エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

NGT48メンバーに対する暴行事件

提供: エケペディア
Jump to navigation Jump to search
この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
この項目は最新の出来事を記載しています。情報は出来事の進行によって急速に変更される可能性があります。(2019年6月)
刑事事件を取り扱っている関係上、一般人の被疑者については本名を記載せず、イニシャルや通称などの匿名で記載してください。

本項では、2018年12月に起きたNGT48のメンバーである山口真帆が、男性2名に自宅に押しかけられ暴行を受けた事件について扱う。本事件に関するグループの一連の推移も含め、本項でまとめる。

経過

2018年

  • 12月8日21時頃、20代無職男性、大学生男性の2名が山口の自宅マンションに押しかけ、顔を掴むなどの暴行を加える(詳細)。
  • 12月9日、新潟県警新潟警察署刑事第一課は、被疑者男性2名を暴行の疑いで逮捕。
  • 12月28日、被疑者2名を新潟地方検察庁は不起訴とし、釈放[注釈 1][1]

2019年

  • 1月8日、山口がSHOWROOM配信で暴行の被害に遭ったことを告白し、一部メンバーにより個人情報が漏洩している疑いがあること、対処を約束した運営側が1か月近く放置していることを暴露する(詳細)。
  • 1月9日、山口が自身のTwitterで詳細経緯を投稿。暴行について一部メンバーによる使嗾があったことや運営側による隠蔽の意図があることを示唆した(詳細)。
同日11時頃、NHKが今回の事件について第一報を伝える[2]。その後、民放各局や一般・スポーツ紙も相次いで報道。運営側は事実上の取材拒否対応を取るとともに、メンバーの関与を否定した[3][4][5][6]
  • 1月10日、NGT48劇場で「「NGT48劇場三周年記念スペシャル」公演~石の上にも三年!私達はここからなのだ!~」を開催。山口は途中出演し今回の騒動について謝罪を行った[7]。これを受けて、元NGT48キャプテンの北原里英やHKT48の指原莉乃などがSNSにおいて運営の対応を批判するなど、OG・グループ外の芸能人を含めた世論からの運営への批判が高まる[8][9]詳細)。
同日、NGT48オフィシャルサイトにおいて「株式会社AKS」名義で経緯を報告。「ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行し逮捕」されたこと、「この事件に関与していたファンの男1名」がいたこと、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったこと」を認める。併せて「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じる」ことを発表する[10]が「的外れな対応」に加え、責任者である今村悦朗劇場支配人が姿を見せて経緯を説明しないことに対し、世論からの批判がさらに強まる[11]詳細)。
同日、NGT48劇場で予定されていた1月11日、14日の計3公演の中止を発表する[12]
  • 1月12日、新潟・万代島多目的広場でイベント『新潟開港150周年×NGT48劇場3周年記念イベント~いいよ今日は!思いっきり遊んじゃえ祭り~』が開催される。山口真帆・太野彩香菅原りこが「体調不良」として休演。騒動を受けて一部コーナーの休止や新潟市からの花束贈呈が見送られ、警備態勢などを強化して実施した[13][14]
同日、東京ドームシティホールでのAKB48・チームA単独コンサート~美しき者たち~において、AKB48グループ総監督の横山由依が今回の騒動について謝罪し、「今後の対応についても運営に厳しく言わせていただきました」と発言する[15]
インターネット上で署名を行う「Change.org」で今村の劇場支配人辞任と、運営スタッフの公式な場での謝罪を求める署名運動が行われ、同日22時時点で参加者が5万人を突破した(13日12時署名締切の段階で53,637人が署名[16])。
同日夜、『週刊文春』のインターネット生放送番組「直撃! 週刊文春ライブ」において、独自の取材結果としてネット上で関与を疑われた太野彩香・西潟茉莉奈について「関与を示すような内容は出てこなかった」とする内容を伝える[17]
  • 1月13日早朝、太野・西潟が自身のTwitterにおいて自身の事件関与を否定する投稿を行う[18]
  • 1月14日早朝、NGT48オフィシャルサイトにおいて「株式会社AKS 代表取締役 吉成夏子 運営責任者兼取締役 松村匠」名義で経緯を報告。騒動を謝罪し「仮に、NGT48のメンバーの中に違法な行為をした者がいたのであれば、加害者たちと同じように送致されるはずですが、今回、メンバーは誰も送致されておりません」として、メンバーの違法な行為を否定し、今後「違法ではないものの、メンバーとして不適切な言動がなかったか、今回の件の真相究明のため、弁護士や有識者等の専門家による第三者委員会による調査を実施」することを表明。
また、今村のNGT48劇場支配人からの異動(退任、一部メディア報道では今回の事件の引責による「更迭」と報道[19][20])、新たな劇場支配人としてSKE48運営スタッフの早川麻依子、劇場副支配人として岡田剛の就任を発表する[21]
成人式会場の神田明神で取材に応じ、謝罪する松村匠AKS取締役(左)。早川NGT48劇場支配人(中央)、岡田同劇場副支配人(右)。
同日、東京・神田明神で「AKB48グループ成人式」が行われ、式典後に松村匠取締役、早川NGT48劇場支配人、岡田NGT48劇場副支配人が取材に応じる。騒動を改めて謝罪するとともに、事件の詳細については「警察の捜査内容にかかわることですので、コメントは差し控えさせていただきたい」と応じなかった。また、更迭された今村については「東京(AKS本社の取締役付)へ異動となり、引き続きNGTと48グループをサポートする」としている[22][23][24]
「週刊文春ライブ」の番組内で加害者グループの呼称に「Z会」を使用したことで、同日、通信教育大手「Z会」を運営する株式会社増進会ホールディングスは、Z会公式ホームページにおいて(一連の事件とは)無関係であることを表明する[25][26]
  • 1月15日、一正蒲鉾が、メンバーが出演する同社CMの放送を差し控えることを発表する[27][28]
同日、新潟商工会議所が、メンバーを起用した「新潟開港150周年記念」をPRする動画を公式サイトより削除する[29]
同日、NGT48劇場での正規メンバー(チームNIIIチームG)による公演を中止し、同月25日以降の公演を「研究生公演」に差し替えて実施することを発表する[30][31]
  • 1月16日、花角英世新潟県知事が記者会見において事件に言及し、グループの騒動が県のイメージに与える影響を聞かれると「影響は分かりませんが、ないことを祈りたい。ただ、NGTの存在がより世に知られるようになったのは事実」との見解を示し、「早く事実関係が明らかになって、正常な状態に戻ってほしい」と語った[32]
同日、ネット上で「加害者グループとの交流がある」とされ、物議を醸していた荻野由佳の所属事務所であるホリプロが一連の噂を否定するリリースを行う[33]
  • 1月18日、同月20日に千葉・幕張メッセで開催予定のAKB48 54thシングル『NO WAY MAN』劇場盤発売記念 大握手会について、AKB48兼任の柏木由紀を除くNGT48所属メンバー全員の参加を取りやめることを発表する[34][35]
  • 1月20日、NGT48オフィシャルサイトにおいて「一部メディア(東京スポーツ[36]など)で報道されていた元女性スタッフ(マネージャー)への嫌がらせの事実を否定し、当該メディアに抗議を行った」こと、また「一部のマスコミがNGT48メンバーの家族に対し、突然の訪問・深夜の取材・近所への聞き込み等、行き過ぎた取材をしている」として、自粛を要請した[37][38]
  • 1月21日、インターネット上で加害者グループとの交流が取り沙汰されていた元AKB48グループ総支配人で、現在は東京・浅草で唐揚げ店に勤務する戸賀崎智信が、自身のTwitterにおいて自身との関係性を否定する投稿を行った[39][40]
  • 1月22日、NGT48オフィシャルサイトにおいて、同月25日以降に再開するNGT48劇場での終演後のメンバーによるお見送りについて「当面の間」中止することを発表する[41][42]
  • 同日、新潟市でAKS・松村取締役、早川NGT48劇場支配人、岡田NGT48劇場副支配人が新潟日報の取材を受け(翌23日付朝刊に記事掲載)、「運営側の対応に問題があった」と認めて陳謝。「山口の向かいの部屋を加害者が借りていた」ことを明かし「防犯体制の甘さ」を認める。また、2月中を目処に公演を再開する方向で、事実関係の検証や再発防止策などを検討する「第三者委員会」について「週明けに発足予定」とした。さらに、一部で取り沙汰されているメンバーに対する「箝口令」も否定した[43][44][45]
  • 1月25日、NGT48劇場での公演を再開。開演前に早川NGT48劇場支配人が登壇し、ファンの前で一連の騒動について謝罪したうえで、事件の調査については第三者委員会に委ね、現時点で「メンバーのプライバシーや将来に関わる」ことから詳細なコメントは差し控えた。また、正規メンバーを含めた公演については「2月を目処に」再開する方向であることを明らかにした[46]
  • 2月1日、事件の事実関係の調査・究明を目的とする「第三者委員会」を設置。第三者委員会による本件調査等の期間は、1か月半を目途とした[47]
    委員長:岩崎晃弁護士(岩崎法律事務所)
    委員:木内雅也弁護士(赤坂森の木綜合法律事務所)
    委員:髙山梢弁護士(真和総合法律事務所)
  • 2月9日、元研究生による「ただいま!十人十色」の昼公演を行った。正規メンバーによる劇場公演は、1月10日の夜公演以来、約1か月ぶり[48]。ただし、チーム公演は現時点で再開の目処が立っていない。
  • 3月6日、元AKB48グループ劇場支配人の戸賀崎智信がTwitter投稿で、今村前NGT48劇場支配人(AKS本社取締役室付)、細井孝宏AKB48劇場支配人と酒席に興じる写真を交えた不適切な投稿を行い、批判を浴びる(翌日、投稿削除・謝罪)(詳細[49]
  • 3月7日、AKSは前日の戸賀崎によるTwitter投稿を起因として、「NGT48に関する事案について第三者委員会にて調査中であるにも関わらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまった」ことに鑑み、酒席に同席した今村との契約解除および細井のAKB48劇場支配人退任(事実上更迭)を発表する(詳細[50][51]
  • 3月10日、前年12月から活動自粛処分を受けていた2期研究生羽切瑠菜の活動辞退を発表する(同日付でNGT48としての活動を終了)[52]
  • 3月10日、有料会員向けメールサービスで、荻野由佳が「山口県でとってもきれいな桜を見られるところを見つけていきたい」「夏はガリガリ君の当たりがでる喜びをたくさん感じられたらと思います!」と唐突に送信[注釈 2][53]
  • 3月13日、AKSは例年開催してきた選抜総選挙について、今年は開催しないことを発表する[54]。理由を公表していないが、インターネット上や一部メディアで本事件の影響が取り沙汰される[55]詳細)。
  • 3月15日、TeNYテレビ新潟で放送中の冠番組「NGT48のにいがったフレンド!」が、3月いっぱいで終了することを公式サイトで発表した[56][57][58][注釈 3]
  • 3月16日、パシフィコ横浜でのAKB48『NO WAY MAN』劇場盤発売記念 大握手会より、NGT48メンバー(山口など一部メンバーを除く)が参加することとなったが、「運営側の判断」によりNGT48握手レーン(兼任メンバーの柏木由紀を含む)に防犯用記録カメラを設置することを発表する[59][60]
  • 3月21日、32ページにわたる「第三者委員会調査報告書」(3月18日付)をNGT48オフィシャルサイトで公表。
山口に対する暴行事件の事実認定がなされるとともに、「事件そのものにNGT48メンバーが関与した事実はなかった」(オフィシャルサイト、調査報告書原文は「メンバーが被疑者らとの間で何らかの共謀として関与した事実は認められなかった」)と判断。一方で「メンバーが私的領域におけるファンのつながりがあった」と指摘し、その要因として「組織運営に問題があり、スタッフおよびメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった」AKS自体の責任を認め、(グループ内における)「風紀の乱れ全般は、今回は不問」とすることを公表した[61]
説明会冒頭で挨拶する松村匠AKS取締役(中央)。左は早川NGT48劇場支配人、右は岡田同劇場副支配人。
記者より山口真帆によるツイートがあったことを指摘される松村取締役。
指摘されたツイートを確認する松村取締役と岡田副支配人。


