SKE48のオーディション

提供:エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項目では、SKE48のメンバーを選出するオーディションについて記述する。

1期生

合格日:2008年7月30日
応募人数:2,670名
合格者:22名
稲垣ほなみ大矢真那尾関きはる小野晴香桑原みずき佐藤聖羅佐藤実絵子柴木愛子新海里奈鈴木きらら高井つき奈高田志織出口陽(元AKB48 4期生)、平田璃香子平松可奈子前川愛佳松井珠理奈松井玲奈松下唯森紗雪矢神久美山下もえ
倍率:121倍
解説:うち15名が選抜メンバー(チームSの前身)として公演デビュー[注釈 1]。長らく主力と呼ばれてきた。2021年4月に最後まで残った松井珠理奈も卒業したため、1期生全員がSKE48から退いている。

2期生

合格日:2009年3月29日
応募人数:3,248名
合格者:24名
赤枝里々奈阿比留李帆井口栞里石田安奈磯原杏華市原佑梨内山命大島風薫加藤智子加藤るみ鬼頭桃菜斉藤真木子齋藤優菜高柳明音橋本あゆみ林星香古川愛李前田栄子SDN48へ移籍、本名の手束真知子として活動)、松本梨奈間野春香向田茉夏山田澪花若林倫香若生純奈
倍率:135倍
解説:2期生のうち、14名がチームKII(残る2名は1期生の佐藤聖羅と佐藤実絵子)として公演デビュー。高柳がKIIリーダーを務めていた。
2021年4月現在で残る現役メンバーは斉藤真木子のみである。

3期生

合格日(最終審査日):2009年11月1日
お披露目:2009年11月14日(『RIVER』劇場盤握手会@東京ビッグサイト)
応募人数:2,396名
合格者:13名
今出舞上野圭澄小木曽汐莉木﨑ゆりあ(AKB48へ移籍)、木下有希子後藤理沙子須田亜香里秦佐和子半田礼音松村香織矢方美紀柳瀬愛子山田恵里伽
倍率:184倍
解説:SKE48の中でも少し変わった世代。AKB48は3期生も3つ目のチームを結成していたが、SKE48はここから研究生としてまず加入し、正規メンバーへの昇格を目指していく。オーディションの応募者や合格者が一番少ないという特徴もある。
AKB48は人数が多いため、メンバー間で格差が出来るのは別に珍しい事ではないが、その中でも3期生は格差が特に大きいと言われている(松村香織が先輩から言われたとのこと[1])。早い者は数ヶ月で昇格・シングル曲の選抜入り(小木曽、木下など)などを経験しているが、遅い者はその時に劇場公演にすら出ていなかった。湯浅によると3期生は負けず嫌いな性格が多く、その扱いの違いからメンバー同士で気まずくなる事もあったという。一番最初に正規メンバーに昇格した小木曽は「私が選ばれた分、上がれなかった子もいる。研究生時代、3期生同士でケンカもしましたけど、何でも話し合える仲だからこそ、ぶつかれた」[2]と語っている。
また、1・2・4期生が、それぞれチームS・KII・Eの中核になっているのに対し、現在(2011年8月当時)11人いる3期生は、S所属が3人、KIIが4人、Eが2人、研究生が2人と、グループにバラバラに点在しているのも特徴。
小木曽「同期のメンバーがそれぞれのチームにいるんです。本当にバラバラなんですけど、お互いのチームのことを話し合って、アドバイスをし合えるんですよね。そこは同期の強みだと思いますし、そういう部分も活かしていきたいですね」[3]
須田「自分達は研究生だから、絶対に同じチームにはなれない。同じ場所を目指す日は来ないかも知れない。って気づいたときは皆で泣きました。それくらい3期生にとって、3期生の存在はSKE48に入ってから初めて出来た大切な仲間なんです」[4]
また、アイドル雑誌では3期生四天王などと名付け特集したり、第3回総選挙では2人がランクインするなど、ファン人気が高い注目の世代でもあった。松村は長らく研究生であり、「SKE48終身名誉研究生」かつ「AKB48グループ研究生会会長」(「大組閣」において就任)の肩書を持っていたが、2015年3月26日に正規メンバーへの昇格が発表されている(昇格まで5年余りを要しており、48グループにおいても最遅昇格記録)。その一方で、選抜常連であった木﨑が2014年にAKB48へ移籍(2017年卒業)と、小木曽、秦も含めて多くが卒業した。
2022年11月に最後まで残った須田も卒業したため、3期生全員が48グループから退いている。

