川は2021年9月に大園からもラジオのレギュラーを引き継いだ)、永島聖羅→衛藤→山崎→北川→柴田[注釈 5]、中田→弓木[注釈 6]、寺田→伊藤理々杏[注釈 7]、新内→久保[注釈 8]など)、さらにその他の4期生も、2021年4月以降、続々と番組レギュラーに決まっている[9]
  • 2022年2月には5期生が加入[注釈 9]。翌3月に発売された29thシングル「Actually...」で中西アルノが初選抜でセンターに抜擢、加入からグループ史上最速のセンター就任となった[10]。しかし、センター発表以降にSNS上にて様々な憶測や、投稿が飛び交っている状況をうけ、本人に事実確認を行ったところ、青少年の健全な育成に反するような行為やそれを連想させるものは無かったものの、一部の発言に関して本人のものであることが認められた。このため、本人の保護と育成のため一定期間の活動自粛を発表した[11]が、4月27日に活動を再開している。
また、キャプテンの秋元によると、自身がMCを務めるラジオ番組の中で、5期生をまとめる存在として井上和菅原咲月を挙げている[12]。2人は初参加した『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』でMCを務めたパートがあり、秋元も「5期生をまとめる存在になってくれるんじゃないかな?」と期待を寄せている。

欅坂46→櫻坂46

  • 欅坂46は、乃木坂46の姉妹グループとして2015年8月結成。キャプテンに菅井友香、副キャプテンに守屋茜が就任した。一期生の最年少メンバー平手友梨奈が、欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」から8thシングル「黒い羊」までに8作連続でセンターポジションを務めた。これまでのアイドルグループとは異なるジャンルや歌詞も外界の注目を集めていた。
しかしこのことから一般的に「欅坂46のセンター(エース)は平手」というイメージが強く印象付けられ、他のメンバーは知名度・実績が及んでいない状況が続いていた。実際には、平手以外のメンバーで小林由依土生瑞穂渡辺梨加渡邉理佐は雑誌モデルを務め、小池美波および菅井はレギュラーラジオの仕事があった。しかし他方では平手に続くと見られていた今泉佑唯長濱ねる鈴本美愉などは様々の理由により、早期にグループから離れた。他のメンバーも自身の仕事があまり多くないため、平手以外のメンバーの認知度は低いという弊害を伴っていた。
  • 2017年以降、平手は体調不良の状況が続いていた。2018年の欅坂46合同武道館ライブは、当初1日目はけやき坂46、2・3日目は欅坂46の公演だったが、平手の負傷により3日間ともけやき坂46公演に振り替えられた。それ以降、平手はソロ仕事を増えていたが、グループとしての握手会は参加せず、ライブ・冠番組には欠席の状況もあった。
2018年12月に「坂道合同新規メンバー募集オーディション」で二期生が9名加入(その後2020年2月に坂道研修生より6名追加加入)。2019年には東京ドーム公演を開催したものの、同年発売予定だった9thシングルが発売中止となり、2020年1月には平手がグループから「脱退」、グループとしては大きな損失となるとともに、グループ自体が平手に依存した体制が仇となってしまった。なお平手は脱退後も、欅坂46時代から引き続きSeed & Flower合同会社に所属し、女優やソロ歌手として芸能活動を継続している(長濱も2020年7月に所属し、タレントとして芸能活動を再開)。
  • また、後述の通り、アンダーグループの扱いを受けていた「けやき坂46」が2019年2月に「日向坂46」と改名し妹分のグループとして独立を果たし、当初の体制から変動したことに加え、さらに「週刊文春」による一部元メンバー[13][14]のゴシップが報じられると、グループ在籍中に恋愛を疑われている元メンバー[15]も俎上に上がるなど、グループの評価に大きな悪影響を与えるという副産物までもたらした。結局、2020年7月の配信ライブにて、欅坂46の活動は同年10月をもって休止、その後「櫻坂46」と改名して再出発することが発表された。
2020年10月14日より、「櫻坂46」としての活動を開始。2021年1月、キャプテンは菅井が欅坂46活動時から継続し、副キャプテンは新たに二期生の松田里奈が就任した[16]。先述の小池、小林、菅井、土生も引き続き在籍しているが、一方で改名以降、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐、原田葵が卒業したため、現時点で在籍の一期生は6人のみ[注釈 10]。乃木坂46の1期生同様に高年齢化や減少が急速に進んでおり、二期生から次期エースの育成が急務となっている。
  • 二期生では、櫻坂46のシングル表題曲センターを務めた森田ひかる田村保乃山﨑天ならびカップリング曲のセンター経験がある藤吉夏鈴と、櫻坂46副キャプテン就任しバラエティ番組に露出している松田も有力視されている。また新二期生では、大園玲守屋麗奈も櫻坂46のシングル表題曲メンバーに選ばれた。田村、松田、守屋麗奈はレギュラーとして情報番組に出演している。さらに守屋麗奈は坂道研修生経験者では初の写真集が発売される予定。一方、改名半年で松平璃子が卒業した。

けやき坂46→日向坂46

  • けやき坂46は、当初欅坂46のアンダーグループとして2016年に結成された。「アンダーグループ」名義だが、スタートメンバー長濱ねる以外のメンバーは欅坂46のシングル選抜経験がなく、単独ツアーが開催されたものの、メディア活動はほとんどなかった。その後、2017年9月に長濱のけやき坂46兼任解除と欅坂46専任を発表。二期生は2017年8月に加入したが、グループは終始不安定な立場であった。
前述でもしているが、2018年の欅坂46合同武道館ライブでは、3日間ともけやき坂46公演に振り替えられた。その後、冠番組「ひらがな推し」放送開始、グループ単独アルバム「走り出す瞬間」発売、メディア活動やメンバー単独仕事が増える。さらに、「坂道合同新規メンバー募集オーディション」で上村ひなのが三期生として加入(2020年2月には坂道研修生より3名が追加加入)。
2019年2月に、「けやき坂46」は「日向坂46」へ改名し、単独グループとなり、「欅坂46のアンダーグループ」「欅坂46の二軍」から「欅坂46の妹分グループ」へ立場が変わった。単独デビュー後、グループとメンバー自身の仕事がさらに増え、数々のバラエティーや情報番組など、有名芸能人がMCを務めるテレビ番組に多数の出演[17][18][19]。特にグループキャプテンの佐々木久美が個人としても活躍し、2021年上半期テレビ出演本数が94本、グループ全メンバーの中でトップになった[20]
  • 一期生では柿崎芽実(2019年8月卒業)、齊藤京子佐々木美玲加藤史帆が、カップリング曲ではあるものの、けやき坂46の時代にセンターを経験した。齊藤、佐々木美玲、加藤の3名は雑誌の専属モデルを務める。佐々木美玲は、けやき坂46時代のアルバム「走り出す瞬間」および日向坂46の1stアルバム「ひなたざか」のリード曲のセンターも務めた。2021年5月に発売された日向坂46の5thシングル「君しか勝たん」には、加藤が後述の小坂菜緒に替わり、初めてシングル表題曲のセンターポジションを務めた。
なお影山優佳は、第2回AKB48グループドラフト会議の出身者であった(最終候補者となるも、指名されず)。
  • 二期生では、小坂菜緒が日向坂46のデビューシングル「キュン」から4thシングル「ソンナコトナイヨ」までに4作連続でセンターポジションを務めた。小坂はけやき坂46の時代に雑誌「Seventeen」の専属モデルを務め、グループ冠番組「ひらがな推し」と「日向坂で会いましょう」ではMCの若林正恭オードリー)のお気に入り「贔屓メンバー」に指名されるなど、エース候補として注目される。しかし、体調不良により日向坂46としての活動を一時休業していた[21]が、2022年3月に活動再開し、7thシングル「僕なんか」に再びセンターに選ばれた。
そのほか、金村美玖が雑誌「bis」のレギュラーモテルを務め、日向坂46の6thシングル「ってか」にシングル表題曲のセンターポジションを務めた。渡邉美穂(2022年4月卒業発表)がドラマ「Re:Mind」で兼任解除の長濱の代役やグループとして活躍し、初の個人写真集が発売された。また、河田陽菜丹生明里も先述の小坂、渡邉と同様にそれぞれ個人写真集が発売されている。

