エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「アイドル戦国時代」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
(3人の利用者による、間の11版が非表示)
5行目: 5行目:
  
 
2010年6月、AKB48の[[選抜総選挙]]が話題になりブレイク。CDの売上は唯一ミリオンを達成するなど、「国民的アイドル」とも呼ばれる様になり、他のグループを大きく引き離した。
 
2010年6月、AKB48の[[選抜総選挙]]が話題になりブレイク。CDの売上は唯一ミリオンを達成するなど、「国民的アイドル」とも呼ばれる様になり、他のグループを大きく引き離した。
その後も、[[乃木坂46]]・[[欅坂46]]・[[日向坂46]]の「坂道シリーズ」のほか、各芸能事務所もアイドルグループのプロデュースを手掛けるなど、「アイドル戦国時代」とも呼ばれる群雄割拠の状態が続いている。しかし、近年はアイドルグループの解散が相次ぐ事態となっており、一部の識者からは「平成とともにアイドル戦国時代が終わる」とも指摘されている<ref>[http://www.standby-media.jp/case-file/173832 相次ぐ中堅アイドルの解散「平成とともにアイドル戦国時代が終わる」と寂しさ] - STANDBY 2018年8月1日</ref>。
+
その後も、[[乃木坂46]]・[[櫻坂46]]・[[日向坂46]]の「坂道シリーズ」のほか、各芸能事務所もアイドルグループのプロデュースを手掛けるなど、「アイドル戦国時代」とも呼ばれる群雄割拠の状態が続いている。しかし、近年はアイドルグループの解散が相次ぐ事態となっており、一部の識者からは「平成とともにアイドル戦国時代が終わる」とも指摘されている<ref>[http://www.standby-media.jp/case-file/173832 相次ぐ中堅アイドルの解散「平成とともにアイドル戦国時代が終わる」と寂しさ] - STANDBY 2018年8月1日</ref>。
  
 
同じく2010年から始まった「[[wikipedia:TOKYO IDOL FESTIVAL|TOKYO IDOL FESTIVAL]] 」(略称:TIF)の出場者数をみると。初回が45組、翌年の2回目は57組、以降111組、(中略)、9回目207組、10周年に当たり、指原莉乃がチェアマンを担当した2019年<ref>[http://www.idolfes.com/2019/about/ プロデューサー挨拶] - TIF公式サイト 2019年8月</ref>は212組で、同時に集客数も増加している。SHOWROOMなども活用したこのイベントは、新結成グループのデューや地方のアイドルグループ(もしくは地下アイドル)がメジャーになるチャンスとも捉えられている<ref>[http://www.idolfes.com/2019/campaign_tifdedebut/ TIF de Debut by TWIN PLANET] - TIF公式サイト 2018年12月</ref><ref>[https://tp-co.jp/output/「tokyo-idol-festival-2019」でデビュー確約!『tif-de-debut-by-twin-planet』を開催/ 次世代を担うアイドルユニット発掘オーディション] - TWIN PLANET公式サイト 2018年12月</ref>。このイベントの状況を見る限り、衰退の様子は見られないが、アイドルの形態がソロアイドルが中心であった70~80年代(昭和)から、グループが主流になった90年~2000年(平成)以降は、メンバーの欠員がグループの解散に繋がり、前述のような指摘も出てくるのは止むを得ないであろう<ref>[https://toyokeizai.net/articles/-/214814 「アイドルの作られ方」が激変した根本理由 平成アイドル史、この30年で何があったのか] - 東洋経済オンライン 2018年4月6日 </ref>。
 
同じく2010年から始まった「[[wikipedia:TOKYO IDOL FESTIVAL|TOKYO IDOL FESTIVAL]] 」(略称:TIF)の出場者数をみると。初回が45組、翌年の2回目は57組、以降111組、(中略)、9回目207組、10周年に当たり、指原莉乃がチェアマンを担当した2019年<ref>[http://www.idolfes.com/2019/about/ プロデューサー挨拶] - TIF公式サイト 2019年8月</ref>は212組で、同時に集客数も増加している。SHOWROOMなども活用したこのイベントは、新結成グループのデューや地方のアイドルグループ(もしくは地下アイドル)がメジャーになるチャンスとも捉えられている<ref>[http://www.idolfes.com/2019/campaign_tifdedebut/ TIF de Debut by TWIN PLANET] - TIF公式サイト 2018年12月</ref><ref>[https://tp-co.jp/output/「tokyo-idol-festival-2019」でデビュー確約!『tif-de-debut-by-twin-planet』を開催/ 次世代を担うアイドルユニット発掘オーディション] - TWIN PLANET公式サイト 2018年12月</ref>。このイベントの状況を見る限り、衰退の様子は見られないが、アイドルの形態がソロアイドルが中心であった70~80年代(昭和)から、グループが主流になった90年~2000年(平成)以降は、メンバーの欠員がグループの解散に繋がり、前述のような指摘も出てくるのは止むを得ないであろう<ref>[https://toyokeizai.net/articles/-/214814 「アイドルの作られ方」が激変した根本理由 平成アイドル史、この30年で何があったのか] - 東洋経済オンライン 2018年4月6日 </ref>。
19行目: 19行目:
  
 
== 坂道シリーズ ==
 
== 坂道シリーズ ==
AKB48(グループ)の「公式ライバル」として、2011年8月に結成された'''[[乃木坂46]]'''と、その新プロジェクトとして2015年8月に結成された'''[[欅坂46]]'''{{注釈|2015年6月に、第1期生オーディションが開始した時点の名称は「鳥居坂46」であった。}}、欅坂46の妹分として2015年11月に結成され、2019年2月に改名した'''[[日向坂46]]'''(旧名:'''けやき坂46''')、および、2018年2月に発表された'''[[吉本坂46]]'''の4グループを総称して[[坂道シリーズ]](もしくは'''坂道グループ''')と呼ぶ。48グループと同じく、[[秋元康]]のプロデュースを受けているが、運営会社が異なる{{注釈|国内48グループの運営会社は[[AKS]](SKE48、NMB48およびSTU48を除く)、株式会社SKE(SKE48のみ)、[[Showtitle]](NMB48のみ)、STU(STU48のみ)の4社であるが、乃木坂46は「乃木坂46合同会社」、欅坂46および日向坂46は「Seed & Flower 合同会社」といずれも[[ソニー・ミュージックレーベルズ]]関連会社、吉本坂46は[[吉本興業]]を中心とした「吉本興業グループ」である。}}ことや、専用劇場を持たず、定期的な劇場公演を行わないなど、48グループと活動形態が大きく異なる。
+
AKB48(グループ)の「公式ライバル」として、2011年8月に結成された'''[[乃木坂46]]'''と、その新プロジェクトとして2015年8月に結成された'''[[欅坂46]]'''{{注釈|2015年6月に、第1期生オーディションが開始した時点の名称は「鳥居坂46」であった。}}(2020年10月から「'''櫻坂46'''」として活動)、欅坂46の妹分として2015年11月に結成され、2019年2月に改名した'''[[日向坂46]]'''(旧名:'''けやき坂46''')、および、2018年2月に発表された'''[[吉本坂46]]'''の4グループを総称して[[坂道シリーズ]](もしくは'''坂道グループ''')と呼ぶ。48グループと同じく、[[秋元康]]のプロデュースを受けているが、運営会社が異なる{{注釈|国内48グループの運営会社は[[AKS]](SKE48、NMB48およびSTU48を除く)、株式会社SKE(SKE48のみ)、[[Showtitle]](NMB48のみ)、STU(STU48のみ)の4社であるが、乃木坂46は「乃木坂46合同会社」、欅坂46および日向坂46は「Seed & Flower 合同会社」といずれも[[ソニー・ミュージックレーベルズ]]関連会社、吉本坂46は[[吉本興業]]を中心とした「吉本興業グループ」である。}}ことや、専用劇場を持たず、定期的な劇場公演を行わないなど、48グループと活動形態が大きく異なる。
  
 
秋元康のプロデュースを受けていることで、かつては一部メディアから48グループと一括りにされることもあった<ref>例:[http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5604 '''AKBグループ'''「欅坂46」未成年淫行写真問題で父親を直撃!] - 週刊文春WEB 2015年11月11日</ref>。当時[[AKS]]社長であった[[窪田康志]]が乃木坂46のスーパーバイザーとして名を連ねているなどの共通点もあるが、グループの知名度拡大や、欅坂46結成時に「坂道シリーズ」の呼称が発表されたこともあり、「48グループ」の語は乃木坂46と欅坂46を含めない限定的な用法になりつつある([[AKB48#総称としての「AKB48」]]、[[乃木坂46#概要]]を参照)。また、48グループと坂道シリーズの混同から「'''乃木坂48'''」<ref>[http://www.asagei.com/excerpt/44392 感動の最終回の裏で悲劇は起きていた!乃木坂46を襲った日テレの大エラー] - ASAGEIplus 2015年10月4日</ref>や「'''AKB46'''」<ref>[http://okmusic.jp/news/102962/ ソウル変革を成し遂げたマーヴィン・ゲイの不朽の名作『What's Going on』] - OKMusic 2015年12月11日</ref>という明らかな誤記も見られることがあった。
 
秋元康のプロデュースを受けていることで、かつては一部メディアから48グループと一括りにされることもあった<ref>例:[http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5604 '''AKBグループ'''「欅坂46」未成年淫行写真問題で父親を直撃!] - 週刊文春WEB 2015年11月11日</ref>。当時[[AKS]]社長であった[[窪田康志]]が乃木坂46のスーパーバイザーとして名を連ねているなどの共通点もあるが、グループの知名度拡大や、欅坂46結成時に「坂道シリーズ」の呼称が発表されたこともあり、「48グループ」の語は乃木坂46と欅坂46を含めない限定的な用法になりつつある([[AKB48#総称としての「AKB48」]]、[[乃木坂46#概要]]を参照)。また、48グループと坂道シリーズの混同から「'''乃木坂48'''」<ref>[http://www.asagei.com/excerpt/44392 感動の最終回の裏で悲劇は起きていた!乃木坂46を襲った日テレの大エラー] - ASAGEIplus 2015年10月4日</ref>や「'''AKB46'''」<ref>[http://okmusic.jp/news/102962/ ソウル変革を成し遂げたマーヴィン・ゲイの不朽の名作『What's Going on』] - OKMusic 2015年12月11日</ref>という明らかな誤記も見られることがあった。
33行目: 33行目:
 
[[ファイル:ラストアイドル_ロゴ.jpg|140px|thumb]]
 
[[ファイル:ラストアイドル_ロゴ.jpg|140px|thumb]]
 
: 秋元康がプロデュースする「究極のアイドルグループ(仮称)」のメンバーの座を賭けたオーディション番組として、テレビ朝日系で2017年8月から放送されている。スタート当初はオーディションメンバーとして[[第1回ドラフト会議]]の最終候補者となった[[Wikipedia:間島和奏|間島和奏]](まじま わかな、現在はセカンドユニット「Someday Somewhere」)が初期暫定メンバーのセンターに選ばれたが、当初は48グループとは特段の関わりはなかった。
 
: 秋元康がプロデュースする「究極のアイドルグループ(仮称)」のメンバーの座を賭けたオーディション番組として、テレビ朝日系で2017年8月から放送されている。スタート当初はオーディションメンバーとして[[第1回ドラフト会議]]の最終候補者となった[[Wikipedia:間島和奏|間島和奏]](まじま わかな、現在はセカンドユニット「Someday Somewhere」)が初期暫定メンバーのセンターに選ばれたが、当初は48グループとは特段の関わりはなかった。
: 2017年12月20日「[[Wikipedia:バンドワゴン_(曲)|バンドワゴン]]」でメジャーデビュー。同日深夜(12月21日未明)に放送された「AKB48のオールナイトニッポン」に「ラストアイドル」(現:「LaLuce」)メンバーの[[Wikipedia:吉崎綾|吉崎綾]]と[[Wikipedia:古賀哉子|古賀哉子]]が出演<ref>[http://www.allnightnippon.com/news/20171225-13493/ 「ラストアイドル」メンバー、AKBグループ総監督を“挑戦相手”に指名!?] - オールナイトニッポン公式 2017年12月25日</ref>{{注釈|吉崎綾と古賀哉子は2018年6月30日をもって、ラストアイドルならびにLaLuceを卒業。}}。また、「ラストアイドル season2」(放送期間:2018年1月〜4月1日)では、指原莉乃が「ラストアイドルファミリー」の「Someday Somewhere」のプロデューサーとして、AKB48の[[横山由依]]が番組アシスタントとして参加した。「ラストアイドル season3」(放送期間:2018年4月〜9月30日)では、2018年6月3日、10日、および17日放送回に、当時[[乃木坂46]]のメンバーだった[[中田花奈]]がゲスト審査員として出演した。AbemaTVで配信が開始された「ラストアイドル in AbemaTV」(配信期間:2018年6月〜8月)では、指原莉乃が「ラストアイドルファミリー」の「Love Cocchi」のプロデューサーとして再び出演。更にコレオグラファーとしてNMB48の[[日下このみ]]が加わった。
+
: 番組中での入れ替えバトルの結果、選ばれた最終メンバー7人で2017年12月20日「[[Wikipedia:バンドワゴン_(曲)|バンドワゴン]]」でメジャーデビュー。同日深夜(12月21日未明)に放送された「AKB48のオールナイトニッポン」に「ラストアイドル」(現:「LaLuce」)メンバーの[[Wikipedia:吉崎綾|吉崎綾]]と[[Wikipedia:古賀哉子|古賀哉子]]が出演<ref>[http://www.allnightnippon.com/news/20171225-13493/ 「ラストアイドル」メンバー、AKBグループ総監督を“挑戦相手”に指名!?] - オールナイトニッポン公式 2017年12月25日</ref>{{注釈|吉崎綾と古賀哉子は2018年6月30日をもって、ラストアイドルならびにLaLuceを卒業。}}。また、「ラストアイドル season2」(放送期間:2018年1月〜4月1日)では、指原莉乃が「ラストアイドルファミリー」の「Someday Somewhere」のプロデューサーとして、AKB48の[[横山由依]]が番組アシスタントとして参加した。「ラストアイドル season3」(放送期間:2018年4月〜9月30日)では、2018年6月3日、10日、および17日放送回に、当時[[乃木坂46]]のメンバーだった[[中田花奈]]がゲスト審査員として出演した。AbemaTVで配信が開始された「ラストアイドル in AbemaTV」(配信期間:2018年6月〜8月)では、指原莉乃が「ラストアイドルファミリー」の「Love Cocchi」のプロデューサーとして再び出演。更にコレオグラファーとしてNMB48の[[日下このみ]]が加わった。
 
