エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

AKB48 32ndシングル選抜総選挙/当選挨拶

提供: エケペディア
Jump to navigation Jump to search

AKB48 32ndシングル選抜総選挙での各メンバーの当選挨拶。

1位 指原莉乃

今、すごくびっくりしていて、涙も出てこないし、口の中もパサパサなんですけど、そのぐらい全部の水分が持っていかれています。気がつけば、HKT48に移籍して1年が経ちます。HKT48に移籍する事になったときに、本当にたくさんの人に迷惑や心配をかけてしまって、メンバー、スタッフさん、ファンのみなさんに、とても心配をかけてしまい、移籍先の今まで、ちゃんと頑張っていたHKT48のメンバーや、ずっと応援してきたファンの皆さんが私を受け入れてくれるのかと、ずっと考えていました。テレビ番組などでは、明るく頑張っていましたが、私にとって一番孤独な時間でした。でも今日、今このステージに立って、15万票ですよね。15万票という、すごい票数が入ったのを見て、私は孤独じゃないんだと感じる事ができました。投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

トロフィー授与。徳光「これを持って、もう一度一つ喜びを噛み締めて皆さんに挨拶を」。

昨日、もしかしたらと思って、一応小顔のマッサージに行ったので、行ってよかったなと思ってます。本当に嬉しいです。本当に今、唐突なので、何と喜びの言葉にしていいか、全くわからないんですが、私がセンターになったらAKBは壊れるとか言われてるけど、絶対にAKB48は壊しません!頑張ります!

2位 大島優子

涙の一つも出ないこの感覚、何でしょうかね。お腹抱えて笑ってしまう総選挙は初めてです。去年は踏み台にしてほしいと、1年間、後輩の為、AKBの為と思ってやってきました。でも私は、踏み台にしてほしいって言ったのは、ちょっと違う人だったというのも、あるんですけども、でも私の壁を越えていく次呼ばれる人は、新しい風を吹き込んで、壁じゃなくて、するっと抜けたんだなと思うと、なんだか納得できるような、そして私が踏み台にしてほしいと1年間やってきた気持ちも、しっかりできてたんだなというふうにも自分に対して自信も持ちました。2位、1位、2位、1位、2位となってるのも、なかなかそうそうメンバーの中ではいないので、本当に自分の中でも偉業だなと思っています。そして新しいAKBになる事がすごくワクワクしています。楽しみでしょうがないです。どんなコミカルグループになるのか、果たして、もっともっとアイドルになるのか、でもいろんなジャンルの子がいますから、こうしてファンの皆さんが、全国の投票してくださった皆さんが決めたこの順位で私は選抜入りしたのですから、今後ろにいる選抜メンバーと新しいAKBを皆さんにお見せできるいい機会だなと思います。新しい活性化されるように、私も願っていますし、皆さんもこれからのAKBにまだまだ、まだまだ期待してほしいので、私たちは笑顔で、まだ楽しんできたいと思います。ありがとうございました。

徳光「連覇は難しいね」。

難しいもんですね。だから、私ができなかったぶん、また違う子がしてくれたらすごいなって思います。

徳光「開票速報のときの3位は、どういうふうに受け止めてました?」。

やっぱり、指原には負けたくないと思っていたので、でもそれもまた面白いなというか、3位っていう景色も見た事ないから、見てみてもいいんだろうなっていうふうには思っていました。

徳光「とても穏かですね」。

そうなんです。今回、本当に緊張していなくって、プレッシャーとかもなくって、っていうのは、AKBの為に何を一番かと考えたら、私がセンターを獲らない事も、きっとAKBの為には、いいんだろうなっていうふうに思っていたので、そう思うとすごく穏かな気持ちでいられます。

徳光「そういった表情もまた今度はお芝居のほうで、女優として大いに頑張っていただきたいなとも思いますね」。

もっともっとお芝居の仕事も頑張って、女優という夢をもっともっと追いかけて、皆さんに女優の印象をつけていきたいと思います。

3位 渡辺麻友

皆さん、今回は応援していただきありがとうございました。私は去年の選抜総選挙で、皆さんのたくさんの応援と期待を頂いて、自分でも信じられないぐらいに嬉しい順位の第2位という順位を頂きました。それは本当に何日か、何週間か、何ヶ月か経っても、第2位という順位を頂いた事は、自分でも本当に信じられなくて、とっても嬉しかったです。そして去年のスピーチで、私は来年の総選挙では『1位を獲りたいです』と言いました。その目標である第1位に向かって、今日この日まで、1年間、ひたすら一生懸命に突っ走ってきました。この1年間で、たくさんのファンの皆さんが、応援の言葉やたくさんの温かい気持ちや、いろんなものを私にくださって、皆さんと一緒にこの1年間、一緒に頑張ってこれたなと、たくさん実感できて、本当に私は幸せです。やっぱりこの1年間、1位を目指してやってきたので、この第3位という順位は、正直すごく悔しい気持ちはあります。でも、こうして皆さんと一緒に上を目指して頑張ってこれたのがすごく充実した1年間で、とっても楽しかったので、私はすごく幸せです。私は12歳のときにAKB48に入って、今年で7年目になります。1期生、2期生の先輩たちの背中を近くで見ながら活動をしてきて、わかった事が一つあります。センターになる事は難しい事かもしれない。けれど、センターとしてファンの皆さんに認めてもらう事が一番難しいという事を私はわかりました。なので、私は、どのメンバーよりも自分自身をAKB48に捧げてきた自信があるので、これからもその気持ちを胸に、この第3位という順位は、まだ上を目指していけるという事だと思うので、その希望を胸に、これからも頑張って参りたいと思います。来年の総選挙では、一番最後に名前が呼ばれたらいいなと思っています。皆さん、今回はたくさんの応援をしていただき、本当にありがとうございました。

4位 柏木由紀

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。ファンの皆さんに『総選挙はいつも支えてくれてる恩返しのつもりで票を入れています』と言っていただき、そしてファンの方にも『みんなで頑張っているからね』と声をかけていだたき、本当に私はいつも、私のほうが皆さんに支えられているなと改めて実感しました。私は3期生で、先輩でもあり、後輩でもあり、まだ後輩に『向かってこい』と言える自信もなくて、かといって、後輩の背中を押すこともできず、なんか申し訳ないなと思っているんですけど、ここにいる皆さんに、家族や友達とか大切な人、大切な場所があるように、私にはこのAKB48が今、本当に大切な場所です。ステージに立ったり、ファンの皆さんと握手会でお話ししたりする事が本当に今、幸せです。この先もずっと、AKB48が5年、10年、20年、30年、いろんな方に愛され続けていくようなグループになる事が目標ですし、私事ではありますが、皆さんに、たとえばお子さんやお孫さんができたときに、『昔、柏木由紀ってアイドルがいてね。その柏木由紀って人がすごかったんだよ』って言ってもらえるような人になりたいなっていう夢もあるので、今年は4位ですけども、こうやって切磋琢磨していけるメンバーもたくさんいて、いつも支えてくださるファンの皆さんも、スタッフさんもいて、本当に恵まれている環境にいる事を日々実感しているので、これからも皆さんの想いに応えれるよう、皆さんの想い以上に頑張ってきたいと思いますので、これからも応援のほど、どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

徳光「これからまた新たなアイドルといたしまして、こういう一面を見せていこうという、そういうものはあります?」。

AKBの後輩がたくさん増えて、アイドルに憧れてアイドルになっている子もたくさんいるので、何かはわからないですけど、何十年も先に『柏木由紀ってすごいアイドルだったね。AKBってすごいアイドルだった』って語り継がれるような存在に、人生を振り返った時になっていたらいいなと、今は思っています。

5位 篠田麻里子

まずは、こんなにたくさんの応援、本当にありがとうございます。去年は総選挙で『潰すつもりで来てください』とスピーチしましたが、そのあとにたくさんの後輩たちが、この1年、期待に応えようと頑張ってる姿を本当に感じ取れる1年でした。今日も見てて、こんなにも後輩がすごい頑張っているんだなと、すごく嬉しかったし、AKB48グループは、まだまだ上にいけるんだなと実感しました。勢いのある後輩の姿を見てたら、私は一つの決断をしようと思いました。私、篠田麻里子は、AKB48を卒業します。本当に、潰されたとかそういう話ではなくて、やっぱり後輩たちのすごい勢いある背中を見てたら本当に嬉しくなったし、私はAKB48に悔いはありません。卒業は……(会場に麻里子コール)ありがとうございます。でも後輩たちが一歩踏み出そうとしているので、私も一歩踏み出すことに決めました。卒業は、やっぱり地元でしたいなって、ずっと思ってたので、急ではあるんですが、来月の福岡ドームで卒業させてください。AKB48グループは、まだまだ上を目指せると思います。私は、卒業しても、そばでメンバーを見守っていけたらいいなって思ってます。私がこんな、約8年間もAKB48人生を続けていられたのは、本当に支えてくれたファンのみなさんがいたからです。私にとって、応援してくれるファンの皆様は宝物です。本当にありがとうございました。

徳光「いつ、どういう思いで卒業を決めたんですか?」。

卒業はでも毎年今年だと思って『今年を一生懸命生きよう』と思って、毎年は考えていたんですけど、今年のみんなの勢いを見て、後輩に背中を押してもらった、そんな気分です。

徳光「まだまだ篠田麻里子っていう高い壁は、みんな越えられずに、その前にちょっと辞めていってしまう、卒業してしまうというのは、まことに皆さん残念だなっていうふうに思うんですけども、どうですか?」。

去年『潰すつもりで来てください』と、そういう発言をしたんですけど、1年間みんなを見守っていて、一生懸命考えて、席を譲るのも私らしいかなと思って今回の決断に至りました。

徳光「ちょっと総監督に今の気持ちを聞いて……駄目?」。

高橋みなみ「寂しいよ。寂しいんですけど、でも麻里子様は、ほぼ同期だし、離れていくのはすごい寂しいんですけど、でも本当にずっと前を歩いててくれていたので、その前にいく背中を見ながら、皆さんも押してあげてほしいなと思います。……たくさん、そういう背中を見てきました。だから今日の麻里子様の背中が、すごく格好良く見えました。前に進むんだなと思います」。

徳光「という、この言葉を受けて、麻里子様はどう」。

総監督は、本当にAKBに本当に必要な存在だと思うので、30年いや100年頑張ってもらいたいと思ってます。

徳光「篠田麻里子にとりまして、AKBとは?」。

AKBとは、一言では言えないですけど、私はAKBに入って自信もなかったけど、こんなたくさんの方が応援してくれるんだっていう事で、自信にも繋がりましたし、成長できたし、人間が変えられた、そんな気がします。

徳光「AKBの中でやり残した事は、ございませんか?」。

悔いはないです。

6位 松井珠理奈

本当に投票してくださった皆さん、ありがとうございます。私はSKE48に11歳から入って、今はSKE48とAKB48の兼任をさせていただいて、今、このステージに立っているんですけれども、あのときオーディションを受けなくて、もしSKE48じゃなかったら、今は客観的にこの総選挙をテレビとかで観てるのかなと思うと、なんか本当にこのステージに立っている事がすごい不思議だし、本当に運命なんだなっていうふうに感じていて、今までは、がむしゃらに走ってこれたんですけれども、16歳になって、これからどうしていけばいいのかなとか、いっぱい不安に思うこともあったんですけど、でも、こうしてこんなにたくさんの方に見守っていただけて、応援していただけてると思ったら、少し安心する事ができました。握手会とかでもたくさんの方が、『今回は一緒に1位を目指そうね』って言ってくださって、私も1位を目指したいって思ってもいいんだなって、口に出してもいいんだなって、思う事ができました。これからは48グループとして、先頭を切っていけるような人になりたいです!そして最後に今回この選挙の結果を見て、SKE48はまだまだ前に進んでいけるなと思う事ができました。SKE48を代表して、本当にありがとうございます。これからも、SKE48、そしてAKB48、そして松井珠理奈をよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

徳光「開票速報のときには4位でした。このまま延長線上でいってほしいという気持ちもお有りになったのでは?」。

速報よりは下がりたくないなという気持ちもあったんですけど、でも本当に自分が思ってた以上に速報の順位が良すぎて、逆に不安になってきたんですよ。でもこうして6位という素敵な順位を頂けたので、今本当にほっとしていますし、もっともっと上を目指していきたいと思うことができました。ありがとうございます。

徳光「初めての神7入り。どうですか、気持ちは?」。

ファンの皆さんにも、『神7崩しをしよう』と言っていただけていたので、今は世代交代と言われていたりするけど、でも、実際どうなんだろうって思う事がたくさんあって、やっぱり本当に先輩方は近くで見ていて、すごいなと思うし、たくさん勉強になる事がいっぱいあるので、私たちはまだまだだなと思わされていたので、ちゃんと世代交代というか、もっともっと若いメンバーが前に出ていく機会があったらいいなと思いました。

7位 松井玲奈

まず、応援してくださる皆さん、本当にありがとうございます。何からお話すればいいのか、うまくまだ頭の整理がついていないんですけど、私はステージに立つときに、ファンの方に魔法をかけていただいてるなと、いつも思っています。だから、今年の選挙のポスターには『魔法をかけて』っていうスローガンを書きました。やっぱり、どんな事があっても、ステージに立つとファンの方が、一生懸命応援してくださって、笑顔で迎えてくださって、どんな事も一緒に一喜一憂してくださって、それが自分にとっての自信になったり、グループ全体にとっての自信になっているなと思っています。今回すごく素敵なプレゼントを頂いて、人生で使い切れないんじゃないかっていうぐらい何回も何回もファンの方から魔法をかけていただけだと思います。今日、この会場にいる方以外にも、テレビで今これを観ている方もたくさんいらっしゃると思います。改めてお礼を伝えさせてください。本当に素敵なプレゼントをありがとうございます。これからも頑張っていきたいと思います。

徳光「とうとう、7位以内に入りましたね」。

とっても嬉しいです。ファンの方が、ずっと『7位以内に入ろうね』っていつも言ってくださっていて、毎年毎年、総選挙のときに、自分の名前が呼ばれると、選挙の後の握手会でファンの方にいつも『ごめんね』って言って、ファンの方が気を使って言ってくださっていて、毎年、その『ごめんね』っていう言葉とか顔とかが、一気にフラッシュバックしてたんですけど、今年は7位という、みなさんと一緒にずっと掲げていた目標を突破する事ができて、頭に一番に思い浮かんだのは、ファンの皆さんの素敵な笑顔でした。とっても嬉しいです。

徳光「これからSKEをどういうふうに引っ張っていこう?」。

今回、速報に名前が入っていても、名前を呼ばれなかったメンバーもいます。それを悔しいと思っているメンバーも、たくさんいます。今、この後ろに座っていて喜びを噛み締めているメンバーもたくさんいます。そのたくさんの気持ちを、みんなと一緒に1つにまとめて、全部ファンの人に投げていきたいなと思っているので、皆さん、それをぜひ受け取ってください。よろしくお願いします。

木佐「今年は宣言通り、ギラギラいきますか?」。

はい。ギラギラいきたいと思います。順位は7位ですけれども、この次のシングルも必ず選抜に入って、いつもより早く、歌割りって頭から決まっているんですけど、一つでも早い歌割りを獲得できるように頑張っていきたいなと思います。

徳光「自分への自信はついた?」。

自分への自信はつきました。今年一年、あまりネガティブな発言もせずにこれたのは、みなさんが温かく見守っていてくださったからだと思います。来年は自意識過剰になるぐらい、頑張っていきたいなと思っています。

8位 高橋みなみ

皆さん、本当にありがとうございます。正直、今年の選挙は出ないつもりでした。去年、総監督になって、このポジションで出る事が全く整理がつかなくて、出る事ですごく何か言われたら嫌だなぁってすごく思ったし、総監督になった自分を否定されたらやだなって、すごく思ってました。でも、私はAKBに入って今年で8年目になります。一度も後悔した事はありません。ただ、今年総選挙に出なかったら、後悔するところでした。だから、背中を押してくださった皆さん、本当に感謝しています。確かに順位としては、下がってしまったかもしれません。でも私は私です。去年も一昨年も、私はここで『努力は必ず報われる』って言いました。でもね、すごい考えたんです。努力するのって、私もめちゃめちゃ怖いんですよ、頑張るのって。努力した先に、何か失敗したらやだなって。頑張ったのにダメだったらやだなって、すごく思うんです。でもね、成功への一番の近道は、成功するまで失敗し続ける事、そして諦めない事です。私は、諦めない事の大切さを、皆さんにすごく今年はここで絶対言ってやろうと思っていました。だって続けてれば、きっと、こんな近くに夢はあるから。だから掴むまで諦めないでほしいなって思います。だから私は悩む事もあるけど、このポジションで、でも諦めずにやり続けたいと思います。あの7人の劇場から、この7万人のスタジアムに立てた事が私の誇りです。本当にありがとうございました。

徳光「お仲間の一喜一憂を受け止めて、涙したり喜んだりしてましたけど、何がどう心配だった?」。

みんなそうなんですけど、ここで立っている姿を見ると、すごく頑張れって思うし、私たちってすごい恵まれてるなって改めて思っちゃうんですよね。7万人の皆さんの前でこうやって立ててるって事がすごいなって思います。

徳光「8年間でAKBに所属して、今、高橋みなみとしてAKBに所属した事によって良かったなと思う事は何でしょう?」。

それは、全然お世辞じゃないです、本当に1人1人、ファンの皆さんもそうだし、スタッフさんもそうだし、メンバーもそうだし、私は、この人達に会えたことを、すごく誇りに思ってます。

9位 小嶋陽菜

みなさん、応援ありがとうございました。でも一つだけ言わせてください。私も少しは順位を気にします。速報で20位だったときは、それがみんなに伝わってないのかなと思って、すごく凹んだし、そのあと、弱音のツイートを吐くと、また伝統芸能って言われたりするし、意外と気にしいなところもあります。でも立ち直るのがすごく早いです。速報が出た後、ファンのみなさんが『絶対上がるから大丈夫』とか『心配しないで』ってすごく声をかけてくださいました。ぶっちゃけ、何回目だろうとは思いましたが、皆さんの毎年の巻き返しには、すごく驚いてるし、すごく感謝しています。私に似たようなマイペースなファンの皆さんが、私は大好きです。これからも一緒にたくさん楽しい思い出を作っていきたいなと思っています。そして、来年もし総選挙に出ることがあれば、少しでいいので速報前に投票お願いします。皆さん、本当にありがとうございました。