  • 3月22日、新潟市内で松村AKS取締役、早川NGT48劇場支配人、岡田NGT48劇場副支配人が出席し「第三者委員会調査報告書」の説明会を実施する。
説明会途中に山口真帆がTwitterを更新し「松村は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束したがコミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってこない」「松村に1月10日に謝罪を要求され、私が謝罪を拒んだら『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』(と通告し)、他のメンバーにそんなことさせられないから私は謝った」「記者会見に出席している3人(松村・早川・岡田)は事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていた」「証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいる」ことをリアルタイムで暴露したうえで、松村以下運営陣を糾弾。運営と山口側のコミュニケーション不足であることを露呈したが、松村は山口への謝罪の強要については否定した[62][63]
また、第三者委員会のメンバーが会見せずに同社幹部が報告書の説明をしたことや報告書の解釈についての疑義、さらにプロデューサーである秋元康、当事者でもある今村悦朗前NGT48劇場支配人、同社トップである吉成夏子代表取締役が未だに公の場で説明を果たしていないことについて、報道陣から厳しい追及を受けた[63]
なお、松村および大村拓也取締役について「係る事態が発生した」責任により「無期限減給30%」の処分が課されたことを公表したが、私的領域におけるファンの繋がりが確認されたメンバーに対する処分を行わないことを改めて言及した[64]
  • 3月25日、同月30・31日に行われる新潟ふるさと村での「最高の新潟ラーメン祭」トークショー(31日)へのメンバー出演が「諸事情により」中止となったことが発表される[65]
  • 3月26日、BSN新潟放送ラジオでレギュラー出演中の「NGT48のガチ!ガチ?カウントダウン!」「NGT48のガチ!ガチ?トーク」の2番組について「正常な番組内容で放送ができるようになるまで」当面の間、放送休止が発表される[66]
また、NCVニコニコケーブルテレビで放送中の冠番組「ココだけNGT48」の公式サイトがこの日にリンク切れとなり、放送打ち切りの憶測がネット上で飛び交った[67][68]
  • 3月27日、新潟県は同年秋に同県内で予定されている「国民文化祭」「全国障害者芸術・文化祭」のNGT48のスペシャルサポーターとしての広告出演契約について、「今のままでは事態は収束したとは思えない」との見解を示し、2019年度の更新を保留することを発表する[69]
また、FM-NIIGATAでレギュラー出演中の「NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会」について、放送休止が発表される[70]
  • 3月28日、JR東日本新潟支社は、NGT48との広告出演契約について同月末の契約期限をもって満了とし、翌4月以降の契約更新については「現段階で考えていない」ことを明らかにした[71][72]
同日、新潟市は、市が関係する活動について、翌4月以降の起用を見送ることを明らかにした。「新潟開港150周年記念事業」のスペシャルクルーについては継続するもののイベントへ出演させず、また「南区PR大使」については3月末をもって満了とし、翌4月以降の契約更新を保留。また、NGT48が起用されているU・Iターン促進や、消防団員募集のための各動画についても3月末をもって、市のホームページから削除する方針[73]
同日、イオンリテールは、3月末をもってNGT48との広告出演契約について終了とすることが明らかになり、NGT48を起用したテレビ広告のすべてが3月末をもってなくなることとなった[74]
  • 3月29日、JR東日本グループの東京モノレールは、HKT48との広告出演契約について終了とすることを明らかにした。関係者は「契約終了は以前から決まっており、昨今の騒動は関係ない」と一連の事件による影響を否定するコメントを出した[75]
  • 3月30日、FM PORTで放送されていたNGT48の冠番組「PORT DE NGT」がこの日をもって放送終了となった[76]。番組冒頭でMCの関谷"ARARE"明子が本日をもって最終回であること、メンバー出演パートは「3月19日に事前収録した」ことであることを伝えた。この日の放送時間までに同番組のサイトに掲載されていたスポンサーのバナーがすべて消え、番組内のCMがすべてACジャパンに差し替えられて放送された。
  • 4月5日、中原八一新潟市長はこの日の会見で、3月29日午後に吉成AKS代表取締役、早川NGT48劇場支配人、岡田NGT48劇場副支配人が同市役所を訪問し、一連の騒動についての謝罪を行っていたことを明らかにした[77]
  • 4月10日、吉成AKS代表取締役、早川NGT48劇場支配人らが、3月29日に新潟県庁を訪れ、一連の騒動について県側に謝罪していたことが明らかになった[78]
  • 同日、ソニーミュージックは、台風の影響のため中止となった前年9月30日の京都パルスプラザ『世界の人へ』個別握手会の握手券分について、他会場への振り替え対応を打ち切り、商品返品による返金で対応することを発表する[79][80]
  • 4月11日、NGT48公式サイトで、同月21日の各チーム千秋楽公演をもって現行のチーム制度を取りやめ、新たに「1期生」と「研究生」に分けて再編することを発表する[81][82]
  • 4月17日、同月21日に予定される各チーム千秋楽公演の出演メンバーが発表され、山口真帆が1月10日以来101日ぶりの劇場公演への出演、柏木由紀のチームNIII兼任終了が発表される[83]
  • 4月20日、山口が有料会員向けメールの「NGT48 Mail」で、チーム解散について一部報道の「スタッフとメンバーが話し合った結果、決定した」という運営側の主張を否定し、「チームGの解散もスタッフさんの間だけで決められて、私はラインの連絡で知りました」と、チーム解散が「運営側による一方的な決定」であったとする内容のメールを配信した[84]
  • 4月21日、NGT48劇場でのチームG千秋楽公演で、山口真帆、菅原りこ長谷川玲奈がNGT48からの卒業を発表する。また、山口の卒業発表コメントで、吉成AKS代表取締役から「パワハラ」とも取れる発言を受けていたことを暴露する(詳細[85][86]
  • 4月23日、同月17日から荻野由佳をモデルに起用していた衣料大手「アダストリア」の女性向けファッションブランド「Heather」について、SNSなどでの厳しい批判を受けて同日付で荻野を起用したコンテンツを削除する[87][88]
山口真帆Twitterアカウントのヘッダ(2019年4月23日時点)
長谷川玲奈Twitterアカウントのヘッダ(2019年4月23日時点)
菅原りこTwitterアカウントのヘッダ(2019年4月23日時点)