:AKB48グループと同様に定期的な劇場公演を開催。毎週火曜日、新宿アルタ KeyStudioにおいて定期公演を行っている。なお、KeyStudioの運営を行っている株式会社KeyStudioの親会社は、SKE48の運営を行っている株式会社ゼストの親会社でもある株式会社KeyHolderである<ref>[http://www.keyholder.co.jp/group/ グループ会社情報|企業情報|株式会社KeyHolder]</ref>。
 
:AKB48グループと同様に定期的な劇場公演を開催。毎週火曜日、新宿アルタ KeyStudioにおいて定期公演を行っている。なお、KeyStudioの運営を行っている株式会社KeyStudioの親会社は、SKE48の運営を行っている株式会社ゼストの親会社でもある株式会社KeyHolderである<ref>[http://www.keyholder.co.jp/group/ グループ会社情報|企業情報|株式会社KeyHolder]</ref>。
 
:2020年2月5日からテレビ朝日系列『ラスアイ、よろしく!』で放送開始されている、9thシングル選抜メンバーオーディションには、元[[HKT48]]の[[菅本裕子]]が審査員として出演した<ref>[https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/3031 ラストアイドル 「ラスアイ、よろしく!」 |テレ朝キャッチアップ|無料見逃し配信中!] - テレビ朝日 2020年2月5日</ref>。
 
:2020年2月5日からテレビ朝日系列『ラスアイ、よろしく!』で放送開始されている、9thシングル選抜メンバーオーディションには、元[[HKT48]]の[[菅本裕子]]が審査員として出演した<ref>[https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/3031 ラストアイドル 「ラスアイ、よろしく!」 |テレ朝キャッチアップ|無料見逃し配信中!] - テレビ朝日 2020年2月5日</ref>。
:2020年10月2日、タイ版の発表イベントが開催され、姉妹グループも結成予定<ref>[https://www.thaich.net/news/20201003fa.htm 「ラストアイドル」記者会見にタイのアイドル多数、この中からオーディション参加者も?] - タイランドハイパーリンクス 2020年10月3日</ref>。
+
:2020年10月2日、タイ版の発表イベントが開催され、姉妹プロジェクト「Last Idol Thailand」が発表された<ref>[https://www.thaich.net/news/20201003fa.htm 「ラストアイドル」記者会見にタイのアイドル多数、この中からオーディション参加者も?] - タイランドハイパーリンクス 2020年10月3日</ref><ref>[https://lastidol.com/news/893 Last Idol Thailand誕生!] - ラストアイドル公式サイト  2020年10月7日</ref>。同年12月29日、初期暫定メンバーの7人が発表された。日本版と同様入れ替えバトルを行い最終メンバーを決める予定<ref>[https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2567070/ タイ版「ラストアイドル」が始動! 本家同様のオーディションで暫定メンバー7人選出] - 東スポ 2020年12月29日</ref><ref>{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/tkbtv3/status/1343909719044308992|by=โต๊ะข่าวบันเทิง CH3(タイ・チャンネル3)|date=2020-12-29}}</ref>。なお、暫定メンバーの一人として、[[吉本坂46]]の第一期および第二期オーディションにも参加したことのある「マーンムック」ことチャダータン・ダーングン(SWEAT16!)が選ばれている<ref>{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/MahnmookSweat16/status/1343921469672226816|by=Mahnmook ٩(๑^◡^๑)۶|date=2020-12-29}}</ref><ref>{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/46yoshimotozaka/status/1026052673080946688|by=吉本坂46|date=2018-08-05}}</ref><ref>[https://yoshimotozaka46vote.com/4thround/vote.php?id=0112 「吉本坂46」第四次オーディション投票-マーンムック(SWEAT16!)] - 吉本坂46公式サイト 2018年6月4日</ref><ref>{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/MahnmookSweat16/status/1192830173416214529|by=Mahnmook ٩(๑^◡^๑)۶|date=2019-11-09}}</ref>。
 
* [[Wikipedia:22/7_(アイドル)|22/7(ナナブンノニジュウニ)]](2016年 - )
 
* [[Wikipedia:22/7_(アイドル)|22/7(ナナブンノニジュウニ)]](2016年 - )
 
[[ファイル:ナナブンノニジュウニ_ロゴ.jpg|140px|thumb]]
 
[[ファイル:ナナブンノニジュウニ_ロゴ.jpg|140px|thumb]]
 
: 秋元康がプロデュースする、日本のデジタルアイドルグループ。有名イラストレーターがデザインした11人のアニメキャラクターと、彼女らを演じる11名のリアルメンバー(声優)から構成される。
 
: 秋元康がプロデュースする、日本のデジタルアイドルグループ。有名イラストレーターがデザインした11人のアニメキャラクターと、彼女らを演じる11名のリアルメンバー(声優)から構成される。
: ソニーミュージックに所属し、衣装デザインを、乃木坂46や欅坂46を担当する尾内貴美香が手掛け<ref name="twitter1217091233740292097">{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/kimikatrock/status/1217091233740292097|by=kimika onai|date=2020-01-14}}</ref>、冠番組(『22/7 計算中』)が放送・配信局こそ異なるもののケイマックス制作である点は坂道シリーズと共通点している。一方、ソニー・ミュージックレーベルズが実質的に運営する坂道シリーズとは異なり、[[ソニー・ミュージックエンタテインメント#アニプレックス|アニプレックス]]が運営し<ref>[https://news.dwango.jp/animeseiyu/20813-1703 秋元康氏総合プロデュースのデジタルアイドル、メンバー名決定] - ドワンゴジェーピーnews 2017年3月14日</ref>、メンバーの名前は全員芸名で本名・生年非公表である。また、所属事務所もソニーミュージックとアニプレックスの関連会社「バズウェーブ合同会社」である。なお初期の8体キャラクターが出演するアニメが2020年1月11日から同年3月28日にかけて放送されていた<ref>[https://animeanime.jp/article/2019/12/02/50087.html TVアニメ「22/7」放送開始日&第2弾キービジュアル公開 先行上映会や番宣番組も決定] - アニメアニメ 2019年12月2日</ref>。48グループや坂道シリーズとの接点は、中田花奈がアシスタントを務めていた『沈黙の金曜日』で2018年7月20日放送回で、メンバーの宮瀬玲奈が中田の代理アシスタントを務めた<ref>[http://www.sonymusic.co.jp/artist/nanabunnonijyuuni/info/497060 宮瀬玲奈が『FM FUJI 沈黙の金曜日』のアシスタントを担当します!] - ソニーミュージック公式サイト(22/7) 2018年7月18日</ref>。2020年2月7日から公開された映画「ヲタクに恋は難しい」で[[若月佑美]]と共演している<ref>[https://www.cinematoday.jp/news/N0113992 元乃木坂46メンバーが『ヲタクに恋は難しい』でコスプレ!] - シネマトゥデイ 2020年2月9日</ref><ref>[https://twitter.com/227_staff/status/1225615687462244353 22/7(ナナブンノニジュウニ)のツイート] - 2020年2月7日</ref> 。2020年5月27日にリリースされた公式リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」<ref>[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002336.000016356.html リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」が遂に正式サービス開始!] - アニプレックス(PR TIMES) 2020年5月27日</ref>には、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の曲がカバー曲として収録<ref>[https://227-game.com/music/ 音楽情報] - 「22/7 音楽の時間」</ref>。また、<del>2020年8月</del>→2021年1月に公演予定の舞台『勇者セイヤンの物語 〜ノストラダム男の大予言〜』では、メンバーの高辻麗と武田愛奈が、[[NMB48]]の[[川上千尋]]と[[菖蒲まりん]]とともに、ヒロイン役などをWキャスト出演する<ref>[https://ameblo.jp/otonapro/entry-12608096078.html 『勇者セイヤン(予言)』全キャスト発表!!] - 爆走おとな小学生 公式ブログ 2020年7月1日</ref><ref>[https://ameblo.jp/otonapro/entry-12612043505.html『勇者セイヤン(予言)』公演延期のお知らせ] - 爆走おとな小学生 公式ブログ 2020年7月19日</ref>。なお、同舞台には元乃木坂46の[[伊藤寧々]]が出演予定<ref>{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/nene_ito1212/status/1278292499618869248|by=伊藤寧々 Nene Ito|date=2020-07-01}}</ref>。
+
: ソニーミュージックに所属し、衣装デザインを、乃木坂46や欅坂46を担当する尾内貴美香が手掛け<ref name="twitter1217091233740292097">{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/kimikatrock/status/1217091233740292097|by=kimika onai|date=2020-01-14}}</ref>、冠番組(『22/7 計算中』)が放送・配信局こそ異なるもののケイマックス制作である点は坂道シリーズと共通点している。一方、ソニー・ミュージックレーベルズが実質的に運営する坂道シリーズとは異なり、[[ソニー・ミュージックエンタテインメント#アニプレックス|アニプレックス]]が運営し<ref>[https://news.dwango.jp/animeseiyu/20813-1703 秋元康氏総合プロデュースのデジタルアイドル、メンバー名決定] - ドワンゴジェーピーnews 2017年3月14日</ref>、メンバーの名前は全員芸名で本名・生年非公表である。また、所属事務所もソニーミュージックとアニプレックスの関連会社「バズウェーブ合同会社」である。なお初期の8体キャラクターが出演するアニメが2020年1月11日から同年3月28日にかけて放送されていた<ref>[https://animeanime.jp/article/2019/12/02/50087.html TVアニメ「22/7」放送開始日&第2弾キービジュアル公開 先行上映会や番宣番組も決定] - アニメアニメ 2019年12月2日</ref>。48グループや坂道シリーズとの接点は、中田花奈がアシスタントを務めていた『沈黙の金曜日』で2018年7月20日放送回で、メンバーの宮瀬玲奈が中田の代理アシスタントを務めた<ref>[http://www.sonymusic.co.jp/artist/nanabunnonijyuuni/info/497060 宮瀬玲奈が『FM FUJI 沈黙の金曜日』のアシスタントを担当します!] - ソニーミュージック公式サイト(22/7) 2018年7月18日</ref>。2020年2月7日から公開された映画「ヲタクに恋は難しい」で[[若月佑美]]と共演している<ref>[https://www.cinematoday.jp/news/N0113992 元乃木坂46メンバーが『ヲタクに恋は難しい』でコスプレ!] - シネマトゥデイ 2020年2月9日</ref><ref>[https://twitter.com/227_staff/status/1225615687462244353 22/7(ナナブンノニジュウニ)のツイート] - 2020年2月7日</ref> 。2020年5月27日にリリースされた公式リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」<ref>[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002336.000016356.html リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」が遂に正式サービス開始!] - アニプレックス(PR TIMES) 2020年5月27日</ref>には、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の曲がカバー曲として収録<ref>[https://227-game.com/music/ 音楽情報] - 「22/7 音楽の時間」</ref>。また、<del>2020年8月</del>→2021年1月に公演予定の舞台『勇者セイヤンの物語 〜ノストラダム男の大予言〜』では、メンバーの高辻麗{{注釈|当初は、高辻だけでなく武田愛奈も出演予定だった。学業を理由とした休養のため降板}}、[[NMB48]]の[[川上千尋]]と[[菖蒲まりん]]とともに、ヒロイン役などをWキャスト出演する<ref>[https://ameblo.jp/otonapro/entry-12608096078.html 『勇者セイヤン(予言)』全キャスト発表!!] - 爆走おとな小学生 公式ブログ 2020年7月1日</ref><ref>[https://ameblo.jp/otonapro/entry-12612043505.html『勇者セイヤン(予言)』公演延期のお知らせ] - 爆走おとな小学生 公式ブログ 2020年7月19日</ref><ref>[https://www.eventernote.com/events/269158 【時間変更】【振替】演劇ユニット【爆走おとな小学生】 第十四回全校集会『勇者セイヤンの物語~ノストラダム男の大予言~』【東京公演】1月22日 (金)②12:30] - イベントノート</ref>。なお、同舞台には元乃木坂46の[[伊藤寧々]]が出演予定<ref>{{出典 Twitter|url=https://twitter.com/nene_ito1212/status/1278292499618869248|by=伊藤寧々 Nene Ito|date=2020-07-01}}</ref>。
 
* [[Wikipedia:劇団4ドル50セント|劇団4ドル50セント]](2017年 - )
 
* [[Wikipedia:劇団4ドル50セント|劇団4ドル50セント]](2017年 - )
 
: 2017年8月23日旗揚げ。厳密にいえばアイドルグループではないが、秋元康のプロデュースを受けている点や派生ユニットとしての活動が見られる点で共通する<ref>[https://natalie.mu/stage/news/245855 秋元康プロデュースの劇団4ドル50セント、派生ユニットも初お披露目] - ステージナタリー 2017年8月23日</ref>。なお、元AKB48の13期研究生であった[[長谷川晴奈]]が参加している。また、同劇団を運営するエイベックス・AY・ファクトリー合同会社には、元[[欅坂46]]の[[今泉佑唯]]が一時所属していた。
 
: 2017年8月23日旗揚げ。厳密にいえばアイドルグループではないが、秋元康のプロデュースを受けている点や派生ユニットとしての活動が見られる点で共通する<ref>[https://natalie.mu/stage/news/245855 秋元康プロデュースの劇団4ドル50セント、派生ユニットも初お披露目] - ステージナタリー 2017年8月23日</ref>。なお、元AKB48の13期研究生であった[[長谷川晴奈]]が参加している。また、同劇団を運営するエイベックス・AY・ファクトリー合同会社には、元[[欅坂46]]の[[今泉佑唯]]が一時所属していた。
73行目: 73行目:
  
 
; 現在、活動中のグループ
 
; 現在、活動中のグループ
* [[Wikipedia:モーニング娘。|モーニング娘。'{{#time:y}}]](1997年 - )
+
* [[Wikipedia:モーニング娘。|モーニング娘。'{{#time:y|+9hours}}]](1997年 - )
 
: 90年代後半に大ブレイクした国民的アイドルグループ。当時のメンバーは既に卒業しているが、現在も定期的に追加メンバーオーディションが開催され、メンバーが入れ替わりながら活動を続けている。48グループのメンバー(元メンバー含む)にも、ファンだった事を公言する者や、実際に追加メンバーオーディションを受けた経験のある者([[梅田彩佳]]、[[柏木由紀]]、指原莉乃、[[佐藤すみれ]]、[[古川愛李]]、[[田島芽瑠]]など)がいる。
 
: 90年代後半に大ブレイクした国民的アイドルグループ。当時のメンバーは既に卒業しているが、現在も定期的に追加メンバーオーディションが開催され、メンバーが入れ替わりながら活動を続けている。48グループのメンバー(元メンバー含む)にも、ファンだった事を公言する者や、実際に追加メンバーオーディションを受けた経験のある者([[梅田彩佳]]、[[柏木由紀]]、指原莉乃、[[佐藤すみれ]]、[[古川愛李]]、[[田島芽瑠]]など)がいる。
 