脚注

注釈

  1. ^ 相楽伊織は学業の都合により2014年6月まで休業。
  2. ^ 『将棋フォーカス』(NHK Eテレ、2022年3月番組卒業)
  3. ^ 『レコメン』(文化放送)
  4. ^ 『ザ・ヒットスタジオ (水)』(毎日放送、2021年9月放送終了)
  5. ^ 『金つぶ』(bayfm、2022年3月放送終了)
  6. ^ 『沈黙の金曜日』(FM FUJI)
  7. ^ 『乃木坂お試し中』(CS TBSチャンネル1)
  8. ^ 『乃木坂のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)
  9. ^ 11名が合格したが、加入時点では8名のみがプロフィールが公開され、同年2月23日に冨里奈央を除く7名がお披露目された。残る3名については同年3月に1名が公開され、もう1名は公表前に活動自粛。同年4月1日に最後の1名が公開された。同月27日、未披露4名を含む11名全員が「第2回 5期生お披露目会」で披露。
  10. ^ 上村莉菜、小池、小林、齋藤冬優花、菅井、土生。卒業予定の尾関梨香は含まず。

出典

  1. ^ 乃木坂46堀未央奈が卒業発表 異例のソロ曲MV内で - 日刊スポーツ 2020年11月27日
  2. ^ 乃木坂46堀未央奈、最後の全員バスラで涙 卒業は思い出の“3・28”2期生ライブで - モデルプレス 2021年2月24日
  3. ^ 白石麻衣卒業記念本で後輩の大園桃子が思い出を語る - 日刊スポーツ 2020年9月16日
  4. ^ 西野七瀬、白石麻衣の後継者“センター指名”にファン騒然… ビジネス“姉妹”説も急浮上? - エンタMEGA 2020年8月27日
  5. ^ 皆様へ - 乃木坂46 大園桃子個人ブログ 2021年7月4日
  6. ^ 大園桃子に関しまして - 乃木坂46 オフィシャルサイト 2021年7月4日
  7. ^ 金川紗耶です。 - 金川紗耶公式ブログ 2021年3月27日
  8. ^ 乃木坂46・金川紗耶、ラジオで“デート報道”謝罪「誠意と自覚をもって活動していきたい」 - ORICON NEWS 2021年4月3日
  9. ^ 乃木坂清宮レイら4期生が続々ラジオレギュラー決定 - 日刊スポーツ 2021年3月16日
  10. ^ 乃木坂46、“史上最速”センターは5期生・中西アルノ「10年の歴史とその名に恥じぬように精一杯頑張ります」 - ORICON MUSIC 2022年2月23日
  11. ^ 中西アルノ 活動自粛について - 乃木坂46公式サイト 2022年3月2日
  12. ^ 乃木坂46秋元真夏“5期生をまとめる存在”期待のメンバー2人明かす - モデルプレス 2022年5月23日
  13. ^ 欅坂46モテメンバーがオシャレ専門学生と「手つなぎデート&合鍵通い愛」だに~ - 週刊文春オンライン 2019年9月7日
  14. ^ 【直撃】欅坂46・石森虹花(23)“新宿ホスト1年愛”「来店は1度きりでA氏を指名。メインは自宅デート」 - 週刊文春オンライン 2020年9月20日
  15. ^ 元欅坂46・志田愛佳が人気ユーチューバー自宅へ“通い愛”《盟友・鈴本美愉と恋愛ぶっちゃけ動画の直後》 - 週刊文春オンライン 2020年7月13日
  16. ^ 櫻坂46新体制について - 櫻坂46公式サイト 2021年1月4日
  17. ^ 日向坂46:テレビ出演続いた2020年 ドラマ、バラエティー、スポーツ… 活躍の幅広げる - MANTANWEB 2020年12月28日
  18. ^ 日向坂46 佐々木久美、なぜバラエティ番組にひっぱりだこ? 視聴者魅了する2つのポイント - Real Sound 2021年3月14日
  19. ^ 日向坂46松田好花、生放送で涙「#全部若林のせい」麒麟・川島明の言葉が「粋な計らいすぎる」とトレンド入りの反響 - モデルプレス 2021年9月13日
  20. ^ 日向坂46佐々木久美、自身のテレビ出演回数に驚愕!?オードリー若林「こじるりよりも出てんじゃないの」 - COCONUTS 2021年8月2日
  21. ^ 日向坂46小坂菜緒、活動休止を発表 一定期間の静養へ - モデルプレス 2021年6月26日