  • 4月23日までに、山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈のTwitterのヘッダーが、女の子が目を閉じほほ笑みながら手を握り合っているイラストに統一された。イラストは、3人を支持するファンが作成し、SNSを通じて公開したものとみられる。22日に菅原と長谷川のTwitterが元の画像から変更され、23日に山口のTwitterも同様に変更された[89]
  • 4月23日までに、中井りかが自身のInstagramアカウントで、自身が山口に対し「死ね」と暴言を吐いたとするネット上の臆測について「ふぇっていう赤ちゃん言葉見たいので遊んでただけ」と釈明し暴言を否定した[90]
  • 5月1日、一部スポーツ紙の記事で、AKSが山口を暴行した実行犯を提訴したことが明らかになった[91]
  • 5月3日、有料会員向けメールサービスで、山口真帆が秋元康に感謝の意を示したことが、主要スポーツ紙全紙で報じられる[92][93][94][95][96][97]。また、AKSが実行犯2名を提訴したことを認めた[97]
  • 5月18日、長谷川玲奈、菅原りこ、山口真帆の卒業公演「太陽は何度でも」を行う[98]
  • 5月19日、長谷川玲奈、菅原りこ、山口真帆、NGT48としての活動を終了[99][100][101]
  • 5月20日、新潟県警は荻野由佳に対し「殺す」と書いた紙を、同県内の行政機関と一部メディアにFAXで送付したとして、京都府城陽市の無職男性被疑者(24)を脅迫容疑で逮捕[102][103]
被疑者逮捕を受けて、荻野が所属するホリプロは声明を発表し、「荻野に対しては全く事実に反する誹謗中傷、いわれのない風評、また本件のような脅迫行為により警備も厳重にせざるを得ず、荻野も恐怖を感じておりましたが、ここまでぎりぎりの精神でずっと耐え忍んでいた次第です」「荻野本人の名誉を毀損する行為があった場合には当社として厳正に対処すると、これまでにもお伝えしておりましたが、あらゆる脅迫、ネットやSNSなどでの不当な誹謗中傷等の違法行為に対しましては、今後も法的な手続きも含めまして厳正な対処をしていく所存です」とコメントした[104][105]
  • 同日、加藤美南のものと思われるInstagramアカウントに、テレビのワイドショーで山口の卒業公演が取り上げられている画面と「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」とショックを受けた顔文字とともにストーリー機能を使った投稿され(削除済)、そのスクリーンショットがインターネット上に拡散され、炎上状態となる[106]
  • 同日、元AKB48グループ総支配人の戸賀崎智信が、3月に問題となったTwitter投稿に関する説明会を行い、インターネット上で憶測が流れている、今村がいわゆる「厄介」と呼ばれる一部ファンとの癒着については否定し、「ぐたらない(原文ママ)報道に惑わされないように」と投稿した意図については「支配人と“ファンとつながっている”という報道に対して、くだらないと言った」と弁明した[107]
  • 5月21日、加藤美南が前日のSNS(Instagram)での不適切な投稿が本人のものであることを認め、同日付で研究生へ降格処分となる。また、同日23時より所属メンバーのSNS運用を一時停止することを発表する[108]
  • 5月23日、この日発売の「週刊新潮」(5月30日号)で、今村・前NGT48劇場支配人がインタビューに応じた記事が掲載され、犯行に及んだ被疑者グループと癒着していたとする自身の疑惑を否定した[109]
  • 5月24日、早川NGT48劇場支配人がTwitterアカウントを開設し、「メンバー本人やご家族は、否定したくても否定できない環境の中で、耐えがたい日々を送っています」「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたい」と開設理由をツイートしたが、否定的な意見が相次ぎ、アカウント開設早々に炎上騒ぎに発展する[110]
  • 同日、AKSが山口に対する暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男性2名を相手取り、損害賠償を求めて新潟地裁に提訴したことが明らかになる(4月26日付で提訴、7月10日第1回口頭弁論予定)[111]
山口真帆が2019年5月25日午前4時台に投稿したとされるインスタグラム投稿(1)
山口真帆が2019年5月25日午前4時台に投稿したとされるインスタグラム投稿(2)
山口真帆が2019年5月25日午前4時台に投稿したとされるインスタグラム投稿(3)


  • 5月25日、山口真帆が東京の大手芸能事務所・研音の所属タレントとなったことが公表される[112]。なお、NGT48在籍時のTwitterやInstagramの投稿がすべて削除された[113]。なお投稿が削除される直前の5月25日の午前4時台にInstagram を大量投稿。そこでは卒業公演に参加した7人を「安心安全7」と呼んだ。また「皆さんでずっと協力して作ってくれたものを嘘をつかれるのは悲しい」「7人は卒業公演のこと書かないように言われた」など、早川の発言に対して反論を行った。
  • 5月26日放送、TBSテレビ「サンデー・ジャポン」でNGT48のSNS騒動を取り上げた際、山口が25日深夜にInstagramに投稿した内容で、本来別人が投稿した「嘘をつかれるのは悲しい 3人は望んで卒業した訳ではありません その意味を考え続けて下さい」というツイートを山口が投稿したものと伝えて視聴者から批判を浴び、翌27日に「サンジャポ」の公式Twitterアカウントで訂正・謝罪のツイートを行う[114][115]
5月29日に行われた佐々木卓TBS社長の定例会見でこの件に触れ、「ご本人(山口)のコメントとファンの書き込みを間違えた単純ミスです」(合田隆信編成局長)と釈明している[116]。また、翌週6月2日の放送でも番組後半で訂正・謝罪を行った[117]
  • 5月28日、事件の影響でスペシャルサポーターとしての広告契約が保留となっていた、9月開幕予定の国民文化祭および全国障害者芸術・文化祭の開会式や一連のイベントにNGT48が参加しないことが明らかになった[118]
  • 6月4日、2期研究生の山崎美里衣の活動辞退を発表(同月12日活動終了予定)。チーム再編以降で初のグループ離脱メンバーとなる[119][120]
  • 6月5日、花角英世新潟県知事は記者会見で、保留となっていた国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭でのスペシャルサポーター広告契約を行わないことを公表した[121]
  • 6月6日、新潟市は、加藤美南らが務めていた南区のPR大使について、本年度の契約を行わないことを通告した[122]
  • 6月10日、山口とともに卒業した長谷川玲奈が、声優業を中心とする芸能事務所・クロコダイルの所属タレントとなったことが発表される[123][124]
  • 同日、荻野由佳を脅迫したとして逮捕された男を新潟区検察庁が脅迫罪で略式起訴し、同日、新潟簡易裁判所は罰金30万円の略式命令を出した[125]
  • 6月22日、NGT48公式サイトで、2期研究生の高沢朋花渡邉歩咲が、同年6月30日をもって活動を終了することが発表された。2名とも「太陽は何度でも」公演に出演していた[126]
  • 6月24日、新潟県オフィシャルサイト上で、同月18日に開会した新潟県議会定例会において提出された「NGT48山口真帆さん暴行事件の解明」に関する陳情が公開された。内容としては地方自治法100条に基づく調査特別委員会(通称:百条委員会)を設置し、今村前支配人を含むAKS幹部の出頭を求めている[127][128]
  • 7月1日、NGT48公式サイトで「ご報告」として、早川麻依子劇場支配人が今後についての対応を発表した[129]。今後取り組む内容として
    1. メンバーのセキュリティー対策の強化
    2. 送迎対策
    3. つながり防止対策
    4. メンバーのメンタルケアの体制強化
    5. メンバーと運営のコミュニケーション
    6. 運営面での意識改善の機会創出
    7. 活動の安心・安全のための毅然とした対応
の7つを、具体的な施策とともに掲げた。
AKSも同タイミングでコーポレートサイトをオープンさせた。吉成夏子代表取締役のメッセージとして「グループの運営・管理において、皆様に大変なご心配やご迷惑をお掛けするような事態を招いたことは、成長に見合ったガバナンスが欠如していたことの表れであり、深く反省致しております。更にこの先10年、20年と、多くの女性の夢を預かり、メンバーが輝ける場所を提供し続けていく為には、成長だけではなく、企業として成熟していくことが重要であることを痛感し、社会的な責任を負える企業になれるよう、運営・管理体制の改善に着手しております」などととした。新たにアドバイザリーとして俳優のマシ・オカ(本名:岡政偉)ら3人を迎えることが明らかになり、「役員構成」から運営責任者だった松村匠らが外れた[130]
  • 7月5日、AKSは4月26日に山口に対する暴行容疑で逮捕された男性ファン2人を相手取り、「事件によりNGT48の芸能活動が休止した」などとして、3000万円の損害賠償を求めて新潟地裁に提訴したことが分かった[131]。第1回口頭弁論は7月10日に開かれる予定。
    • 7月10日、訴訟の第1回口頭弁論が新潟地裁で開かれた[132]。被告側は弁護士を含めて出席しなかったが、請求の棄却を求めており、争う構えを示した[133]