: 正式名称については当初、単に「モーニング娘。」であったが、2014年1月1日以降は名前の後に当該年の西暦の下二桁を付して「モーニング娘。'○○」としている。
 
: 正式名称については当初、単に「モーニング娘。」であったが、2014年1月1日以降は名前の後に当該年の西暦の下二桁を付して「モーニング娘。'○○」としている。
151行目: 151行目:
 
* [[Wikipedia:BiSH|BiSH]](2015年 - ) :コンセプトは「楽器を持たないパンクバンド」。現在は6人組で活動。「アメトーーク」など地上波テレビ番組で取り上げられる機会も多い<ref>[https://rockinon.com/news/detail/189925 なぜBiSHにドハマりしてしまうのか? その理由が『アメトーーク!』で解明された] - rockin'on.com 2019年10月15日</ref>。
 
* [[Wikipedia:BiSH|BiSH]](2015年 - ) :コンセプトは「楽器を持たないパンクバンド」。現在は6人組で活動。「アメトーーク」など地上波テレビ番組で取り上げられる機会も多い<ref>[https://rockinon.com/news/detail/189925 なぜBiSHにドハマりしてしまうのか? その理由が『アメトーーク!』で解明された] - rockin'on.com 2019年10月15日</ref>。
 
* [[Wikipedia:BILLIE IDLE|BILLIE IDLE®]](2015年 - 2019年):5人組。コンセプトは「ネオ80's」。2018年3月までは、渡辺とNIGO®の共同プロデュースであったが、以降は、NIGO®単独プロデュースに移行。2019年12月28日の「マイナビBRITZ赤坂」東京公演をもって解散<ref>[https://www.billieidle.com/posts/7129269 BILLIE IDLE® 解散のお知らせ] - BILLIE IDLE®公式サイト 2019年10月16日</ref>。ファーストサマー・ウイカが所属していた{{注釈|ウイカは解散後の2020年1月に、2015年から入籍していたことを公表<ref>[https://natalie.mu/music/news/361836 ファーストサマーウイカ、一般男性と数年前に入籍していたことを発表] - 音楽ナタリー 2020年1月1日</ref>}}。
 
* [[Wikipedia:BILLIE IDLE|BILLIE IDLE®]](2015年 - 2019年):5人組。コンセプトは「ネオ80's」。2018年3月までは、渡辺とNIGO®の共同プロデュースであったが、以降は、NIGO®単独プロデュースに移行。2019年12月28日の「マイナビBRITZ赤坂」東京公演をもって解散<ref>[https://www.billieidle.com/posts/7129269 BILLIE IDLE® 解散のお知らせ] - BILLIE IDLE®公式サイト 2019年10月16日</ref>。ファーストサマー・ウイカが所属していた{{注釈|ウイカは解散後の2020年1月に、2015年から入籍していたことを公表<ref>[https://natalie.mu/music/news/361836 ファーストサマーウイカ、一般男性と数年前に入籍していたことを発表] - 音楽ナタリー 2020年1月1日</ref>}}。
* [[Wikipedia:豆柴の大群|豆柴の大群]](2019年 - ):テレビ番組『水曜日のダウンタウン』内企画「MONSTER iDOL」(2019年11月から開始)から誕生したグループ。当初は4人組で企画の中心人物である安田大サーカス・クロちゃんによるプロデュースであったが、番組内でプロデューサー解雇が決まったことで、カエデ(後述)が追加メンバーとして加入し、WACKプロデュースに変更。2020年1月からはビジュアル、メンバー名も変更された<ref>[https://natalie.mu/music/news/361839 豆柴の大群、メンバー全員改名!カエデ迎えた5人体制初アー写公開] - 音楽ナタリー 2020年1月1日</ref>。なお、追加加入したカエデフェニックスは、[[坂道合同オーディション]]の最終審査進出者といわれている。
+
* [[Wikipedia:EMPiRE|EMPiRE]](2017年 - )
 +
* [[Wikipedia:豆柴の大群|豆柴の大群]](2019年 - ):テレビ番組『水曜日のダウンタウン』内企画「MONSTER iDOL」(2019年11月から開始)から誕生したグループ。当初は4人組で企画の中心人物である安田大サーカス・クロちゃんによるプロデュースであったが、番組内でプロデューサー解雇が決まったことで、カエデ(後述)が追加メンバーとして加入し、WACKプロデュースに変更。2020年1月からはビジュアル、メンバー名も変更された<ref>[https://natalie.mu/music/news/361839 豆柴の大群、メンバー全員改名!カエデ迎えた5人体制初アー写公開] - 音楽ナタリー 2020年1月1日</ref>。なお、追加加入したカエデフェニックスは、[[坂道合同オーディション]]の最終審査進出者といわれている。2020年、1stシングル「りスタート」で日本レコード大賞新人賞を受賞。
 +
* [[Wikipedia:PIGGS|PIGGS]](2020年 - ):元BiS、BILLLE IDLE®のプー・ルイが渡辺淳之介のバックアップの元、プロデュースしている。2020年7月1日、アルバムデビュー<ref>[https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/27093 PIGGS『5 KILL STARS』プー・ルイ率いる5人組アイドルが語る、感情剥き出しに踏みしめた次の一歩] - mikki 2020年12月15日</ref>。
  
 
=== その他 ===
 
=== その他 ===
171行目: 173行目:
 
: アミューズ所属。結成時のメンバーとして、現在は女優やモデルとして活動する[[Wikipedia:三吉彩花|三吉彩花]]、[[Wikipedia:松井愛莉|松井愛莉]]、元ソロシンガーの[[Wikipedia:武藤彩未|武藤彩未]]、[[Wikipedia:博多華丸|博多華丸]]の次女・[[Wikipedia:岡崎百々子|岡崎百々子]]らが在籍していた。また[[中元日芽香]](元乃木坂46)の妹・[[Wikipedia:中元すず香|中元すず香]]らを含む「BABYMETAL」(後述)も当ユニットの出身である。「成長期限定ユニット」がコンセプトであるため、中学校を卒業すると同時にグループも強制卒業となる。2021年8月31日をもって活動終了予定<ref>[https://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=1068 さくら学院からの大切なお知らせ] - さくら学院公式サイト 2020年9月1日</ref>。
 
: アミューズ所属。結成時のメンバーとして、現在は女優やモデルとして活動する[[Wikipedia:三吉彩花|三吉彩花]]、[[Wikipedia:松井愛莉|松井愛莉]]、元ソロシンガーの[[Wikipedia:武藤彩未|武藤彩未]]、[[Wikipedia:博多華丸|博多華丸]]の次女・[[Wikipedia:岡崎百々子|岡崎百々子]]らが在籍していた。また[[中元日芽香]](元乃木坂46)の妹・[[Wikipedia:中元すず香|中元すず香]]らを含む「BABYMETAL」(後述)も当ユニットの出身である。「成長期限定ユニット」がコンセプトであるため、中学校を卒業すると同時にグループも強制卒業となる。2021年8月31日をもって活動終了予定<ref>[https://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=1068 さくら学院からの大切なお知らせ] - さくら学院公式サイト 2020年9月1日</ref>。
 
* [[Wikipedia:BABYMETAL|BABYMETAL]](2010年 - )
 
* [[Wikipedia:BABYMETAL|BABYMETAL]](2010年 - )
: アミューズ所属の「メタルダンスユニット」。元々は「さくら学院」のクラブ活動(派生)ユニット(「重音部」)であったが、同ユニットに所属する「SU-METAL」(中元すず香)「YUIMETAL」([[Wikipedia:水野由結|水野由結]])、「MOAMETAL」([[Wikipedia:菊地最愛|菊地最愛]])の3人全員が「さくら学院」を卒業したため、単体のアイドルユニットとして活動している。2014年からワールドツアーを開始し、[[Wikipedia:レディー・ガガ|レディー・ガガ]]の前座として出演する<ref>[http://www.oricon.co.jp/news/2040606/full/ レディー・ガガ、BABYMETAL前座に最前列で大興奮 楽屋で4ショットも熱望] - ORICON STYLE 2014年8月4日</ref>など、国内外で広く活動している。2016年4月23日付のアメリカ・ビルボードのアルバムチャートで、2枚目のアルバム「METAL RESISTANCE」が39位にランクイン。日本人アーティストとしては、1963年に[[Wikipedia:坂本九|坂本九]]のアルバム「スキヤキ・アンド・アザー・ジャパニーズ・ヒッツ」が14位にランクインした以来の快挙となった<ref>[http://www.asahi.com/articles/ASJ4D7DWBJ4DUCVL01W.html ベビーメタル、米チャート39位 坂本九さん以来の快挙] - 朝日新聞デジタル 2016年4月13日</ref>。その後、2018年10月に以前から活動休止中であったYUIMETALが脱退し、現在は2名体制となっている(但し、コンサートなどではサポートメンバーを加えて3名で出演)<ref>[http://www.babymetal.com/jp/news/?id=28 BABYMETAL新体制についてのお知らせ] - BABYMETAL オフィシャルサイト 2018年10月19日(リンク切れ)</ref>。結成当時は「アイドルとメタルの融合」<ref>[http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121026/1044961/ 異色メタルアイドル「ベビーメタル」はなぜ人気? “仕掛け人”を直撃!] - 日経トレンディ 2012年10月26日</ref>をテーマに、2012年まで'''さくら学院重音部'''としてTIFに出演していたが、同学院を卒業後、単独ユニットとなってからは出演していない。その後、「これがヘビーメタルか」という賛否両論がありながらも、海外のロックフェスなどに多数参加し知名度を上げた。
+
: アミューズ所属の「メタルダンスユニット」。元々は「さくら学院」のクラブ活動(派生)ユニット(「重音部」)であったが、同ユニットに所属する「SU-METAL」(中元すず香)「YUIMETAL」([[Wikipedia:水野由結|水野由結]])、「MOAMETAL」([[Wikipedia:菊地最愛|菊地最愛]])の3人全員が「さくら学院」を卒業したため、単体のアイドルユニットとして活動している。2014年からワールドツアーを開始し、[[Wikipedia:レディー・ガガ|レディー・ガガ]]の前座として出演する<ref>[http://www.oricon.co.jp/news/2040606/full/ レディー・ガガ、BABYMETAL前座に最前列で大興奮 楽屋で4ショットも熱望] - ORICON STYLE 2014年8月4日</ref>など、国内外で広く活動している。2016年4月23日付のアメリカ・ビルボードのアルバムチャートで、2枚目のアルバム「METAL RESISTANCE」が39位にランクイン。日本人アーティストとしては、1963年に[[Wikipedia:坂本九|坂本九]]のアルバム「スキヤキ・アンド・アザー・ジャパニーズ・ヒッツ」が14位にランクインした以来の快挙となった<ref>[http://www.asahi.com/articles/ASJ4D7DWBJ4DUCVL01W.html ベビーメタル、米チャート39位 坂本九さん以来の快挙] - 朝日新聞デジタル 2016年4月13日</ref>。その後、2018年10月に以前から活動休止中であったYUIMETALが脱退し、現在は2名体制となっている(但し、コンサートなどではサポートメンバーを加えて3名で出演)<ref>[http://www.babymetal.com/jp/news/?id=28 BABYMETAL新体制についてのお知らせ] - BABYMETAL オフィシャルサイト 2018年10月19日(リンク切れ)</ref>。結成当時は「アイドルとメタルの融合」<ref>[http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121026/1044961/ 異色メタルアイドル「ベビーメタル」はなぜ人気? “仕掛け人”を直撃!] - 日経トレンディ 2012年10月26日</ref>をテーマに、2012年まで'''さくら学院重音部'''としてTIFに出演していたが、同学院を卒業後、単独ユニットとなってからは出演していない。その後、「これがヘビーメタルか」という賛否両論がありながらも、海外のロックフェスなどに多数参加し知名度を上げた。2020年12月31日放送の第71回NHK紅白歌合戦に初出場予定。
 
* [[Wikipedia:Tokyo Cheer2 Party|Tokyo Cheer② Party]](2010年 - 2017年)
 
* [[Wikipedia:Tokyo Cheer2 Party|Tokyo Cheer② Party]](2010年 - 2017年)
 
: 文化放送、セントラルミュージック、オフィスジュニアの3社合同企画で結成。コンセプトは「全国のお父さん&若き働く男性を応援するアイドル」。2017年3月をもって解散した。
 
: 文化放送、セントラルミュージック、オフィスジュニアの3社合同企画で結成。コンセプトは「全国のお父さん&若き働く男性を応援するアイドル」。2017年3月をもって解散した。
 
* [[Wikipedia:愛乙女★DOLL|愛乙女★DOLL]](2010年 - )
 
* [[Wikipedia:愛乙女★DOLL|愛乙女★DOLL]](2010年 - )
 
: AKB48と同じく、東京・秋葉原を中心に活動するローカルアイドルグループであるが、2014年にメジャーデビュー。元AKB48の研究生であった[[上遠野瑞穂|愛迫みゆ]](AKB48在籍時は「上遠野瑞穂」、2019年に卒業)、[[佐野友里子]]、元NMB48の[[太田里織菜]]が在籍している。
 
: AKB48と同じく、東京・秋葉原を中心に活動するローカルアイドルグループであるが、2014年にメジャーデビュー。元AKB48の研究生であった[[上遠野瑞穂|愛迫みゆ]](AKB48在籍時は「上遠野瑞穂」、2019年に卒業)、[[佐野友里子]]、元NMB48の[[太田里織菜]]が在籍している。
* [[Wikipedia:E-girls|E-girls]](2011年 -
+
* [[Wikipedia:E-girls|E-girls]](2011年 - 2020年)
: LDH所属。[[Wikipedia:EXILE|EXILE]]と同じ事務所に所属することから、「EXILEの妹分」と表現される。「[[Wikipedia:Dream (歌手グループ)|Dream]]」「[[Wikipedia:Happiness (グループ)|Happiness]]」「[[Wikipedia:Flower (グループ)|Flower]]」のグループのほか、2015年1月には下部組織として「Rabbits」「Bunnies」も創設していたが、2017年をもってオリジナルメンバーの卒業もあり、3グループから11人編成の1グループに再編された。2020年末での解散を発表している<ref>[https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/23/kiji/20191222s00041000582000c.html E-girls、来年末で解散! 新曲イベントで電撃発表、ファン悲鳴] - Sponichi Annex 2019年12月22日</ref>。後輩グループとして、2017年から放映されているドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』から誕生した「[[Wikipedia:Girls2|Girls²]](ガールズガールズ)」<ref>[https://asagei.biz/excerpt/17680 「NiziU」のメンバー決定!「7人が現役高校生」で急浮上したライバルの存在感] - アサ芸Biz 2020年6月26日</ref>と、2018年に行われた「ガールズオーディション」から誕生した「iScream(アイスクリーム)」がいる<ref>[https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002020000109.html LDH新ユニット「iScream」お披露目] - 日刊スポーツ 2020年2月2日</ref>。
+
: LDH所属。[[Wikipedia:EXILE|EXILE]]と同じ事務所に所属することから、「EXILEの妹分」と表現される。「[[Wikipedia:Dream (歌手グループ)|Dream]]」「[[Wikipedia:Happiness (グループ)|Happiness]]」「[[Wikipedia:Flower (グループ)|Flower]]」のグループのほか、2015年1月には下部組織として「Rabbits」「Bunnies」も創設していたが、2017年をもってオリジナルメンバーの卒業もあり、3グループから11人編成の1グループに再編されたが、2020年12月28日の配信ライブをもって解散{{注釈|内部ユニットのスダンナユズユリーも解散、Happinessは5人体制で継続}}<ref>[https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012290000080.html E-girls活動終了/メンバーの今後一覧] - 日刊スポーツ 2020年12月29日</ref>。後輩グループとして、2017年から放映されているドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』から誕生した「[[Wikipedia:Girls2|Girls²]](ガールズガールズ)」<ref>[https://asagei.biz/excerpt/17680 「NiziU」のメンバー決定!「7人が現役高校生」で急浮上したライバルの存在感] - アサ芸Biz 2020年6月26日</ref>(2019年にメジャーデビュー)と、2018年に行われた「ガールズオーディション」から誕生した「iScream(アイスクリーム)」がいる<ref>[https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002020000109.html LDH新ユニット「iScream」お披露目] - 日刊スポーツ 2020年2月2日</ref>。
 
* [[Wikipedia:ベイビーレイズ|ベイビーレイズJAPAN]](2012年 - 2018年)
 
* [[Wikipedia:ベイビーレイズ|ベイビーレイズJAPAN]](2012年 - 2018年)
 
: レプロエンタテインメント所属。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」では劇中アイドルが歌う劇中歌の歌唱を担当し、企画枠ながら第64回NHK紅白歌合戦にも出場。2018年9月をもって解散した。
 
: レプロエンタテインメント所属。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」では劇中アイドルが歌う劇中歌の歌唱を担当し、企画枠ながら第64回NHK紅白歌合戦にも出場。2018年9月をもって解散した。
183行目: 185行目:
 
: プラチナム・パスポート所属のアイドルユニットで、PASSPO☆の妹分の位置づけ。2017年12月をもって解散した。
 
: プラチナム・パスポート所属のアイドルユニットで、PASSPO☆の妹分の位置づけ。2017年12月をもって解散した。
 
* [[Wikipedia:仮面女子|仮面女子]](2013年 - )
 
* [[Wikipedia:仮面女子|仮面女子]](2013年 - )
: [[Wikipedia:アリスプロジェクト|アリスプロジェクト]]所属のアイドルグループで、構成される「[[Wikipedia:アリス十番|アリス十番]]」(2011年結成)、「[[Wikipedia:スチームガールズ|スチームガールズ]]」(2012年結成)、「[[Wikipedia:アーマーガールズ|アーマーガールズ]]」(2014年結成)の3グループの総称である。トップメンバー以外はマスクを被ったままで素顔を出すことが許されないという、独特のパフォーマンスを行っており、「最強の地下アイドル」を標榜するなど同プロジェクトの主軸グループとなっている。AKB48と同じく東京・秋葉原に専用劇場「P.A.R.M.S(パームス)」を拠点としている。2017年時点ではメジャーデビューしていない。
+
: [[Wikipedia:アリスプロジェクト|アリスプロジェクト]]所属のアイドルグループで、構成される「[[Wikipedia:アリス十番|アリス十番]]」(2011年結成)、「[[Wikipedia:スチームガールズ|スチームガールズ]]」(2012年結成)、「[[Wikipedia:アーマーガールズ|アーマーガールズ]]」(2014年結成)の3グループの総称である。トップメンバー以外はマスクを被ったままで素顔を出すことが許されないという、独特のパフォーマンスを行っており、「最強の地下アイドル」を標榜するなど同プロジェクトの主軸グループとなっている。AKB48と同じく東京・秋葉原に専用劇場「P.A.R.M.S(パームス)」を拠点としている。2020年時点ではメジャーデビューしていない。
 
:メンバーの中ではアリス十番の[[Wikipedia:川村虹花|川村虹花]](ななか)がプロレスラー・格闘家として活動したり<ref>[https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/774409/ 仮面女子・川村虹花 プロレスデビュー戦は無念のギブアップ「次の夢は勝つこと」] - 東スポWeb 2017年9月22日</ref>、当時スチームガールズに在籍していた東京大学出身の[[Wikipedia:桜雪|桜雪]](現在は本名の橋本侑樹として活動)が[[Wikipedia:小池百合子|小池百合子]]東京都知事の政治塾「希望の塾」の開講式に参加する<ref>[https://www.sankei.com/premium/news/161204/prm1612040009-n1.html 【東大卒アイドル】「仮面女子」桜雪が小池政治塾の門を叩いた "痛い"アイドルはなぜ「池上彰」を目指すのか?] - 産経ニュース 2016年12月4日</ref>{{注釈|後に2019年3月末をもってグループを卒業することを発表<ref>[https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181222-OHT1T50175.html 仮面女子の「東大アイドル」桜雪、3月に卒業し「政治の世界に進むことを決めました」] - スポーツ報知 2018年12月22日</ref>。同年4月に行われた統一地方選後半の東京・渋谷区議会議員選挙に、[[Wikipedia:音喜多駿|音喜多駿]]前東京都議会議員が代表を務める「[[Wikipedia:あたらしい党|あたらしい党]]」の公認で立候補<ref>[https://newparty.jp/231/ 平成31年 統一地方選挙 あたらしい党 第6次 公認候補予定者を決定しました。] - あたらしい党 2018年12月23日</ref>し、当選している<ref>[https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201904220000249.html 元仮面女子橋本ゆき氏「ここから」区議選で初当選] - 日刊スポーツ 2019年4月22日</ref>。}}など多方面で活動する一方で、スチームガールズの[[Wikipedia:猪狩ともか|猪狩ともか]]が2018年4月に不慮の事故に遭い、脊椎損傷による両下肢麻痺のため車椅子生活を余儀なくされたが、運営側が今後も猪狩を仮面女子のメンバーとしてサポートしていくことを表明する<ref>[https://dot.asahi.com/wa/2018051600010.html?page=1 ハンディのあるアイドルに…両下肢まひ「仮面女子」猪狩ともかの夢 〈週刊朝日〉] - AERA dot. 2018年5月18日</ref>など、話題が多い。
 
:メンバーの中ではアリス十番の[[Wikipedia:川村虹花|川村虹花]](ななか)がプロレスラー・格闘家として活動したり<ref>[https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/774409/ 仮面女子・川村虹花 プロレスデビュー戦は無念のギブアップ「次の夢は勝つこと」] - 東スポWeb 2017年9月22日</ref>、当時スチームガールズに在籍していた東京大学出身の[[Wikipedia:桜雪|桜雪]](現在は本名の橋本侑樹として活動)が[[Wikipedia:小池百合子|小池百合子]]東京都知事の政治塾「希望の塾」の開講式に参加する<ref>[https://www.sankei.com/premium/news/161204/prm1612040009-n1.html 【東大卒アイドル】「仮面女子」桜雪が小池政治塾の門を叩いた "痛い"アイドルはなぜ「池上彰」を目指すのか?] - 産経ニュース 2016年12月4日</ref>{{注釈|後に2019年3月末をもってグループを卒業することを発表<ref>[https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181222-OHT1T50175.html 仮面女子の「東大アイドル」桜雪、3月に卒業し「政治の世界に進むことを決めました」] - スポーツ報知 2018年12月22日</ref>。同年4月に行われた統一地方選後半の東京・渋谷区議会議員選挙に、[[Wikipedia:音喜多駿|音喜多駿]]前東京都議会議員が代表を務める「[[Wikipedia:あたらしい党|あたらしい党]]」の公認で立候補<ref>[https://newparty.jp/231/ 平成31年 統一地方選挙 あたらしい党 第6次 公認候補予定者を決定しました。] - あたらしい党 2018年12月23日</ref>し、当選している<ref>[https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201904220000249.html 元仮面女子橋本ゆき氏「ここから」区議選で初当選] - 日刊スポーツ 2019年4月22日</ref>。}}など多方面で活動する一方で、スチームガールズの[[Wikipedia:猪狩ともか|猪狩ともか]]が2018年4月に不慮の事故に遭い、脊椎損傷による両下肢麻痺のため車椅子生活を余儀なくされたが、運営側が今後も猪狩を仮面女子のメンバーとしてサポートしていくことを表明する<ref>[https://dot.asahi.com/wa/2018051600010.html?page=1 ハンディのあるアイドルに…両下肢まひ「仮面女子」猪狩ともかの夢 〈週刊朝日〉] - AERA dot. 2018年5月18日</ref>など、話題が多い。
  
206行目: 208行目:
 
*[[Wikipedia:NiziU|NiziU]]<ref>[https://mdpr.jp/music/detail/2120369 「Nizi Project」デビューグループ名が決定] -  モデルプレス 2020年6月26日</ref> - メンバー9名全員日本人<ref>[https://www.oricon.co.jp/special/54870/ 『Nizi Project』発NiziU 9人が“他己紹介”でメンバーの素顔を明かす!] - ORICON NEWS 2020年7月8日</ref>
 
*[[Wikipedia:NiziU|NiziU]]<ref>[https://mdpr.jp/music/detail/2120369 「Nizi Project」デビューグループ名が決定] -  モデルプレス 2020年6月26日</ref> - メンバー9名全員日本人<ref>[https://www.oricon.co.jp/special/54870/ 『Nizi Project』発NiziU 9人が“他己紹介”でメンバーの素顔を明かす!] - ORICON NEWS 2020年7月8日</ref>
 
*ソロ - [[竹内美宥]](MYSTICエンターテインメント所属)、寺本來可(元[[Wikipedia:Real Girls Project|Real Girls Project]] - ユキカ)
 
*ソロ - [[竹内美宥]](MYSTICエンターテインメント所属)、寺本來可(元[[Wikipedia:Real Girls Project|Real Girls Project]] - ユキカ)
 
  
 
2000年代に入ると、[[wikipedia:韓国のアイドル|韓国のアイドル]]は、2000年にソロ歌手として韓国デビューした[[wikipedia:BoA|BoA]]が、翌2001年日本デビュー。続いて2001年、3人のメンバーによる[[wikipedia:Sugar (韓国の音楽グループ)|Sugar]]が、韓国デビューし、2003年10月にはホリプロと2年契約を交わし日本に進出。更に折からの韓流ブームにものって、2007年3月には[[wikipedia:KARA|KARA]]が、8月には[[wikipedia:少女時代 (音楽グループ)|少女時代]]とデビューし、日本での活動にも力を入れ<ref>[https://npn.co.jp/article/detail/47319050/ 続々と日本進出するK-POPガールズグループ] - リアルライブ 2010年8月12日</ref>、2011年の第62回NHK紅白歌合戦にも出場し<ref>[https://news.livedoor.com/article/detail/6076915/ KARAと少女時代が紅白初出場「新韓流ブームを立証」=韓国] - livedoor NEWS 2011年11月30日</ref>、韓国アイドルの日本進出が激化した。
 
2000年代に入ると、[[wikipedia:韓国のアイドル|韓国のアイドル]]は、2000年にソロ歌手として韓国デビューした[[wikipedia:BoA|BoA]]が、翌2001年日本デビュー。続いて2001年、3人のメンバーによる[[wikipedia:Sugar (韓国の音楽グループ)|Sugar]]が、韓国デビューし、2003年10月にはホリプロと2年契約を交わし日本に進出。更に折からの韓流ブームにものって、2007年3月には[[wikipedia:KARA|KARA]]が、8月には[[wikipedia:少女時代 (音楽グループ)|少女時代]]とデビューし、日本での活動にも力を入れ<ref>[https://npn.co.jp/article/detail/47319050/ 続々と日本進出するK-POPガールズグループ] - リアルライブ 2010年8月12日</ref>、2011年の第62回NHK紅白歌合戦にも出場し<ref>[https://news.livedoor.com/article/detail/6076915/ KARAと少女時代が紅白初出場「新韓流ブームを立証」=韓国] - livedoor NEWS 2011年11月30日</ref>、韓国アイドルの日本進出が激化した。
212行目: 213行目:
 
2017~2019年は日韓問題がありながらも、TWICEやBLACKPINKらが日本で圧倒的な人気を得た<ref>[https://realsound.jp/2019/09/post-411080.html TWICE、BLACKPINK、BTS……K-POPブーム再燃に至った理由 日本における歴史を振り返る] - REAL SOUND 2019年9月4日</ref>。また、前述のように共同プロジェクトも発足するなど、日本での韓国アイドル人気が再燃している<ref>[https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=2328 2019年、K-POPガールズグループが続々と日本にやってくる!その理由は?] - スポーツソウル 2019年2月11日</ref>と言える。
 
2017~2019年は日韓問題がありながらも、TWICEやBLACKPINKらが日本で圧倒的な人気を得た<ref>[https://realsound.jp/2019/09/post-411080.html TWICE、BLACKPINK、BTS……K-POPブーム再燃に至った理由 日本における歴史を振り返る] - REAL SOUND 2019年9月4日</ref>。また、前述のように共同プロジェクトも発足するなど、日本での韓国アイドル人気が再燃している<ref>[https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=2328 2019年、K-POPガールズグループが続々と日本にやってくる!その理由は?] - スポーツソウル 2019年2月11日</ref>と言える。
  
また、TWiCEなどを擁するJYPエンターテインメントは[[ソニー・ミュージックエンタテインメント]]とアライアンスを組んで、2020年1月から日韓共同オーディション『Nizi Project』(通称:虹プロ)を実施、このオーディションで選ばれた日本人女性9名でグループ『NiziU』を結成。同年6月にプレデビュー。同12月に正式デビュー予定<ref>[https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=18644 話題沸騰中!虹プロ発アイドルNiziUが12月2日に正式デビュー決定] - スポーツソウル 2020年10月2日</ref>。
+
また、TWiCEなどを擁するJYPエンターテインメントは[[ソニー・ミュージックエンタテインメント]]とアライアンスを組んで、2020年1月から日韓共同オーディション『Nizi Project』(通称:虹プロ)を実施、このオーディションで選ばれた日本人女性9名でグループ『NiziU』を結成。同年6月にプレデビュー。同12月に正式デビュー<ref>[https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=18644 話題沸騰中!虹プロ発アイドルNiziUが12月2日に正式デビュー決定] - スポーツソウル 2020年10月2日</ref>。
  
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==
226行目: 227行目:
 
* [https://lastidol.com/ ラストアイドルファミリーMobile]
 
* [https://lastidol.com/ ラストアイドルファミリーMobile]
 
** [https://www.tv-asahi.co.jp/last-idol/ ラストアイドル] - テレビ朝日
 
** [https://www.tv-asahi.co.jp/last-idol/ ラストアイドル] - テレビ朝日
 +
** [https://www.lastidol.co.th/ LAST IDOL THAILAND]
 
* [https://www.nanabunnonijyuuni.com/ 22/7 オフィシャルサイト]
 
* [https://www.nanabunnonijyuuni.com/ 22/7 オフィシャルサイト]
 
* [https://www.4dollars50cents.com/ 劇団4ドル50セント オフィシャルサイト]
 
* [https://www.4dollars50cents.com/ 劇団4ドル50セント オフィシャルサイト]
233行目: 235行目:
 
** [http://iz-one.co.kr/ IZ*ONE(韓国サイト)]  
 
** [http://iz-one.co.kr/ IZ*ONE(韓国サイト)]  
 
* [https://www.thecoinlockers.com/ ザ・コインロッカーズ オフィシャルサイト]
 
* [https://www.thecoinlockers.com/ ザ・コインロッカーズ オフィシャルサイト]
 
  
 
{{関連情報}}
 
{{関連情報}}

2021年1月14日 (木) 23:50時点における最新版

アイドル戦国時代」(アイドルせんごくじだい)は、さまざまなアイドルグループが次々と誕生しては消えていく、現在のアイドル業界を戦国時代に例えて表現した言葉。2010年頃からアイドル系雑誌やネット上で使われている。

概要

CD不況と言われる昨今。女性アイドルはAKB48が、男性アイドルはジャニーズ事務所の嵐が好調なセールスを記録(2010年の売上トップ10はこの2組によって独占)。賛否両論はありながらも、アイドル業界は唯一ビジネスとして好調である事などから、各芸能事務所やレコード会社がアイドルグループを大量に結成。群雄割拠とも言えるの時代となった。

2010年6月、AKB48の選抜総選挙が話題になりブレイク。CDの売上は唯一ミリオンを達成するなど、「国民的アイドル」とも呼ばれる様になり、他のグループを大きく引き離した。 その後も、乃木坂46櫻坂46日向坂46の「坂道シリーズ」のほか、各芸能事務所もアイドルグループのプロデュースを手掛けるなど、「アイドル戦国時代」とも呼ばれる群雄割拠の状態が続いている。しかし、近年はアイドルグループの解散が相次ぐ事態となっており、一部の識者からは「平成とともにアイドル戦国時代が終わる」とも指摘されている[1]

同じく2010年から始まった「TOKYO IDOL FESTIVAL 」(略称:TIF)の出場者数をみると。初回が45組、翌年の2回目は57組、以降111組、(中略)、9回目207組、10周年に当たり、指原莉乃がチェアマンを担当した2019年[2]は212組で、同時に集客数も増加している。SHOWROOMなども活用したこのイベントは、新結成グループのデューや地方のアイドルグループ(もしくは地下アイドル)がメジャーになるチャンスとも捉えられている[3][4]。このイベントの状況を見る限り、衰退の様子は見られないが、アイドルの形態がソロアイドルが中心であった70~80年代(昭和)から、グループが主流になった90年~2000年(平成)以降は、メンバーの欠員がグループの解散に繋がり、前述のような指摘も出てくるのは止むを得ないであろう[5]

AKB48グループ

AKB48とその姉妹グループの総称。「48グループ」「48G」と呼ばれることもある。現在、国内に「AKB48」「SKE48」「NMB48」「HKT48」「NGT48」「STU48」の6グループが活動中。また海外グループの「JKT48」「BNK48」「AKB48 Team TP(前身:TPE48)」「MNL48」「AKB48 Team SH」「SGO48」「CGM48」「DEL48」が活動中。

なお、元々48グループとして発足した「SNH48」については2016年6月9日、48グループを運営するAKSより「SNH48の現地における運営サイドに契約違反があった」ことを理由に、同グループとの関係見直しを表明したことから、現在ではSNH48およびその派生グループ(「BEJ48」「GNZ48」など)については、48グループのカテゴリからは除外されている(詳細は各グループの関連記事を参照)。

活動休止中のグループ
  • SDN48(所属していたメンバーが全員卒業したため、事実上の解散状態である)

坂道シリーズ

AKB48(グループ)の「公式ライバル」として、2011年8月に結成された乃木坂46と、その新プロジェクトとして2015年8月に結成された欅坂46[注釈 1](2020年10月から「櫻坂46」として活動)、欅坂46の妹分として2015年11月に結成され、2019年2月に改名した日向坂46(旧名:けやき坂46)、および、2018年2月に発表された吉本坂46の4グループを総称して坂道シリーズ(もしくは坂道グループ)と呼ぶ。48グループと同じく、秋元康のプロデュースを受けているが、運営会社が異なる[注釈 2]ことや、専用劇場を持たず、定期的な劇場公演を行わないなど、48グループと活動形態が大きく異なる。

秋元康のプロデュースを受けていることで、かつては一部メディアから48グループと一括りにされることもあった[6]。当時AKS社長であった窪田康志が乃木坂46のスーパーバイザーとして名を連ねているなどの共通点もあるが、グループの知名度拡大や、欅坂46結成時に「坂道シリーズ」の呼称が発表されたこともあり、「48グループ」の語は乃木坂46と欅坂46を含めない限定的な用法になりつつある(AKB48#総称としての「AKB48」乃木坂46#概要を参照)。また、48グループと坂道シリーズの混同から「乃木坂48[7]や「AKB46[8]という明らかな誤記も見られることがあった。

48グループ・坂道シリーズとの関連性があるグループ

AKB48グループ・坂道シリーズのメンバーあるいは関係者がプロデュースに関わっているが、「AKB48グループ」あるいは「坂道シリーズ」としては今のところ扱われていないグループ(SNH48およびその派生グループを除く)。

  • =LOVE(イコールラブ)(2017年 - )
=LOVE
≠ME
声優を育成する専門学校の代々木アニメーション学院とタイアップし、同校の声優教育を施したうえでアイドルとしても活動するアイドルグループ[9]。HKT48の指原莉乃がプロデュースしている。同グループ1期生として、HKT48の4期生オーディションを「合格取り消し」となった音嶋莉沙も所属している。2017年8月5日の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」で初ライブを行い、指原が所属するHKT48やSTU48とも初めて競演している。なお、同年9月6日にメジャーデビューしており[10]、デビューシングルに収録されている『スタート!』の振り付けをチームKIVキャプテンの本村碧唯が担当している[11]。また、2020年11月24日に公開された、8thシングル『青春”サブリミナル”』のカップリング曲『しゅきぴ』のMV監督を峯岸みなみが務めた[12]
2019年2月24日には、妹分の≠ME(ノットイコールミー)がお披露目された[13]SKE48の9期生オーディションに参加していた蟹沢萌子や、坂道合同オーディションのSHOWROOM審査まで進出した冨田菜々風、谷崎早耶らが所属。
ラストアイドル ロゴ.jpg
秋元康がプロデュースする「究極のアイドルグループ(仮称)」のメンバーの座を賭けたオーディション番組として、テレビ朝日系で2017年8月から放送されている。スタート当初はオーディションメンバーとして第1回ドラフト会議の最終候補者となった間島和奏(まじま わかな、現在はセカンドユニット「Someday Somewhere」)が初期暫定メンバーのセンターに選ばれたが、当初は48グループとは特段の関わりはなかった。
番組中での入れ替えバトルの結果、選ばれた最終メンバー7人で2017年12月20日「バンドワゴン」でメジャーデビュー。同日深夜(12月21日未明)に放送された「AKB48のオールナイトニッポン」に「ラストアイドル」(現:「LaLuce」)メンバーの吉崎綾古賀哉子が出演[14][注釈 3]。また、「ラストアイドル season2」(放送期間:2018年1月〜4月1日)では、指原莉乃が「ラストアイドルファミリー」の「Someday Somewhere」のプロデューサーとして、AKB48の横山由依が番組アシスタントとして参加した。「ラストアイドル season3」(放送期間:2018年4月〜9月30日)では、2018年6月3日、10日、および17日放送回に、当時乃木坂46のメンバーだった中田花奈がゲスト審査員として出演した。AbemaTVで配信が開始された「ラストアイドル in AbemaTV」(配信期間:2018年6月〜8月)では、指原莉乃が「ラストアイドルファミリー」の「Love Cocchi」のプロデューサーとして再び出演。更にコレオグラファーとしてNMB48の日下このみが加わった。
AKB48グループと同様に定期的な劇場公演を開催。毎週火曜日、新宿アルタ KeyStudioにおいて定期公演を行っている。なお、KeyStudioの運営を行っている株式会社KeyStudioの親会社は、SKE48の運営を行っている株式会社ゼストの親会社でもある株式会社KeyHolderである[15]
2020年2月5日からテレビ朝日系列『ラスアイ、よろしく!』で放送開始されている、9thシングル選抜メンバーオーディションには、元HKT48菅本裕子が審査員として出演した[16]
2020年10月2日、タイ版の発表イベントが開催され、姉妹プロジェクト「Last Idol Thailand」が発表された[17][18]。同年12月29日、初期暫定メンバーの7人が発表された。日本版と同様入れ替えバトルを行い最終メンバーを決める予定[19][20]。なお、暫定メンバーの一人として、吉本坂46の第一期および第二期オーディションにも参加したことのある「マーンムック」ことチャダータン・ダーングン(SWEAT16!)が選ばれている[21][22][23][24]
ナナブンノニジュウニ ロゴ.jpg
秋元康がプロデュースする、日本のデジタルアイドルグループ。有名イラストレーターがデザインした11人のアニメキャラクターと、彼女らを演じる11名のリアルメンバー(声優)から構成される。
ソニーミュージックに所属し、衣装デザインを、乃木坂46や欅坂46を担当する尾内貴美香が手掛け[25]、冠番組(『22/7 計算中』)が放送・配信局こそ異なるもののケイマックス制作である点は坂道シリーズと共通点している。一方、ソニー・ミュージックレーベルズが実質的に運営する坂道シリーズとは異なり、アニプレックスが運営し[26]、メンバーの名前は全員芸名で本名・生年非公表である。また、所属事務所もソニーミュージックとアニプレックスの関連会社「バズウェーブ合同会社」である。なお初期の8体キャラクターが出演するアニメが2020年1月11日から同年3月28日にかけて放送されていた[27]。48グループや坂道シリーズとの接点は、中田花奈がアシスタントを務めていた『沈黙の金曜日』で2018年7月20日放送回で、メンバーの宮瀬玲奈が中田の代理アシスタントを務めた[28]。2020年2月7日から公開された映画「ヲタクに恋は難しい」で若月佑美と共演している[29][30] 。2020年5月27日にリリースされた公式リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」[31]には、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48の曲がカバー曲として収録[32]。また、2020年8月→2021年1月に公演予定の舞台『勇者セイヤンの物語 〜ノストラダム男の大予言〜』では、メンバーの高辻麗[注釈 4]NMB48川上千尋菖蒲まりんとともに、ヒロイン役などをWキャスト出演する[33][34][35]。なお、同舞台には元乃木坂46の伊藤寧々が出演予定[36]
2017年8月23日旗揚げ。厳密にいえばアイドルグループではないが、秋元康のプロデュースを受けている点や派生ユニットとしての活動が見られる点で共通する[37]。なお、元AKB48の13期研究生であった長谷川晴奈が参加している。また、同劇団を運営するエイベックス・AY・ファクトリー合同会社には、元欅坂46今泉佑唯が一時所属していた。
青春高校3年C組 ロゴ.jpg
2018年4月2日からテレビ東京で放映されているバラエティ番組。青春高校3年C組には20名以上の10代の男女が所属。SKE48の須田亜香里や元AKB48の西野未姫が所属し、上述のラストアイドルのマネジメントを行っている「株式会社TWIN PLANET」が制作に協力している。
NGT48 の中井りかが副担任(アシスタントMC)として参加している。スキャンダルを受け、6月18日放送分で、中井りかが生徒に降格することが発表された[38]が、その1週間後に副担任に復帰している。
バイトAKB第2回ドラフト会議の最終候補者だった女鹿椰子もメンバーとして出演。入学希望者(レギュラー候補)として出演した4月23日から27日まで放映された第4週では不合格になった[39]ものの、6月4日から8日まで実施された敗者復活WEEKで合格[40]となり、6月11日からは生徒(レギュラー出演者)となった。
また、5月14日から18日まで放映された第7週では不合格になった[41]ものの、敗者復活WEEKで合格した[42]長野雅は、8月1日放送分でHKT48第5期生オーディションを受験し最終審査まで進んでいることを告白。番組の性質やオーディションの規約等の理由から、青春高校に残留するか兼ねてからの夢であったアイドルへの道を進むか選択を迫られ、長野は青春高校から脱退することを決断。その後オーディションに合格し、HKT48の5期生として活動している。また、長野と同期の坂本りのは、2018年6月11日から15日まで放映された第11週(入学試験第9週)に入学希望者として出演するも、不合格となっていた。2019年5月27日から31日放映された第3期6週に「皆川優香」として出演[43]した鈴木優香が、同年10月14日AKB48チーム8静岡県代表に選ばれた。
AKB48グループと同様に定期的な劇場公演を開催。毎週水曜日から日曜日、上述のラストアイドルも定期公演を行っている新宿アルタ KeyStudioにおいて、放課後公演と称する劇場公演を行っている。CDデビュー前であるが、既に秋元康から複数の楽曲提供を受けていた[44]
テレビ東京系列で日曜深夜に放送されている乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」と欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」の間に、青春高校3年C組のメンバー3名が出演する「電脳トークTV~相内さん、青春しましょ!」が2019年4月7日より2020年9月27日まで放送された。また、劇場公演による動員が1万人に達したことから、8月16日には、CDデビューすることが発表された[45]。2020年1月22日、シングル「君のことをまだ何にも知らない」でデビュー[46]。さらに、メンバーの一人、エゼマタ健太チャールズ(通称:チャーリー)は、日向坂46のメンバーが主演したドラマ『DASADA』(日本テレビ、2020年1月15日 - 3月18日)に、ボンディ役で出演[47]。なお、番組は2020年3月27日放送分をもって平日17:30からの放送は終了。中井りかも卒業した[48]。同年4月からは、毎週月曜日深夜の週1回に放送時間が移行した。
IZONE ロゴ.png
韓国の音楽専門チャンネルMnetにおいて、2018年6月15日から8月31日まで放送されたオーディション番組「PRODUCE 48」から誕生したグローバルアイドルグループ[49]。2018年10月29日から2021年4月(予定)までの2年6ヵ月間の期間限定で活動中[50]。同番組には、39名のAKB48グループのメンバー[注釈 5]が出演し、HKT48の宮脇咲良矢吹奈子、AKB48の本田仁美のデビューが決定。2021年4月まではIZ*ONEに「専任」という形を取り、HKT48およびAKB48としての活動をそれぞれ休止している[51]
2018年10月29日、ミニアルバム「COLOR*IZ」で韓国デビュー。2019年2月6日、シングル「好きと言わせたい」で日本デビュー。同シングルはAKB48グループや坂道シリーズと同様に、カップリング曲も含めた全ての楽曲の作詞を秋元康が務めている。
「PRODUCE 48」という番組は、韓国のオーディション番組『PRODUCE 101』(프로듀스 101)と48グループとコラボレーション[49]を目的に制作された番組であるため、番組名からわかるように48グループとの関係性が明瞭である。しかし、IZ*ONEは「〇〇〇48」という名称や「AKB48 Team 〇〇」という名称ではないことから、従来の海外の姉妹グループと同様には扱われない。ただし、AKB48のシングル「ジワるDAYS」のカップリングに収録された「必然性」には、IZ*ONEから日本人メンバー3名と韓国人メンバー3名が参加しており、48グループとの深い関連性が窺える。また、以前はAKS取締役で運営責任者でもあった松村匠が事業担当の責任者として関与している(2019年7月より)[52]
デビュー当初から多くの新人賞を受賞するなど、日韓を股にかけての活躍を見せていたが、2019年7月に発覚した「PRODUCE X 101」のスタッフによる投票操作疑惑から「PRODUCE 48」にも投票操作疑惑が波及し、11月に予定していた韓国1stフルアルバムの発売やコンサートドキュメンタリー映画の公開、各種イベントが延期されるなどの影響が出ており、今後の活動継続が懸念されていた[53][54]。12月30日、「PRODUCE 48」の企画である、CJ ENM代表のホ・ミンフェが「PRODUCE」シリーズはじめMnetのオーディション番組での順位操作について謝罪し、IZ*ONEの活動を再開することを発表した[55]
新体制2020年のロゴ
2019年までのロゴ
秋元康とワーナーミュージック・ジャパンが共同プロデュースするガールズバンド。このバンドでは、楽曲によるメンバー選抜システムを採用。ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キーボードといった各パートに複数のメンバーが在籍する[56]。エントリーは2018年9月4日から10月31日。一次審査、二次審査、最終審査を経てお披露目[57]。2018年12月23日に、Zepp Tokyo にて41名[注釈 6]の合格者がお披露目された[58]。AKB48の元メンバー早坂つむぎ以外のプロフィール詳細は未公表で、早坂含め、メンバーは番号で呼ばれていた。2019年4月30日に行われた、デビュー曲の選抜メンバー発表で選抜メンバー9名含め全メンバーの氏名が公表された[59]。また、2019年6月19日にリリースされたデビュー曲『憂鬱な空が好きなんだ』は、白石麻衣が出演するドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の主題歌である[60]
しかしながら、デビュー当初の目標である「ザ・コインロッカーズ 1st Anniversary LIVE@Zepp Tokyo」チケットSOLD OUTまで半数に達しておらず、結果的に、プロジェクトを大幅にリニューアルした。2019年12月現在開催中であった2期メンバーのオーディションは「該当者なし」、同月23日に開催されるZepp Tokyoでのライブが現メンバーでの最後のライブとなり、リニューアル後は13名の新体制となる(早坂も同グループを離れた)[61]。2020年7月31日にリリースされた配信限定シングル「夢がない僕が夢をみたんだ」では前山田健一が作詞し、秋元康は楽曲プロデュースのみ携わっている。

日本の主なアイドルグループ

ハロー!プロジェクト

ハロー!プロジェクト」は、アップフロントプロモーションに所属するアイドルグループの総称。 「モーニング娘。」以降、多くの姉妹グループ・派生ユニットが誕生。ほぼ全てにつんく♂が総合プロデューサーとして参加している事、ハロー!プロジェクト・キッズハロプロ研修生といったレッスン生制度を採用してきた事など、48グループの体制と比較されやすい。なお、48グループの「研究生」と「ハロプロ研修生」を混同したためか、「AKB48グループ研生」[62]や「ハロプロ研生」[63]などの誤用がメディアでもしばしば見られる[注釈 7]

ハロプロとしてはこれまで多くのユニットが活動しているが、1990年後半より長期に活動していることもあり、既に解散しているグループも多々ある[注釈 8]

なお、2017年12月に行われた『第7回AKB48紅白対抗歌合戦』では、後述のモーニング娘。(当時は「'17」)と指原莉乃が「サシニング娘。」として共演を果たしている[65]

現在、活動中のグループ
90年代後半に大ブレイクした国民的アイドルグループ。当時のメンバーは既に卒業しているが、現在も定期的に追加メンバーオーディションが開催され、メンバーが入れ替わりながら活動を続けている。48グループのメンバー(元メンバー含む)にも、ファンだった事を公言する者や、実際に追加メンバーオーディションを受けた経験のある者(梅田彩佳柏木由紀、指原莉乃、佐藤すみれ古川愛李田島芽瑠など)がいる。
正式名称については当初、単に「モーニング娘。」であったが、2014年1月1日以降は名前の後に当該年の西暦の下二桁を付して「モーニング娘。'○○」としている。
旧名称は「カントリー娘。」。つんく♂と親交のあった田中義剛がプロデュースする「半農半芸」のアイドルグループが源流だが、東京進出に伴いコンセプトが変遷している。メンバーの死亡事故や脱退、サポートメンバーの加入など紆余曲折があり、2007年以降は里田まいのみの所属でグループとしては活動休止状態であった。その後、2014年11月に現在の名称に改め、Berryz工房(後述)の「ももち」こと嗣永桃子がプレイングマネージャーとなり、新メンバーが加入したうえで活動を再開。里田もスーパーバイザーとして関わっている。
しかし、2017年6月末をもって嗣永が同ユニットおよびハロプロから卒業、芸能界を引退することとなり、同ユニットの体制を一新することを発表。森戸知沙希が前出の「モーニング娘。」と兼任するなど、主要メンバーが他のハロプロのユニットへ「兼任」の名目で移籍することとなり、同ユニットとしての活動は縮小していたが[66]、2019年12月をもって所属メンバー全員が卒業し、グループとしての活動を休止することとなった[67]
日本一スカートの短いアイドルグループを称する「スマイレージ」が2014年に改名。スカートが短いのに、ガニ股ポーズやパンチラもいとわない姿勢が熱烈なファンを生んでいる[68]。2010年には日本レコード大賞の新人賞も受賞。
ハロプロ研修生から誕生したユニット。つんく♂曰く「『採れたて』『もぎたて』『新鮮』『天然』『100%』で『しぼりたて』というように、いつまでもフレッシュで個性の詰まったユニットになってほしいという願いを込めて」命名[69]
ハロプロ研修生から誕生したユニット。活動休止となるBerryz工房の精神を受け継ぐ位置づけにある[70]
「びよーんず」と読む。ハロプロ研修生およびオーディションから選ばれたメンバーで結成され、グループ内ユニットとして「CHICA#TETSU(チカ#テツ)」「雨ノ森 川海(あめのもり かわうみ)」が存在している。2019年、日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。
解散・活動休止中のグループ
ハロー!プロジェクト・キッズから誕生したグループ。未完の大器と言われていたが、いまだ大ブレイクとはなっていない。ただ、熱烈なファンが存在するグループでもある[68]。所属する夏焼雅は、藤江れいなの従姉妹でも知られる。2015年3月をもって、無期限の活動休止(事実上の解散状態)。
ハロー!プロジェクト・キッズのうち、Berryz工房のメンバーを除いたメンバーで結成された。つんく♂が「もっともパフォーマンスが優れている」と公言していたグループ[68]
なお、2017年6月に行われたコンサートを最後に、グループを解散した[71]
ハロプロ研修生から誕生したユニット。前述のつばきファクトリー同様に、活動休止となるBerryz工房の精神を受け継ぐ位置づけにあった[72]。2020年3月30日をもって解散[73]
関連グループ
ハロプロエッグ(現:ハロプロ研修生)出身のグループであるが、ハロー!プロジェクトには所属していない。「毎日一杯一杯になりながらも“上へ上へ”を目指している」というコンセプトであり「(仮)」も含めて正式名称。

エイベックス系

エイベックス系列のレーベルで活動するアイドルグループ。エイベックスは、2010年にアイドル専門の「iDOL Street」レーベルを立ち上げており、同レーベルから4つのアイドルグループが誕生している。なお、SKE48DiVAフレンチ・キスなどはエイベックス系のレーベルでCDをリリースしている。

iDOL Street
エイベックスが初めて手掛けたアイドルグループで、1期生として12名がデビューしている[74]
メンバーの中では2期生の浅川梨奈(あさかわ なな)が、グループ活動と並行してグラビアに進出し、女優活動も展開している。また、浅川はかつては「アイドル研究」を趣味と公言するなど48グループにも造詣が深く、2017年の第9回総選挙速報発表でのニコ生配信では解説を務めている[75]
中心メンバーであった浅川や宮崎理奈らの2019年1月グループ卒業が発表される一方で、2018年7月から募集していたオーディションで、元AKB48研究生(10期)で2018年3月に解散した元GEMリーダーの金澤有希(AKB48在籍時は「金沢有希」)、松本日向(HKT48)の妹である松本愛花が合格し、12月に4期生として加入している[76]
以前のメンバーとして小鷹狩佑香(元NMB48)の妹である小鷹狩百花が在籍していた。2018年7月をもって解散した[77]
  • GEM(2012年 - 2018年)
リーダーは、前述の通り元AKB48研究生の金澤有希が務めていた。2018年春にグループを解散することが発表され[78]、同年3月31日をもってグループとしての活動を終了した。
その他のレーベル
第2回AKB48グループ ドラフト会議では、東京女子流に所属する山邊未夢の妹・歩夢が最終候補者となり、AKB48チームBとして加入している[79]
オスカープロモーションが手掛けるアイドルグループで、リーダーの吉本実憂など全日本国民的美少女コンテスト出場者を中心に結成。オスカーはほぼ同様のコンセプトで結成したグループ「美少女クラブ31」(旧名「美少女クラブ21」、活動休止中)も手掛けている。2018年11月をもって解散。
ライジングプロダクションが手掛けるアイドルグループで、同社が運営する「原宿駅前ステージ」を中心に公演を行っている。それぞれ「ふわふわ」、「原宿乙女」、「原駅ステージA」、「ピンクダイヤモンド」の4チームに分かれており、このうち「原駅ステージA」「ふわふわ」の2チームが、エイベックスのレーベル「SONIC GROOVE」からメジャーデビューが決定している。AKB48・SKE48など48グループの振り付けを担当している牧野アンナ[80]新垣寿子[81]も、同ユニットの振り付けや育成を担当している。

STARDUST PLANET(スターダストプラネット)

スターダストプロモーションに所属するアイドルグループ。女性アーティスト部門を総称して「STARDUST PLANET(スターダストプラネット)」(通称:「スタプラ」)としている。各地を拠点とする姉妹グループが存在する点で48グループと共通点が見られる。

なお、2017年12月に行われた『第7回AKB48紅白対抗歌合戦』では、後述のチームしゃちほこ(当時)とSKE48が「しゃちKE48」として、たこやきレインボーとNMB48が「たこMB48」として、さらに横山由依は「3B junior」(当時)の栗本柚希とそれぞれ共演を果たしている[65]

デビュー前の2009年頃まではメンバーの入れ替わりも多く、高井つき奈(元SKE48)・柏幸奈(元乃木坂46)らが一時期所属していた。2011年4月に早見あかり(現在は女優として活動)が卒業した後は長らく5人での活動が続いたが、2018年1月に有安杏果が活動を終了したため、現在は4人での活動となっている。
指原莉乃がプロデュースした「ゆび祭り」に出演するなど、48グループとの交流も時々見られる[82]
名前の由来となった「恵比寿」はスターダストプロモーションの所在地を表す。「永遠に中学生」というコンセプトを掲げている。2017年2月にメンバーの松野莉奈が病気により18歳で急死するという不幸に見舞われているが、グループは松野のためにも活動を継続する意向を示している[83]
全員が愛知県出身の姉妹グル―プ。名古屋を拠点として活動中。旧名は「チームしゃちほこ」であったが、2018年10月に現名称に改名した。
関西を拠点に活動中の姉妹グル―プ。
福岡を拠点に活動中の姉妹グル―プ。
仙台を拠点に活動中の姉妹グル―プ。

など

WACK系

この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます

元「つばさレコード」の渡辺淳之介が中心となり、プロデュースを行っている。

  • BiS(第1期:2010年 - 2014年、第2期:2016年 - 2019年、第3期:2019年 - )
  • BiSH(2015年 - ) :コンセプトは「楽器を持たないパンクバンド」。現在は6人組で活動。「アメトーーク」など地上波テレビ番組で取り上げられる機会も多い[84]
  • BILLIE IDLE®(2015年 - 2019年):5人組。コンセプトは「ネオ80's」。2018年3月までは、渡辺とNIGO®の共同プロデュースであったが、以降は、NIGO®単独プロデュースに移行。2019年12月28日の「マイナビBRITZ赤坂」東京公演をもって解散[85]。ファーストサマー・ウイカが所属していた[注釈 9]
  • EMPiRE(2017年 - )
  • 豆柴の大群(2019年 - ):テレビ番組『水曜日のダウンタウン』内企画「MONSTER iDOL」(2019年11月から開始)から誕生したグループ。当初は4人組で企画の中心人物である安田大サーカス・クロちゃんによるプロデュースであったが、番組内でプロデューサー解雇が決まったことで、カエデ(後述)が追加メンバーとして加入し、WACKプロデュースに変更。2020年1月からはビジュアル、メンバー名も変更された[87]。なお、追加加入したカエデフェニックスは、坂道合同オーディションの最終審査進出者といわれている。2020年、1stシングル「りスタート」で日本レコード大賞新人賞を受賞。
  • PIGGS(2020年 - ):元BiS、BILLLE IDLE®のプー・ルイが渡辺淳之介のバックアップの元、プロデュースしている。2020年7月1日、アルバムデビュー[88]

その他

福岡を中心に活動するローカルアイドルグループの一つであったが、2013年、メンバーの橋本環奈が「AKBを越えた」「1000年に1人の逸材」などと絶賛され、突然ヤフーニュースのトピックに載るなど話題になり、2014年にメジャーデビュー。しかし、橋本のソロ活動が顕著になったことなどもあり、2017年3月末をもって解散した[89]。なお、元メンバーの池松愛理は上述の「ラストアイドル」のセカンドユニット「Good Tears」のリーダーになっている。
レプロエンタテインメント所属。数々のドラマや映画に出演し女優としても活躍している川島海荷がかつて在籍していたほか、同じく女優としても活動する佐武宇綺Perfumeのあ~ちゃんこと西脇綾香の実妹・西脇彩華なども在籍している。2010年8月までは、メンバーの脱退が相次いだり、CDのリリースが途絶えたりするなど、苦難の時代を過ごしていたが、現体制になって以降はパフォーマンスガールズユニットというスタイルが確立し、CDの売り上げも上昇傾向である。
フジテレビの番組から誕生。所属する芸能事務所はバラバラである。それぞれバラエティではアイドルを超えたことにもチャレンジする。AKB48とはかつて「AKBアイドリング!!!」(2008年)というユニットでコラボした事もある。派生ユニットとして「NEO from アイドリング!!!」「HIP♡ATTACK fromアイドリング!!!」がある。2015年10月をもって解散するとの一部スポーツ紙の報道[90]があり、統括プロデューサーの神原孝は(時期未定だが)活動終了に向けて動いていることを認め[91]、その後、同年10月をもって、所属全メンバーの卒業を発表。神原によりユニット自体は解散しない旨の発表が行われたが、事実上の解散状態となっている[92]
はなわのプロデュースによる「ヲタクアイドルユニット」。かつてはスザンヌが所属していたことでも知られる。2011年11月には、アイドル戦国時代を戦い勝たなくてはならない[93]という理由で、中野風女シスターズとしての音楽活動を休止。メンバーが男装し、並行して活動を行っていた「風男塾」としてのみ現在活動している。
東京・秋葉原のライブイベントスペース・秋葉原ディアステージを拠点に活動。全メンバーがコアなオタクであり、「サブカル系アイドル」として分類されることもある。2010年にはメジャーデビューを果たしており、2014年には日本武道館で単独ライブ開催、2015年には世界7か国でのワールドツアーの実施を予定するなど、積極的に活動を展開していた[94]が、主要メンバーであった最上もがが「方向性の違い」からグループを脱退することとなり、5人で活動を継続することとなった[95]。2017年12月からは2名増員し7名体制になっている[96]。なお、余談であるがBS日テレ「古川未鈴と古畑奈和のいにしえ乙女酒」では、古川未鈴とSKE48の古畑奈和が共演していた[97]
プラチナム・パスポート所属のガールズロックユニット。女性ユニットでは史上初のオリコンランキング1位デビューを果たしている。キャビンアテンダント(CA)をモチーフとしており、独自の「PASSPO☆用語」も存在する。2018年9月をもって解散した[98]
スウィートパワーに所属する女優5人組グループ。数々のドラマや映画に出演している桜庭ななみが所属していたことが有名で、メンバー全員、女優個人としてドラマや映画などで活躍している。2014年6月30日をもって「卒業」の名目で解散。全員が単独の活動に戻っている。
アミューズ所属。結成時のメンバーとして、現在は女優やモデルとして活動する三吉彩花松井愛莉、元ソロシンガーの武藤彩未博多華丸の次女・岡崎百々子らが在籍していた。また中元日芽香(元乃木坂46)の妹・中元すず香らを含む「BABYMETAL」(後述)も当ユニットの出身である。「成長期限定ユニット」がコンセプトであるため、中学校を卒業すると同時にグループも強制卒業となる。2021年8月31日をもって活動終了予定[99]
アミューズ所属の「メタルダンスユニット」。元々は「さくら学院」のクラブ活動(派生)ユニット(「重音部」)であったが、同ユニットに所属する「SU-METAL」(中元すず香)「YUIMETAL」(水野由結)、「MOAMETAL」(菊地最愛)の3人全員が「さくら学院」を卒業したため、単体のアイドルユニットとして活動している。2014年からワールドツアーを開始し、レディー・ガガの前座として出演する[100]など、国内外で広く活動している。2016年4月23日付のアメリカ・ビルボードのアルバムチャートで、2枚目のアルバム「METAL RESISTANCE」が39位にランクイン。日本人アーティストとしては、1963年に坂本九のアルバム「スキヤキ・アンド・アザー・ジャパニーズ・ヒッツ」が14位にランクインした以来の快挙となった[101]。その後、2018年10月に以前から活動休止中であったYUIMETALが脱退し、現在は2名体制となっている(但し、コンサートなどではサポートメンバーを加えて3名で出演)[102]。結成当時は「アイドルとメタルの融合」[103]をテーマに、2012年までさくら学院重音部としてTIFに出演していたが、同学院を卒業後、単独ユニットとなってからは出演していない。その後、「これがヘビーメタルか」という賛否両論がありながらも、海外のロックフェスなどに多数参加し知名度を上げた。2020年12月31日放送の第71回NHK紅白歌合戦に初出場予定。
文化放送、セントラルミュージック、オフィスジュニアの3社合同企画で結成。コンセプトは「全国のお父さん&若き働く男性を応援するアイドル」。2017年3月をもって解散した。
AKB48と同じく、東京・秋葉原を中心に活動するローカルアイドルグループであるが、2014年にメジャーデビュー。元AKB48の研究生であった愛迫みゆ(AKB48在籍時は「上遠野瑞穂」、2019年に卒業)、佐野友里子、元NMB48の太田里織菜が在籍している。
LDH所属。EXILEと同じ事務所に所属することから、「EXILEの妹分」と表現される。「Dream」「Happiness」「Flower」のグループのほか、2015年1月には下部組織として「Rabbits」「Bunnies」も創設していたが、2017年をもってオリジナルメンバーの卒業もあり、3グループから11人編成の1グループに再編されたが、2020年12月28日の配信ライブをもって解散[注釈 10][104]。後輩グループとして、2017年から放映されているドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』から誕生した「Girls²(ガールズガールズ)」[105](2019年にメジャーデビュー)と、2018年に行われた「ガールズオーディション」から誕生した「iScream(アイスクリーム)」がいる[106]
レプロエンタテインメント所属。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」では劇中アイドルが歌う劇中歌の歌唱を担当し、企画枠ながら第64回NHK紅白歌合戦にも出場。2018年9月をもって解散した。
  • palet(2013年 - 2017年)
プラチナム・パスポート所属のアイドルユニットで、PASSPO☆の妹分の位置づけ。2017年12月をもって解散した。
アリスプロジェクト所属のアイドルグループで、構成される「アリス十番」(2011年結成)、「スチームガールズ」(2012年結成)、「アーマーガールズ」(2014年結成)の3グループの総称である。トップメンバー以外はマスクを被ったままで素顔を出すことが許されないという、独特のパフォーマンスを行っており、「最強の地下アイドル」を標榜するなど同プロジェクトの主軸グループとなっている。AKB48と同じく東京・秋葉原に専用劇場「P.A.R.M.S(パームス)」を拠点としている。2020年時点ではメジャーデビューしていない。
メンバーの中ではアリス十番の川村虹花(ななか)がプロレスラー・格闘家として活動したり[107]、当時スチームガールズに在籍していた東京大学出身の桜雪(現在は本名の橋本侑樹として活動)が小池百合子東京都知事の政治塾「希望の塾」の開講式に参加する[108][注釈 11]など多方面で活動する一方で、スチームガールズの猪狩ともかが2018年4月に不慮の事故に遭い、脊椎損傷による両下肢麻痺のため車椅子生活を余儀なくされたが、運営側が今後も猪狩を仮面女子のメンバーとしてサポートしていくことを表明する[112]など、話題が多い。

ローカルアイドル

地域を拠点に活動するアイドルグループ。AKB48及び姉妹グループも特定地域を拠点としている為、ローカルアイドルとされる事がある。

48グループとこれらのグループとは知名度・規模で圧倒的な差があるが、同じ地域のグループとして稀に比較対象となる。主な例として、前述のRev. from DVLや「愛知県公認アイドル」[113]としてSKE48のライバルとして頭角を現し始めたOS☆U(2010年結成)、NGT48の設立発表の際に突如注目された、NGT48設立の10年以上前から新潟県を中心に活動しているNegicco(2003年結成)[114]などが挙げられる。なお、2017年12月に行われた『第7回AKB48紅白対抗歌合戦』では、NegiccoとNGT48が「NegiGT48」として共演を果たしている[65]

また、48グループから卒業(離脱)したメンバーがローカルアイドルとして再起を目指す古森結衣(元HKT48→GALETTe転校少女歌劇団)、川崎成美(元SKE48、現在はdela所属)の様なケースや、逆にローカルアイドルグループの出身者が、48グループのメンバーとなるケース(東李苑河野早紀永野芹佳樋渡結依中野郁海今村美月由良朱合など)も見られる。

韓国のアイドル

韓国のアイドルグループは非常に多い。2020年5月時点では、韓国3大芸能事務所と呼ばれる、SMエンターテインメントJYPエンターテインメントYGエンターテインメントが、代表する女性グループとして、それぞれ、Red VelvetTWICEBLACKPINKを擁している[115]。 前述のIZ*ONE以外、日本人メンバーを含む活動中の女性アイドルグループは以下の通り。

2000年代に入ると、韓国のアイドルは、2000年にソロ歌手として韓国デビューしたBoAが、翌2001年日本デビュー。続いて2001年、3人のメンバーによるSugarが、韓国デビューし、2003年10月にはホリプロと2年契約を交わし日本に進出。更に折からの韓流ブームにものって、2007年3月にはKARAが、8月には少女時代とデビューし、日本での活動にも力を入れ[118]、2011年の第62回NHK紅白歌合戦にも出場し[119]、韓国アイドルの日本進出が激化した。

2017~2019年は日韓問題がありながらも、TWICEやBLACKPINKらが日本で圧倒的な人気を得た[120]。また、前述のように共同プロジェクトも発足するなど、日本での韓国アイドル人気が再燃している[121]と言える。

また、TWiCEなどを擁するJYPエンターテインメントはソニー・ミュージックエンタテインメントとアライアンスを組んで、2020年1月から日韓共同オーディション『Nizi Project』(通称:虹プロ)を実施、このオーディションで選ばれた日本人女性9名でグループ『NiziU』を結成。同年6月にプレデビュー。同12月に正式デビュー[122]

脚注

注釈

  1. ^ 2015年6月に、第1期生オーディションが開始した時点の名称は「鳥居坂46」であった。
  2. ^ 国内48グループの運営会社はAKS(SKE48、NMB48およびSTU48を除く)、株式会社SKE(SKE48のみ)、Showtitle(NMB48のみ)、STU(STU48のみ)の4社であるが、乃木坂46は「乃木坂46合同会社」、欅坂46および日向坂46は「Seed & Flower 合同会社」といずれもソニー・ミュージックレーベルズ関連会社、吉本坂46は吉本興業を中心とした「吉本興業グループ」である。
  3. ^ 吉崎綾と古賀哉子は2018年6月30日をもって、ラストアイドルならびにLaLuceを卒業。
  4. ^ 当初は、高辻だけでなく武田愛奈も出演予定だった。学業を理由とした休養のため降板
  5. ^ カテゴリ:PRODUCE 48練習生参照。
  6. ^ 2019年4月時点では39名
  7. ^ 余談だが、「研生」制度をかつて導入していた坂道シリーズには2018年に「坂道研」が登場しており、こちらも「坂道研生」という誤字がみられる[64]
  8. ^ 山田菜々はNMB48所属後は公言していないが、かつて「中山菜々」名義で「ハロプロ関西」の「SI☆NA」で活動していたこともある。
  9. ^ ウイカは解散後の2020年1月に、2015年から入籍していたことを公表[86]
  10. ^ 内部ユニットのスダンナユズユリーも解散、Happinessは5人体制で継続
  11. ^ 後に2019年3月末をもってグループを卒業することを発表[109]。同年4月に行われた統一地方選後半の東京・渋谷区議会議員選挙に、音喜多駿前東京都議会議員が代表を務める「あたらしい党」の公認で立候補[110]し、当選している[111]

出典

  1. ^ 相次ぐ中堅アイドルの解散「平成とともにアイドル戦国時代が終わる」と寂しさ - STANDBY 2018年8月1日
  2. ^ プロデューサー挨拶 - TIF公式サイト 2019年8月
  3. ^ TIF de Debut by TWIN PLANET - TIF公式サイト 2018年12月
  4. ^ 次世代を担うアイドルユニット発掘オーディション - TWIN PLANET公式サイト 2018年12月
  5. ^ 「アイドルの作られ方」が激変した根本理由 平成アイドル史、この30年で何があったのか - 東洋経済オンライン 2018年4月6日
  6. ^ 例:AKBグループ「欅坂46」未成年淫行写真問題で父親を直撃! - 週刊文春WEB 2015年11月11日
  7. ^ 感動の最終回の裏で悲劇は起きていた!乃木坂46を襲った日テレの大エラー - ASAGEIplus 2015年10月4日
  8. ^ ソウル変革を成し遂げたマーヴィン・ゲイの不朽の名作『What's Going on』 - OKMusic 2015年12月11日
  9. ^ イコールラブ オフィシャルウェブサイトトップページ
  10. ^ 指原莉乃プロデュース=LOVE、メジャーデビュー - 日刊スポーツ 2017年8月5日
  11. ^ 指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE」、デビュー曲解禁で“良曲揃い”が話題「余韻が凄い」「さっしーの作詞ハイセンス」 - モデルプレス 2017年8月17日
  12. ^ =LOVE(イコールラブ)/ しゅきぴ【MV full】 - =LOVE(イコールラブ)公式チャンネル (YouTube) 2020年11月24日
  13. ^ 「=LOVE」の姉妹グループ「≠ME」メンバー初お披露目 - ザ・テレビジョン 2019年2月25日
  14. ^ 「ラストアイドル」メンバー、AKBグループ総監督を“挑戦相手”に指名!? - オールナイトニッポン公式 2017年12月25日
  15. ^ グループ会社情報|企業情報|株式会社KeyHolder
  16. ^ ラストアイドル 「ラスアイ、よろしく!」 |テレ朝キャッチアップ|無料見逃し配信中! - テレビ朝日 2020年2月5日
  17. ^ 「ラストアイドル」記者会見にタイのアイドル多数、この中からオーディション参加者も? - タイランドハイパーリンクス 2020年10月3日
  18. ^ Last Idol Thailand誕生! - ラストアイドル公式サイト 2020年10月7日
  19. ^ タイ版「ラストアイドル」が始動! 本家同様のオーディションで暫定メンバー7人選出 - 東スポ 2020年12月29日
  20. ^ โต๊ะข่าวบันเทิง CH3(タイ・チャンネル3) ツイート - Twitter 2020年12月29日
  21. ^ Mahnmook ٩(๑^◡^๑)۶ ツイート - Twitter 2020年12月29日
  22. ^ 吉本坂46 ツイート - Twitter 2018年8月5日
  23. ^ 「吉本坂46」第四次オーディション投票-マーンムック(SWEAT16!) - 吉本坂46公式サイト 2018年6月4日
  24. ^ Mahnmook ٩(๑^◡^๑)۶ ツイート - Twitter 2019年11月9日
  25. ^ kimika onai ツイート - Twitter 2020年1月14日
  26. ^ 秋元康氏総合プロデュースのデジタルアイドル、メンバー名決定 - ドワンゴジェーピーnews 2017年3月14日
  27. ^ TVアニメ「22/7」放送開始日&第2弾キービジュアル公開 先行上映会や番宣番組も決定 - アニメアニメ 2019年12月2日
  28. ^ 宮瀬玲奈が『FM FUJI 沈黙の金曜日』のアシスタントを担当します! - ソニーミュージック公式サイト(22/7) 2018年7月18日
  29. ^ 元乃木坂46メンバーが『ヲタクに恋は難しい』でコスプレ! - シネマトゥデイ 2020年2月9日
  30. ^ 22/7(ナナブンノニジュウニ)のツイート - 2020年2月7日
  31. ^ リズムゲームアプリ「22/7 音楽の時間」が遂に正式サービス開始! - アニプレックス(PR TIMES) 2020年5月27日
  32. ^ 音楽情報 - 「22/7 音楽の時間」
  33. ^ 『勇者セイヤン(予言)』全キャスト発表!! - 爆走おとな小学生 公式ブログ 2020年7月1日
  34. ^ [1] - 爆走おとな小学生 公式ブログ 2020年7月19日
  35. ^ 【時間変更】【振替】演劇ユニット【爆走おとな小学生】 第十四回全校集会『勇者セイヤンの物語~ノストラダム男の大予言~』【東京公演】1月22日 (金)②12:30 - イベントノート
  36. ^ 伊藤寧々 Nene Ito ツイート - Twitter 2020年7月1日
  37. ^ 秋元康プロデュースの劇団4ドル50セント、派生ユニットも初お披露目 - ステージナタリー 2017年8月23日
  38. ^ NGT48中井りか、『文春砲』半同せい報道を生釈明「罪悪感のかたまり」 - ORICON STYLE 2018年6月18日
  39. ^ 【3年C組】第4週、合格者インタビュー 夘余野陽奈乃&村西里世&木目田俊&河野紳之介 - ORICON STYLE 2018年4月29日
  40. ^ 【3年C組】敗者復活合格者に聞く Youは何しに青春高校へ!?(前編) - ORICON STYLE 2018年6月10日
  41. ^ [https://www.oricon.co.jp/news/2111791/full/ 第7週の合格者はチャーリー 「ナイジェリアあるある」が決め手? - ORICON STYLE 2018年5月20日
  42. ^ 【3年C組】敗者復活合格者に聞く Youは何しに青春高校へ!?(後編) - ORICON STYLE 2018年6月14日
  43. ^ https://www.tv-tokyo.co.jp/3-c/students/20190527/01.html - 青春高校3年C組
  44. ^ 【青春高校】8・27文化祭開催 秋元康氏、合唱曲を含む5曲を提供 - ORICON STYLE 2018年8月8日
  45. ^ 「青春高校3年C組」“1万人動員達成でCDデビュー遂に決定!” - テレビ東京グループ 2019年8月27日
  46. ^ 青春高校3年C組デビューシングル、ジャケットは女子アイドル部の日常風景 - ナタリー 2019年12月27日
  47. ^ 登場人物|DASADA - 日本テレビ
  48. ^ [https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2020/021518.html 夕方放送ラスト!中井先生×女子アイドル部コラボで生徒号泣...感動のフィナーレ!:青春高校3年C組 - テレ東プラス 2020年3月28日
  49. ^ a b IZ*ONE JAPAN OFFICIAL SITE
  50. ^ 宮脇咲良&矢吹奈子、HKT48ライブで涙の決意表明 - ORICON NEWS 2018年12月25日。
  51. ^ 宮脇咲良、AKBグループの活動休止!日韓ユニット・IZ*ONEに専任 - SANSPO.COM 2018年9月25日。
  52. ^ NGT会見で炎上のAKS松村匠氏 取締役を退任し、IZ*ONE責任者に異動 - スポーツ報知 2019年7月2日
  53. ^ 「IZ*ONE」ライブ中止に続きイベント延期 視聴者投票を不正操作 - Sponichi Annex 2019年11月27日
  54. ^ IZONE、カムバックショーケースのキャンセルに続きアルバム発売も延期 - DANMEE 2019年11月7日
  55. ^ X1&IZ*ONEの活動再開へ…CJ ENM代表、記者会見で騒動を謝罪「傷ついた練習生・視聴者に申し訳ない」(全文) - Kstyle 2019年12月30日
  56. ^ 秋元康×ワーナーミュージック、ガールズバンドプロジェクト始動 - 音楽ナタリー、2018年9月4日
  57. ^ 国民的ガールズバンド一期生全国オーディション - 2018年9月4日
  58. ^ 秋元康によるガールズバンド“ザ・コインロッカーズ”お披露目、1年後にZepp Tokyoワンマン - 音楽ナタリー 2018年12月23日
  59. ^ ザ・コインロッカーズ デビューシングル 「憂鬱な空が好きなんだ」 6月19日(水)発売決定!! - ザ・コインロッカーズ公式サイト 2019年5月2日
  60. ^ デビューシングル「憂鬱な空が好きなんだ」リリース決定! - ワーナーミュージック・ジャパン 2019年4月23日
  61. ^ ザ・コインロッカーズ 今後の活動について - ザ・コインロッカーズ公式サイト 2019年12月17日
  62. ^ AKB48グループ研修生103人が迫力のパフォーマンス - モデルプレス 2013年6月6日
  63. ^ ハロプロメンバーが集結~2万人のファンが熱狂 - ORICON STYLE 2014年3月31日
  64. ^ 坂道研究生のオフィシャルサイトがオープン!15人のプロフ公開 - RBB TODAY 2019年9月7日
  65. ^ a b c 第7回AKB48紅白対抗歌合戦、勝敗決定 - モデルプレス 2017年12月10日
  66. ^ 「今もまだ頭の整理ができていません」 芸能界引退のももち、カントリー・ガールズの新体制に動揺と悔しさ - ねとらぼ 2017年6月10日
  67. ^ カントリー・ガールズ 活動休止のお知らせ - ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト 2019年10月18日
  68. ^ a b c モーニング娘。だけじゃない! AKBから王座奪回を狙うハロー!プロジェクト - リアルライブ 2011年2月2日
  69. ^ ハロプロ新ユニットは「新鮮」6人組「Juice=Juice」 - スポーツニッポン 2013年2月25日
  70. ^ ハロー!プロジェクト 新ユニット結成について - ハロー!プロジェクト
  71. ^ ℃-ute、来年6月で解散 結成12周年“念願”さいたまSA公演で - ORICON STYLE 2016年8月20日
  72. ^ ハロプロ8人組新ユニット名は「こぶしファクトリー」優美で力強く - スポーツニッポン 2015年2月25日
  73. ^ こぶしファクトリー解散でファン注目 “ハロプロFA”井上玲音の移籍先 - 東京スポーツ 2020年1月9日
  74. ^ 「AKB48超えたい」、avexから誕生のSUPER☆GiRLS - BARKS 2010年6月12日
  75. ^ AKB48選抜総選挙、速報発表をニコ生で全国6都市より生中継 - ドワンゴジェイピーnews 2017年5月18日
  76. ^ 元AKB金澤がスパガ転身 ! 新加入7人お披露目 - 日刊スポーツ 2018年12月19日
  77. ^ 弊社所属アーティスト「Cheeky Parade」についてのご報告 - Cheeky Parade オフィシャルウェブサイト 2018年4月12日
  78. ^ GEM今春解散「スパガ」ら4組とメンバー入れ替え - 日刊スポーツ 2018年1月15日
  79. ^ AKBドラフト候補生49人決定 東京女子流・山邊の妹、バイトAKB11人も - ORICON STYLE 2015年3月1日
  80. ^ 牧野アンナTwitterアカウントの紹介欄参照。
  81. ^ 原宿駅前ステージオープン!! - 新垣 寿子(振付師)のブログ 2015年8月20日
  82. ^ ももクロ横アリ公演にAKBさしこ登場 『ゆび祭り』直接出演交渉 - ORICON STYLE 2012年4月21日
  83. ^ エビ中、公式ブログでグループ活動休止“否定” 松野さんのために「進んでいきます」 - スポーツニッポン 2017年2月14日
  84. ^ なぜBiSHにドハマりしてしまうのか? その理由が『アメトーーク!』で解明された - rockin'on.com 2019年10月15日
  85. ^ BILLIE IDLE® 解散のお知らせ - BILLIE IDLE®公式サイト 2019年10月16日
  86. ^ ファーストサマーウイカ、一般男性と数年前に入籍していたことを発表 - 音楽ナタリー 2020年1月1日
  87. ^ 豆柴の大群、メンバー全員改名!カエデ迎えた5人体制初アー写公開 - 音楽ナタリー 2020年1月1日
  88. ^ PIGGS『5 KILL STARS』プー・ルイ率いる5人組アイドルが語る、感情剥き出しに踏みしめた次の一歩 - mikki 2020年12月15日
  89. ^ 橋本環奈のRev.from DVL、3月末解散へ - ORICON NEWS 2017年2月6日
  90. ^ アイドリング解散!結成9年 10月限り - 日刊スポーツ 2015年2月28日
  91. ^ アイドリング解散「ドッキリではありません」 - 日刊スポーツ 2015年3月3日
  92. ^ アイドリング!!! 10・31に全員卒業へ 正式コメントを発表「解散しません」 - ORICON STYLE 2015年4月3日
  93. ^ 中野風女シスターズ音楽活動休止。 - はなわオフィシャルブログ 2011年11月29日
  94. ^ でんぱ組、初海外ツアー発表 5月日本ツアー千秋楽以降に実施 - スポーツニッポン 2015年2月12日
  95. ^ でんぱ組の最上もががグループを脱退、SNSで発表 - 日刊スポーツ 2017年8月6日
  96. ^ でんぱ組.inc、2人加入で7人体制に 新メンバーは鹿目凛&根本凪、現グループと並行活動 - Oricon Style 2017年12月30日
  97. ^ 『古川未鈴と古畑奈和のいにしえ乙女酒』公式サイト - VAP
  98. ^ PASSPO☆、9月の中野サンプラザ公演をもって解散 - 音楽ナタリー 2018年5月18日
  99. ^ さくら学院からの大切なお知らせ - さくら学院公式サイト 2020年9月1日
  100. ^ レディー・ガガ、BABYMETAL前座に最前列で大興奮 楽屋で4ショットも熱望 - ORICON STYLE 2014年8月4日
  101. ^ ベビーメタル、米チャート39位 坂本九さん以来の快挙 - 朝日新聞デジタル 2016年4月13日
  102. ^ BABYMETAL新体制についてのお知らせ - BABYMETAL オフィシャルサイト 2018年10月19日(リンク切れ)
  103. ^ 異色メタルアイドル「ベビーメタル」はなぜ人気? “仕掛け人”を直撃! - 日経トレンディ 2012年10月26日
  104. ^ E-girls活動終了/メンバーの今後一覧 - 日刊スポーツ 2020年12月29日
  105. ^ 「NiziU」のメンバー決定!「7人が現役高校生」で急浮上したライバルの存在感 - アサ芸Biz 2020年6月26日
  106. ^ LDH新ユニット「iScream」お披露目 - 日刊スポーツ 2020年2月2日
  107. ^ 仮面女子・川村虹花 プロレスデビュー戦は無念のギブアップ「次の夢は勝つこと」 - 東スポWeb 2017年9月22日
  108. ^ 【東大卒アイドル】「仮面女子」桜雪が小池政治塾の門を叩いた "痛い"アイドルはなぜ「池上彰」を目指すのか? - 産経ニュース 2016年12月4日
  109. ^ 仮面女子の「東大アイドル」桜雪、3月に卒業し「政治の世界に進むことを決めました」 - スポーツ報知 2018年12月22日
  110. ^ 平成31年 統一地方選挙 あたらしい党 第6次 公認候補予定者を決定しました。 - あたらしい党 2018年12月23日
  111. ^ 元仮面女子橋本ゆき氏「ここから」区議選で初当選 - 日刊スポーツ 2019年4月22日
  112. ^ ハンディのあるアイドルに…両下肢まひ「仮面女子」猪狩ともかの夢 〈週刊朝日〉 - AERA dot. 2018年5月18日
  113. ^ 愛知県公認アイドルOS☆Uが全国進出「SKE48、しゃちほこに挑む!」 - ORICON STYLE 2015年1月2日
  114. ^ 「NGT48」vs「Negicco」 新潟で“ご当地アイドル戦争”勃発か - 日刊ゲンダイ 2015年8月1日
  115. ^ TWICE、BLACKPINK、RedVelvet‥K-POPガールズグループの真剣勝負が幕を開ける6月 - Danmee 2020年5月7日
  116. ^ 「Nizi Project」デビューグループ名が決定 -  モデルプレス 2020年6月26日
  117. ^ 『Nizi Project』発NiziU 9人が“他己紹介”でメンバーの素顔を明かす! - ORICON NEWS 2020年7月8日
  118. ^ 続々と日本進出するK-POPガールズグループ - リアルライブ 2010年8月12日
  119. ^ KARAと少女時代が紅白初出場「新韓流ブームを立証」=韓国 - livedoor NEWS 2011年11月30日
  120. ^ TWICE、BLACKPINK、BTS……K-POPブーム再燃に至った理由 日本における歴史を振り返る - REAL SOUND 2019年9月4日
  121. ^ 2019年、K-POPガールズグループが続々と日本にやってくる!その理由は? - スポーツソウル 2019年2月11日
  122. ^ 話題沸騰中!虹プロ発アイドルNiziUが12月2日に正式デビュー決定 - スポーツソウル 2020年10月2日

外部リンク