徳光「待っているときは、どんな気持ちだった?」。

今年は選抜にも入れなんじゃないかと思って、ちょっと緊張してたんですけど、ファンの方がすごく頑張ってくれました。

徳光「開票速報の20位を通過したときは、ちょっと穏かならなかったでしょ、気持ちは?」。

毎年、よくそこから上がったりするんですけど、今年は若い子の勢いがすごいので、今年は絶対ないだろうなと思っていたので、今はすごく安心しています。

10位 宮澤佐江

今日まで、一緒に頑張ってきてくださった皆さん、本当にありがとうございます。この一年、自分にとって、すごく変化の一年でした。いろんな決断をしたり、悔しくて逃げ出したいと思った事もありました。でも、そんなときに、いつも私の背中を押してくれたのは、去年の第4回の選抜総選挙の結果でした。去年、自分のファンの方とファンの方の間の絆、そして私とファンの方の間の絆、そして皆さんからのたくさんの愛、それが私を支えてくれて、兼任になってから、なかなか前へ進めなかったときも、いつもそのことが背中を押してくださってました。AKB48は次世代と今言われていますが、確かにみんな可愛いし、スタイルもいい、見せ方もうまいと思います。でも、48グループに一番必要な一生懸命になること、そして、パフォーマンスすることは、後輩にはまだ負けていないと思っています。そして、突然の発表になってしまいますが、先日の武道館でAKB48との兼任を発表をさせていただきましたが、私はSNH48一本でこれからいきたいと思います。彼女たちへの可能性はまだ全然見えないけど、自分もいつになったら、彼女たちと一緒にステージに上がれるかわからないけど、でも私は格好悪い姿を見せたくないので、SNH48一本に力を入れていきたいと思います。今回、選抜メンバーに選ばれたという事で、自分のファンの方はもちろん、48グループを応援してくださっている皆さんに、やっぱり選抜メンバーには宮澤佐江が必要だと思っていただけるよう、次のシングルでいっぱい新しい自分を出していこうと思います。こんな私ですが、これからも応援よろしくお願いします。そして本当にありがとうございました。

徳光「どんな時にSNH48一本でいこうと思った?」。

たった今です。

徳光「この場で?」。

はい。あと今日はSNH48のメンバーも駆けつけているということで、彼女たちを見たら、やっぱり彼女たちと一緒に、頑張りたいと思いました。

徳光「SNHは確実に進化してますか?成長してますか?」。

正直、進化はまだ見られません。だから私が進化をさせます!

11位 板野友美

投票してくれた皆さん、本当にありがとうございました。約8年間AKB48に居て、つらい事も、そして、楽しい事も、いつもメンバーと一緒に乗り越えてきたので、私は卒業する日までAKB48の一員として頑張ると心に決めて、この選挙に立候補しました。5回も総選挙やってますけど、やっぱり総選挙ずっと嫌いでした。でも今日たくさんの票を頂いて、すごくファンの方が頑張ってくれたんだなというその気持ちを頂いて、とても温かい気持ちを知ることができました。私は、もうすぐ卒業してソロになります。今、不安もたくさんあります。誤解される事が多いですけれども、私はそんなに強い人間じゃないです。なので皆さんからの、この票のぶんだけ、自分の自信に変えて、そして夢を叶えていきたいと思います。これからも板野友美、頑張ります。よろしくお願いします。ありがとうございました。

12位 島崎遥香

本当にありがとうございます。今、ここに立てているのは、1年間たくさんのチャンスを頂き、たくさんの方に支えていただいてきたから、ここに立てていると思っています。この順位を頂けたからには、これからのAKB48の支えに、力に、少しでも私がなれたらいいなと思っています。私は、AKB48が大好きです。ありがとうございました。

13位 横山由依

皆さん、こんばんは。こんな、日産スタジアムで7万人の皆さんの前で、絶対去年とか一昨年とかのようにはならんようにしようと思ったんですけど、もう本当に途中の発表のときから震えが止まらなくって。この、去年の総選挙からの一年間、本当にたくさんの経験をさせていただいて、中でも大きかったのはNMB48との兼任やったんですけど、……ちょっと落ち着いてきました。徳光さん。

徳光「安心したよ。本当に」。

本当にその兼任があって、東京ドームでチームAへのチーム替えがあってですね、自分自身、すごく大きく成長できたんじゃないかなと思っています。去年とか一昨年とかの姿だと言えなかった事かもしれないんですけど、ちょっとしっかりしてきたと思うので、これからのAKB48グループが、もっともっとたくさんの人に愛されるように、この皆さんから頂いた13位という素敵な順位を自分がその順位以上のことを、これから皆さんと、そして自分をこの3年で大きく成長させてくれたこのAKB48に恩返しできたらいいなと思います。しっかりしていない姿を、2年見してきましたけども、しっかりしているので、これからのAKB48を、たくさんの後輩とたくさんの素敵な先輩たちと一緒にもっともっとみなさんに愛されるようなグループにしていきたいなと思います。これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

14位 山本彩

この度は、私に投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当に本当にありがとうございます。初めて『Everyday、カチューシャ』でAKB48さんのシングル選抜に選んでいただいてから2年が経って、今回で3度目の選抜総選挙になるんですけども、一昨年、去年と2年連続アンダーガールズにランクインさせていただいて、嬉しい半面、すごく悔しい気持ちが残ってしまいました。なので、今日選抜メンバーとして自分の名前が呼ばれて、本当に本当に嬉しいです。私が選抜メンバーに入る事ができたのは、いつも私の事を支えてくださる温かい家族のような存在のファンの皆さんです。ずっと入りたかった選抜に入る事ができて、本当に嬉しいんですけど、私はAKB48さんの選抜メンバーの中に入って番組とかに出たときに、全然おとなしい自分でしかいれなくて、ファンの方にも『山本彩は、AKBの選抜に入ると、借りてきた猫みたいになる』って言われて、でも、それをなかなか変えれない自分にもすごく腹が立っていたので、これを機にじゃないですけど、すごくNMB48のメンバーや他のみんなもすごくギラギラしているというか、ガツガツしているのをすごく目の当たりにして、私もこのままじゃいけないなと思いました。なので、猫かぶりはもう卒業して、野獣のように選抜の皆さんに食らいついて、そして、これからの48グループを私が掻き乱していきたいと思います。大島優子さんとかには、真面目すぎるとかって言われるんですけど、真面目な部分はきっと残せないと思うので、そういったところは、たかみなさんを見習いつつ、選抜の中でも山本彩という一人の人間を確立していきたいと思います。私を選抜メンバーに導いてくださったファンの皆さん、本当に本当にありがとうございました。