事件発生の経緯

NGT48オフィシャルサイトの発表および一連の報道では次の通り伝えられる。

2018年12月8日21時頃、山口が自宅マンションに帰宅後、押し掛けた20代無職の男および大学生に顔をつかんで押されるなどの被害を受けた。なお、山口に怪我なく、翌9日に新潟県警は2名を暴行の疑いで逮捕した。男らに性的暴行等の意図はなかったとされ、その後、不起訴になり釈放された[5][134]

後日、公表されたNGT48オフィシャルサイトによる説明では、

「新潟警察署が事件を捜査し、約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました。」
「そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました。」[135]

としている。

暴行事件が公に報道されたのは、約1か月後の2019年1月9日11時頃、NHKでの報道が最初[2]で、その後は民放・新聞などの各種メディアでも続々と伝えられている。

第三者委員会調査報告書による事実認定

後日、第三者委員会による調査報告書において、複数の音声データなどから山口に対する暴行事件の事実認定が行われている。以下、判明した事件経過を示す。

  • 2018年12月8日夜、NGT48劇場での公演を終えた山口を含むメンバーが、送迎のマイクロバスに乗車。このマイクロバスは数か所の降車地点に停車し、メンバーはそれぞれの自宅に近い地点で降車し帰宅することになる。
バスが一つ目の降車地点でメンバーA(以下、A)が降車し、Aは以前から握手会などで面識のあった事件関係者丙(以下、丙)に「まほほん、あの車両に乗っている?」と声をかけられ、Aは「乗ってるよ」と答え、また丙は「(メンバー)E(以下、E)も乗ってる?」と聞き、Aは「乗ってないよ」と答えた。その後、丙は被疑者甲(以下、甲)および被疑者乙(以下、乙)にAから聞いた内容を伝えた(捜査機関などによる事実認定)。
  • 甲は、山口が居住するマンションの向かいの部屋を借りており、被疑者は丙からの連絡をもとに、山口がマイクロバスの降車地点からマンション到着までの時間を計算し、部屋から共用廊下の様子を伺いながら、山口の帰宅を待ったとされる。
  • 20時40分頃、山口がマンションに到着し自宅に入りドアを閉めようとした際に、乙が手でドアを押さえてこじ開け、山口の顔を掴んで押し倒そうとした。山口は乙を追い出そうとしたが、向かいの部屋にいた甲が現われ、甲は山口の目と鼻のあたりを親指と人差し指で、両方のこめかみを押さえるような形で顔面を掴んだ。
その後、山口は「助けて」と共用廊下に向けて叫んだが、甲が山口の口を手で押さえた。その後、エレベーターが止まる音に気付き、甲の動きが止まると、山口は甲を共用廊下に押しだし、山口はしゃがみ込んで泣き出した。エレベーターから降りてきた男性が山口に近づこうとしたが、乙がこれを制止し「喧嘩しているだけ」と説明。山口は首に下げていた携帯電話から警察に通報しようとしたが、甲に阻止された。山口は過呼吸状態で泣き叫ぶと、甲は「ごめん、ごめん」と謝ったが、山口は「近づくな」などと叫んだ。
  • 甲は、山口に対して「メンバーにも相談して、メンバーに提案されて、やったことだから」「こうすればまほほんと話せるよ、と提案された」と言い、A、メンバーB(以下、B)、メンバーC(以下、C)の名前を述べた。
山口は同じ階に住むEの部屋に助けを求めたが、当時Eは不在で電話で連絡したところEが戻るのに30分かかると言われた。そこで21時15分頃、山口はメンバーD(以下、D)に電話。5分で行けるとのことでDの合流を待ち、21時19分頃、Dの部屋からマネージャーに電話で被害を報告した。その後、山口とDは既に1階に下りていた被疑者および丙とともに近くの公園へ移動した。
  • 21時41分頃、公園に移動したDはマネジャーにLINEで位置を連絡。山口と甲がやり取りをする中でマネージャー3名が公園に到着。マイクロバスの中などで本件の事件関与者などについて、主に山口と甲と間でやり取りがなされた。
  • 翌9日、新潟警察署において、甲および乙を暴行容疑で逮捕した。同日、警察は山口の部屋の玄関ドアの指紋採取が行われ、その後、甲および乙は新潟地方検察庁に送致されたが、同月28日付で不起訴処分となっている。
  • なお、第三者委員会が甲、乙および丙に弁明の機会を与えるべく、2019年2月19日付で書状を送付したうえで調査への協力を要請した。このうち、丙はAKSに対し第三者委員会の調査に協力を行うか否かを検討する条件として、AKS側に出入禁止処分の解除を求めたが、AKSはこれを拒否した。甲、乙両名については連絡はなく、再度3月1日付で調査協力を要請する書状を送付したが、3名とも応じなかった。

山口真帆によるSHOWROOM配信・Twitter投稿

1月8日のSHOWROOM配信

今回の事件が表面化したのは、2019年1月8日夜に行った山口のSHOWROON配信であり、内容としては、

  1. .(暴行事件が発生してから)1か月経過したが(運営側は)何も対処をしてくれない。今村は「悪いことしてる奴らだって解雇する」などと対処を約束したものの、一向に対処に動く気配がない。
  2. .(メンバー)みんなの個人情報がバレて(漏洩して)しまっている。
  3. .今回私は助かったから良かったけど、殺されてたらどうすんだろうって思うし、取り返しつかなくなったら、もうなんにも間に合わないのに、なんで他のグループでは許されないことがNGTで許されるかわかんない
  4. .ほんとずっと言いたかったけど、全部対処してくれるって言ったから、この1ヶ月怖かったけどずっと待ってた。だけど結果なんもしてくれなくて。悪いことしてた人たちも全部そのままで。意味がわかんない。[136]

などと、対処を約束したはずの運営側が一向に対処しない事を涙ながらに告白。なお、この配信は何らかの意図で途中で打ち切られた。

1月9日のTwitter投稿

その後、配信の翌9日早朝に、山口自身のTwitter投稿でさらに経緯を説明している(原文ママ。一部の投稿は自主的なのか運営側からか不明ではあるが削除されて、その後、山口が5月25日に研音へ移籍したことに伴い、一連の投稿はすべて削除された)。

こんなこと言いたくない。お世話になってる人に迷惑かけたくない。皆さんにngtを嫌いになってほしくないからこの1ヶ月つらくても黙ってた。報道でもngtということは伝えないように私がお願いした。それもこのグループが大切だったから。そして全部対処、処分してくれると信じてたから。[137]

でもそうしてグループを守って信じて1ヶ月。結局何も対処してくれないことが決まった。ましてや今村さんは警察からメンバーのことも全部聞いてるのに、処分するって言ったのに、今は私のことを被害妄想と言って片付けようとしている。こんな事件があったのにグループのために黙っていたのに裏切られた(削除済)[138]

ngtのこと嫌いになってほしくない。真面目に頑張ってる子もたくさんいる。
だけどそんな子たちが私と同じ目に遭うのは耐えられない。自分がつらいから大切な子たちに同じ想いをしてほしくない。泣くのは私だけでいいのにみんなも不安で悔しくて泣いてるのもうなんとかしたい。だから本当のこと言います[139]

私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われました。あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかしていました[注釈 4]
ファンと繋がらなかったら繋がってるメンバーに個人情報ばらされて襲われないとけないんですか、(削除済)[140]

恋愛しないで真面目にアイドルやってたことが悪いの?ファンと繋がらなかったことが悪いの?なんでルールを守ってたことがこのグループでは怖いめに遭わないといけないのなんで真面目にやってる子が守られないグループなの多くのファンを裏切って繋がってる人が正しいの?なんでそれを許すか分からない[141]

握手会だって公演だって体調悪くても休まなかった。楽しみにしてくれてるファンの人がいるから。次会えない人だっている。会いに来てもらってるのは当たり前じゃないから。
私の1つのポリシーだったしずっとそう決めてた。なのになんでそれも壊されて…今までみんなとできた絆もなくなるのがこわい[142]

こんなことがあったのに私を休養させたら何事もなかったかのように片付けられるの、、
今村さんは男だから女の人が襲われる恐怖が分からないのかな、もう1人で外を歩くのだって怖い。引っ越しても実家も電話番号もバラされてて知られててどこに逃げ場所があるの、(削除済)[143]

全部嘘だと思いたいけど真実です。
襲われたとき信じられるメンバーに助けを求めました。その子も警察が来るまで犯人の証言を聞いたし、スタッフさんもいました。犯人から次々出てくるメンバーの名前にその子も泣いていました。もう真面目に頑張ってる子が安心して安全に活動できなくなるのは嫌(削除済)[144]

警察にはもう通報してあります。
メンバーが関わってるのも事実でした。犯人も暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました。(削除済)[145]

嘘だと疑うなら疑ってもらっても構わないです。報道されないのもngt、アイドルということを隠したからです。ngtのファンは優しい人がいっぱいなのに一部のせいで悪く思われたくないし襲われた側でもngtというグループに良いイメージはつかないと思って私が頼みました。23歳自営業で発表して貰いました(削除済)[146]

ごめんなさい。皆さん。みんなの夢を壊すこと私も言いたくなかった。だけど私が言わないと何も変わらないから。他の子に私と同じ想いしてほしくないから。取り返しつかなくなったらいけないから。ごめんね。もう言うしかなかった。ごめんなさい。私もできるなら1ヶ月前に戻って普通のアイドルでいたい(削除済)[147]

チームGになって毎日楽しかった。
アイカブのイベントもファンの人が一緒に頑張ってくれたり総選挙は悔しい結果だったかもしれないけど握手会でもどんどん人が来てくれるようになってみんなそれを喜んでくれて嬉しかった。やり甲斐のあるアイドルで卒業なんて考えてなかったしやりたいことたくさんある(削除済)[148]

ごめんなさい。でももうこうするしかなかった。私だけじゃなく真面目に頑張ってる子みんな限界だった。でも真面目に頑張ってる子もいるからそれは信じてください。NGTのこと嫌いにならないでほしい。私はもうどうなるか分からないからチームGのことよろしくお願いします。(削除済)[149]

皆さんにもショックを与えてしまってごめんなさい。私に遭った出来事を聞いて怖い想いをしてしまったかもしれません。本当に申し訳ないです。同じような想いをしてる方もいて私も力になれればと思いました。皆さんが安全に健康に幸せに暮らせる毎日を祈ってます。[150]

そしてNGT48のことどうか嫌いにならないで下さい。私が今まで決断できなかったのもNGT48のことを想ってでした。でももうだれも同じ想いをしてほしくなかったので本当のこと言うしかありませんでした。ごめんなさい。
真面目に頑張ってるメンバーもたくさんいます。
チームGのことよろしくお願いします[151]

3周年記念公演での山口の謝罪と運営の無策に対する炎上

前代未聞となったメンバーへの暴行のいきさつがメディアにより報道され始めた中でも、NGT48の運営側は「担当者が不在でお答えできない」と事実上の取材拒否の姿勢を取り[6][4]、広報担当者の電話は留守番電話に転送され、つながらない状態になっていた[152]。その一方、一部メディアの取材に対しては、山口が告白した「メンバーの関与」については否定していた[153][154]。このことに対し、特に劇場支配人で実質的なNGT48の運営トップである今村悦朗が一切姿を現さず、コメントも行っていないことに、ネット上を中心に世論からの批判が噴出し始めていた。

1月10日、NGT48劇場において、「「NGT48劇場三周年記念スペシャル」公演~石の上にも三年!私達はここからなのだ!~」を開催した。体調不良の菅原りこを除くほぼ全員が出演したが、既にこの時点でネット上では山口が告白した「関与が疑われるメンバー」として太野彩香の名前が取り沙汰されており、太野は序盤のみ出演となった。

一方、被害者となった山口は柏木由紀とのユニットで『てもでもの涙』に登場。曲披露後に今回の騒動について、謝罪を含めたコメントを出した。

この度はたくさんお騒がせしてしまって誠に申し訳ありません。
先日もお伝えした通り、私にも守りたいものがあったからこのような形で皆様に伝えることになってしまったことも、お世話になってる方々たちにも迷惑をかけることになってしまったこと、本当に申し訳なく思っております。
AKSの方とも話し合えて、これがきっかけとなってまたNGT48が新しい方向に向かえるように、私もチームGの副キャプテンとして努力したいと思います。
引き続き、NGT48の応援をよろしくお願いします。[7]

世論・関係者からの運営への猛批判

山口の「謝罪」直後の反応と北原里英・大滝友梨亜のTwitter投稿

事件の被害者が「謝罪」を行う一方、この問題に対する釈明を一切行っていない運営側に対し、これ以降さらに運営に対する批判が強まり、各方面で大炎上の状態となった。

NGT48劇場の公演を鑑賞したファンからは「本人が出てきて驚いた。謝罪と説明は被害を受けた本人がすることではない」「運営側から何の説明もなく裏切られた気分だ」「運営側はメンバーの身を守ることが最優先だ」など運営に対する批判が続出した[155]

さらに、山口の謝罪を受けて、元NGT48キャプテンの北原里英が自身のTwitterで山口を擁護する一方で運営を批判する投稿を行い、その後相次ぐ他のOGや芸能関係者からの運営に対する批判の口火と切る形となった。

わたしはもうグループを卒業しているので、何かを言う資格がある人間ではありません。
詳しく全てを知っているわけではないので、何かを発信することは憶測で物を言うことになってしまうので何も言うべきではないと思っています、いましたが…だけど外から見ているからこそ思うことはあります。
あなたは謝るべきではありません!
謝らないで。悪いことしてないです。本当に!頭を下げるのは間違ってます!わたしが悔しい。
犯人である男性に謝ってほしいわけじゃない。だけどこんなの変でしょ?絶対に間違ってる。もう本当に悲しい。[156]

また、元NGT48(1期生)の大滝友梨亜は自身のTwitter投稿で、同じく山口を擁護するとともに、事件の運営対応について山口からSOSが出されていたことを明かした。

事件があった時に
守ってあげたかった。
この事件がニュースに出る前の日に
連絡が来て「たすけて」と
言われました。
何もしてあげられなくて
本当にごめんね。
私は今からでも遅くないなら
あなたを全力で守ります。
頭をさげるのはあなたじゃないよ。[157]

運営側の声明(1回目)と反応

10日の公演後、批判が高まっていた運営側の声明として「株式会社AKS」名義でNGT48オフィシャルサイトにおいて「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」を掲載した。

山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告

NGT48をいつも応援していただきありがとうございます。
今回、山口真帆に関わる一連の騒動について、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

先ず、山口真帆が被害にあった暴行事件についてご報告いたします。
昨年12月、ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕されました。新潟警察署が事件を捜査し、約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました。
そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました。
また、メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。
運営としては引き続き本件についての確認を続けてまいります。
また、3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております。

当然のことながら、今回の事件を受けて山口真帆本人は精神的なショックを受けております。今回このように山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為であり、今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンパーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行なっていく所存です。

ファンの皆様、関係者の皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

株式会社AKS[10]

運営側の声明で「ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕」されたこと、「この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認」されたこと、「3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応」をしたことに加え、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」ことを認め、報道直後の「メンバーの関与について否定」した前言を覆す声明を行った。 また、対策として「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底」を公表している。

特に「防犯ベルの支給」という「稚拙」な対応に対し、一時「防犯ベル」がYahoo!ニュースのリアルタイム検索や中国のSNS「Weibo」でトレンド入りするほどの反響が出た[158]

また、NGT48劇場で予定されていた同月11日の研究生公演(諸橋姫向生誕祭が予定されていた)および14日のチームG 1st Stage「逆上がり」公演(2回公演)を急遽中止することを発表した[159][160]

OGの反応

今回の運営の発表に対しても、48グループ現役メンバーやOGを含めた世論の運営に対する批判がさらに増大し、SNSなどで痛烈な批判が相次いだ(一部削除済の投稿もあり)。

  • 元AKB48の増田有華(2期生)は自身のTwitter投稿(すべて削除済)で、

胸糞悪いニュースを見て。
思い出した。
昔から大人は嫌いだって口癖だったな。いまはもうわたし自身、大人になっちゃったけど。
大人というより、ガムテープで口を塞がれながら生きてるような人間のことを“大人”って呼んでたんだと思う。今でもそんな“大人”を見ると情けない。[161]

防犯の範疇にない時に防犯ベルは取り出せないと思いますー。襲われてからじゃ遅いんや。いつの時代や。[162]

これで最後にするけどさ
部外者がすみません。でも私も家に入られて事件になったことがあったから、なんだか他人事に思えなくて、呟いてみます。
反省してないから、他人事だから、同じことが繰り返されるんだと思う。
騒ぎになってしまったし、取り敢えず表立って謝っとくかって
そんなのメンバーやファンの皆さんをバカにしてる。みんな馬鹿じゃないから分かるよねぇ。本音か嘘か、なんて。
命を預かってる事を忘れないでほしいですね。これだけ大所帯なんだから、尚更。
ファンの方の
言葉にすることでしか支えてあげられなくてもどかしいですとの声をたくさん見かけます。 伝えたいその子には、ちゃんと伝わってると思いますよ。 再発しないように、防犯ベルとかそういうのではなくて、ちゃんと向き合ってほしいです。[163]

  • 元AKB48(3期生)・HKT48の多田愛佳は自身のTwitter投稿で、

なんでそうなるかね。
納得いかないことばかりの世の中だね。
ってセリフみたいなことを言ってみる。[164]

私がやった対策は
・劇場から遠いところに引っ越す。
・簡単な護身術を習う。
・帰り道話しかけられても、白目を剥く。でした。心穏やかに過ごせる日がきますように。がんばれ。[165]

現役メンバーの反応

  • HKT48の指原莉乃は自身のTwitterで、今回の運営側の発表と対応に関して踏み込む形で批判している。

防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う。。
ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくないし、でも本人発信だとしてもこうなってしまったことを謝らなきゃ!と思って自分を責めているんじゃないかと心配です。そこで謝らなくていいんだよ!と→
言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います。
どうか彼女の気持ちの回復が少しでも早く訪れますように。同じことを繰り返してはいけない。[166]

メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思うしそれが気持ち的に絶対に正解だとおもうけど、運営側はそうあってはいけない。現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい[167]

きっと強く言いたいメンバーも多いです。でも言いたいことも言えないと思うので、声の大きいわたしが言ってみました。
ワイドナショー出演しますが、こうなる前から事前に出演は決まっていたことだけご報告しておきます。
ファンの皆様のざわつきが1日でも早く解消しますように。
おやすみなさい[168]

ツイートをニュースにしてくださっているメディアもすでにあるんですがわたしの気持ちは朝に更新したツイート4つで全てなので抜き出さずに推敲せずに、どうか全てそのまま記事にしてください。お手数おかけしますが誤解なく言葉を届けたいです。[169]

  • 指原のツイートにもあるが、現役メンバーでは指原以外に運営側を強く批判するSNS投稿はほぼ皆無であり「言いたいことも言えない」状況であることを伺わせる。AKB48グループ総監督である横山由依も自身のTwitter投稿では、

メンバーが笑顔で、みんなで仲良く、夢を目指したいです。 私たちも頑張りますので、運営のみなさんもよろしくお願いします。 ファンのみなさんの愛が一番の支えです。[170]

と、表だった運営への批判は避けている。ただし、前述の北原里英のTwitter投稿には、岡田奈々(AKB48・STU48兼任)、田中美久(HKT48)、篠崎彩奈(AKB48)ら現役のAKB48グループメンバーもツイッターで「いいね」を押しており「無言の運営側への批判」とも考えられる[171]

戸賀崎智信によるTwitter不適切投稿と関係者の処分

2019年3月6日に戸賀崎智信のTwitterに投稿された画像。戸賀崎(左)、細井孝宏(中央)、今村悦朗(右)。
  • 2019年3月6日、元AKB48グループ支配人の戸賀崎智信が、今村およびAKB48劇場支配人の細井孝宏と酒席に共にし飲食に興ずる写真を自身のTwitterに投稿。さらに、

色々聞いた。みんなぐたらない[注釈 5]報道に惑わされないように。(原文ママ、投稿削除済)

まぁ後で全部わかるよ。なにも心配しなくて大丈夫(投稿削除済)

大丈夫。今村さんが近いうちにちゃんと、報告するよ。きっとね、(投稿削除済)

などと投稿した。
今村が事件後に一度も公に姿を現さず、説明していないことに対して世論から厳しい批判があり、さらに問題が解決されていない中、戸賀崎の不適切な投稿を契機にインターネット上で戸賀崎や細井のTwitterなどが大炎上の状態となり、一連の騒動以降、SNSを更新していない山口真帆も不快感を表す意図もあってか、戸賀崎を批判する一般ユーザーの投稿をリツイートしていた[49][51]
  • 翌7日、厳しい批判に対し戸賀崎は一連のTwitter投稿を削除し、

昨日の投稿、沢山の人にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。状況も考えず軽はずみな投稿したこと、取り返しのつかないことをしたと反省しています。被害者の方もいる今回の事件について、軽く考えているわけではないことは伝えておきたいです。辞めて尚迷惑をかけてしまい恥ずかしいです[172]

と、謝罪の投稿を行った。
  • 同日、AKSは一連の経緯を受け、吉成夏子代表取締役、松村匠運営責任者兼取締役の連名名義で「ご報告」として「今村悦朗との契約解除」[注釈 6]」および「細井孝宏のAKB48劇場支配人の退任(事実上の更迭)」としたことを公式ブログに掲載した。

ご報告
株式会社AKS
代表取締役 吉成 夏子
運営責任者兼取締役 松村 匠

日頃よりAKB48グループを応援いただき誠に有り難うございます。
本日、AKSは、昨夜の元関係者のツイッター投稿を受け、NGT48に関する事案について第三者委員会にて調査中であるにも関わらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまったことを、会社として厳粛に受け止め、前NGT48劇場支配人今村悦朗との間の契約を解除するとともに、AKB48劇場支配人の細井孝宏の退任を発表いたします。
尚、AKB48劇場支配人は一旦空席とさせて頂きたいと存じます。
この度の一連の騒動において、多くのご批判の声を頂いているところ、上記ツイッター投稿に関してもさらにご叱責を頂いております。こういった皆様からの声に真摯に耳を傾け、ファンの皆様にもう一度心から愛されるグループを目指し、自らを変革して参りたいと存じます。
改めて不快な思いをされた全ての方に深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。
以上[50]

  • 翌8日、AKB48劇場支配人を退任(事実上更迭)となった細井が「お詫び」として公式ブログに掲載。

すでに公式ブログで発表になりました通り、AKB48劇場支配人を退任することになりました。
元関係者による昨夜のTwItter投稿により、ご不快に思われた多く皆様に私からもお詫びを申し上げます。大変申し訳ありませんでした。
NGT48の事案に関して第三者委員会での調査中という状況の中、また、メンバーやスタッフが厳しいご批判をいただきながらも頑張ってくれている中、立場や責任のある私が軽率な行動を取ってしまいました。
私自身、この状況下でNGT48前支配人と食事に同席するのはいかがなものかと躊躇する気持ちもありましたが、同じ支配人として活動を共にしてきた元NGT48劇場支配人への個人的な思いもあり、元関係者も含め、その場に参加しました。最終的に参加を決めたのは私自身ですので、何の申し開きもございません。
しかしながら結果として、多くの方々にご迷惑をかけ、本当に取り返しのつかない軽率な行動を取ってしまったと深く後悔と反省をしております。
2017年4月から約2年間、至らないことも多々ございましたが、今まで支えてくれたAKB48メンバーやスタッフ、そしてファンの皆様に何のお礼もできないまま、このような形でAKB48劇場支配人の職を去るのは痛恨の極みではございますが、このままとどまるべきではないと判断致しました。
あらためまして、昨夜からの一連のことにおきまして、ファンの皆様をはじめ関係各所の皆様、AKB48メンバーやスタッフに深くお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。
最後に、現在の私の口から言えることではないのかもしれませんが、今後とも変わらぬAKB48グループへの変わらぬお引き立ての程、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年3月7日
細井 孝宏[173]

選抜総選挙開催見送りへ

  • 2019年3月13日、AKSはAKB48オフィシャルブログにおいて、例年開催されてきた選抜総選挙について「本年は実施しないこと」を発表した[54]
リリースで開催しない理由は触れておらず、一部メディアの取材に関係者は「来年以降の開催は未定」としている[174]
  • ただし、ネット上や一部メディアでは「新潟の件が何も解決していない」最中での開催は厳しい見解も出ている[55]。HKT48の指原莉乃も自身のTwitterで、

総選挙でみなさんに知ってもらえた自分としては…総選挙に向けて努力しているメンバーもファンの皆さんのこともわかっているので複雑です…。色々なことの整理、説明ができていない中での開催はもちろんできないので仕方がないと思っています。[175]

みなさんが周りに「応援している!」と胸を張って言えるようなグループでないといけないですよね。
悲しい気持ちにさせてしまうことが多く…。パフォーマンスで笑顔にできるようにメンバー一同、気力を奮い立たせ、仲間を思いやり、頑張ります。[176]

いろいろなことへの説明がついていない~のところですが公式な見解ではなく私個人の受け取り方です(各媒体に向けて説明ツイート)[177]

と、一歩踏み込み、本事件の影響を示唆するツイートを行っている。
  • 一方、松村匠AKS取締役は同月22日の「第三者委員会調査報告書」説明会の席上で報道陣からの質疑に対し「一切、関係ございません。総選挙は昨年で10回目を迎えて一定の役割を終えました」と影響を否定している[178]

第三者委員会調査報告書

  • 2019年3月21日、翌22日に新潟市内で行われる予定の第三者委員会による調査結果の説明会に先んじて、NGT48オフィシャルサイトで32ページにわたる「NGT48第三者委員会調査報告書」の全文を掲載した[61]

現チーム体制千秋楽公演と山口真帆・菅原りこ・長谷川玲奈卒業発表

  • 2019年4月21日、現チーム体制下での劇場公演千秋楽がそれぞれ行われた。昼のチームNIII公演において、早川NGT48劇場支配人が開演前に登壇し、謝罪を行った(夜のチームG公演開演前も同様)。

皆様、本日はチームNIII「誇りの丘」公演千秋楽にご来場いただき誠にありがとうございます、劇場支配人の早川麻衣子と申します。
開演に先立ちまして、わたくしの方から一言ご挨拶をさせていただきます。
2015年の結成以来、温かいご声援を賜りましたファンの皆様、新潟県の皆様におきましては今回の事件そして事件後の運営の対応の不備により大きく信頼を裏切る形となってしまったことを心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。
事件の発生の原因ともなりました運営体制の不備やセキュリティの不備そしてメンバーとのコミュニケーション不足の改善など日々行なっておりますが、NGT48がまた皆様に愛してもらえるようなグループになるためにこれからも日々努力を重ねていきたいと思っております。どうか温かい目で見守っていただけますと幸いです。
そしてこのような形で急に千秋楽を迎えることになってしまい本当に申し訳ございません。
私は支配人に就任してからチームとして活動するメンバーを見る機会がありませんでした。今回千秋楽に向けてチームとして頑張るメンバーを見て改めてチームの良さを感じました。
ですが、今はNGT48としてやらなければいけないことがたくさんあると考えております。そしてそのためにはたくさんの時間が必要だと思っております。
その第一歩として今回チーム制度を取りやめ、NGT48 1期生と研究生として新たなスタートを切る一歩を踏み出したいと考えております。
チームNIIIを応援してくださっていた皆様やチームを大事に思っていたメンバーに対しては本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当に申し訳ございません。
私もまだ支配人としてメンバーと過ごす時間や話す時間は十分とは言えませんし、役割も十分果たしているとは言えません。
支配人としてもまだまだ未熟な部分がたくさんあると痛感しておりますが、メンバーのみんなとスタッフのみんなで一歩一歩前に進んでいけたらと考えておりますので、どうか温かい目で見守っていただけますと幸いです。
今後とてもNGT48をよろしくお願い致します。
それでは大変お待たせいたしました、間もなくチームNIII「誇りの丘」公演千秋楽を開演させていただきます。どうぞお楽しみください。[179]

  • 夜のチームG公演アンコール後に、山口と山口を擁護していたとされる長谷川玲奈菅原りこが、それぞれNGT48からの卒業を発表した。

ちょっと待った! 私、長谷川玲奈はNGT48を卒業します。
はい、えっと、去年の選抜総選挙のランクインからアイカブの声優のお仕事や、これからもっともっと頑張んなきゃいけない時に急な発表になってしまい、すみません。
そして、この状況で皆さんにたくさんの不安や悲しい気持ちにさせてしまい本当に申し訳ありません。
私の最後の握手会は5月6日です。あと残りわずかな握手会ですが、皆さんとたくさんお話ができたらいいなと思います。
そして、私の最終活動日は5月の18日です。5月18日に卒業公演をやらせていただきます。
本当はもっともっと頑張りたかったし、皆さんと一緒にもっとやりたかったんですけど、本当にすみません。
そして本当に私はチームGが大好きで、チームGになれて凄く幸せでした。
残りわずかのアイドル活動ですが、最後まで私らしく全力で頑張っていきたいと思うので、残りわずかですがこれからも応援してくださったら嬉しいです。本当にありがとうございました。[180]

ちょっと待ってください。私、菅原りこもNGT48、卒業します。
本当に今こうやってNGT48をずっとずっと応援してくださった皆さんには、今までずっと私のソロコンサートという夢に向かって一歩一歩少しずつでも一緒に歩んで来てくださったチームさくらんぼの皆様、本当にその皆様方のことを考えると、今、今私がこうして言っていることが正しいことなのかとても不安や凄い切ない気持ちでいっぱいです。
私はたくさんの方々に笑顔、勇気そして強い心をいただいてきました。本当に私の心の支えになってくれて本当にありがとうございます。
私がつらい時も皆さんからの届いたファンの方々からのお手紙や握手会などでも温かいお言葉そして一緒に頑張ろうって言ってくれた言葉ずっとずっと忘れません。
でも、私は決してソロコンサートという夢を諦めたわけではありません。
はい、これからもそんな私を支えてくださって、応援してくださる皆様方と一緒にまた一緒の夢を追いかけて行けたらいいなと思います。
本当に私に笑顔そして笑顔や感謝の気持ちをたくさんくれてありがとうございました。
なのに私は皆様方に笑顔や元気だけではなく、たくさんの、たくさんのつらいことや苦しい経験なども多くさせてしまいました。本当にごめんなさい。
でも、次また皆様方を笑顔にできるのは私だと思っています。絶対に次また皆さんと会った時には必ず全力の笑顔を私に見せていただけるようにこれからも上を向いて一歩ずつでも少しずつでも前に向かって進めるように頑張っていきたいと思います。
今までの皆様方からの支えはずっと私の宝物でもあります。ですので、皆様方もどうか私のことを大切にずっと思ってくださったら嬉しいです。本当にありがとうございます。[181]

  • 山口は卒業発表のコメントに際し、AKS代表取締役である吉成夏子から「『不起訴になったことで事件じゃないということだ』と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者」「目をそらしてはいけない問題に対して、『そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない』」とパワハラに等しい扱いを受けている現状を暴露し、「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」とグループ卒業に際し、無念の思いを伝えた。