4期生

合格日:2010年9月30日
お披露目:2010年10月5日(コンサート「汗の量はハンパじゃない」愛知公演)。
応募人数:5,888名
合格者:16名
犬塚あさな梅本まどか金子栞木本花音小林亜実小林絵未梨酒井萌衣柴田阿弥高木由麻奈竹内舞都築里佳中村優花野々山茉琳原望奈美水埜帆乃香山下ゆかり
倍率:368倍
解説:研究生として加入しているが、湯浅は「4期生のオーディションはEを作るためだったんですよ」[5]と語っている。実際に研究生期間は2ヶ月ほどで、大半のメンバーが12月に「チームE」を結成し、正規メンバーに昇格している。
金子栞「私達は研究生公演も出ていなかったし、研究生らしいことはしていないかもしれません」[6]
その一方で、最後まで研究生であった犬塚は2014年8月に正規メンバーに昇格するまで約4年近く研究生を続けた(松村香織の昇格発表までは、48グループにおいて最遅昇格記録)。
また、柴田は第6回総選挙において15位となり、選抜入りを果たした(過去6回の総選挙で、SKE48からの総選挙選抜入りは松井珠理奈、松井玲奈を除き、柴田と須田亜香里のみ)。
2019年6月現在で残る現役メンバーは都築のみである。

5期生

応募期間:2011年9月5日 - 30日
第2次審査:2011年10月12日[7]、84名が合格[8]
最終審査:2011年10月16日、16名が仮合格[8]
お披露目:2011年11月26日、「SKE48 リクエストアワー セットリストベスト50 2011」1日目。
応募人数:5988名[8]
合格者:13名
市野成美岩永亞美江籠裕奈大脇有紗荻野利沙菅なな子新土居沙也加日置実希藤本美月二村春香古畑奈和宮前杏実山田みずほ
倍率:460倍
解説:5期生の中で最速の昇格となったのが菅と古畑であるが、デビューから約1年を要している。その後、2013年春の「組閣」で市野、岩永、江籠、新土居、藤本、二村、宮前の7名が正規メンバーに昇格したが、藤本はチーム配属前に活動辞退。そして最後、山田は2013年10月にチームKIIへ、大脇は2014年2月の「大組閣」にチームEへそれぞれの昇格。
宮前は16thシングルに初選出かつセンターに抜擢された。古畑は第9回総選挙では第14位、総選挙として初めての選抜メンバーとなる。
2022年10月現在、現役メンバーは江籠のみである。

6期生

応募期間:2012年8月15日 - 9月15日
応募資格:
  • 11歳 - 22歳までの女性。
  • 合格した時点でSKE48と所属契約ができる方。
  • 経験不問
  • 合格後、研究生(レッスン活動の成果により正規メンバーへ昇格となります。)として活動を開始し、日常的にSKE48劇場(SUNSHINE SAKAE 2F)に通い、活動ができる方
第1次審査:2012年9月中旬[9]
第2次審査:2012年9月下旬[9]
最終審査:2012年10月上旬[9]
お披露目:2013年2月28日[注釈 2]
応募人数:6682名
合格者:20名
青木詩織東李苑井田玲音名伊藤茜折戸愛彩鎌田菜月北川綾巴北野瑠華北原侑奈熊崎晴香後藤真由子佐々木柚香空美夕日竹内彩姫野口由芽日高優月宮脇理子矢野杏月山田樹奈山本由香
倍率:334倍
解説:6期生の中で、東が2013年春の「組閣」でチームEに最速の昇格、劇場デビューからのスピード昇格を果たしている。その後、北川、北野、熊崎、日高は2014年2月の「大組閣」に、野口は同年8月にも昇格。最後は、青木、井田、鎌田、竹内、山田の5名は2015年3月に昇格。
その中で、北川は研究生ユニット『てんとうむChu!』の一員に、さらに16thシングルのセンターに抜擢された。
2021年6月現在、現役メンバーは青木、井田、鎌田、北野、熊崎、日高の6名である。

ドラフト1期生

詳細は第1回ドラフト会議を参照。

契約:8名(指名時は9名だったが、1名が契約辞退)
松本慈子(チームS)、神門沙樹髙塚夏生荒井優希惣田紗莉渚(以上、チームKII)、小石公美子髙寺沙菜福士奈央(以上、チームE)
解説:指名されたメンバーのうち、1名を除いて契約。各チームの正規メンバーとして採用されている。その中では惣田が16thシングルでいち早く選抜入りを果たし、神門が続いて17thシングルで選抜入りを果たしている。その後、松本、福士はそれぞれ所属チームのリーダー(副リーダー)に抜擢されている。惣田は第9回総選挙では第8位、ドラフト1期生の中で初めて総選挙の選抜入りとなった。
なお、神門は2015年11月に48グループ全体を通じ「初のドラフト1期生の卒業メンバー」となっている。
2021年7月現在、現役メンバーは荒井、福士、松本の3名である。

7期生

詳細はSKE48 7期オーディションを参照。

合格者:15名
相川暖花浅井裕華太田彩夏小畑優奈片岡成美川崎成美後藤楽々末永桜花杉山愛佳髙畑結希辻のぞみ野島樺乃町音葉村井純奈和田愛菜
解説:48グループのオーディションでは初めてファン投票が導入され、その順位を参考として15名が合格している。中間発表では野島が第1位となっていた。
2015年11月、小畑、後藤、杉山、野島の4名が最速昇格。その後、浅井、太田、末永、髙畑、町は2016年11月に、相川と片岡は2017年10月にも正規メンバーへ昇格している。
後藤は研究生時代に18thシングル選抜入りとなった。さらに、小畑は21stシングルに初選出かつ単独センターに抜擢された。しかしその後、二人ともにSKE48から卒業。
2022年1月現在、相川、浅井、太田、末永、髙畑の5名が現役メンバーである。

ドラフト2期生

詳細は第2回ドラフト会議を参照。

契約:5名
一色嶺奈上村亜柚香(以上、チームS)、白井琴望水野愛理(以上、チームKII)、菅原茉椰(チームE)
解説:加入時は他のグループ同様に研究生であったが、2015年11月に白井、菅原がそれぞれ指名されたチームの正規メンバーへ昇格している(48グループを通じて、ドラフト2期生の正規メンバー昇格は最速)。そして2016年11月に一色、上村、水野も昇格し、ドラフト2期生全員が正規メンバーである。
2021年2月現在、上村、菅原、水野の3名が現役メンバーである。

8期生

応募期間:2016年8月10日 - 9月9日
応募資格:
  • 11歳 - 22歳までの女性。
  • 合格した時点でSKE48と所属契約ができる方。
  • 国内在住の方
  • 合格後、日常的にSKE48 劇場に通い活動できる方
最終審査:2016年10月29日[10]
合格者:19名
渥美彩羽石川咲姫石黒友月井上瑠夏大芝りんか岡田美紅川合杏奈北川愛乃倉島杏実小林佳乃坂本真凛佐藤佳穂白雪希明仲村和泉野々垣美希野村実代深井ねがい森平莉子矢作有紀奈
解説:SKE48のオーディションで初めてSHOWROOMで候補者がルームを設置し配信を行った。イベント期間中の配信内容、獲得ポイント数、順位等は審査過程の参考とするが、直接的に合否には関係ない。また、一部候補者は配信を行っていない。
最終審査発表では、集合写真などから23名が仮合格とみられていたが、11月19日に公開されたプロフィールでは19名が8期生メンバーとして紹介されている。井上と野村実代(姉の奈央は(当時)AKB48チームKドラフト研究生)は第2回ドラフト会議の最終候補者、野々垣はSKE48 7期オーディションの最終審査に進出していた。
2017年10月、井上、北川、佐藤、野村、矢作の5名が最速昇格。その後、大芝、岡田、倉島、坂本、白雪、仲村、野々垣は2018年5月に、石黒と深井は同年9月にも正規メンバーへ昇格している。
2022年2月現在、石黒、井上、北川、倉島、坂本、佐藤、仲村、野村の8名が現役メンバーである。

ドラフト3期生

詳細は第3回ドラフト会議を参照。

契約:5名
上妻ほの香大谷悠妃(以上、チームS)、中野愛理(チームKII)、西満里奈平田詩奈(以上、チームE)
解説:加入時は他のグループ同様に研究生であったが、2018年9月に、当時在籍中の大谷、中野、西、平田が指名されたチームの正規メンバーへ昇格している(48グループを通じて、ドラフト3期生の正規メンバー昇格は最速)。
2021年4月現在、現役メンバーは大谷、中野の2名である。

9期生

応募期間:2018年9月17日 - 11月4日
応募資格:
  • 11歳 - 22歳までの女性。
  • 合格した時点でSKE48と所属契約ができる方。
  • 国内在住の方
  • 合格後、日常的にSKE48 劇場に通い活動できる方
合格者:20名
青海ひな乃赤堀君江安達玲奈荒野姫楓池田楓石川花音入内嶋涼大橋真子大場紗也加岡本彩夏川嶋美晴白井友紀乃杉山菜田里鈴木愛菜鈴木恋奈竹内ななみ田辺美月中坂美祐平野百菜藤本冬香
解説:SHOWROOMで候補者がルームを設置し配信を行った。イベント期間中の配信内容、獲得ポイント数、順位等は審査過程の参考とするが、直接的に合否には関係ない。また、一部候補者は配信を行っていない。
最終審査発表では、集合写真などから24名が仮合格とみられていたが、12月31日に公開されたプロフィールでは20名が9期生メンバーとして紹介されている。中坂は第3回ドラフト会議の最終候補者、白井友紀乃は白井琴望(元SKE48・ドラフト2期生)の姉。
2020年3月、青海、赤堀、荒野、池田、岡本、白井、田辺の7名が最速昇格。そして同年10月に、石川、入内嶋、川嶋、鈴木愛菜、鈴木恋奈、竹内、中坂、平野、藤本も正規メンバーへ昇格している。
2021年6月現在、青海、赤堀、荒野、池田、入内嶋、岡本、川嶋、鈴木愛菜、鈴木恋奈、竹内、田辺、中坂、平野、藤本の14名が現役メンバーである。

