エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

AKB48のオーディション

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

この項目では、AKB48のメンバーを選出するオーディションについて記述する。

1期生

AKB48劇場オープン10周年記念祭」に来場した1期生(1.5期生の篠田麻里子も含む)(一部画像加工済)
  • オーディション
第一次審査(書類選考):応募総数7,924名
第二次審査(面接):合格者45名
最終審査(歌唱力・ダンス審査)2005年10月30日:合格者24名
  • 合格者
2005年12月8日デビュー
20名。板野友美宇佐美友紀浦野一美SDN48へ移籍)、大江朝美大島麻衣折井あゆみ川崎希小嶋陽菜駒谷仁美(卒業後、SDN48へ加入)、佐藤由加理(SDN48へ移籍)、高橋みなみ戸島花(卒業後、SDN48へ加入)、中西里菜成田梨紗平嶋夏海星野みちる前田敦子増山加弥乃峯岸みなみ渡邊志穂
  • 主な不合格者
篠田麻里子(48カフェ店員を経て、2006年1月にサプライズ加入)、大堀恵柏木由紀小林香菜宮澤佐江
  • 概説
AKB48のオープニングメンバー。デビュー時は平均年齢16.4歳で、当時の最年少は増山の11歳と若いメンバーが多かった。今や国民的アイドルとも呼ばれるAKB48だが、当時のAKB48は人気も知名度もなく、彼女たちもAKB48になりたくて入ったのではなく、「歌手」や「女優」などのそれぞれの夢を持って芸能界へと足を踏み入れた子ばかり[1]。現在では「正規メンバー」とも呼ばれ、このメンバーは、後に「初代チームA」として活動することになったが、当時はあくまで「レッスン生」扱いであり[2]、AKB48から卒業し、一人でデビューしてこそ一人前というシステムだった。しかしながら、選抜回数を見れば分かる通り、AKB48の“中核”を担っているメンバーであった。このため、なかなかそれぞれの目指す道へと進めないのも事実であり、秋元康は高橋みなみが「キャプテン」、前田敦子が「エース」というのがAKB48の図式と明言しており、「卒業はさせない」とまで言われていた。[要出典]2人の代わりを務められる者が現われなければ、それぞれの夢に向かって進む事は出来ない。また後輩の中に、いつまで経ってもこの初期のメンバーを超える逸材が現れないのも、AKB48というグループにとっては深刻な問題とされていた。
現実的に、前田、板野、1.5期生として加入した篠田といった選抜常連のメンバーも含め、相次いでAKB48から卒業したため、残る現役メンバーは峯岸のみとなった。なお、峯岸は2013年に一時研究生へ降格した経験がある。

2期生

AKB48劇場オープン10周年記念祭」に来場した2期生。
  • オーディション
第一次審査(書類選考):応募総数11,892名、合格者131名
第二次審査(テレビ電話面接)2006年2月19日:合格者54名
最終審査(面接・ダンス・歌唱審査)2006年2月26日:合格者19名
  • 合格者
2006年4月1日デビュー
17名。秋元才加今井優上村彩子梅田彩佳大島優子大堀恵(SDN48へ移籍)、奥真奈美小野恵令奈河西智美小林香菜佐藤夏希高田彩奈野呂佳代(SDN48へ移籍)、早野薫増田有華松原夏海宮澤佐江(SNH48へ移籍)
  • 主な不合格者
柏木由紀鈴木まりや中田ちさと藤本紗羅松岡由紀村中聡美渡辺麻友
  • 概説
チームKとしてデビューした2期生。チームA(1期生)に追いつけ、追い越せを目標にしていただけに、メンバー同士の結束力が強いとされている[3]。選抜回数も1期生に迫るものがあったが、第2回総選挙で大島優子が、「絶対的エース」と呼ばれた前田敦子に競り勝った事が話題になった。のちに大島は第4回総選挙でも1位となり、敦子卒業後のAKB48のエースとして活動していた。
卒業による世代交代の流れもあり、2016年4月をもって、2期生全員が48グループから退いている。

3期生

AKB48劇場オープン10周年記念祭」に来場した3期生。
  • オーディション
第一次審査(書類選考):応募総数12,828名、合格者134名[4]
第二次審査(面接)2006年11月23日:合格者72名
最終審査(面接・ダンス・歌唱審査)2006年12月3日:合格者20名[5]
  • 合格者
2007年4月8日にデビュー
13名。井上奈瑠多田愛佳HKT48へ移籍)、柏木由紀片山陽加菊地彩香(解雇後、7期生として復帰)、早乙女美樹田名部生来仲川遥香JKT48へ移籍)、仲谷明香野口玲菜松岡由紀米沢瑠美渡辺麻友
  • 主な不合格者
惣田紗莉渚中田ちさと中西優香藤本紗羅村中聡美
  • 概説
チームBの中核となった3期生。選抜回数は意外に少なく、渡辺と柏木のほぼ2人で選抜回数を稼いでいる。エース格と言われていた菊地が解雇された(後に7期として復帰)ことも影響しており、現在は事実上、ツートップ状態となっている。中期まではアンダーガールズ入りするメンバーも多く底力はあったが、しかし後輩が加入するにつれ、その重要性はグループ内で低下。ドラマ「マジすか学園2」では、完全に後輩に居場所を奪われたというネタキャラになるほどであった。その後、渡辺は第6回総選挙で1位を獲得、その後のシングルでもセンターに選出されており、大島優子卒業後の事実上のエースの座に就いた。
1期・2期生と同様に卒業による世代交代が続いており、2017年4月現在で、AKB48に残る現役メンバーは柏木、田名部、渡辺の3名となっている。

4期生

AKB48劇場での『4期生10周年公演』に出演した4期生メンバー。
  • オーディション
第一次審(書類審査):合格者約300名
第二次審査(面接)2007年5月20日
最終審査(ダンス・歌唱審査)2007年5月27日:合格者18名[6]
  • 合格者
飯沼友里奈瓜屋茜大家志津香金子智美倉持明日香小塚里菜佐伯美香(卒業後、バイトAKBとして復帰)、佐藤亜美菜鈴木菜絵出口陽(卒業後、SKE48へ加入)、中田ちさと中西優香(SKE48へ移籍)、成瀬理沙藤江れいな藤本紗羅(卒業後、9期生として復帰)、村中聡美(卒業後、8期生として復帰)、渡辺茉莉絵吉岡沙葵
  • 主な不合格者
大場美奈鈴木まりや惣田紗莉渚仁藤萌乃
  • 概説
この時点で既にチームが3チーム編成されており、この回のオーディションは「劇団研究生オーディション」の名目で行われている。4期生からオーディションに合格しても、すぐにAKB48の正規メンバーになれる訳ではなく、研究生を経て正規メンバーに昇格していくようになる。メンバーの中で、研究生から正規メンバーへ昇格したのは、佐伯が一番最初(2008年2月3日、AKB48としても初の研究生からの昇格)で、倉持、成瀬、藤江、佐藤亜美菜、中田、大家の順に昇格を果たしている。特に大家は翌2010年の組閣後新体制で昇格するまで、約3年2か月と最長の研究生在籍期間となった[注釈 1]
選抜回数は、5人合わせてもわずか17回(2013年10月現在)で、しかもそのうち5回(佐藤亜美菜の3回と倉持の2回)は総選挙での選抜入り。また、大家(2回)、中田(1回)はすべてじゃんけん選抜のみでシングル選抜入りを果たしている。シングル選抜に関しては運営からあまり優遇されてはいないが、倉持や大家、藤江などはメディア露出の面では多かった。また、佐伯は怪我が原因でAKB48から離れたが、2014年10月にバイトAKBとして一時復帰し、その後はAKSへ入社、運営(総務部)として活動している。
2017年5月現在、AKB48(グループ)に残る現役メンバーは大家のみとなった。

5期生

  • オーディション
第一次審査(書類選考)2007年9月22日[7]
第二次審査(面接)2007年9月30日
最終審査(ダンス・歌唱審査)2007年10月6日[8]
  • 合格者
12名。有馬優茄石田晴香内田眞由美北原里英NGT48へ移籍)、小原春香SDN48へ移籍)、指原莉乃(HKT48へ移籍)、近野莉菜JKT48へ移籍)、冨田麻友中塚智実仁藤萌乃畑山亜梨紗宮崎美穂
  • 主な不合格者
鬼頭桃菜惣田紗莉渚
  • 概説
採用されたメンバーのうち、小原は劇場カフェスタッフとして働いていた経験がある。2007年に研究生として加入し、当時はひまわり組公演が行われていたが、レッスンに参加していたのは、宮崎、近野、小原の3人だけだった。劇場デビューが最も早かったのも近野と小原。また近野は研究生時代に所属事務所(イトーカンパニーリセ)が決まり、移籍もしている。メンバーの中で、研究生から正規メンバーへ昇格したのは、2008年に入り宮崎が最速で、北原、指原、仁藤、小原、中塚、近野と続き、翌2010年の組閣後新体制で石田、内田が最後に正規メンバーへの昇格を果たした。
当時、選抜回数は4期生に比べ格段に多く3期生に迫る勢いであり、そのため、5期生が”次世代エース”を担う世代とも呼ばれた(エースも参照)。これを象徴する出来事として、2008年に行われた夏のコンサート「AKB48夏祭り」が挙げられる。このコンサートで『ガラスの I LOVE YOU』を担当したのが北原、宮崎、指原、仁藤の5期生。ファンの間では、歴代最強の『ガラス~』と呼ばれ、4人のファン人気があがる。続いて、スターデジオで放送されていた「AKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!」の第2期レギュラーに、前述の4人が起用されることは決まり、さらにここから、北原、宮崎、指原がシングル曲の選抜メンバー入りするなど、いわゆる「推され路線」に入ったと思われた。
しかし、同期の中でも格差が生まれる様になる。2009年に行われた第1回総選挙では、シングル選抜入りした北原、宮崎に対し、指原はアンダーガールズに留まり、仁藤は圏外。一時的ではあるが、指原はその後のシングル選抜から外れるなど、干されるようになる。翌2010年の第2回総選挙では、北原、宮崎、指原が選抜入りする。同年春に北原と指原が太田プロダクションへ移籍、これに前後して指原はブログ投稿などを機にブレイクを果たし、北原も単独番組レギュラーやドラマ出演などソロとしての仕事が充実する様になった。その後、指原、北原はそれぞれ姉妹グループへ移籍することとなったが、指原は2回(第5回第7回)の総選挙で1位となり、北原は一時低迷したものの、NGT48キャプテンとして移籍したことで、いずれもAKB48グループの中核を担うメンバーとなっている。その一方で宮崎は総選挙でも圏外に陥落するなど、明暗を分ける様になった。
また5期の中でも異彩を放ったのが内田で、第1回じゃんけん大会で優勝し、今までシングル選抜が皆無であったメンバーが突如、シングルのセンターポジションとなったことで一時的に脚光を浴び、その後は小説家デビューや焼肉店のオーナーとなるなど、AKB48としても実績は乏しくかつ大手事務所の所属ではなかったものの、個人の仕事としては充実した部類に含まれるといってよい。
2016年末現在、AKB48に残る現役メンバーは宮崎の1名(指原はHKT48、近野はJKT48、北原はNGT48へ移籍)となっている。

6期生

  • オーディション
第一次審査(書類選考)2008年3月:合格者約400名[9]
第二次審査(面接):合格者約50名[9]
最終審査(ダンス・歌唱力審査):合格者5名[9]
  • 合格者
2008年4月3日デビュー
4名。片野友里恵高城亜樹西澤沙羅野中美郷
  • 主な不合格者(候補生合格者含む)
石黒莉美上遠野瑞穂鈴木紫帆里鈴木まりや中村麻里子松井咲子
  • 概説
オーディション合格は4人。その中でも正規メンバーへ昇格出来たのは高城と野中の2人と非常に少ない。高城は、公演デビューから昇格までの最速記録も持っている反面、野中が昇格したのは、翌2010年の組閣後新体制によるものである。6期生として選抜に選ばれたのは全て高城であった。しかしその高城も初めて選抜入りしたのは16thシングルの『ポニーテールとシュシュ』で、2008年12月の昇格からは、かなり時間がかかっている。なお、5期生は昇格から2ヶ月ほどで初選抜となっている。高城は第3回総選挙での第13位は、4期メンバー以降では当時最高位でもあった。しかし、高城も2012年にJKT48へ移籍。翌2013年4月からはAKB48兼任(大組閣体制以降はAKB48専任)する形となったが、シングル選抜でも外れ、総選挙でも順位を落とす様になった。
2016年5月に最後まで残った高城も卒業したため、8期生、2期生に続いて全員が48グループから退くこととなった。

7期生

  • オーディション
第一次審査(書類選考)2008年11月
第二次審査(面接)
最終審査(ダンス・歌唱審査)2008年12月:合格者20名
  • 合格者
11名。石黒莉美岩佐美咲上遠野瑞穂菊地あやか(元・3期)、小森美果佐藤すみれ鈴木紫帆里(辞退後、11期生として復帰)、鈴木まりや林彩乃前田亜美松井咲子
  • 主な不合格者(候補生合格者含む)
佐野友里子大場美奈
  • 概説
4期から6期までの研究生と比べ、採用から約半年後の「AKB104選抜メンバー組閣祭り」で当時の在籍メンバー全員の昇格が発表され、翌2010年に昇格。7期生は短期間で正規メンバーに昇格するなど、岩佐の言葉を借りるなら「非常にラッキーだった」世代と言われる。
研究生の時に選抜メンバーに選ばれた小森や、海外公演やメディア露出にも頻繁に呼ばれる前田亜美や佐藤すみれ、元3期生で旧チームBのエース格として活動していた菊地、篠田に次いで、サムデイへAKB48メンバーとしての事務所移籍を果たし、コンサートではソロピアノ演奏を任された松井咲子など、今後のAKB48を担っていくであろう素材が揃っていると言われていた。
その反面、2012年1月23日号の講談社「週刊プレイボーイ」では、当時の7期生全員が集まり「緊急サミット」と銘打った対談企画が行われたが、そこで7期生達からは「7期生にスポットライトが当たることは少なく、すでに崖っぷちだ」と語られている。言い分は「6期以前の研究生みたいに苦労をしていないと思われている」「『組閣祭り』というイベントで早い時期にラッキー昇格したと思われている」「後輩の9期生はデビュー後すぐにテレビ番組のレギュラーを持ち、あっさり自分たちを追い抜いて行った」など、その思いを吐露している。
そのような状況の中で、鈴木まりやが2012年にSNH48へ移籍。翌2013年4月からはAKB48兼任と形で戻った(大組閣体制以降はAKB48専任)が、海外へ新天地を求める動きもあった。また、岩佐は演歌歌手として、松井もピアノのインストルメンタルアルバムでソロデビューを果たした。
2017年6月10日に鈴木がAKB48としての活動を終了したことで、AKB48に残る現役メンバーは皆無となった(佐藤はSKE48へ移籍)。

8期生

  • オーディション
第一次審査(書類選考)2009年4月12日
第二次審査(面接)2009年4月19日
最終審査(ダンス・歌唱力審査)
  • 合格者
2009年5月発表。
15名。浅居円石井彩夏石部郁今井悠理枝植木あさ香郭グレース小水七海小松瑞希坂本莉央佐野友里子杉山未来冨手麻妙西川七海(解雇後、乃木坂46へ加入)、三木にこる村中聡美(元・4期)
  • 主な不合格者
豊田早姫横山由依
  • 概説
この世代は、一人も正規メンバーに昇格することなく、AKB48を全員離脱することとなった。その経緯には、複雑な事情が背景にある。
まず、7期生以前が2010年の「組閣」(チーム再編成)後新体制により、研究生から大量に正規メンバーへ昇格したことで、当時の正規メンバーの「定員」であった48名に達しており、正規メンバーの空きがない状況であった。AKB48は結成当初から「定員48名」というのは決まっていたが、多かったり少なかったりして最初はかなり緩かった。しかし徐々に正規メンバーは全48名、各チーム16名というのが徹底され始め、なかなか正規メンバーへの昇格者が出なくなる。当時、正規メンバーの卒業は、2010年6月の「AKB104選抜メンバー組閣祭り」以後は出ていなかった。つまり、8期生は昇格する事も出来ず、研究生としてセレクション審査を受け続けざるを得なかった。
2009年11月のセレクション審査では、8期生13人のうち10名が不合格となり、離脱を余儀なくされた。セレクション審査で同期がこれだけ不合格となるケースは非常に稀であった(後述の西川などの「素行不良」などが影響したとも言われている)。さらに2名がAKB48としての活動を辞退し、離脱。最後に佐野1人だけが残っていたが、2010年秋のセレクション審査に不合格となり、離脱。最終的に、8期生は誰一人正規メンバーに昇格できず、全員がAKB48から離脱している。
また、西川七海が「重大な契約違反」を理由に解雇されるなど、素行面で問題のあるメンバーも少なからずいたと言われている。
当時の劇場支配人であった戸賀崎智信は、光文社「まるっとAKB48スペシャル」(「FLASH SPECIAL」2011年5月1日増刊号)[要ページ範囲]の中で、「僕の中では、研究生って頑張る事が前提なんです。ところが8期は違った。ファッションでやっているというか。『私、AKB48の研究生なんだよね』みたいな。夢に向かって真っ直ぐな気持ちが無かった。忙しいて言ってレッスンに来なかったり…もうめちゃくちゃでしたよ。もちろん、なかには頑張ってる子もいたんですけど、なかなか芽が出なかった。変な影響が9期以降に及んでしまうと感じたので、延焼する前に鎮火させたんです。AKBイズムを継承しないといけませんから。いくら人気が出ようが、そういう子は必要ないですね」と、8期生についての見解を述べている。
戸賀崎の見解に対し、元8期生であった石井彩夏は2012年1月28日の自身の(ものとされる)ブログで反論を行っている。石井は「みなさんの誤解をとく!!!!」というブログを投稿し、「わたしがAKBだったころ、まじで男の子と連絡とか遊びとか一切してなかった」。また、「8期生は態度が悪かった」と説明する運営やメディアに対し「あたし一切そんなことしてなかった」と反論。遅刻もほとんどせず、学校生活よりもAKB48の活動を重視するほど頑張っていたが、上手くいかなかったという。AKB48を辞めさせられた当時は、「AKBから離れて痩せたわけよ、ショックなあまり 学校も行けなくなった。逆にね 私の生きがいは、AKBの頑張りの一つしかなかったわけよ、なのにこの仕打ち 恐ろしいものですわ…」と振り返った。さらに、「てかさ… あたし完璧に秋元さんに嫌われてるのかな?AKB去った後もさ…何回かお会いしたんだが…あんまりイマイチだったわけよ…」と、秋元康がメンバーに対して、好き嫌いを露わにしていたことを匂わせる文章を綴っている(ただし、石井の一方的な見解であるため、ネット掲示板では賛否両論が出ていた)[10][11]
前述の通り、全員がAKB48を離脱したが、西川は乃木坂46の2期生(のち離脱)として、佐野は「愛乙女★DOLL」に加入し別のアイドルグループの一員となる一方で、AKB48離脱後にグラビアアイドルを経て、その後女優としてNHK大河ドラマなどにも出演した冨手などの様に、ソロで芸能活動を続けている者もいる。

9期生

撮影時の9期生(2016年1月時点)。
  • オーディション
応募期間:2009年9月7日
第一次審査(書類選考)
第二次審査(面接)
最終審査(面接・歌唱審査(ダンス審査はなし))2009年9月20日
  • 合格者
14名。石黒貴己伊藤彩夏大場美奈絹本桃子島崎遥香島田晴香高松恵理竹内美宥永尾まりや中村麻里子藤本紗羅(元・4期)、森杏奈山内鈴蘭横山由依
  • 主な不合格者
矢方美紀
  • 概説
9期が入った時期が丁度、AKB48の人気に火が付きだした頃で、オリコン1位を取るようになり、TVのレギュラーや、企業とのコラボレーションも増え始めていた。2010年3月にはTBSテレビで「有吉AKB共和国」がスタート。これに、研究生が出演する様になったこともあり、人気と知名度を上げ、研究生でありながら第2回総選挙では3人(島崎・山内・石黒)がアンダーガールズに選出されている[注釈 2]。9期生は研究生でありながら、雑誌表紙、CM出演、テレビやラジオのレギュラーなどで大抜擢され、総選挙では、デビューして1年も経っていないにも関わらず、いきなり3人もランクインした。これまでのどの先輩たちと比べても、破格ともいえる恵まれた環境でスタートした。島田はこの状況を「恵まれてますよね。『有吉AKB共和国』にレギュラー出演してイジって頂いたり、ユニットで活動させて頂けたりもして」[12]と語っており、番組では「ゴールデンエイジ」(昔、91年生まれの世代をこう呼んだ)の再来として持ち上げ、AKB48の将来を担う新世代になると思われていた。
前述の7期生による「緊急サミット」では、9期生について「待遇良すぎ」(佐藤すみれ)「『有吉』が始まったとき、観てられなかった…」(岩佐美咲)と、自身たちの境遇と比べ、恵まれている感想を述べている。また、松井咲子は「誤解して欲しくないのは、9期の子はみんな良い子たちなんですよ。ただ…私達がちょうど谷間だったっていうか、パッとしない存在だったというか…」と9期生をフォローしている。
戸賀崎智信は、2012年の第4回総選挙後のスポーツニッポンの取材に対し「私の個人的な考えでは次期エース候補は9期生以降のメンバーの中にいる。8期生までがAKBのファーストシーズンで、9期生からセカンドシーズンが始まる」と語っていた[13]
正規メンバーへの昇格については、まず、2010年10月に横山の昇格が発表される。これは前月に小野恵令奈が卒業したことによる欠員補充の意味合いもあったが、昇格発表は2010年6月の「AKB104選抜メンバー組閣祭り」以来、1年2ヶ月ぶりであった。その後、同年12月8日の劇場オープン5周年記念公演で、残っていた8名全員の正規メンバーへの昇格が発表されている。
「恵まれている」と言われていた9期であったが、実態は異なっていた。全員が正規メンバーへの昇格が発表されたが、チームKに配属された横山を除き、劇場オープン5周年記念で発表された8名は、単に「正規メンバーへ昇格」とだけ発表されただけで、配属される「チーム」の発表はされなかった。さらに翌2011年1月11日のオフィシャルブログで戸賀崎は「配属先が決まるまでは扱いは、現状通り研究生となります」との見解を出している[14]。つまり「昇格は内定しているが、立場は研究生」という中途半端なポジションに置かれる。8期生の際に問題となった「正規チームに空き枠は無く、研究生は昇格できない」という状況は、まったく解決していなかった。9期生はこの状態を、半年以上も続けることになる。そして2011年6月、運営側が出した苦肉の策は、9期生と10期生の昇格内定2名を合わせた計10名で「チーム4」を結成するという、新チームの創設発表であった(詳細はアンダーメンバー#経緯を参照)。
さらに9期の中でも、格差が出始めていた。最初は出番が少なかった横山は、チームKに昇格したあとは、選抜入りやユニットデビュー、総選挙での躍進など華々しい道を登り続け、一時、同期の中で独り勝ちの状態となった。逆に大場は、チーム4のキャプテンに就任したものの、これに前後して過去のプロフ流出騒動により、キャプテンの辞任と活動を謹慎することとなった(その後、活動復帰)。また、大場とほぼ同時期に、過去のプロフ流出騒動が起きていた森も活動を辞退[注釈 3]している。2011年10月、9期が中心となったチーム4が劇場公演を開始。センターは島崎が担当し、これに並行してドラマ・CM・バラエティ番組なども選抜メンバーを一緒にこなすなど、一時期干されていた島崎が推されるようになっていた。その後、2012年8月の組閣ではチーム4が解体され、それぞれA・K・Bの3チームへ再編されており、終始安定した活動を続けている横山を除いて、依然として不安定な立場であった。
現在はAKB48の中でも中軸を担いつつある世代となっている。横山は篠田卒業後のチームA(大組閣体制後はチームK)キャプテンに就任。さらに卒業を発表した高橋みなみから「AKB48グループ総監督」の後継指名を受け、2016年12月8日に2代目総監督に就任している。島崎は第3回じゃんけん大会で優勝しセンターを獲得。選抜常連となり、総選挙でも上位にランクインする様になった。さらに横山のほか、大場、中村、島田はキャプテン(副キャプテン)に就任し、チームの司令塔として活動。バラエティを中心にソロの仕事が増加するなど多方面で露出が増えている。
2017年4月現在、AKB48に残る現役メンバーは島田、竹内、横山の3名(大場、山内はSKE48へ移籍)。

10期生

  • オーディション
応募期間:~2010年3月1日
第一次審査(書類選考)
第二次審査(面接)2010年3月7日
最終審査(ダンス・歌唱審査)2010年3月21日[16]
  • 合格者
セレクション審査合格10名。阿部マリア藤田奈那市川美織入山杏奈岩崎仁美伊豆田莉奈金沢有希加藤玲奈小林茉里奈仲俣汐里
  • 主な不合格者
茂木忍
  • 概説
2010年6月のセレクション審査に通過し、AKB48の研究生となった世代。最速で正規メンバーへ昇格したのが仲俣、続いて市川、入山、阿部、加藤の順に昇格し(旧)チーム4の一員になった。その後、伊豆田、小林茉里奈、藤田が最後に昇格を果たすが、正式にチームに配属されたのは2012年の組閣で、それまでは「チーム未定」とされた(前述の9期とほぼ同様のケース)。
この中では、入山、加藤がユニット「アンリレ」の一員に抜擢され、また、市川はバラエティ出演などで知名度を挙げている。また、2015年の第6回じゃんけん大会では、第1回優勝の内田眞由美と同じく「非選抜メンバー」であった藤田が優勝し、ソロデビュー権利を獲得。もっとも、藤田は舞台出演などソロ仕事は増加しているが、AKB48としての選抜経験がないだけにかつての内田を彷彿とさせる。
2016年末現在、AKB48に残る現役メンバーは阿部、藤田、入山、伊豆田、加藤の5名(市川はNMB48へ移籍)。

11期生

  • オーディション
応募期間:2010年7月1~10日
第一次審査(書類)2010年7月13日
第二次審査(面接)2010年7月18日
最終審査(面接・ダンス・歌唱審査)2010年7月24日
  • 合格者
セレクション審査合格10名。牛窪紗良岡﨑ちなみ川栄李奈川上麻里奈小嶋菜月鈴木紫帆里(元・7期)、豊田早姫名取稚菜森川彩香山口菜有
  • 主な不合格者
相笠萌岩立沙穂茂木忍東李苑(元SKE48[17]
  • 概説
2010年9月29・30日のセレクション審査に合格した10名が、10月10日の野外ライブ「東京秋祭り」にてお披露目された。その内の一人は元7期生の鈴木紫帆里で、約1年ぶりに研究生へと復帰した。2011年6月の時点で既に5人が活動を辞退し、11期生の半分がAKB48を離脱している。
元7期生のキャリアでもある鈴木が早々に正規メンバーへ昇格し、チームBへ加入。次いで、川栄が(旧)チーム4へ加わり、小嶋菜月、名取、森川が最後に昇格。
この中では、川栄がユニット「アンリレ」の抜擢や、フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」での学力テストで「センターバカ」になったことを契機に知名度を挙げて、次世代エースとしても期待されていたが、2014年5月に起きた全国握手会傷害事件で被害者となり、「握手会に参加できない」トラウマが原因となり、2015年8月に卒業へ追い込まれた。また、これに前後して、残っていた11期生が相次いで卒業(発表)するなど、大幅に人数が減少している。
2016年末現在、AKB48に残る現役メンバーは小嶋のみである。

12期生

  • オーディション
応募期間:~2011年2月3日
第一次審査(書類審査):応募者約10,000名、合格者約200名[18]
第二次審査(面接)2011年2月13日:合格者39名[19]
第三次審査(面接・ダンス・歌唱力審査)2011年2月20日:21名が仮合格として最終選考までのレッスンを受ける[19]
最終審査:3月5・6・13日に19名が最終審査に臨み、13日に合格者が決まる予定だったが、3月11日に起きた東日本大震災の影響で延期[19]
  • 合格者
2011年4月3日(発表日)[20]
セレクション審査合格9名。岩田華怜大森美優サイード横田絵玲奈佐々木優佳里鈴木里香高橋朱里田野優花平田梨奈武藤十夢
  • 主な不合格者
相笠萌髙島祐利奈田北香世子野口由芽茂木忍星野みなみ(現・乃木坂46)、中田花奈(現・乃木坂46)
  • 概説
東日本大震災の影響もあり、合格発表が延期されたが、合格者の中に被災地である宮城県仙台市出身の岩田が含まれており、注目を集める。最速の昇格は岩田、高橋朱里、田野の3人で同時にチーム4へ昇格。続いて、武藤が2012年の組閣で昇格。残った、大森、佐々木、平田が2013年4月に最後の昇格となった。
この中で、武藤は研究生の立場であったが、2012年の第4回総選挙でいきなり49位でランクイン、その後、毎年ランクインを続け、2015年の第6回総選挙で選抜入りを果たした。また、田野は2015年の宮本亜門演出のミュージカル「ウィズ」オーディションで主役となり、岩田もミュージカルなどの出演が多いなど、ソロとしての仕事が増加している。また、高橋は2015年の新体制では、チーム4のキャプテン(48グループ最年少キャプテン)に就任している。
2016年末現在、AKB48に残る現役メンバーは大森、佐々木、高橋、田野、武藤の5名。

13期生

AKB48劇場10周年特別記念公演」に来場した13期生(この時、現役メンバーの篠崎彩奈は離席していた)。
  • オーディション
応募期間:~2011年7月15日
第一次審査(書類審査):約600名が合格[21]
第二次審査(面接):初めて全国9ヶ所で行われた。
7月30日(東京)、7月31日(福岡)、8月3日(高知)、8月11日(宮城)、8月16日(広島)、8月18日(新潟)、8月20日(北海道)、8月26日(愛知)、9月1日(兵庫)
通過者:61名→57名が最終審査へ[22]
最終審査(ダンス・歌唱力審査)2011年9月24日:33人が仮合格[22]
  • 合格者
最終セレクションに合格し、研究生となった者16名。
相笠萌雨宮舞夏岩立沙穂梅田綾乃大島涼花岡田彩花北汐莉北澤早紀篠崎彩奈髙島祐利奈長谷川晴奈光宗薫村山彩希茂木忍森山さくら渡邊寧々
お披露目:2011年12月8日 AKB48 6周年記念公演
  • 主な不合格者(候補生合格者含む)
岡田奈々上枝恵美加田北香世子西野未姫野口由芽宮前杏実星野みなみ(現・乃木坂46)、斎藤ちはる(現・乃木坂46)、荻野由佳
  • 概説
13期の中で異色の存在となったのが、神戸コレクションのグランプリ受賞者でもある光宗で、ドラマ出演など研究生として異例の抜擢を受けた。最速の昇格は2012年8月に「組閣」発表された光宗(チームK)と大島(チームA)であったが、光宗は新体制稼働前に体調不良により、AKB48としての活動を辞退した。また「セレクション審査を受けている最後の世代」(2015年11月現在)でもあり、その際に5名が不合格となっている[23]。その後2013年に新生「チーム4」が結成され、当時最後まで残っていた13期全員が正規メンバーへの昇格を果たした。
2017年6月現在、AKB48に残る現役メンバーは岩立、北澤、篠崎、村山、茂木の5名。

14期生

  • オーディション
応募期間:2012年4月18日~2012年4月30日[24]
第一次審査(書類審査):
第二次審査(面接):5月4日
最終審査(歌唱力・ダンス審査):5月13日[25]
最終セレクション:6月15~17日頃[26]
  • 合格者
内山奈月岡田奈々小嶋真子西野未姫橋本耀前田美月
お披露目:2012年7月9日、4名が前座で劇場公演デビュー[27]
  • 主な不合格者
東李苑(元・SKE48)、川本紗矢田北香世子荻野由佳
  • 概説
前述の通り、この期以降は「セレクション審査」を受験した経験がない(2015年11月現在)。要因として、2012年の組閣でチーム定員(16名)枠が撤廃されたことや、研究生オーディション以外にも、AKB48に採用されるルート(後述のドラフト会議やチーム8、バイトAKBなど)が増えたことなどが影響していると言われている。
この中では岡田、小嶋、西野の3名が「三銃士」と呼ばれ、当時の研究生ユニット「てんとうむChu!」のメンバーに抜擢された。その後2013年に新生「チーム4」が結成され、全員が正規メンバーへの昇格を果たす。
2017年4月現在、AKB48に残る現役メンバーは岡田、小嶋の2名のみとなった。

15期生

  • オーディション
一次審査:2012年12月20日-2013年1月6日
二次審査:2013年1月12日
最終審査:2013年1月19日
最終セレクション
  • 合格者(8名)
市川愛美大和田南那込山榛香佐藤妃星土保瑞希福岡聖菜向井地美音湯本亜美
  • 仮研究生
大川莉央達家真姫宝飯野雅谷口めぐ荻野由佳(その後、バイトAKBを経て、第2回ドラフト会議NGT48へ加入)[28]
  • 主な不合格者
田北香世子
  • 概説
「いちごちゃんず」とも称される世代で、上記の合格者のほか「15期オーディション時に、研究生としては合格出来ないけれども、レッスンをすれば、将来活躍できるかもしれないメンバー」[29]を「仮研究生」という形で初めて採用しており、レッスンを積んだ大川莉央達家真姫宝の2名が2013年10月28日に、飯野雅谷口めぐの2名が2014年4月14日に、それぞれ研究生へ昇格を果たしている。その後、さらにこの4人は正規メンバーへ昇格している。
この中では大和田が「セーラーゾンビ」でのドラマ主演、子役出身の向井地は大島優子から「ヘビーローテーション」のセンター後継指名を受けるなど抜擢されている。
2017年3月現在、AKB48に残る現役メンバーは飯野、市川、大川、込山、佐藤、達家、谷口、福岡、向井地、湯本の10名。

ドラフト1期生

西山怜那田北香世子(以上、チームA)、後藤萌咲下口ひなな(以上、チームK)、横島亜衿川本紗矢(以上、チームB)
  • 概説
各チームに指名されたドラフト生は、研究生を経ずに正規メンバーとして採用された。
加入直後に行われた大組閣では、全員指名されたチームに残留したが、2015年の「春の人事異動」において、後藤はチームBへ、川本はチーム4へ異動となった。
この中で、川本は『希望的リフレイン』でドラフト生を通じて初めて、AKB48のシングル選抜入りを果たし、ユニット「でんでんむChu!」に抜擢。また、後藤もユニット「虫かご」のメンバーに起用されている。その反面、西山は2015年12月にAKB48から卒業(ドラフト1期生全体としては、2人目の48グループ卒業)している。
2017年6月現在、AKB48に残る現役メンバーは川本、後藤、下口、田北の4名。

ドラフト2期生

樋渡結依(以上、チームA)、野村奈央久保怜音(以上、チームK)、高橋希良西川怜山邊歩夢(以上、チームB)、千葉恵里(以上、チーム4)
  • 概説
第1回ドラフト会議で指名されたメンバーと異なり、各チーム所属の研究生として活動を開始した。
2017年4月現在、現役メンバーは久保、千葉、西川、野村、樋渡、山邊の6名。

16期生

  • オーディション
第一次審査(書類審査):2016年8月22日 - 2016年9月4日(合格者への連絡は、9月23日までに合格者のみに連絡)
二次審査(面接):2016年9月24日午後 東京都内(合格者への連絡は、当日中に面接会場で行なう)
  • 「AKB48 第16期生オーディション SHOWROOM部門」2016年10月8日9:00 - 2016年10月13日21:59開催[30][31]
最終審査(ダンス&ボーカル):東京都内(①合格者への連絡は、当日中に面接会場で行なう。②合格者は、保護者を含めた面談を当日実施。)
  • 2016年10月16日、仮研究生合格者発表[32]
  • 合格者(19名)
浅井七海稲垣香織梅本和泉黒須遥香佐藤美波庄司なぎさ鈴木くるみ田口愛佳田屋美咲長友彩海野口菜々美播磨七海本間麻衣前田彩佳道枝咲武藤小麟安田叶山内瑞葵山根涼羽
お披露目:2016年12月8日、「AKB48劇場11周年特別記念公演」において劇場公演デビュー。
  • 概説
AKB48単体としては約4年ぶりのオーディション実施で、審査の参考としてSHOWROOMで候補者による配信も行われた。合格者には武藤十夢の妹である小麟(おりん)が含まれ、AKB48としては初の姉妹同時在籍となった。また、道枝、山根は指名チームがなかった「第2回ドラフト会議」からの敗者復活となっている。
2017年4月現在、野口を除き全員が現役である。

チーム8

大人AKB48

塚本まり子(2014年4月 - 9月1日までの期間限定活動)

バイトAKB

AKB48台湾オーディション

台湾在住者を対象に行うAKB48メンバーオーディション[33]。応募資格は2015年4月1日時点で11歳 - 23歳の女性[34]

2014年12月7日のコンサート「HKT48全国ツアー~全国統一終わっとらんけん~番外編in台北」において、「AKB48グループ台湾オーディション」として開催することが告知された[35]

  • オーディション
一次審査(2015年4月17日 - 5月16日)応募総数2152名、合格者170名[36]
二次審査(2015年6月13日 台北市内開催)合格者60名[36]
最終審查(2015年8月6日 台北市内開催)42名が参加、合格者17名[37]
  • 合格者(17名のうち、2016年2月21日の段階で1名のみお披露目、残りのメンバーのうち9名は台湾研究生として活動中[38]
馬嘉伶(マ・チャリン)
台湾研究生:王馨、陳詩雅、陳詩媛、許純翎、邱品涵、楊宜潼、林倢、國興瑀、張羽翎
  • 解説
当初は合格者数1人とする予定であったが、秋元康は「参加者一人ひとりが、自己アピールのときに見せた屈託のない笑顔がとてもすばらしく、それが“台湾らしさ”として印象に残るすばらしいオーディションで、当初想定していた人数を、大きく超える17名の合格者を選ぶことになった」と語っていた。今後、台湾でレッスンを行い、改めて最終選考を実施、正式契約した合格者は年末をめどに来日する予定とされていた[37][39]
しかし、最終的に来日できたのが馬嘉伶だけとなり[40]、2015年12月15日に行われた「第5回AKB48紅白対抗歌合戦」に馬が出演し、2016年2月以降、AKB48の研究生として活動することが発表されている[41]。残りのメンバーのうち9名は台湾研究生として活動中[38]
  • 2017年4月現在、残る現役メンバーは馬嘉伶、陳詩雅、陳詩媛、邱品涵、林倢、國興瑀、張羽翎の7名[42]

注釈

  1. ^ 48グループ全体としては、2015年3月に松村香織(SKE48)が最遅昇格記録を更新しているが、AKB48としては大家が依然として最遅昇格記録を保持している。
  2. ^ このうち、石黒貴己は2010年6月のセレクション審査不合格となり、アンダーガールズとして活動することなく、AKB48を離脱している。
  3. ^ 公式発表は「腰痛のため」[15]であった。

出典

  1. ^ AKB48 主要メンバーが次々と卒業か? - リアルライブ 2011年1月11日
  2. ^ 成長 - AKB48オフィシャルブログ 2006年4月20日
  3. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック」P57より。
  4. ^ チームBオーディション - AKB48オフィシャルブログ 2006年11月25日
  5. ^ NTT DoCoMo Presents AKB 1st Anniversary Live - AKB48オフィシャルブログ 2006年11月25日
  6. ^ AKB48 劇団研究生 決まる! - AKB48オフィシャルブログ 2007年6月16日
  7. ^ チームBから - AKB48オフィシャルブログ 2007年9月21日
  8. ^ 早起き - AKB48オフィシャルブログ 2007年10月6日
  9. ^ a b c 春なのね?? - AKB48オフィシャルブログ 2008年4月3日
  10. ^ 元AKB48・8期研究生、石井彩夏の暴露がネット上で話題 - livedoor news 2012年3月14日
  11. ^ 「秋元康に嫌われていたのかな」? AKB48元8期生のつぶやき - JCASTニュース 2012年3月15日
  12. ^ 「UP to boy」Vol.205[要ページ範囲]
  13. ^ 「次期エースは9期生以降にいる」 次の次の新曲のセンターに注目 - スポーツニッポン 2012年6月7日
  14. ^ 先日の支配人部屋 - AKB48オフィシャルブログ 2011年1月11日
  15. ^ 【お知らせ】 - AKB48オフィシャルブログ 2011年9月20日
  16. ^ 10期生オーディション - AKB48オフィシャルブログ 2010年3月6日
  17. ^ 本人記事参照
  18. ^ 今週末は最終審査 - AKB48オフィシャルブログ 2011年2月17日
  19. ^ a b c 光文社「FLASH SPECIAL」2011年5月1日増刊号「まるっとAKB48スペシャル」[要ページ範囲]
  20. ^ 戸賀崎智信ツイート - ツイッター 2011年4月3日
  21. ^ AKBがいっぱい~SUMMER TOUR 2011~を終えて - AKB48オフィシャルブログ 2011年9月1日
  22. ^ a b AKBオーディション過去最多33人合格! - デイリースポーツ 2011年9月25日(アーカイブ)
  23. ^ メンバー5名よりファンの皆様へ - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月7日
  24. ^ 戸賀崎智信 投稿 - Google+ 2012年4月18日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 戸賀崎智信 投稿 - Google+ 2012年5月13日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 戸賀崎智信 投稿 - Google+ 2012年6月13日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ Kyoko Nishiyama 投稿 - Google+ 2012年7月10日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 達家 真姫宝(AKB)のトーク - 755 2015年2月28日
  29. ^ 湯浅洋 投稿 - Google+ 2013年10月28日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ AKB48、第16期オーディション「SHOWROOM部門」開催決定 - リアルサウンド 2016年10月7日
  31. ^ AKB48 第16期生オーディション SHOWROOM部門 -SHOWROOM
  32. ^ AKB48第16期生オーディションの仮研究生合格者配信が決定! - AKB48オフィシャルブログ 2016年10月16日
  33. ^ AKB48將從台灣招募新成員 - AKB48公式サイト内に設置されたオーディション告知(中国語・繁体字)
  34. ^ AKB48台灣徵選活動官網 招募成員 甄選報名方式/資格/報名表 - AKB48公式サイト内に設置された募集要項(中国語・繁体字、2015年4月時点でのアーカイブ)
  35. ^ AKB48グループ台湾オーディション開催決定 - AKB48オフィシャルブログ 2014年12月7日
  36. ^ a b AKB48メンバー台湾オーディション 60名が2次審査を通過! - ニコニコ動画 2015年6月13日
  37. ^ a b AKB初の台湾メンバー17人合格 人数過多で再選考 - ORICON STYLE 2015年8月8日
  38. ^ a b 湯浅洋 ツイート - Twitter 2016年9月8日 ArKaiBu
  39. ^ AKB台湾オーディション 20歳美人双子姉妹ら17人合格 - スポニチアネックス 2015年8月8日
  40. ^ 台湾出身の馬嘉伶、AKBの魅力伝える「伝道師」になる!=初舞台で「ヘビロテ」披露 - 時事ドットコム 2015年12月16日
  41. ^ 【AKB紅白】初の外国人メンバーが初舞台「まちゃりんと呼んでください」 - ORICON STYLE 2015年12月15日
  42. ^ Akb48 Official Shop Taiwan投稿 - facebook 2017年4月28日


ご意見を共有しましょう