エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

ヘビーローテーション

提供: エケペディア
2015年3月25日 (水) 02:23時点におけるシュウ (トーク | 投稿記録)による版 (→‎野菜シスターズ: W松井リンク漏れ)
ナビゲーションに移動 検索に移動
AKB48 17thシングル
ヘビーローテーション
ヘビーローテーション 通常盤 Type-A.jpg
発売日

2010年8月18日

レーベル

キングレコード

選抜人数

21

AKB48 の シングル
16th 17th 18th
ポニーテールとシュシュ ヘビーローテーション Beginner

ヘビーローテーション」は、2010年8月18日にYou,Be Cool!/KING RECORDSから発売された、AKB48の17枚目(インディーズを含めると通算19作目)のシングル。

概要

  • キャッチコピーは、「好きな人ができると、頭の中は、ずっと、ヘビーローテーション!」。
  • 2種類の通常盤と劇場盤の計3種が同時発売され、それぞれジャケット及び収録内容が異なる。
  • 表題曲の選抜メンバーは、同年6月9日に開催された、第2回AKB48選抜総選挙で上位21名となったメンバーが務める。また、同総選挙で22位から40位に当選したメンバーは、アンダーガールズとしてカップリング曲を担当する。
  • AKBの中心メンバーの一人であり、選抜常連組だった小野恵令奈がこの曲を最後に卒業した。
  • PV監督およびジャケット写真のプロデュースは、写真家の蜷川実花が担当。
  • AKB48劇場でそれぞれのチームで披露されるVerでは、チーム毎にセンターポジションが異なる。チームAは指原莉乃、チームKは大島優子、チームBは小森美果が担当。

主な記録

  • オリコン週間ランキング第1位(4作連続、通算4作目)。
  • オリコン年間(2010年)ランキング第2位。
  • 週間売上では52.7万枚を記録し、前作「ポニーテールとシュシュ」の初動売上を超えた。女性グループによる2作連続での初動50万枚超えは史上初。ソロを含めた女性アーティストでは2000年の宇多田ヒカル、2001年の浜崎あゆみ以来、3組目の記録となった。
  • 2010年8月25日発表のレコチョク週間ランキングで、着うた(R)・着うたフル(R)・ビデオクリップ・着信ムービー・着信メロディの各ウィークリーランキングで5冠を獲得。
  • オリコン2010年8月度の月間ランキングで初の1位を記録。
  • 2011年8月22日付けオリコン・カラオケランキングで、43週連続首位を獲得。これまでORANGE RANGE「花」(2004年10月発売)が持っていた42週連続(2004年11/29付~2005年9/12付)を6年ぶりに塗り替え、新記録を樹立した。[1]
  • 2011年度 年間カラオケリクエストランキング第1位を獲得。[2]
  • 2012年6月11日付オリコン週間カラオケランキング(集計期間:5/28~6/3)で通算81週目の首位を獲得し、GReeeeN「キセキ」(2008年5月発売)の持つ通算首位獲得週数記録(80週)を2年2ヶ月ぶりに塗り替えた。[3]

選抜メンバー

※チーム表記は、発売時点のものです。

ヘビーローテーション

(センター:大島優子)

※( )内は第2回総選挙の順位・選抜回数。

第2回総選挙で1位から21位までに選ばれたメンバーが担当する。大島はAKB48のシングルの表題曲で初めてのセンター。初選抜は仲川。秋元は「RIVER」以来3作ぶり、佐藤は「言い訳Maybe」以来4作ぶり、指原と松井玲奈は「涙サプライズ!」以来5作ぶりの選抜復帰となる。それ以外の16名は前作「ポニーテールとシュシュ」に続いての選抜。
2010年9月27日に卒業した小野にとって、今作がAKB48として最後のシングル曲参加となった。

涙のシーソーゲーム

「アンダーガールズ」名義

(センター:多田愛佳)

※( )内は第2回総選挙の順位・アンダーガールズにおいての選抜回数。

多田はAKB48のシングル収録曲で初めてのセンター。梅田、島崎、山内、大矢、高柳は初のアンダーガールズ入りとなる。このうち、大矢、高柳はAKB48のシングルに初参加。石田は「飛べないアゲハチョウ」(「RIVER」に収録)以来2作ぶり、松原、米沢、平嶋、増田は「飛べないアゲハチョウ」(「言い訳Maybe」に収録)以来3作ぶりの選抜復帰。多田、片山、倉持、仁藤、藤江、小森、佐藤、矢神の8名が前作「盗まれた唇」(「ポニーテールとシュシュ」に収録)に続いての選抜入り。

野菜シスターズ

「野菜シスターズ」名義

(センター:前田敦子)

チームBの石田晴香が、小野の代理でPVのみ出演した。

ラッキーセブン

(センター:前田敦子)

チームAの岩佐美咲が、宮崎の代理でPVのみ出演した。

収録内容

Type-A

ヘビーローテーション Type-A
ジャケット内容(表):大島優子・前田敦子・篠田麻里子
ジャケット内容(裏):板野友美・渡辺麻友・高橋みなみ

CD

  1. ヘビーローテーション [4:42]
    (作詞:秋元康、作曲:山崎燿、編曲:田中ユウスケ)
    • UHA味覚糖『ぷっちょ』CMソング
    • CS『AKB48ネ申テレビ Season 4』後期オープニングテーマ
    • 『AKB48ネ申テレビスペシャル~オーストラリア修学旅行~』オープニングテーマ
    • 任天堂 Wii『JUST DANCE Wii』CMソング(ゲーム内にも収録)
  2. 涙のシーソーゲーム [4:44] - アンダーガールズ
    (作詞:秋元康、作曲:松本俊明、編曲:中西亮輔)
    • 日本テレビ『AKB600sec.』エンディングテーマ
  3. 野菜シスターズ [3:38] - 野菜シスターズ
    (作詞:秋元康、作曲:吉野貴雄、編曲:武藤星児)
    • カゴメ『野菜一日これ一本』CMソング
  4. ヘビーローテーション(Off vocal ver.)
  5. 涙のシーソーゲーム(Off vocal ver.)
  6. 野菜シスターズ(Off vocal ver.)

DVD

  1. 「ヘビーローテーション」Music Clip
    • MVの監督は蜷川実花。
  2. 「涙のシーソーゲーム」Music Clip
    • MVの監督は丸山健志(KRK PRODUCE)。
  3. 「野菜シスターズ」Music Clip
    • MVの監督は大熊一弘(TFC Plus)。
  4. 「第2回AKB48総選挙 ドキュメント映像(前編)
  5. AKB48ちょの裏PVっちょ「ヘビーローテーション」
  6. いっしょにこれイチ!映像(Type-A ver.)
    秋元才加、大島優子、小野恵令奈、小嶋陽菜、小森美果、倉持明日香、篠田麻里子、高城亜樹、前田亜美、松井珠理奈、宮崎美穂、宮澤佐江、渡辺麻友

特典(初回プレス分のみ)

  • 全国握手会イベント powered by ネ申テレビ 参加券
  • スペシャルホロジャケット仕様

Type-B

ヘビーローテーション Type-B
ジャケット写真(表):大島優子
ジャケット写真(裏):高城亜樹・峯岸みなみ・小野恵令奈・北原里英・秋元才加・佐藤亜美菜・指原莉乃・仲川遥香・宮崎美穂

CD

  1. ヘビーローテーション
  2. 涙のシーソーゲーム - アンダーガールズ
  3. ラッキーセブン [3:45]
    (作詞:秋元康、作曲:田辺恵二、編曲:野中“まさ”雄一)
    • セブン-イレブン『セブン-イレブンフェア×AKB48』CMソング
  4. ヘビーローテーション(Off vocal ver.)
  5. 涙のシーソーゲーム(Off vocal ver.)
  6. ラッキーセブン(Off vocal ver.)

DVD

  1. 「ヘビーローテーション」Music Clip
  2. 「涙のシーソーゲーム」Music Clip
  3. 「ラッキーセブン」Music Clip
    • MVは志賀匠、丸山健志(共にKRK PRODUCE)の共作。
  4. 「第2回AKB48総選挙 ドキュメント映像(後編)
  5. AKB48ちょのショートコンちょ7連発!
  6. いっしょにこれイチ!映像(Type-B ver.)
    板野友美、多田愛佳、河西智美、柏木由紀、北原里英、指原莉乃、佐藤すみれ、高橋みなみ、仁藤萌乃、前田敦子、松井珠理奈、峯岸みなみ

特典(初回プレス分のみ)

  • 全国握手会イベント powered by ネ申テレビ 参加券
  • スペシャルホロジャケット仕様

劇場盤

ヘビーローテーション 劇場盤
ジャケット写真(表):小嶋陽菜・柏木由紀・宮澤佐江
ジャケット写真(裏):松井珠理奈・松井玲奈・河西智美

CD

  1. ヘビーローテーション
  2. 涙のシーソーゲーム - アンダーガールズ
  3. 野菜シスターズ - 野菜シスターズ
  4. ラッキーセブン

特典

  • 劇場盤発売記念大握手会参加券(幕張メッセ)
  • 選抜メンバー・アンダーガールズ生写真1枚

脚注・出典