エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

YJ7 vs YM7 神保町・護国寺大戦

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

YJ7 vs YM7 神保町・護国寺大戦」(ヤンジャンセブン バーサス ヤンマガセブン じんぼうちょう・ごこくじ たいせん)は、集英社のマンガ雑誌『週刊ヤングジャンプ』、講談社のマンガ雑誌『ヤングマガジン』、AKB48のコラボレーションによる特別企画。

概要

  • 30年以上しのぎを削ってきたライバル誌である、集英社『ヤングジャンプ』と講談社『ヤングマガジン』が、出版社の枠を超えて対決する企画。
  • 2009年10月から2010年4月にかけて行われた「チームPB vs. チームYJ 神保町決戦」と同様のルールで対決。両雑誌がAKB48からメンバーを7人ずつ集めてチームを結成。様々な対決を行い、ファンによる投票によって勝敗を決定した。
  • 5つの対決の結果、4勝1敗でYM7の勝利。勝利したYM7には、秋元康よりオリジナル楽曲「恋愛総選挙」が与えられるなどのご褒美が与えられた。

YJ7(ヤンジャンセブン)

YJ7

集英社『ヤングジャンプ』とのコラボ。センターは峯岸みなみ

※所属は結成当時のもの。並び順は公式サイトに準拠。

YM7(ヤンマガセブン)

YM7

講談社『ヤングマガジン』とのコラボ。センターは指原莉乃

※所属は結成当時のもの。並び順は公式サイトに準拠。

神保町・護国寺大戦

第1対決 ファーストインプレッション対決

メンバー14人のうちの1人に投票。各メンバーに集まった票をチームごとに集計。

  • 投票期間:2011年4月4日 - 4月30日
  • 結果:YM7の勝利(YJ7:109,667票、YM7:120,071票)

第2対決 カラオケムービー対決

カラオケ選抜メンバーが、自分の好きな曲や得意な曲を1曲披露。動画を公式サイトで公開し、各メンバーに集まった票をチームごとに集計。

  • 投票期間:2011年5月20日 - 6月13日
  • 出場者
  • 結果:YJ7の勝利(YJ7:131,859票、YM7:121,834票)

第3対決 ラジオ対決 in オールナイトニッポン

2011年7月8日深夜放送の「AKB48のオールナイトニッポン」での生放送対決。おもしろかったチームへ投票。

第4対決 特技ムービー対決

熟練のワザから初公開の秘技までをメンバーが披露し、「スゴイ」と思ったメンバーに投票。各メンバーに集まった票をチームごとに集計。

第5対決 水着グラビア対決

YJ7は「ヤングジャンプ」、YM7は「ヤングマガジン」の表紙とグラビアに掲載。最もハートを掴まれたメンバーに投票。各メンバーに集まった票をチームごとに集計。

  • 投票期間:2011年9月17日 - 10月5日
  • 結果:YM7の勝利(YJ7:69,108票、YM7:78,643票)

YM7へのご褒美

渋谷のスクランブル交差点に掲示されたアドボード
勝利発表CM放送
2011年10月30日の『報道ステーションSUNDAY』CM枠内にて放送。CM曲には、レコーディングされたばかりのオジリナル楽曲『恋愛総選挙』が採用された。
オリジナル楽曲『恋愛総選挙』獲得
秋元康から書き下ろし楽曲が進呈され、勝利CMで初公開(後にアルバム「1830m」に収録)。さらに、2011年11月6日に開催された福岡握手会にてライブ初披露。
「ヤングジャンプ」「ヤングマガジン」表紙&グラビア登場
2011年11月28日発売の「ヤングマガジン」第52号で表紙と巻頭グラビアを飾り、さらに2011年12月1日発売のライバル誌「ヤングジャンプ」第1号の表紙と巻頭グラビアも占拠。
東京・渋谷スクランブル交差点の巨大アドボードに登場
2011年12月1日から2週間半、高さ5m×横幅12mもの巨大ボードにYM7が登場。秋元康が付けたキャッチコピーは「選抜メンバーよ、少し休め」。

YJ7への罰ゲーム

「第二寿湯」の銭湯壁画
「ヤングジャンプ」「ヤングマガジン」巻中グラビア登場
YM7が表紙となった両誌の巻中グラビアに登場。
銭湯壁画化
東京都江戸川区にある「第二寿湯」の銭湯壁画として、2011年12月3日から男湯に、12月10日からは女湯にも登場。年明けまで公開され、ファンのみならず地元客の間でも大きな話題となった。

関連項目

脚注・出典


外部リンク