15位 渡辺美優紀

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。本当に念願の選抜入りという事で、いつも応援してくださる皆さんが本当に大好きです。私はスピーチが苦手なんですけど、今からちょっと頑張らせてください。dいつもこうして支えてくださってる皆さんが本当に大切で、そんな皆さんに頂いた、この第15位という順位を自信と誇りに、もっともっと前に進んでいきたいと思います。15位という事で、まだまだ上が目指せるという事なので、ポジティブにもっともっと上を目指していきたいと思います。そして、これからNMB48、AKB48グループを引っ張っていけるような存在になれるように頑張りたいと思います。みなさん、本当にありがとうございました。

徳光「今の気持ち、もうちょっと言いたいんじゃない?」。

言いたいんですけど、ブログとかに書かせてもらいます。ありがとうございます。本当に皆さん大好き!

16位 須田亜香里

本当に今日ここに立たせてくださった皆さん、いつも支えてくださる皆さん、本当にありがとうございます。私はSKE48に入って3年半経ちました。研究生で入って3年半前から、チームSに昇格させていただいて、ずっと3年半今も、組閣がありましたが今もチームSとして公演させていただいていますが、3年半ずっと私は、ステージの一番隅が自分のポジションです。3年半ずっとそのポジションでも、私を見付けてくださる方がいて、私をみなさんの瞳の中のセンターにしてくれたから、こうやって前に進む事ができて、本当に私、ずっと握手会の須田亜香里みたいなキャッチフレーズになっていて、握手会以外だって頑張っている、頑張りたいし、認めてもらいたいと思ってずっときましたが、なかなか、握手会も楽しいから好きなんですけど「須田亜香里イコール握手会でも……」って思われるのが、すごく悔しくて、だけどこうやって一緒に居てくださる方がいるから、いつも支えてくださる皆さんがいるから、一人じゃ届かなかったこの選抜に、一緒に手を伸ばしていただく事ができました。今は次世代選抜とかあるけど、21歳だから次世代には選ばれないけど(笑)笑わないでください。次世代が無理なら、今を引っ張れる人になればいいじゃないですか!SKE48、卒業メンバーも多く出たりして、今が本当に頑張りどきだと思います。その中で、須田亜香里がいるから大丈夫、安心してられるって思っていただけるSKEに、私はしたいです。私はアイドルとして、皆さんの笑顔が見られるときが本当に幸せだし、出来る限り長く、私の笑顔で笑顔になってくださる方がいらっしゃる、その姿をずっと見ていたいです。これからも笑顔を見せてください。本当に嬉しいです!ありがとうございます。

17位 - 32位 アンダーガールズ

17位 柴田阿弥
ありがとうございます。私はSKEのファンの方には、ぼっちだと言われているんですが、私は全然ぼっちなんかじゃなくて、本当にたくさんの方が私の周りにいてくださる事を、本当に実感しました。速報では8位という夢のような順位も頂けて、本当に嬉しかったです。いつかは速報だけでなく、本番も速報のような順位を頂けるように、これからもっと、がむしゃらに一生懸命頑張ります。本当にありがとうございました。
18位 峯岸みなみ
大好きなAKB48に傷をつけてしまった私が、今回このステージに立候補する事すら間違っているのではないかと、たくさん何度も考えました。ですが、今この状況から逃げてしまえば、もうステージに立てなくなると思い、私はこのステージに立ちたいと、強く思うようになりました。なので、今このステージで感謝の気持ちを皆さんに伝えられてる事を、とても幸せに思っています。ステージに上がる勇気を、そしてきっかけをくださった皆様、こんな私を見捨てずに支えてくれて、本当にありがとうございます。これから、どんなに格好悪くても、一から頑張って、またAKB48として認めてもらえるように、がむしゃらにやっていきたいと思います。そして、おかげさまで髪の毛は、これぐらい伸びてきました。伸びた髪の毛のぶん、私も少しずつ成長していると思っています。これからも見守っていてください。本当に幸せです。今日はありがとうございました。
19位 梅田彩佳
今年も、このステージに立たせてくださって、本当にありがとうございます。握手会でファンの方に『10票入れたよ』とか『20票入れたよ』とか言っていただいて、本当に嬉しかったです。今回の選挙の私のスローガンが『99%選抜が無理と言われても、1%の可能性があるなら頑張ります』って、最初は私一人で1%しかなかったけれど、残りの99%はちょっと足りませんでしたが、ギリギリのとこまで皆さんがしてくれて、ここの順位になる事ができました。これからも無理だと言われても、馬鹿にされたとしても、私は1%の可能性があるんなら、頑張っていきたいと思います。なので、これからも私の足跡を見ていてください。本当にありがとうございました。
20位 高城亜樹
皆さん、本当にありがとうございます。私は今、JKT48とAKB48を兼任させてもらっています。私はJKT48のアキ・タカジョウでもあり、AKB48の高城亜樹でもあります。私は日本のみなさんも、日本のファンのみなさんも大好きです。そしてインドネシアのファンのみなさんも大好きです。今日はインドネシアのメンバーからたくさん連絡をもらって『頑張ってね』という声ももらいました。私はインドネシアと日本がすごく大好きです。だから、これからもインドネシアと日本を繋いでいきたいなと思います。これからもJKT48とAKB48の応援をよろしくお願いします。高城亜樹でした。
21位 北原里英
実は毎年、あまり印象に残るスピーチをできてないなという事を、実はすごい気にしてまして、今年こそテレビ中継もあるし、何かボケようかと思ったんですけど、とくに何のボケも浮かばないまま2週間が過ぎ、このステージに立ってしまったわけなんです……けども、今回本当に、たくさん私に投票してくださった方、そして応援してくださった方、本当に感謝しています。この一年で私はすごく本当に自分に仲間が増えて、すごい楽しい一年でした。これから先の一年も、たくさんの仲間たちと、たくさん笑える一年にできたらいいなと思います。応援ありがとうございました。
22位 木﨑ゆりあ
投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。去年は31位を頂いて、今年は22位という事で、9位ぐらいランクアップさせて頂けたという事で、本当にすごく嬉しいです。そして、昨日のブログで今回、この頂いた順位を自分の中で受け止めると書いたので、今年は皆さんから22位、ダブルピースを頂けたと思って頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。
23位 高柳明音
応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。今までの総選挙の中で、一番楽しくて、気負ったりせずにファンの皆さんと『ずっと笑顔で、絶対に笑おうね』って約束したので、本当に悔しい思いもなく、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。SKE48の為に今回は立候補したので、皆さんに、これからSKE48を好きな人に、チームKIIを好きな人に、そして私を応援してくださる人に、そして、少し私の事を嫌いな人もいるかもしれないけど、皆さんにたくさんの愛を返していきたいと思います。ありがとうございました。
24位 松村香織
ありがとうございます。私はですね、今回昇格を選ばず終身名誉研究生の道を選んで、この総選挙に臨んだわけなんですけど、普段ですね、アンチの人と戦ったりだとか、炎上したりして、ちょっと困らせたりとかもするんですけど、この結果になったという事は、皆さんがちょっと、それも認めてくれてるのかなと思っています。選抜メンバーだったり、顔が可愛いメンバーとかに注目しがちなんですけど、48グループの研究生はですね、本当に変な話ですが、正規メンバー以上に頑張っている子たちが沢山います。なので、皆さんどうか、研究生の事を、劇場で頑張っている研究生の事を、ちょっとでもいいので見てほしいと思います。そして個人としてはですね この48グループの予定調和を壊していきたいと思います!そしてですね、私、この動画を撮ってですね、よくアップしてるんですよ。なので、この景色をぜひ皆さんに見せたいなと思います。BBQ松村香織の今夜も(1コメダ)本当にありがとうございました。
25位 川栄李奈
皆さん、投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。私は去年も、ずっと圏外だったので本当に嬉しいです。まさにウソだろうが!!!って感じです。ありがとうございました。
26位 宮脇咲良
今回は投票してくださった皆さん、支えてくださった皆さん、本当にありがとうございます。去年47位という素敵な票を頂いて、すごく嬉しかったんですけど、今年はアンダーガールズで26位という素敵な順位を頂いて、本当に嬉しいです。これからも、いろんな活動を通して、もう季節外れではありますが、たくさんの桜を咲かせていきたいと思います。今回は本当にありがとうございました。
27位 古川愛李
今、川栄李奈さんが隣にいて、ちょっとニヤニヤしております[1]。前回に続きまして、今回もですね、私のオリジナルキャラクター、ちびあいりんとぐぐたすさんと一緒に舞台に立つ事ができました。本当にありがとうございます。ちょっと汗、いや二人の涙で滲んでおりますが、これからもですね、古川愛李。たくさんの古川の魅力を出していきたいと思いますので、皆さん、応援よろしくお願いします。ありがとうございました。
28位 山田菜々
私、すごい『変な声』とか、よく『ちんちくりんだね』とか言われるんですけど、だから、どうやったら、前にグイグイいきたいんですけど、……どうしてグイグイいくのか分からなかったりとかするんですけど、28位を貰ったので、皆さん、グイグイいきます!ありがとうございました。
29位 大矢真那
今年もここのステージに、今年も、みんなみんなと一緒に、ここのステージに立てた事を本当に嬉しいです。(マイクを離して大声で)ありがとうございましたーー。(歓声)今年は怖いなって気持ちで待ってたんですけど、こうしてここに立たせていただくと、本当にSKEに残ってて、よかったなって心から本当に思います。今はAKBさん・SKEは次世代、世代交代と言われていますが、私、大矢真那、そして自慢の真那コミュニティ、今まだ留め……あー、言えなかった大事なところが……(笑)今し方留まらせていただきたいと思います。みなさん、よろしくお願いします。
30位 入山杏奈
応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。もし今日呼ばれたら、何言おうかなって考えてて、携帯のメモに残してたんですけど、5日前に携帯壊しちゃって失くなっちゃって、だからまだ何言うかちゃんと決めてこれなかったんですけど、今、すごく……悔しいです。速報で皆さんに27位に入れていただいて、速報結果より上にいきたいなってずっと思っていたので、悔しいです。でも、悔しいなと思える自分でよかったなと思います。今まで自分に自信がないからか、いろんなメンバーが活躍しているのを見ても、あんまり悔しいと思う事がなくて、『いいなあ』とか『すごいなあ』っていう気持ちで見ていて、でも悔しいと思えたので、よかったです。いつも支えてくれる皆さん、家族のみんな、メンバー、スタッフさん、本当に感謝しています。ありがとうございました。
31位 木本花音
投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。私は速報で64位ギリギリで、正直、今回は不安がいっぱいだったんですけれども、握手会でたくさんの方が応援してくださって、私にはこんなに素敵な周りの環境があるから、甘えちゃいけないなとも思ったけど、やっぱり私、甘えんぼうなんで、すごい甘えちゃうんですけど、私には大きな目標があるので、SKEはじゅりれなさん以外にも他にもいいメンバーがいるんだぞっていうふうに、組閣もあったので、たくさんの方にSKEと、また私の魅力も知っていただけるように頑張っていきたいと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
32位 藤江れいな
今回、こうしてこのステージに立てて、本当にすごく嬉しいです。ありがとうございます。2年間連続で40位だったので、『2度ある事は3度ある』と言うように、もしかしたら今回も40位あるのかなっていう気持ちもあったんですが、でもこうして32位という素敵な順位を頂けて、本当にすごく嬉しいです。ブログのコメントだったりとか握手会とかで、『僕たちがついてるよ』っていう暖かい言葉をかけてくださったりして、私は今日まで不安は一切ありませんでした。これからも皆さんを信じて、私も皆さんに信じていただけるように、一生懸命頑張っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

33位 - 48位 ネクストガールズ

33位 佐藤亜美菜
投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。今回33位という事で初めて真ん中に立って、こんなに嬉しい気持ちは初めてです。真ん中の景色ってこんなに綺麗なんだなって、初めて思いました。なので、皆さんに素敵な曲だなって思っていただけるように、一生懸命頑張ります。皆さんにもっともっと佐藤亜美菜を好きになってもらえるようにこれからも頑張りますので応援よろしくお願いします。
34位 片山陽加
今年は去年の48位という順位よりも、上を目指してファンのみなさんを信じ、一緒に今日という日まで頑張ってきました。本当にみなさんから頂いた、この34位というポジションを、生かすも殺すも、この先は私、片山陽加の力で変わってくると思います。どんどん、ここからいい方向に動くように片山陽加、頑張っていきます。本当に投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
35位 永尾まりや
投票してくださった皆さん、応援してくださっている方、本当にありがとうございます。速報は圏外ですごい不安だったんですけど、不安すぎて自分でもモバイル票、登録して4票、自分で自分に入れて、本当にそのぐらい入りたくて……でも今回入れて、本当に皆さんに支えられてるなって思いました。本当に私は幸せ者だと思います。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。
36位 倉持明日香
私のここ地元で、ここ日産スタジアムでステージに立つ事ができて、本当に嬉しいです。そして、去年より順位は下がってしまったんですけども、この36位という順位以上の、私は仕事をします。活躍をします。なので、皆さん、倉持明日香にもっと期待してください。これからセンターの亜美菜ちゃんを支えて、このネクストガールズを引っ張って、頑張っていきたいと思います。投票してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
37位 兒玉遥
応援してくださった皆さん、投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。去年はランクインできなくて、とても悔しい思いをして、ここに立つのが私の一つの目標だったので、今ここに立てている事がすごくすごく嬉しいです。37位という順位は、皆さんの期待だとか、いろんな想いが込められていると思います。すごく誇らしい順位です。本当にありがとうございます。でも私は今の自分にまだまだ満足してません。歌もダンスもまだまだそんなに得意じゃないし、苦手だし、だからそこはもっと実力つけていかないといけないなって思いますし、あとはHKT48をもっともっと飛躍させる為にも、兒玉遥として自分の目標を達成する為にも、もっともっと上を目指さなきゃいけないなと思っています。だから、決めました。今年は、去年の篠田さんの言葉を胸に、先輩方をちゅぶしにいくぐらいの気持ちで頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。
38位 田野優花
私に投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。去年、ネクストガールズとして45位という素晴しい順位を頂いたんですけれども、今日こうやって38位という、もっと上の順位を頂けて、本当に本当に嬉しいです。この38位という順位なんですけども、これ以上の存在になりたいと思います。本当にありがとうございました。
39位 梅本まどか
投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。私はSKE48の選抜にも入れた事がなく、チームEの目標だったオリジナル公演も春に組閣してしまったため叶う事ができず、私はファンのみなさんに今まで恩返しをする事ができませんでした。でも、皆さんは諦めずに私と一緒に歩いて、ここまで来てくれて、そして39位という素敵な順位を頂けて、本当に本当に今は感謝の気持ちでいっぱいです。でも私の夢はまだまだあるので、それに向かって、ここで一つやらせてもらいたいです。いいですか?夢に向かって『Go!!Go!!Let's Go!!Let's Go!!まどか!!Go!!FIGHT!!WIN!!No.1』。何事にもナンバーワンを目指して、これからも突っ走っていきます。よろしくお願いします。ありがとうございました。
40位 上西恵
私をこのステージに立たせてくださった皆さん、本当にありがとうございます。私は正直、自分に自信がありません。なので、自慢できるところも、あんまりありません。けど、こんな私をたくさんのみなさんが応援してくださっているという事が本当に自信に繋がるし、優しくて素敵な皆さんは私の自慢の存在です。これからも全国の皆さんを上西系にする勢いで、突き進んでいきたいと思います。うれぴーなっつです。ありがとうございます。
41位 松本梨奈
胸が苦しいです。本当に皆さんありがとうございます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
42位 斉藤真木子
皆さん、投票してくださって、ありがとうございます。この総選挙のサブタイトルにもなっている『一人じゃ夢は見られない』。私は速報で25位という夢を見させていただきました。ですが、今日は42位という素敵な順位で、現実を見させてもらっています。私が皆さんに頂いたこの立ち位置を、今度は私自身が証明して、もっともっと、もっともっと上に上がっていけるように、このチャンスを無駄にしないように頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
43位 多田愛佳
(泣)去年、52位という順位を頂いて、すごく悔しくて、自分を見つめ直そうと思って、ずっとAKBの3期生で頑張ってきたんですけど、埼玉を飛び出して、一人で福岡に行って、HKT48の移籍をして、本当によかったなって思います。この43位という順位を頂けたのは、福岡のファンのみなさんとHKT48のメンバーが受け入れてくれたからもありますし、そして、いつも支えてくれてる私のファンのみなさんのおかげだと思います。順位はまだまだなんですけど、私はこれからもHKT48として、HKT48を引っ張っていきたいと思います。HKT48をAKB48よりも有名にできるように、HKTの姉さんとして頑張りたいと思います。よろしくお願いします。
44位 矢倉楓子
投票してくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます。私は去年は圏外で、みるきーさんやさやかさんが壇上に上がっている姿を見て、絶対私もあの舞台に立ちたいと思って、総選挙を目標にずっときました。今私はこの舞台に立っている事が本当に信じられないんですが、本当に本当に嬉しいです。NMB48の先輩方についていっているだけじゃなく、私も一緒に引っ張っていけるような存在になりたいです。これからもみなさんと一緒に成長していきたいと思っています。本当に本当にありがとうございます。
45位 武藤十夢
ありがとうございます。私は去年、研究生なのにフューチャーガールズのセンターを皆さんに選んでもらって、本当に嬉しくて、でも今年もすごい入るか不安で、でも名前が呼ばれて、すごい嬉しくて、『ありがとう』という言葉では伝えきれないくらい、今感謝しています。私はAKBの12期で次世代と呼ばれるような世代なんですけど、これからは次世代ではなく、AKBを引っ張っていけるような存在になったらいいなと思います。応援よろしくお願いします。
46位 石田晴香
本当に皆さん、ありがとうございました。去年はフューチャーガールズとしてランクインさせていただいたんですが、今回は『ネクストガールズ』。本当にありがたいです!みなさんの事を信じて、そして私がきっと、みなさんに信じられているのかわからないけど、応援してくださっている皆さんに本当に感謝です。この壇上に上がる事が絶対・必ずって思っているメンバーもいると思うんですけど、私たち中堅は入るか入らないかの瀬戸際で、いつもドキドキしながら頑張っています。そんな選抜メンバーに噛み付いていけるぐらい、私はAKB48との仕事を頑張りたいと思っています。末永くよろしくお願いします。
47位 小林亜実
ありがとうございます。今日まで皆さんが、すごい私に追い風を送ってくださったので、全力で前を向いて走る事ができました。これからは私が風を巻き起こせるように、もっと頑張りたいと思います。本当に本当にありがとうございました。
48位 大場美奈
みなさん、本当にありがとうございます。毎年、この『48位』っていうのは、やっぱりAKB48としてもSKE48としても縁のある順位を頂けてすごく嬉しいです。これを自信に変えて、これからも頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

49位 - 64位 フューチャーガールズ

49位 薮下柊
みなさん、こんなに素晴しい景色を見せて頂き、本当に本当にありがとうございます。今年は、本当に……頑張りたいから。ほんまに速報発表のときよりも本当に震えて、むちゃくちゃ嬉しいです。ありがとうございます。あと一つ言いたい事があるんですけど、NMB48はチームNさんやチームMさんだけではなく、チームBIIも、むちゃくちゃいいチームなんで、ぜひ公演に、劇場に足を運んでください。よろしくお願いします。
50位 吉田朱里
投票してくださったみなさん、本当に本当にありがとうございます。政見放送で『今年こそは、この足で絶対あのステージに立ちたい』と言ったのが、こうやって皆さんの応援のおかげで、今こうして現実になってる事が、本当に本当に幸せです。みなさん、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。
51位 菊地あやか
投票してくださったみなさん、本当にありがとうございます。今回、立候補制という事で、最初はすごい立候補するか迷ったんですが、ファンのみなさんが私の背中を押してくださったおかげで、立候補もしたし、こうやって51位を頂けた事にすごく嬉しく思います。総選挙は一つの通過点だと思うので、これからも上に上に登っていけるように、頑張っていきたいと思いますので、皆さんこれからも応援をよろしくお願いします。
52位 佐藤すみれ
(泣)皆さん投票してくださって本当にありがとうございます。私は4年半AKBにいるんですけど、自分でたくさんチャンスを逃してきてしまったのですが、今回皆さんが投票してくださって、ここに来る事ができたので、これは皆さんからの最後のチャンスだと思って、もうAKBに入って先輩になるので、私も引っ張っていきたいですし、この会場の7万人、皆さんが私の推しになるぐらいの気合で頑張りたいです。ありがとうございます。
53位 前田亜美
ありがとうございます。私のファンの方はすごく温かくて、すごい元気な方が多いんですけど、みなさんを信じてよかったなって思います。ありがとうございます。すごい不安だったんですけど、入れてすごい今、一気にこう脱力したというか、首凝りました。……喜びで。ちょっとつったんですけど、でも本当にびっくりしてます。入れて本当によかったと思います。これからも頑張るのでよろしくお願いします。ありがとうございました。
54位 小笠原茉由
投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。いやーもう、本当に嬉しいです。速報で圏外で……、すごい『楽しもう』って気持ちはあったんですけど、やっぱり諦めちゃってたところもあったんですけど、こうしてみなさんがこの景色を見せてくださったので、これからも小笠原特急は全速力で走り抜けたいと思います。そして総監督『これからもよろしくな!』よろしくお願いします。
55位 田島芽瑠
ありがとうございます。みなさんから頂いた一票一票を、ここで笑顔で受け取りたいと思います。本当にありがとうございます。これからもHKT48の太陽に、そして皆さんに笑顔の花をたくさん咲かせられるように、一歩一歩努力してどんどん成長していきたいと思います。これからもHKT48と田島芽瑠の応援をよろしくお願いします。
56位 岩佐美咲
私は去年初めてランクインをさせていだたいて(泣)過去3回圏外を経験して、去年初めてランクインさせていただいて、それだけでも充分だって思ってたんですけど、今回入ることができて、すごく嬉しいです。去年よりは順位が下がったとか、世間的に見れば、そういう事あるかもしれないんですけど、私は本当に心の底から嬉しいです。本当にありがとうございます。
57位 市川美織
皆さん、AKB48グループを愛している皆さん、そして市川美織に投票してくださいました本当に応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。今年もですね、この57位という順位でAKB48としてもNMB48としても、躍進して参りますので、よろしくお願いします。あと今年も、このステージに立たせて頂いたので、やらせていただいてもいいですか?(会場全体で)フレッシュレモンになりたいの~。ありがとうございました。
58位 磯原杏華
応援してくださっている皆さん、ここのステージまで招待してくださったみなさん、本当にありがとうございます。研究生からのスタートで、今まで諦めてこなくて本当に良かったなって思います。これからも強くて優しい温かい皆さんと一緒に前に進んでいきたいです。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。
59位 朝長美桜
(泣)みなさん、本当に投票してくださって、ありがとうございます。ここに立てたのは、みなさんのおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございます。
60位 松井咲子
皆さん、本当にありがとうございました。今回速報には入らなくて本当に正直すごく不安な日々を過していたんですけれども、みなさんから本当に応援して頂いたり、協力して頂いていることを知っていたので、本当に去年より票数をたくさん頂けて……やりました!ありがとうございました。みなさん大好きです。これからも上を目指して頑張ります。
61位 山内鈴蘭
投票してくださった皆さん、ありがとうございます。私は速報で名前が呼ばれなかったときに、今回はダメだなとすごく思っていたんですけど、でもみなさんから61位という順位を頂いたので、これからも私らしく、釣っちゃうぞ。ありがとうございました。
62位 平嶋夏海
本当にありがとうございます。私は、ああいう辞め方をしてしまったので、みなさんに謝罪しかできませんでした。なので今回、この場で改めてみなさんに感謝の気持ちを言いたいと思います。本当にありがとうございます。みなさんの票数は、本当に私の未来です。これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。
63位 金子栞
すごく、嬉しいです。はい(笑)なんか動揺してるんですけど。私、15歳のときに埼玉から名古屋に行って、SKEでやってきて……(泣)、何回もいろいろあったんですけど、でも、やってきてよかったなと今思います。ありがとうございます。
64位 中西優香
私は去年ランクインさせていただいたときに、奇跡が起こったと思ったんですが、今回もこうしてランクインさせていただいて、奇跡は皆さんと一緒なら、何度でも起こせるんだなって思いました。これからもSKE48と、そして私、中西優香とたくさん奇跡を起こしてください。本当にありがとうございました。

出典

  1. ^ 古川愛李 投稿 - Google+ 2013年5月22日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク