エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

用語/な行

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
用語ページの目次
あ行:   は行:
か行:   ま行:
さ行:   や行:
た行:   ら行:
な行:   わ行:

投げる

公演やコンサート、握手会等の抽選に申し込むこと。

夏まゆみ

AKB48結成時の振り付け師(詳細はwikipediaの記事を参照)。オーディションの審査にも参加。自身はメディア露出を避ける傾向にあるらしい。ハードな指導法で知られており、厳しい言葉をレッスン時に浴びせることも少なくないが、実はこれには理由がある。ネットメディア「J-CASTニュース」の記事では、

夏さんは、1962年生まれ。十代のころ、イギリスに語学留学していたときにダンスと出会った。ダンサーとして活躍するとともに、振り付け師としても活動し、長野五輪では公式テーマソング「WAになっておどろう」の振り付けを手がけている。

そんな夏さんを一躍有名にしたのが、モー娘。のプロジェクトだ。98年の結成当初から、振り付け師、ダンスコーチとして関わり、当時その様子を放送していたASAYANでは、夏さんがメンバーを厳しく叱責して泣かすというのがお約束になっていた。
そのため、すっかり「鬼コーチ」として知られている夏さんだが、2012年2月6日発売のアイドル雑誌「TopYell 3月号」(竹書房)で、当時のことを語っている。
レッスンは「厳しいだけでは絶対にダメ」で、遊びの要素を入れたりしながらダンスの楽しさを理解してもらえるよう心がけていたが、数十時間にもなるリハーサルの中で、たまたま夏さんが厳しい口調になった「10秒間」が使われていた。番組の意図があり、スタッフからも厳しくするよう指示されていたので、途中から割り切っていたものの、未だに「スパルタ」などと言われるのは「悲しい限り」だという。
印象的だったのが99年に加入した後藤真希さん。中々泣かず、スタッフも困っていたところ、「泣かせないとマズいのか」と思った夏さんは、初ステージの本番直前、後藤さんの手を握り「そのままやれば大丈夫だから」と励ました。すると、感極まった後藤さんがやっと泣き出し、マネージャーがカメラを呼びに行ったという。
実はメンバーが泣くのは、夏さんが優しくしたときがほとんどなのだそうで、2011年夏に行われたモー娘。10期オーディションの合宿でも同様だった。しかし、テレビで流れるときは、泣いているシーンの前に叱られているシーンを繋げて、夏さんが泣かしたかのように編集されていたという。

そういうこともあり、「正直な話、『ASAYAN』以来、怖くて電車には乗れなくなりました。ファンの人たちが、すごい罵詈雑言を浴びせてくるんですよ。2ちゃんねるとかでもバッシングの嵐ですしね」。かなり辛かったようだ[1]

夏はしばらく、48グループの仕事からは遠ざかっていたが、2013年2月に行われたリクエストアワーにて久々に登場。以降、時折コンサート会場に姿を見せている。

AKB48でもこの様に見える演出は多く、その後、AKB48やSKE48の振り付けを担当した牧野アンナも同じように、一部ファンからはバッシングを受けている(本人記事参照)。

7D2

SKE48に所属する7期生とドラフト2期生のことを総称した言葉で、読み方は特に決まっておらず、ファンの間では「ななでぃーに」「ななでぃーつー」「せぶんでぃーつー」などといった呼び方がある[2]。それぞれ、2015年3月から6月にかけてSKE48に加入しており、ほぼ同時期に加入していることから、こう呼ばれることがある。2015年は、長年にわたりグループを牽引してきた松井玲奈を筆頭にメンバーのグループ卒業が続いたが、それと入れ替わりに加入した彼女たちに期待する声も大きく、同年7月には中断していた研究生公演が再開している。

この中で後藤楽々(7期生)はSKE48の18thシングル『前のめり』でシングル選抜メンバー入りし、小畑優奈(7期生)、菅原茉椰(ドラフト2期生)に後藤を加えた3名は、SKE48初の派生ユニットとしてシングル表題曲を歌唱する「ラブ・クレッセンド」に抜擢され、その後小畑はSKE48のシングル表題曲で単独センターに抜擢されている。このほか、SKE48 7期オーディションのファン投票で1位となり、7期生お披露目イベントでセンターを務めた野島樺乃、従姉に木﨑ゆりあがいる浅井裕華、姉に元NMB48で現在は「愛乙女★DOLL」で活動する太田里織菜がいる太田彩夏、社会人経験があり「社長」とも称される髙畑結希(以上、7期生)、第2回ドラフト会議で3チーム競合の末チームKIIに第1巡目で指名された水野愛理、同じくチームKII第2巡目指名で、SHOWROOM配信や第8回じゃんけん大会でベスト4入りした白井琴望(以上、ドラフト2期生)など、様々に注目されているメンバーが多い[3]

「7D2」のうち、2015年11月28日に野島、小畑、白井、後藤、菅原、杉山愛佳[4]、2016年11月20日に太田、水野、浅井、髙畑、町音葉一色嶺奈上村亜柚香末永桜花[5]、さらに2017年10月5日に相川暖花片岡成美がそれぞれ正規メンバーに昇格[6]し、活動終了メンバーと和田愛菜以外は正規メンバーへの昇格を果たした。

なんば式写メ会

「なんば式」とある通り、NMB48のみで行われる写メ会(劇場盤CDのみ)のこと。通常の「握手会」や「大写真会(写メ会)」の方式とは違い、「ツーショット写真が撮れるメンバーがランダムで決まる」という点が、大きく異なる点である。主な概要は以下の通り(詳細は、NMB48のオフィシャルサイトなどを参照のこと)[7]

  • メンバーは所属するチーム毎に分かれての参加(研究生についてはその都度、各チームに振り分けられる)となり、各チームによって参加する部が分かれている。劇場盤CDを購入時に、参加希望のチームと部を指定する。
  • 対象の参加券には、「申し込んだ部」「チーム名」に加え、「レーン番号」が記載されている。このレーン番号はランダムで振り分けられるため、購入時に選択することはできない。
  • 当日は、各部が始まる前に抽選が行われ、メンバーがくじを引くことで参加するレーンが決定する。レーン割に従い、参加券に指定されたレーンのメンバーとのツーショット写真がスタッフによって撮影される。
  • レーン割の結果「再抽選」となるレーンが発生することがあり、この場合は参加者自身がくじを引き、改めて選択されたレーンのメンバーとのツーショット写真がスタッフによって撮影される。
  • 参加するメンバーの人数と設定されたレーン数によっては、1つのレーンにメンバー2名が割り当てられ、スリーショット写真となる場合がある。

➡【目次に戻る】

2016年問題

2020年に行われる予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2016年前後から主に首都圏の劇場やホールなどで軒並み大規模な改修や建て替えに入ったことで、コンサートや演劇などの会場が著しく不足している問題のこと[8]。48グループなどのアイドルグループのみならず、音楽業界や演劇業界、伝統芸能の団体などの公演活動に大きな影響を与えているとされる。

48グループでも使用されていた会場では、さいたまスーパーアリーナ(37,000人)、横浜アリーナ(17,000人)などが改修のため一時休館。国立霞ヶ丘競技場も、東京オリンピック・パラリンピックに向けての建て替えのため、閉鎖・取り壊されるなど、いわゆる「大箱」の会場が軒並み使用できない状況となっている。ロックバンド・サカナクションの山口一郎は、首都圏の会場は「1年半から2年先にならないと予約できない状況」と語り、「1万人の会場がなくなると、それまでその会場を使っていたアーティストが5,000人の会場を2日間使用することになり、5,000人の会場を使っていたアーティストが2,000人の会場を2日、もしくは3日間使用することになります。玉突き現象で最後にはライブハウスにも影響するかもしれません」と問題を提起している[9]

特に、AKB48においては近年、ライブは大規模な会場での実施がメインとなっており、一部のインターネット上の意見では高橋みなみが2015年12月での卒業予定を延期した要因の一つに、この「2016年問題」が絡み、卒業コンサートの会場が確保できなかったから、という見方もある[10][注釈 1]。また、乃木坂46においても、毎年2月に行われているデビュー記念日ライブ『Birthday Live』を、大規模な会場を押さえることができなかったことを理由に延期を発表している[11]

類似の事象として、旧HKT48劇場の閉鎖も含まれる。ホークスタウンモールの再開発に伴いHKT48劇場が2016年3月末をもって閉鎖。同年4月28日より天神にある西鉄ホール内へ劇場機能の移転を余儀なくされたが、同ホールは、あくまでもHKT48専用ではないため、公演実施回数の減少が懸念されている(HKT48#(新)HKT48劇場を参照)。

その一方で、第8回総選挙開票イベントが、新潟のHARD OFF ECOスタジアムで実施予定であったり、SKE48が地方を中心にライブツアーを、NMB48が小規模なライブハウスを中心にツアーを展開するなど、大都市圏を離れたイベントやライブツアーに活路を見い出す動きも見られる[12]

ニックネーム

メンバー同士やファンは、名前を「ニックネーム」で呼ぶことが多く、公式サイトのプロフィールにも掲載されている。親しみを込めてというのもあるが、48グループでは人数が多い故に苗字や名前が同じメンバーが非常に多いという事情もある。

例えば、最多の「佐藤」姓のメンバーは8名、名前に関しては「あやか」が8名在籍している(2017年12月現在、48グループ合計)。さらに、同姓同名の「よこやま ゆい」が、2名ともAKB48に在籍している(チームAの横山由依とチーム8の横山結衣。2017年12月現在)。このように、名前が似ているメンバーが他のグループよりもはるかに多いことが原因で、勘違いも数多く発生している[13]

公式サイトに記載されているニックネームが、原則として「公式ニックネーム」となるが、PC版サイトとモバイル版サイトによって記載が異なるメンバー[注釈 2]や、2種類記載しているメンバー[注釈 3]、さらには、ほとんど使用されないニックネームが掲載されたメンバー[注釈 4]、そもそも公式ニックネームを設定していないメンバー[注釈 5]もいる。また、公式ニックネームが何度も変遷しているメンバーもいる[注釈 6]

また、一緒に活動することが少ないメンバー同士などではニックネームが被っている場合もある。一例として、「まりり」が公式ニックネームである山田麻莉奈(HKT48)が、大人AKBで期間限定加入していた塚本まり子が同じく「まりり」をニックネームにしたことから、区別のために自身が「初代まりり」[14]だと主張したり、ファンやメンバーから「元祖まりり」[15]と呼ばれることもある。

二本柱の会

「にほんばしらのかい」。2011年9月30日に終了した旧ファンクラブ「柱の会」に代わり、2011年12月8日から開始されたAKB48のファンクラブの名称。これには、

  • 「劇場を支えている二本の柱のように、ファンのみなさんでAKB48を支えて頂きたい」
  • 「二本の柱は劇場にとって無くてはならない存在であり、AKB48にとってファンのみなさんも無くてはならない存在である」

という意味合いが込められている。入会金1,000円、年会費480円と、「柱の会」より格安となっている。サービス内容は、AKB48劇場チケット予約枠、各種投票権、各種チケット予約、その他オリジナルコンテンツを提供などが予定されている[16]

  • 詳細は二本柱の会(AKB48オフィシャルサイト内)を参照。

認知

  1. 握手会などに頻繁に通い、メンバーに顔と名前を覚えて貰うこと。とは言え覚えてくれるかどうかは、メンバー次第。また、覚えてもらおうと必死になり過ぎているファンを「認知厨」とも呼ぶ。
  2. 劇場公演やコンサートでメンバーに気づいてもらうこと。この場合、本当に"本人"として覚えて(認知して)いるかどうかは判別できないが、少なくとも声援を送っていることをメンバーが気付いた時、指差しなどをして気づいたことを合図する。(「レス」と同義とも取れる)

➡【目次に戻る】

練り歩き

本来は「列になって、ゆっくりと歩く。」[17]という「練り歩く」が名詞化したものであるが、48グループでは、メンバーが握手会や写メ会の空き時間などに、物販ブースなどを見て回ることを指す。複数人でゾロゾロ移動する様子からこう呼ばれたというのが一般的。

➡【目次に戻る】

ノース・リバー

2011年5月にAKB48アシスタント・プロデューサーの北川謙二が設立した会社で、自身が代表取締役を務める。ライブコンサートなどのトータルプロデュースや、ロケバスの運行や貨物輸送業務を請け負うほか、乃木坂46の一部楽曲の版権管理も行っているとされる。北川謙二の項も参照。

➡【目次に戻る】

注釈

  1. ^ その後、卒業コンサートは2016年3月に横浜スタジアムで開催されている
  2. ^ 代表例として、西山怜那(元AKB48)は、PC版で「れなりん」、モバイル版で「にっすぃー」となっていたことがある。総じて、変更直後に更新のタイミングから起こりやすい。
  3. ^ 代表例として、大川莉央(AKB48)は「りお」「りおりん」、都築里佳(SKE48)は「りかちゅう」「ぴよす」がいずれもサイト上で併記している。特に都築のケースでは、後述の「ぴよす」がメンバーやファンから呼ばれる機会が多いこともあり、公式ニックネームとして追記された経緯がある(当該記事参照)。
  4. ^ 代表例として、篠田麻里子の「まりりん」などが挙げられる。後に「まりこ」「麻里子さん」へ変更されている。なお余談であるが、多用されていた「麻里子様」は、公式ニックネームとしては一度も掲載されたことはない。
  5. ^ 代表例として、山本彩はNMB48のオフィシャルサイトでは「特になし。」と記載されている。なお、兼任先のAKB48のオフィシャルサイトでは「さやか」である。
  6. ^ 代表例として、日高優月(SKE48)は加入直後の「ひだかこんぶ」、さらに「ゆづ」を経て、現在は「ゆづき」である。

出典

  1. ^ モー娘。AKBの「鬼」振り付け師 夏まゆみの「ASAYAN」裏話が話題に - JCASTニュース 2011年2月7日
  2. ^ 7D2って何て読むの? - 2ちゃんねるSC
  3. ^ 【7D2って何だ?】松井玲奈卒業したのにSKE界隈がヒジョーに騒がしいゾ!!7D2メンバーまとめ - NAVERまとめ
  4. ^ SKE48研究生の杉山ら6人が正規メンバー昇格 - 日刊スポーツ 2015年11月28日
  5. ^ 浅井裕華「キャー!」大喜び SKE48昇格は8人 - 日刊スポーツ 2016年11月20日
  6. ^ SKE矢作有紀奈ら昇格「一生できないと思ってた」 - 日刊スポーツ 2017年10月5日
  7. ^ NMB48 なんば式写メ会の流れと参加方法(個人サイト)
  8. ^ 次々に閉館!劇場の「2016年問題」 - 日経ビジネスオンライン 2015年12月14日
  9. ^ サカナ山口ら会見 ライブ会場『2016年問題』 時期の調整、代替施設確保訴える - ORICON STYLE 2015年11月5日
  10. ^ 高橋みなみの卒業は詐欺?時期が延期した理由とは! - エンタメトレンド 2015年12月8日
  11. ^ 乃木坂46、デビュー記念ライブ開催延期 「2016年問題」余波 - ORICON STYLE 2015年12月21日
  12. ^ ライブ会場不足のピーク迎える「2016年問題」がアイドル業界に与える影響とは - リアルライブ 2016年2月21日
  13. ^ AKB48島崎遥香、同期・島田の体重ネタが思わぬ飛び火…誤解ツイートが広まる - シネマトゥデイ 2014年3月20日 など
  14. ^ 山田麻莉奈 投稿 - Google+ 2014年5月12日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ 都築里佳 投稿 - Google+ 2014年5月17日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ 新ファンクラブについてのお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2011年12月6日
  17. ^ 三省堂「大辞林」