エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

西山恭子

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
AKS 広報
西山 恭子 にしやま きょうこ
西山恭子.jpg
ニックネーム

サルオバサン、サルオバ

所属事務所

AKS

生年月日

11月6日[1](生年不明)

西山 恭子(にしやま きょうこ)は、AKSの広報。

略歴

2005年
  • AKB48の立ち上げに参画。

人物

キャラクター

  • AKB48草創期から活動する運営スタッフの一人。
  • AKB48の広報を担当。広報以外にも色々とやっており、自称「戸賀崎智信とともに、秋元康に電話一本でいろいろやらされる」係。AKS所属のAKB48とSDN48(当時)メンバーのモバメやブログの最終チェックもしていて、それだけで1日に300件ぐらいメールが来る。それを読んで「OK」や「NG」の返信をしているとか[2]。最近は、AKB48のみに限らず、姉妹グループのイベントにも帯同することがある。
  • ニックネームは、「サルオバサン」。略して「サルオバ」とも。背が低く短髪のため、お猿さんに似ていることから秋元康に命名された。
  • 秋元康と出会った経緯。元々はリクルートの社員で、そこからグループ内のメディアファクトリー(現・KADOKAWA メディアファクトリー ブランドカンパニー)に出向。そこの仕事で秋元と出会う。リクルートに戻り管理職にもなったが、やりたい仕事をするために退社。相談していた秋元の事務所で契約という形でお世話になる[3]

2005年

  • AKBの運営会社となるAKSの立ち上げに参加。ちなみに社員番号は1番[3]。1期生のオーディションが終わり、メンバーがデビューに向けてのレッスンをしている時に、秋元から電話がかかってきて、AKBのお披露目の段取りや雑誌記事のお願いなど、対外的な仕事を任されるようになり、広報という役職になった。

2009年

  • 9月13日、山梨県・富士急ハイランドで、西山の愛称を冠したコンサート「夏のサルオバサン祭り」が開催される。AKB48のイベントで個人の愛称または名前が冠されたイベントは初[4]

2012年

  • 3月13日、Google+に初投稿[5]。以降、西山のGoogle+では、「サルオバは聞いてみた」と称したメンバーへのインタビューや、AKB48劇場などのトリビア「サルオバは調べてみた」といった公演、イベントの裏側を、広報として発信し続けている。
  • 6月29日、劇場支配人の戸賀崎が体調不良のため不在となり、初の「tgsk支配人アンダー」を務める。チームBの兼任デビューとなった渡辺美優紀が出演した公演を見守った。「サルオバは、初めてtgsk支配人のアンダーを体験。サルがタコに変身か?のごとく、スタッフみんなの多大なる協力のおかげで、何とかみなさんに「ご報告」することができました。tgsk支配人、復活したかなぁ?」「タコ=タコ足配線っていう表現があるじゃない?それですそれ。スタッフみんなに協力してもらいました。猿→鮹って洒落て?もみたんだけどな^^;サルすべり(^^;)」[6]

交友関係

性格・趣味

脚注・出典

  1. ^ 荒井広希 投稿 - Google+ 2013年11月6日
  2. ^ 『QuickJapan』 Vol.87より
  3. ^ a b 『AKB48×プレイボーイ 2011』
  4. ^ ほかに、個人の愛称または名前が冠されたイベントとしては、「たかみなについて行きます」(2011年、東日本大震災のため中止)、「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」(2012年)、「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」(2012年から継続中)が行われている。
  5. ^ Kyoko Nishiyama 投稿 - Google+ 2012年3月13日 ArKaiBu Gugutas
  6. ^ Kyoko Nishiyama 投稿 - Google+ 2012年6月30日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク