エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

事務所/ノート

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

主な事務所の概説

太田プロダクション

かつての絶対的エース前田と、総選挙でそれを破った大島、さらにその大島を破った指原が所属する事務所。さらに次世代エースと呼ばれている北原、横山、入山が所属。少数ではあるが人気メンバーが揃っている。ユニットとして結成された「Not yet」には大島[1]、北原、指原、横山が所属している。
お笑い芸人事務所という印象が強く、かつて前田などは太田プロ所属の事を他のメンバーからネタにされる事もあったが、前田によると「所属している部門は違う」[2]。いわゆるお笑い芸人は「バラエティ部」。48グループのメンバーなどは「エンターティメント部」に所属している。他にも「ドラマ部」などがある。
80年代は人気芸人が多数所属し「泣く子も黙る太田プロ」と呼ばれたが、独立が相次ぎ一時は力を失った事もあった。最近はまたお笑いブームもあり、さらにAKBなどアイドルも所属するなど、かつての力を取り戻しつつあると言われている。またAKBのブレイク以前は、薄給と言われていたメンバー給料面でも、前田はかなりの高給を太田プロから貰っていたとメンバーの親族が週刊誌に暴露している。所属芸人の有吉は、しばしばかなり高い給料を貰っていた事は語っているし、劇団ひとりは、雨上がり決死隊の宮迫(前回の推定年収は1億円)より、給料を貰っている事が判明している[3]。AKBメンバーの給料に関してはしばしば話題になるが、あるサイトが算出したところ、前田が2000万で篠田と共にトップ。続いて大島は1800万程度としており、給料面でもトップクラスとされている[4]。ちなみに有吉によると、ギャラは昔からの慣習で現金で手渡し。また前田と大島に関して、自分には無い専用送迎車がある事なども語っている[5]。かつては「太田プロ」と笑われた事もあったが、現在では太田プロに所属するというのは、完全に「勝ち組」状態。そもそも、AKBの活躍を支えているのは秋元康ではなく、大手広告代理店「電通」のAKB担当部署と、「太田プロ」こそが舵取りの重要な役割を果たしているという。テレビ局関係者「今でこそ『AKBは秋元が育て上げた』というイメージが定着していますが、実質AKBを牛耳っているのは電通と太田プロ。CMは全部電通案件だし、他の代理店は電通の許可なしにAKBを起用できません。また太田プロの社長・磯野勉の娘・久美子は大手芸能プロでいの一番にAKB48に目をつけました。同社に前田・大島ら人気メンバーがそろっているのもそのためですよ」。AKBが次々と新たな企画や戦略を展開していく裏では、こうしたバックアップがあったのだ。また、前出の関係者は3者の関係をこう解説する。「グループ発足当時、秋元さんは『こんなの売れるわけないよ!』と周囲に漏らしたこともありました。結局現在に至るまで、大きな仕事や方針などを決めるのは電通と太田プロで、48プロジェクトの中で秋元さんの力は1~2%程度しかない。言ってしまえば、彼もAKBメンバーの一人みたいなものです」[6]
SNSはアメーバブログを主に使用している。メンバーから送信されたのをスタッフがチェックして投稿するが、北原の記事を前田へ、前田の記事を北原へ、指原の記事を前田へそれぞれ投稿したりと、単純なミスが非常に多い。またメンバーがスタッフに「○時頃にアップお願いします」と頼んでいた文なども消さずに投稿してしまったり、同じ内容のブログを2~3回投稿するなどのミスも多い。[要出典]最近は、前田、大島が卒業後にアメーバブログを閉鎖してツイッターへ完全に移行するなど、ツイッターをメインにシフトするメンバーも多い(48グループ在籍者全員および前田、大島、野呂はアカウントを取得している)。

ホリプロ

東証1部(9667)上場企業。超有名芸能事務所。現在、48グループでは4名が在籍。宮崎が移籍決まった際のメンバーからの「ホリプロに移籍し勝ったと思った?」という質問がすべてを表している[7]。しかし、第3回総選挙では、板野をはじめ、全メンバーが順位を落としているなど精彩を欠いており、所属メンバーも卒業が続き漸減。大組閣でも2名がSKE48へ移籍したため、純粋なAKB48メンバーは2名のみとなった。
給料制でありあまりギャラは高くはないらしく、トップの和田アキ子ですら(昔発表されていた)長者番付には載っていなかった。本人も低い事は語っており、「(所属事務所が)ホリプロじゃなかったら、日テレくらいのビル10棟ぐらい(買える給料貰っている)」。だが浮き沈みの激しい芸能界においては、安定した収入というのはある意味魅力の一つでもある[3]
キャスティングは多いがバラエティ番組が多く、得意なメンバーもあまりいないのが、辛いところ。恋愛にも比較的寛容な事務所と言われているが[8]、48グループ自体が恋愛禁止なので男性スキャンダルには注意が必要。事務所ユニットには「ナットウエンジェル」があるが、メジャーデビューはしていない。板野友美がAKB48から初のソロデビューを果たした(実際にはもっといるがすべて無かった事にされている[9][要出典])。

プロダクション尾木

解説:メンバー8人が所属するという48グループ最大勢力を誇る事務所。派生ユニット「ノースリーブス」、「渡り廊下走り隊」(2014年2月解散)等を抱えている。反面、人数が多いため、事務所内でも序列があり、なかなか推してもらえないメンバーもいる。高橋みなみによると給料制[10]
社長は尾木徹で、日本芸能界の最大派閥といえる音事協(日本音楽事業者協会)の会長を務めている人物。少女時代、KARAなどのK-POPとも非常に関係が深く、両者はそれぞれSMエンターテインメント、DSPメディアと別の事務所所属だが、日本でのマネジメントに尾木プロが関わっており、番組出演のブッキングなどを担当している。48グループメンバーに、卒業生の浦野を加えて「Team Ogi」というものもあり、「Team Ogi祭」というライブイベントも独自に行っている。尾木プロの力を誇示するように、豪華ゲストが出演するのが特徴。尾木プロは、業界の実力者とのパイプも太く、同イベントにはフジテレビのバラエティー制作センター担当局長の港浩一も招かれていたとか。仲間由紀恵以降、人気タレントを育成できていなかった尾木プロだが、「AKB48とK-POP利権で再起した」とも言われている[11]。SNSは、当初はスタブロを利用していたが、それぞれ「Team Ogi」内サイトのブログへ移行。ただし、ノースリーブスはアメーバブログも利用している(更新頻度は低く、2013年11月26日を最後に未更新)。

ワタナベエンターテインメント

老舗事務所の一つ。九州・関西事業本部など地方にも事務所を開いており、九州事業本部には、村重杏奈(本人はAKS所属)の妹(マリア・エリカ)が子役として所属している。柏木らの移籍当初は「ビスケットエンターティメント」の所属であったが、現在はワタナベエンターテインメントへ全員が転籍(ビスケット在籍時も、公式サイトでもナベプロになっており、本人達も所属事務所を聞かれると「ナベプロ」と答えていた[要出典])。柏木、高城、倉持のユニット「フレンチ・キス」を持つ。また、AKB48メンバーを含め、事務所所属のアイドルで「ワタナベガールズ」として活動する事もある。2名の卒業によりメンバーが漸減している。
ブログはスタッフに送り、チェック後にアップされるが、大家によると夜の0時に「仕事終わりました。今帰ってきました」という内容を送ったら、それがブログにアップされたのは深夜3時だった[12]また、送られてきたブログがある程度たまってからまとめて更新するらしく、ナベプロメンバーのブログは、更新時間がいつも近いのが特徴。[要出典]当初はナベプロサイト内のブログを使用していたが、それぞれ、アメーバブログへ移行。

フレイヴ エンターテインメント

office48の関連会社であり、設立後間もなく業務委託という形で事実上転籍。現在、office48本体に所属している現役メンバーはいない[13]。所属メンバーは2期生・旧チームK所属中心で、office48としてはAKB48発の本格的ユニットである「Chocolove from AKB48」を持っていたが、メンバーの脱退によりその後活動休止。2011年4月、小林を除いた秋元・梅田・増田・宮澤の4人でユニット「DIVA」を結成(増田は脱退→再加入。その後解散)し、追加メンバーも所属している(粕谷聡子、二見夕貴、井上結菜、福野来夢、古川温子、山上綾加)。秋元によると、歩合ではなく給料制[14]。昔は「1LDK6人暮らし」というブログを6人で共有して使用していた(同ブログはDiVA追加メンバーのブログへ移行)が、今は全員個人のブログとツイッターを運営中。他事務所同様、内容はまずスタッフに送り、チェック(ネタバレ・スポンサーの関係・誹謗中傷などトラブルになりそうなものが含まれていないかなどのチェック)後、投稿されるが、スタッフがやはり間違って他のメンバーのブログに投稿。「メンバー本人が書いていないのでは?」と騒動になり、謝罪するトラブルも起きている。[要出典]

サムデイ

サムデイというと知名度は低いが、実は芸能界最強と言われるバーニングプロダクションのグループ会社。事務所の力は篠田のソロ仕事の多さを見れば明らかである。[要出典]篠田の卒業により、現在、AKB48の所属は2人目として移籍した松井咲子のみである。秋元康「(サムデイの)高橋社長は、彼がとんねるずのマネージャー時代からの盟友」[15]とのこと。

イトーカンパニー

当初は二人とも「イトーカンパニーリセ」の所属だったが、現在はイトーカンパニーへ転籍。所属している2名はマザー牧場のイメージガールも務め、CSでレギュラー番組も持っていたが、大組閣において2名ともAKB48を離れた。藤江によるとブログは一日に2件。緊急時などでも3件までしか更新できない。また未成年者は、恋愛も禁止されているとか(48グループ所属のメンバーに限らず)。[要出典]

Mousa(ムーサ)

長らく所属タレントはAKB48メンバーのみであったが、2014年に初の48グループ所属外のタレントとして小嶋乃愛が加入している。6月3日は「Mousaの日」、12月6日を「Mousa+Mousaの日」としてイベントを行っている。

長良プロダクション

創設者は芸能界の重鎮的存在であった長良じゅん(故人)。演歌歌手を中心に所属。岩佐の夢である演歌歌手の道へと進むため、プロダクション尾木から移籍した。

ジャパン・ミュージックエンターテイメント

渡辺プロダクションの元マネージャーの藤岡隆が「アンクルエフ」として設立。元々はラッツ&スターのマネージメント事務所だった。現在は5つの参加事務所によって構成され、阿部と大場は「JMEルーキーズ」のカテゴリである。また、現・AKSの所属である向井地は子役時代に所属していた。

アービング

投資用マンション販売を手がける「青山メインランド」のグループ会社。橋本マナミのほか、海外(主に韓国人)アーティストや元スポーツ選手などのマネジメントも手掛ける。

ビッグアップル

バーニングプロダクションの関連会社である[16]

オー・エンタープライズ

ザ・スパイダースのマネージャーをしていた小野英雄が、田辺エージェンシーから独立し設立。

シンエイV(ファイブ)

老舗の芸能プロダクションである新栄プロダクション(1958年設立)を母体とする。

エイベックス・エンタテインメント

略称「エイベ」。1988年に松浦勝人が立ち上げ、音楽業界の一大勢力となった「エイベックスグループ」内の中核企業のひとつ。エイベックスと48グループの関係としては、高柳が在籍するSKE48や柏木由紀のソロプロジェクトのレーベル「YukiRing」、指原莉乃などがエイベックスからリリースされているなど関係が深い。また、所属アーティストのマネジメントなどを行う「エイベックス・マネジメント」(高柳は在籍している部門とは別)には、48グループ加入以前に古川愛李木﨑ゆりあ太田里織菜が在籍していたことがある。

Grick(グリック)

バーニングプロダクション系列の企業。代表取締役である周防亮の義父は、バーニングプロダクション代表取締役の周防郁雄。

JPEG

JPEGは、日本と世界をつなぐコンテンツIP事業などを展開する「Cool Japan TV」グループと、AKB48 オフィシャルショップ 香港・台湾店の開設、ヴィレッジヴァンガード 香港店の開設など、海外進出サポート事業を展開してきた「Chanois(シャノワ)」グループが、芸能プロダクション事業を目的として設立した共同出資会社[17]

脚注・出典

  1. ^ ただし、AKB48卒業後の同ユニットの去就は明らかになっていない。
  2. ^ 『王様のブランチ』有吉AKB共和国への取材時。
  3. ^ a b 『芸能人のギャラ初公開!ズバリ発表するぞスペシャル第2弾』 2011/10/07
  4. ^ 週刊実話 AKB48板野友美トップ “給料明細”流出にいよいよ分裂危機
  5. ^ http://douga.nikkansports.com/entertainment/entertainment_105322.html
  6. ^ http://www.cyzowoman.com/2012/02/post_5146.html
  7. ^ AKBINGO!』ショージキ将棋より。
  8. ^ 『BUBKA』 2010年6月号
  9. ^ 大堀恵(大堀めしべ名義)、増田有華奥真奈美(おぐまなみ名義)
  10. ^ 『逃走中』 2010/10/10
  11. ^ http://www.cyzo.com/2011/11/post_9179.html
  12. ^ AKB48のオールナイトニッポン』 10/09/18
  13. ^ http://office48.jp/ office48
  14. ^ 『浜ちゃんの大正月SP芸能人(秘)私生活大捜査』
  15. ^ 秋元康 投稿 - Google+ 2012年1月11日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ http://www.burning-ty.com/school/
  17. ^ AKB48 初の外国人メンバーまちゃりん、JPEG所属とYouTubeチャンネルの開設を発表。「日本と中華圏の架け橋になりたい」。 - PR TIMES 2020年5月25日