10期生

詳細はSKE48 第10期生オーディションを参照。

合格者:12名→11名(1名辞退)
青木莉樺五十嵐早香石塚美月伊藤実希加藤結木内俐椛子鬼頭未来澤田奏音杉山歩南西井美桜林美澪
解説:最終審査で、3次審査を通過した候補者の中からファンの投票によって合格者を決定。公表された合格者の11名が2019年12月21日、SKE48劇場での『チームE 5th Stage「SKEフェスティバル」』公演の冒頭において、SKE48の10期生としてお披露目された。
木内と加藤は研究生のまま卒業したが、他の研究生は2021年12月に正規メンバーへ昇格することを発表される(2022年1月にチーム配属)。
林は研究生時代に28thシングル「あの頃の君を見つけた」でセンターを務め、研究生がシングル表題曲のセンターに抜擢されるのはSKE48史上初めてとなる。
2022年3月現在、青木、石塚、伊藤、鬼頭、澤田、杉山、西井、林の8名が現役メンバーである。

11期生

応募期間[11]:2021年12月20日正午 - 2022年1月16日
応募資格[12]
  • 10歳以上の女性(18歳の者は保護者の同意は必要なし)
  • 経験不問・国籍不問
  • 合格後、SKE48劇場に通える方
  • 合格時、株式会社ゼストと所属契約を交わすことができる方
    • 他の事務所に所属していますの応募は可能
  • 審査過程において、テレビ・WEB・その他の媒体にて出演が可能な方
  • 一次審査 - 書類選考
  • 二次審査 - 面接審査:2022年2月5日 - 6日[13]
  • 最終審査 - ダンス・歌唱審査:2022年2月27日[14]
    • 課題曲[14]:歌唱:「紅蓮花」「アイノカタチ」「やさしさで溢れるように」、ダンス:「賛成カワイイ!」
  • お披露目:2022年4月5日・SKE48劇場[15]
合格者:7名
大村杏篠原京香杉本りいな原優寧森本くるみ山村さくら脇田葵
2022年5月現在、大村、篠原、杉本、原、森本、山村の6名が現役メンバーである。

脚注

注釈

  1. ^ 中西優香AKB48からの移籍扱いとなるため、SKE48のオーディションは受けていない。出口陽はAKB48卒業後にSKE48オーディションを受験している。
  2. ^ 正式なお披露目前の2013年1月1日に、6期生オーディションの合格メンバーとして紹介されている。

出典

  1. ^ 光文社「SKE48 COMPLETE BOOK 2010 - 2011」P111より。
  2. ^ 光文社「SKE48 COMPLETE BOOK 2010 - 2011」P59より。
  3. ^ SKE48 『バンザイVenus』インタビュー - ホットエキスプレス・ミュージックマガジン
  4. ^ 山田恵里伽 - 須田亜香里オフィシャルブログ 2012年4月21日
  5. ^ 「BUBKA」 2011年3月号より。
  6. ^ v(゜_゜金子栞)v♪自由だーっ - SKE48オフィシャルブログ powered by Ameba 2011年12月7日
  7. ^ SKE48第5期生オーディション二次審査合格通知書発送のお知らせ - SKE48オフィシャルサイト(ニュース) 2011年10月12日
  8. ^ a b c SKE48第5期生オーディション開催! 5988名の応募から16名が仮合格者に決定 - デ☆ビューニュース 2011年10月16日
  9. ^ a b c SKE48 6期生オーディション開催のお知らせ - SKE48オフィシャルサイト(ニュース)2012年8月12日
  10. ^ 2019年10月29日 SHOWROOM配信「SKE48からそんなに重大じゃない発表をするので見なくて大丈夫だけど見てほしいです。お願いしますSP」
  11. ^ SKE48第11期生オーディション開催のお知らせ - SKE48公式サイト 2021年12月19日
  12. ^ SKE48第11期生オーディションサイト - SKE48公式サイト
  13. ^ テレビ愛知「SKE48の未完全TV」 2022年2月27日放送分
  14. ^ a b テレビ愛知「SKE48の未完全TV」 2022年3月13日放送分
  15. ^ 11期生お披露目イベント実施・7期生ドラフト2期生ソロ公演実施・劇場公演再開のお知らせ - SKE48公式サイト 2022年3月26日