エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

秋元才加/ノート

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

「週刊文春」による自宅デート疑惑記事

  • 2010年10月13日、『週刊文春』(10月21日号)に、マルチクリエイター広井王子(56歳)との自宅お泊まりデートという記事が掲載された。それによると、10月9日22時頃、秋元才加が現在出演している音楽劇『ACT 泉鏡花』を終え、都内の自宅マンションへ帰宅すると、その30分後、広井王子も同マンションへ入っていった。そして「入室後、部屋の電気はすぐ消えた……」など、男女の関係を連想させるセンセーショナルな記事となっている。その後2人は翌日に、時間差で外出する様子まで写真付きで報じられている。またこの日以外にも、7~8日にかけての深夜も広井王子は秋元才加のマンションを訪れていたという。同記事中、秋元才加は、「広井氏がマンションに来たことは?」との質問に対し、「ないです」と答えているが、広井王子の方は「ここ最近で彼女の家に行ったのは7日深夜の1回だけ」と訪問を認めている。二人の話は食い違っており、どちらかが嘘をついている事になる。
秋元才加と広井王子の関係は、まず昨年夏のAKB48メンバーによるミュージカル『AKB歌劇団 インフィニティ』のプロデュースを広井王子が手がけており、また広井王子は現在秋元才加が出演している音楽劇『ACT 泉鏡花』を昔手がけた事もある。そして今回、広井王子の新プロジェクトであるラジオドラマ&漫画『ダブルヒロイン』にも秋元才加は抜擢され、その一部であるラジオ『秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル』もスタートしたばかりだった。
  • 同日、秋元才加のブログに事務所スタッフが秋元才加の言葉としてメッセージを投稿。「広井王子さんは、演技についていろいろアドバイスをしてくださる先生であり、尊敬している演出家です。今回、泉鏡花という難しい舞台に出演するにあたり、前に泉鏡花を手掛けたことのある広井さんに相談に乗っていただいていました。父親以上に歳が離れているので、まさか、そんな噂になるようなことはないだろうと思っていました。ファンのみなさまにご心配をかけてしまったことを深く反省しております」と、記事内とは違い、訪問は認めた上で、交際については否定した[1]
さらに、「ファンのみなさんには、どうしても私の口から直接お話しさせていただきたいと思い、ニッポン放送のプロデューサーの方に無理を言って、金曜日の「AKB48のオールナイトニッポン」で発言のチャンスをいただきました。そこで、今回の件についてお話させて頂きたいと思います」と表明[2]。事の顛末は、15日(金)深夜1時から放送される同番組で、本人の口から語られる予定[3]
  • AKBには「恋愛禁止」ルールというものがあるが、これまで「処分される」か「されない」かのポイントは「証拠があるか」または「未成年」かどうかの二つとされていた。しかし今回はこれまでの正規メンバーのスキャンダルとは違い、写真を撮られるという決定的な証拠があがってる。それでも秋元才加本人は交際報道を否定。これに対しAKB側がどの様な判断を下すのかが注目となっていたが、所属事務所は「男女分け隔てなく付き合う子なので誤解を与えてしまった」「2人は師弟関係」と秋元才加をフォロー。AKB運営スタッフも、「マンションは所属事務所(office48)の寮。他のメンバーもおり、2人きりではなかったはず」と説明した。
同記事も、秋元才加が「2LDKのマンションに同期生1人と同居」しているとも伝え、10月10日早朝にそのメンバーはマンションを出たと報じている。それまで3人が同じ部屋にいたようだ。office48所属、2期生、実家暮らしではない、以上の条件に当てはまるメンバーはかなり絞られているが、このもう一人のメンバーも今回の件に関係があるのか、それとも巻き込まれてしまったのか、注目が集まっている。
  • 一方、若い女性アイドルの部屋に深夜に一人で行っていた広井王子は取材に対し「お泊まり」した事は認めながらも、秋元才加との恋愛関係は否定。マンションへ行った理由については「寅さんのビデオを貸すために行きました。一緒に見るかとなって、彼女に解説しながら見ていたら、いつの間にか寝ちゃってしまった。秋元(才加)さんがかわいそう。オレなんか役不足だよ。こんなジジイで…。恋愛関係は100%ないです。(秋元)康さんとも仲がいいので、メールしたら笑ってました。うかつでした。本当にごめんなさい」[4]
14日朝、自身のブログでも釈明を行った。「恋愛感情はまったくありません。あるわけがないです」。報道について「びっくりしています。と同時に、ちょっと軽率だったなと思っています。いまをときめくAKB48のアイドルに関わっているという自覚が足りませんでした。たくさんいる芝居仲間と同じに考えていました。このたびお騒がせしたことにつきまして、関係者のみなさん、ファンのみなさんに、お詫びいたします。秋元才加さんにも申し訳ない思いです。いくらなんでも56のジジイと恋愛じゃかわいそうです」。自宅マンションに訪れた件については、「ぼくは秋元才加さんの事務所から芝居のアドバイザーを正式に依頼されました」とし、30年かけて蓄えた芝居の資料などに触れ「その資料やぼくが見てきたものが芝居を志す若い方の役立つなら、それは嬉しいことです。歳をとるとはそうゆうことなんです」と釈明。秋元才加の役作りへの取り組みを絶賛した上で「ただ経験が足りません。AKBの仕事を終え、深夜に台本と格闘して助けを求めてくる電話が何度かありました。芝居のことならいつでもサポートしようと思いました」と釈明している。秋元才加自身については「ある種の感動を覚えました」と演者として認めながらも、「決して恋愛感情ではありません。感動です」としている。
また、秋元才加がたびたび広井王子の仕事に不自然にキャスティングされていると同誌は報じ、いわゆる「枕営業」と呼ばれるものが行われているのでは、という疑惑については、「ぼくがいろいろなキャスティング権を握っているように言われていますが、そのような権限はまったくないです」とこちらも否定。そして「最後にお願いがございます。どうか劇場に足を運んでいただきまして秋元才加さんをご自身の目で見ていただきいと思います」と結んだ[5]
  • 最終的に所属事務所は秋元才加に対し「本人には、誤解を招くような行為は慎むよう注意しました」とし、注意以外の処分などは行われなかった[1]
  • 10月14日、『AKB48秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル』2回目。番組タイトルの「うっかり」にちなんで。宮澤「才加うっかり発言も多いよ」。秋元「そうなのよ」。宮澤「ポロポロ言うよね。才加って意外と」。秋元「うん。結構、危ない事も言う…」。宮澤「はいピー」[6]。先週の「自分は上層部に認められている」など、かなり際どい発言も多い。
  • 10月15日、ブログで宣言していた『AKB48のオールナイトニッポン』に緊急出演。冒頭から秋元才加は一人で先日報道されたスキャンダルについて、涙で声を詰まらせながら、以下のように釈明した。
「AKB48の秋元才加です。この度、ファンの皆さま、メンバー、関係のみなさまにご心配おかけしまして、申し訳ございません。オールナイトニッポンの時間で、少しだけお話させて頂きたいと思います。先日、報道にありました、演出家・広井王子さんとの噂ですが、全て私に責任があります。広井さんは私が尊敬する演出家で、今まで芝居について教えてくださいました。今回、泉鏡花の舞台に出演させていただくことになり、泉鏡花の舞台を手がけた広井さんに、夏ごろからいろいろ相談にのっていただきました。私が広井さんの家に伺ったこともありますし、広井さんが家にいらしたこともあります。広井さんはお嬢さんと一緒に暮らされていますし、私はメンバーの梅田彩佳ちゃんと二人暮らしなので、何も考えていませんでした。それ以前に広井さんは父より年齢が上なので、男性として考えた事がありませんでした。記事に出た当日もお芝居のことを話すために、遅くに食事をする約束をしていたのですが、私の仕事が遅くなってしまい、広井さんが家に来てくださいました。ずっと芝居のお話をして、それから私が翌日提出しなくてはいけないアンケートを書いているうちに、広井さんが寝てしまったので、うめちゃん(梅田彩佳)と相談して、そのまま寝かせてあげようという事になりまして、本当にすいません。本当に言い訳をしているみたいで、情けないです。応援して下さっているファンのみなさんに申し訳ないです。一生懸命やっているAKBのメンバーに…本当にすいません。色々お話しようと思ったのですが、すいません。こんな事になってしまって、すべて私の不注意です。本当はみんなの模範にならなければいけないのに、キャプテンの資格が無いです。AKB48チームKキャプテンを辞任させていただきます」[7][8]
以上、改めて男女関係は無かったとしながら、誤解されるような非が自分にはあったとして、チームKのキャプテンからの辞任を発表した。そして「またキャプテンをやらせて貰えるように頑張ります」と、今後もAKB48チームKの一メンバーとして活動していく事を誓った。
この日の出演者は、旧チームKの河西智美(現チームB)倉持明日香(現チームA)。倉持は「もっさん(秋元才加)は私たちにとっても、AKBにとっても必要な存在だから、私はこれからももっさんに付いて行きたと思うし、それはメンバーみんなもそう思っているから…」と話した。旧チームKからゲストも多数駆け付け、宮澤佐江増田有華(現チームB)、佐藤夏希(現チームB)、松原夏海(現チームA)、小林香菜(現チームB)、梅田彩佳が登場した[8]。また大島優子からはメールが送られてきており、それが読み上げられた。他チームからは高橋みなみ(チームAキャプテン)が出演している。
今回はコーナーは一つのみに抑えられ、大半は旧チームKの話や、リスナーからのメール紹介に当てられた。ファンからは「チームKのキャプテンは才加ちゃんしかいない」。「写真週刊誌に撮られるのも人気の証拠」。「キャプテンを辞める事の方が無責任」。「みんなの目標になるよう上を目指してこういう事になってしまったんだから、辞める必要な無い」など励ましや応援、中には厳しい意見などのも含め、メールが殺到した。「逃げるな」という意見には、秋元才加は「逃げてないです」と応え、責任を取って辞任するという自分の判断が間違っていないとした。AKBはテレビなどでは「恋愛禁止」を公言しているが、それでも度々メンバーにはスキャンダルが取り沙汰されている。しかし正規メンバーが処分を受ける事はほとんど無く、大抵本人が否定すればそれで済んでしまう。しかし研究生には厳しい処分が下る事が多く、過去に男性とのツーショットプリクラが出ただけで解雇されたメンバーもいる。今回は、いくら歳が離れているとはいえ、深夜に男性を家に泊まらせ、一泊させるというのは、やはり不注意だったと言わざるを得ず、「すべて私に責任がある」と自らの過ちを認めた。そしてキャプテンという立場上、他のメンバー、そして正規メンバーを目指す研究生というAKB全員の模範とならなければならない立場にいながら、それが出来なかった事と、すでに恋愛禁止というルールがほとんど機能しなくなっており、今回も秋元才加には口頭での注意のみという甘い処分が下されていたが、秋元才加本人がそれをよしとせず、自ら「けじめ」としてキャプテンからの辞任を運営へと申し出た。最後に秋元才加は「改めてAKB48は大切で、大好きだと思った。今まで以上に頑張りたい。またキャプテンになれるまで見守ってほしいと思います」とファンに向けて再起を誓った。
秋元才加の辞任によりチームKキャプテンは不在となったが、後任を誰が務めるかなどの発表はなかった。
  • 10月16日、AKB公式ブログにて戸賀崎智信がコメントを掲載。「秋元才加より、キャプテンを辞任したいという申し出があり、その申し出を正式に受理致しました。ファンの方からは「辞める必要はない」「もっと違う責任の取り方があるのでは?」「何故解雇じゃないんだ?」などと色々なご意見を頂いている事でわかる通り、沢山の方にご心配とご迷惑をおかけしてしまった事に対する秋元なりのけじめのつけ方だと思ったからです。僕自身も支配人としてだけではなく、所属事務所の人間としても、いくら師弟関係で恋愛感情がないとは言っても、周りがそうなのか?と、誤解を生むような行動をしてしまった事については厳重注意をしました。「これからのキャプテンはどうするんですか?」そんなご質問も頂いております。後任などの詳細につきましては、またわかり次第、ご報告させて頂きます[9][10]
  • 秋元才加に代わるキャプテンの人事に注目が集まっているが、デイリースポーツは、旧チームKからの残留組で年長者の「大島優子、宮澤佐江ら人気メンバーから選ばれることになる見込み」としている。Kでの最年長は秋元才加と同い年の大島優子。旧チームKで円陣の掛け声を担当していたのは宮澤佐江。どちらも可能性は高い。旧チームKは2期生が中心になって創設されているが、今年から新体制でチームは再始動しており、一番先輩になるのはチームAから異動していた1期生の板野友美峯岸みなみになる。他にも前田敦子などが「影番」として名前を挙げた事もある仁藤萌乃なども名前が挙がっているが、仁藤萌乃は5期生で、前述の4人に比べるとかなり若い。また秋元才加自身も復職を目指しており、秋元才加が戻るまで後任を立てない事も考えられる。その場合も、戻るまでにどのくらいの期間がかかるのかも分かっていない。ちなみに正規メンバーで唯一解雇処分を受けた菊地あやかは、オーディション、研究生を経て、元の正規メンバーに戻るまで、1年半かかっている。
  • 10月16日、昨晩の『AKB48のオールナイトニッポン』へは、通常の5倍にあたる約5万件のメールが届いたことが分かった。AKB48劇場にも、通常の20倍にあたる約1000件の問い合わせメールが届いており、運営関係者は「こんなに反響は大きいとは思わなかった」、今後のチームKについて「しばらくはキャプテン不在でいきますが、代役を立てるのか検討していきたい」と話している[11]
  • 10月27日、騒動後、初のチームK公演。冒頭の4曲が終わり、自己紹介でのお題は“今日は何の記念日ですか?”。緊張した表情で順番を待っていた秋元才加は、自分の番になるとふっと笑みをこぼし「みなさん、ご心配をおかけしまして、すいませんでした」と深く、長く頭を下げた。ファンは「才加~!!」と声援で迎え入れ、他のメンバーは手をたたきながら温かい目で秋元才加を見守った。秋元才加はお題に絡め「今日は私にとって、スタートの記念日です」と切り出し、「けじめとしてキャプテンを辞任したんですけど、『またキャプテンになれよ』って満場一致でいってもらえるように頑張っていきたい。逃げたわけではないので。今日は、そんなスタート記念日にしたいと思います」と挨拶した。辞任発表の時とは違い、笑顔での再スタートとなった。
  • 2011年2月27日、秋元才加は東京マラソンに出場し、完走。秋元康からキャプテンへの復帰を命じられる。
  • 2012年8月30日、「週刊文春」(9月6日号)が「本誌だけが知っているAKB48「仰天組閣」ウラ情報」を掲載。チームのキャプテンも総入れ替えに。高橋みなみは総監督に“昇格”。Kの秋元才加、Bの柏木由紀の両キャプテンは、ヒラに降格した。「秋元は総選挙順位が下がったのが大きい。やはり広井王子との“お泊まり事件”は尾を引いています。柏木はソロデビューも決まり、これからという時ですが、『後輩に優しすぎる』という評価でした」(AKB関係者)。新たにBキャプテンに昇格した梅田彩佳は、“お泊まり事件”の当時、秋元才加のルームメイトだっった。梅田彩佳は“情報源”と疑われ、散々責められたという。「以来、帰る家が同じなのに、乗るタクシーは秋元とは別々。『梅ちゃんは真面目に見えるから得だよね』って、メンバーからも嫌味を言われてた」(元スタッフ)。現在、2人は別々のマンションに暮らしている[12]

親族の生活保護費受給騒動

  • 2012年5月30日、深夜にブログを更新し、一部ネットメディアで記事となっていた生活保護費受給の事実を否定した。これは次長課長河本準一に端を発し、キングコング梶原雄太など、高収入である芸能人の親族が生活保護費を受給していた問題への批判が高まる中で、一部週刊誌が“AKB48メンバーの親族にも受給者がいる”可能性を指摘し、ネット上でそれが秋元才加なのでは?と取りざたされたことを念頭に置いているとみられる。「週刊文春」(2012年6月7日号。首都圏では5月31日発売だが、5月30日には記事がスキャンされネット上にアップされている)が、「河本もビックリ? AKB48にも生活保護受給が2人いた!?」と題して、メンバーのうち2人の親族が、過去に受給を受けていたり、今も受けている可能性を指摘している。2人のメンバーが名指しされている訳ではないが、そのうちの1人について、記事では「幼い頃から貧乏生活をしていたというそのメンバーは、アルバイトで学費を稼いだという逸話を持つ苦労人でも知られている」と紹介している。秋元才加はこれまで、家庭の経済的状況の厳しさを話題にすることも多いことから、文春が指摘したメンバーのひとりは秋元才加なのではないかとの見方が広がっていた。このような状況を受けてブログが更新されたとみられる。ブログでは、「秋元家での生活保護受給の事実はありません。スタッフさんから秋元では無いか?というお声を頂きましたが、そんな噂が出てしまうとは!!!」 と受給の事実を否定した上で、「確かに近年母親が体調を崩し、その時期は私もまだまだの収入だったので、秋元家の中で生活保護受給の話題はよく上がっていましたが…」と、一時期は受給が現実味を帯びていたことは認めている。同記事内でアルバイトを掛け持ちしていたことなども包み隠さず告白。だが、そうした状況についても「確かに人から比べたら貧しい家庭だったかもしれませんが愛情はたっぷりの幸せな秋元家です!恥ずかしくなんかありません。それが私を造ってきた全てだから。少し苦労した時代があるからこそ今の私がいる。小さな幸せを沢山感じれます」と決して恥じていない様子だ。「私はこれからも自分の為に、そして家族の為に働くつもりです」と改めて自身の決意をつづった秋元才加は、「ご心配をお掛けしてしまった皆様、安心して下さいね」と記事をしめくくっている[13][14]
  • ネットメディア「メンズサイゾー」より[注釈 1]。今も波紋を広げている河本準一の生活保護騒動。河本準一に扶養能力があるにもかかわらず、母親が生活保護を受給していた問題で、自民党の追及を受け謝罪会見にも発展した。続けざまに、キングコングの梶原雄太も母が生活保護を受給していたことが判明し、30日夜に緊急会見を行い釈明した。梶原雄太には本人以外に二人の男兄弟がおり、まっとうに働いて収入を得ている。梶原雄太は母の生活保護受給の経緯について、2002年に母親のためにマンションを購入し、毎月約40万円のローンを全額負担して返済していること、そのために生活費まで援助できなかったと説明している。しかし兄弟全員で相談の上、それでも誰も援助ができなかったというのだろうか。さらに、河本準一自身の騒動もまだ収束しそうにない。河本準一の妻であり元大阪パフォーマンスドールの重元直美の母親も、生活保護を受給しているということが「女性セブン」(光文社)の取材で明らかになった。河本準一の義母は、10年以上前にリウマチを患い、その後、足の手術もしているため、歩行が困難だという。河本準一の妻およびその兄弟姉妹には母親の扶養義務が伴うが、それらに経済的援助の能力が認められない場合は、「子の配偶者」である河本準一にも扶養の義務を負わせることができるのだが…。河本準一は謝罪会見であくまでも「実の母親の生活保護受給」に対する釈明しかしていない。そのほかに、姉や叔母も生活保護を受けているという報道があるにもかかわらず、その件は一切触れずに終わった。今回新たに判明した義母の扶養問題も含め、今一度説明が求められる。「日本国内の個人金融資産を年代別に見ると、若者ではなく60代以上のシニア層が圧倒的に多額の資産を保有していることが明らかですが、一方で資産もなく子にも扶養してもらえずに生活保護に頼る高齢者もいる。そもそも普通に年金を納めていれば、それが貰えるわけですけどね……。まだまだ突けば『実はウチの親も』という芸能人が出てくるネタなので、週刊誌界隈での盛り上がりは当分冷めないでしょう。ただ、芸能人を晒して叩くだけではなく、扶養能力のある親族を持つ人間や、働くことのできる人間が不正に受給している現状を踏まえて、なぜそれがまかり通ってしまうのか、どうすれば防ぐことができるのか。根本的なところにメスを入れることが大事ではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)
こうした事態になる以前、4月下旬に、国民的人気アイドルグループAKB48の運営事務局はメンバー全員に「もし生活保護を受給している親族がいれば先に言っておいてくれ」と通達したという。『週刊文春』によれば、調査の結果、数名のメンバーが「親がもらっている」「過去にもらっている」「もらっているかもしれない」と回答したという。大人数のグループで、まだ10代と若いメンバーが多いAKBでは、本人が親を扶養する能力のない場合がほとんど。年収数千万クラスの高収入なのは、前田敦子や大島優子など一握りだけなのだから、致し方ないかもしれない。キャプテンを務める20代有名メンバーAの母親も、体調を崩し働けなくなったため、受給しているというが…。「『文春』では、Aの年収は500万円前後で河本のケースとはまったく違う、と事務所関係者が語っていますが、年収500万円なんて同世代の一般サラリーマンよりは上でしょう。幼い頃から貧乏生活で苦労してきただけに、両親は彼女に迷惑をかけたくない、との思いから本人にはそのことを明かしていないようですが、このことを知ったらAはどう思うでしょう。そもそも、生活保護は経済的に頼れる親族がいる場合でも受給できるほど基準が甘いものではないはずでは?」(スポーツ紙記者)
確かにそれだけ収入を得ていれば、母親に数万円の生活費を工面することもできたのではないだろうか。過去に、貧困家庭の出だったモーニング娘。加護亜依後藤真希が家族全員分の家計を支えたり、上戸彩が若くして親のために家を購入したりといった例もある。同じAKBの板野友美も、今年1月に東京都内で成人式に出席した際、「貯金をして親孝行がしたい。いつかは家とかをプレゼントしたい」と語った。「そうは言っても、AKB内の収入格差はすさまじいですからね。身に着けるものにしても、住まいにしても、トップの子たちは高級マンションに住んで全身ブランドモノでキメている一方で、それ以外の普通のメンバーは自宅や寮から電車通勤、一着2,000円程度の服を買ってますからね。20万円のバッグ、10万円の靴、15万円のワンピースを買えるような主要メンバーとは違う。もちろん、母親が彼女に相談すればきっとAは援助していたと思いますけど」(芸能記者)
先ほどの「文春」記事では、今回の騒動に乗じてライバル事務所のタレントイメージを貶めようと芸能記者などにリークするケースもあり、「人気男性アイドルグループの一人や、一世を風靡した元女性アイドルなどの親族が長年にわたって受給していたことも発覚」と芸能関係者が明かしている。狂騒は続く[15]

その他

  • 2012年4月16日、ネットメディア「サイゾー」の記事より[注釈 1]。2012年に入っても人気の衰えを感じさせないAKB48だが、先日のとあるイベントで各社からひんしゅくを買ってしまった。小さな芸能プロが行えばたちまち総叩きに遭ってしまう強引な物言いに、今回ばかりはAKB48といえども不満を漏らすメディアも散見されているという。この日、秋元才加と宮澤佐江がイメージキャラクターに起用された「パッとCOOL」の記者会見が行われたが、取材に訪れたマスコミは、現地で主催者側から突然「情報解禁日は18日以降でお願いします」と説明されたという。通常であれば芸能記者会見の内容は、翌日のスポーツ紙やワイドショーに報道されることを大前提として企画される。また近年ではウェブニュースサイト等に会見終了直後に記事が掲載されることも多いが、情報解禁時間を指定したい場合は事前に『各社とも翌日の○時解禁でお願いします』と案内されることもある。「ところが、この会見は情報解禁が翌々日。事前にその旨のアナウンスがなかったため、現場では『何でですか』と詰め寄る記者の姿もありました。新聞の場合は翌日の紙面構成に関わるわけですから、突然の時間指定に怒り出すのは当然ですよ」(芸能記者)。しかし現在のAKB48には簡単に食って掛かるわけにもいかなかったのだろう。その場の取材陣も渋々納得し、情報解禁についても抜け駆けした社は皆無だった。しかし、一体なぜ解禁時間を設定したのだろうか。「秋元と宮澤が会見した同日は、AKB48の姉妹プロジェクトのJKT48が出演する新CMの発表会見が行われており、AKBグループ同士で話題が被ってしまうことを避けたかったためと見られています。同事務所内で同日にイベントをバッティングさせることは珍しく、ジャニーズ事務所は各タレントたちの情報解禁日が数カ月先のスケジュールまで連日設定されています。大手だけにこの手のバッティングはやってはいけないミスですが、そのうえ無理やり『掲載日を分散させろ』なんて、さすがに頭にくる言様ですよ」(週刊誌記者)[16]

注釈

  1. ^ a b サイゾーに関しては、いわゆる飛ばし記事が多いことに留意されたい。

出典

  1. ^ a b AKB秋元才加“34歳差お泊まり愛”お相手が激白 - ZAKZAK 2010年10月14日
  2. ^ 秋元家 - 1LDK6人暮らしのブログ 2010年10月13日
  3. ^ AKB48秋元才加、広井王子との「自宅お泊りデート」報道をブログで謝罪 - ORICON STYLE 2010年10月14日
  4. ^ AKB秋元才加宅に王子1泊も性関係否定 - 日刊スポーツ 2010年10月14日
  5. ^ 広井王子、AKB48秋元才加とのデート報道を否定「恋愛感情はまったくありません」 - ORICON STYLE 2010年10月14日
  6. ^ 『AKB48秋元才加・宮澤佐江のうっかりチャンネル』 2010年10月14日
  7. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』2010年10月15日
  8. ^ a b AKB48・秋元才加、“お泊りデート”報道に涙の謝罪&チームKキャプテン辞任 - ORICON STYLE 2010年10月16日
  9. ^ 昨日の秋元からのコメント - AKB48オフィシャルブログ 2010年10月16日
  10. ^ AKB48・秋元才加のキャプテン辞退の申し出受理 - ORICON STYLE 2010年10月16日
  11. ^ AKB48 秋元才加 激励メール5万件 - News Lounge 2010年10月17日
  12. ^ 『週刊文春』 2012年9月6日号
  13. ^ AKB48秋元才加、生活保護受給のうわさを否定…「確かに人から比べたら貧しい家庭だったかもしれませんが」 - シネマトゥデイ 2012年5月31日
  14. ^ 「そんな噂が出てしまうとは!!!」 AKB秋元才加が生活保護受給を否定 - J-CASTニュース 2012年5月31日
  15. ^ AKB48メンバーの親も生活保護!! 河本親族も新たに発覚で広がる波紋 - メンズサイゾー 2012年5月31日
  16. ^ 影響力低下の波紋!? AKB48「情報解禁」を巡ってマスコミと一悶着 - サイゾーウーマン 2012年4月21日