私、山口真帆はNGT48を卒業します。
今日はちゃんと紙に書いてきたので、皆さんへ今まで黙っていた思いを言いたいと思います。
私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。
だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした。
事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。
目をそらしてはいけない問題に対して、「そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない」というのが、このグループの答えでした。
だけど、この環境を変えなければまた同じことが繰り返されると思い、今日までずっと耐えて最善を尽くしましたが、私にできたことはほんのわずかなことでした。
私には人の命より大切なものがなにか分かりません。
大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています。
そして、私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、玲奈と、りこと、もふでした。
みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。
今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません。
ファンの皆様には、本当に申し訳ないと思っております。
たくさんの方が応援してくれて、私のもとには同じような被害に遭った方からのメッセージが寄せられ、私を見て勇気や元気が出たという方もいました。
ですが、結果的にこのような形になったこと、そのような方たちの希望も無くしてしまったんではないかと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと、私は思います。
たくさんの方が私のために自分の時間を削って、私のことを支えてくれました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は皆さんのご自身ために、楽しいことに時間を使い、幸せになってほしいです。
みなさんが私に幸せになってほしいと願ってくれたように、私もそう願っています。
そして、私を今まで支えてくださったファンの皆さん、このような形で卒業することになってしまい、本当に申し訳ありません。
以前のように歌って踊って、毎週のように握手会があって、お互いにに「またね」と言い合いたいのですが、5月5日と6日で最後の握手会となります。
今までお休みをさせていただいた握手会も、そこで振替をさせていただきます。
そこで「またね」の続きができたらうれしいなと思います。
そこでは一緒に夢の話をしましょう。
最終活動日は、玲奈とりこと一緒に5月18日の卒業公演となります。
ケガで今日の公演に出られていなかったりことリハビリを頑張って、またステージで笑顔で、今度は夢に向かって歩いていく姿を皆さんに見せることができたら、うれしいです。
私がこれからできることは、今の苦しい姿ではなくて、笑顔で幸せな姿を見せて、皆さんに元気を与えることだと思います。
みなさんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手を差し伸べられる人でありたいなと思います。
そして、今回のことで私はNGT48にならなきゃよかったんじゃないかって、思うこともありました。
だけどやっぱり、こうやってみんなでステージに立って、みんなで公演をして、ファンの方に声援を頂いて、メンバーのみんなやファンの皆さんと出会えたことが幸せです。
NGT48になってよかったと思います。
メンバーのみんなにも、ファンの皆さんにも、これからの人生を真っ直ぐに生きて、みんなには笑顔で笑っていてほしいなと思います。
残り1ヶ月もありませんが、最後まで一人の人として、NGT48として、みなさんに今度は笑顔でまたお会いできたらうれしいなと思っています。
あと少しの間ですが、どうぞよろしくお願いいたします。[182]

「パワハラ」発言に対する運営への猛批判

  • 山口の卒業発表を受け、劇場内のファンは一瞬静まりかえり、また、劇場内に入れずロビーで鑑賞していたファンからは「ふざけるな!」などと大きな怒号が上がり、物が倒れる大きな音もした。また、山口が吉成社長から「会社を攻撃する加害者」などと批判されたことを明かすと、会場からは怒りの声が沸き上がったという[183][184]
  • 観覧していたファンからも、AKSに対する批判が続いた。新潟市の30代男性は「本来なら吉成社長とかが出てきて謝らなければいけない話。それができないという時点で、普通の企業じゃないですよね」、山形県酒田市から訪れた山口のファンだという40代男性も「可能性はいろいろあったのに、事務所は最悪の形を選んでしまった」「卒業公演が終わったら、もうNGT48のファンと名乗ることはない」、長岡市の40代男性は「AKSは本当にひどい。こんなんじゃ、ファンは誰もついていきません。新潟から出て行って欲しい」、他にも「運営側は(結果的に)山口さんを卒業させる最悪の選択をした」「女の子が企業にこういう追い込まれ方をするのは良くない」などといずれもAKSを強く批判した[183][86]

事件の影響

  • 選抜総選挙に限らず事件発覚以降、NGT48を含めたスポンサーとの契約終了(一正蒲鉾など)、NGT48初の冠番組であったTeNYテレビ新潟「NGT48のにいがったフレンド!」、NHK BSプレミアム「AKB48 SHOW!」、NHK FM「AKB48の"私たちの物語"」、ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン‎」などの4月改編によるAKB48グループ関連の番組終了、産経プラス[注釈 7]のコラム「AKBの届けたいコトバ」の連載終了が続いており、(NGT48の運営元である)AKSによる事件対応が影響した、との見解もネットメディアなどで見られる[185][186]
  • さらに、3月22日に行われた「第三者委員会調査報告書」説明会が行われ、そこでの運営側の対応が厳しく批判されて以降、NGT48の出演する番組やイベントの放送終了・休止・出演中止が相次いだ。特にテレビ広告については同月末をもってすべてが契約終了、メンバーが出演していた番組もほぼ皆無に近い状態となり、運営の対応の拙さがグループとしての活動に多大な影響を生じる結果となった。
  • 特にNGT48を広告に起用していた自治体・企業は、説明会以降急速に年度末での契約終了(または翌年度の契約保留)に舵を切る形となったが、事件発覚以降、広告に起用していた新潟県に県民から「相当多くの」クレームが寄せられていたことや、説明会での運営の迷走ぶりに「収束しているとは思えない」(花角英世新潟県知事)[187]「世の中の動きに反してまで、起用する気はない。今後については、動きを注視して検討したい」(今井政人JR東日本新潟支社長)[188]などと、一向に収束しないことについて運営に対する厳しい批判を挙げている。
  • 事件が発覚して以降、NGT48をプロモーションなどに起用していた新潟県および新潟市には、電子メールや電話などで県に約1,800件(4月12日まで)、市に約150件(3月26日時点)の意見や苦情が寄せられており、大半が行政のPR活動にNGT48を起用しないように要請するもので、メンバーへの批判よりもAKSの対応への批判が目立つという。傾向として電子メールで寄せられた意見が最も多く、県内だけでなく県外からも送られており、同じ人物が何度も発信しているケースもあった。また、市広聴相談課の担当者によれば「報道やSNSなどでNGT48に関する情報が出ると、苦情も多くなる感触がある」と説明。事件発覚から3カ月たった(4月)現在でも「ぽつぽつと(苦情を)いただいている」という[189]。同月21日に山口がNGT48からの卒業を発表したことでさらに抗議が急増し、新潟県には同月23日までに約3,000件の抗議や意見が寄せられている[190]
最終的に前述の通り、6月5日に新潟県がNGT48との国民文化祭サポーターなどの広告契約を見送り、翌6日に新潟市が加藤美南らが南区PR大使を務めていた広告契約についても「NGTでは、区の魅力発信という目的は達成できないと判断した」として本年度の契約を見送った。新潟市の見送りの件については、5月に起きた加藤によるInstagramの不適切投稿も決定打になったとみられている[122]
  • NGT48の一部メンバーに対する強烈なバッシングも事件発覚以来続いており、特に関与が疑われている西潟茉莉奈、太野彩香、さらに山口がTwitterのフォローを解除した荻野由佳などのいわゆる「疑惑メンバー」に対するバッシングは特に厳しいものとなっており、荻野に至っては第三者委員会からの報告書が発表された先月21日に投稿した「スイカパン」を食べる動画に多くの否定的な意見や容姿を貶めるものや誹謗中傷のコメントが投稿され、また、荻野が個人で出演した番組の放送直後には、Twitterを中心に批判の投稿が続出している[191]
このような渦中で、4月17日に衣料大手「アダストリア」の女性向けファッションブランド「Heather」が、荻野をモデルに起用したプロモーションサイトを開設したが、「このタイミングで荻野さんの起用はありえません」「NGT事件が未解決な中での荻野由佳さん起用は事件や被害者を無視している印象を受けます」などと批判的なリプライが相次ぎ、コラボを発表した2つのツイートには、計850件(同月22日夕現在)近くの意見が寄せられた。さらに、同月21日に山口がNGT48からの卒業を発表したことで、これ以降書き込みは急増。荻野の起用に否定的な意見が多数であった。アダストリアの広報担当者によれば、荻野が元々同ブランドを愛用していたことから昨年の時点で打診していたというが、SNSでの多大な批判を受けて、同月23日をもって「頂戴したご意見を踏まえ、本プロモーションに関するコンテンツを削除する」ことを決定した[87][88]

注釈

  1. ^ 後の「NGT48第三者委員会調査報告書」では、山口に対する「暴行の事実を認定されているものと思われる」と言及している。
  2. ^ 「山口県」は山口真帆、「桜」は、P.IDL元2期生の桜真帆、山口真帆のことではないかと言われている。「ガリガリ君」は山口の体調を揶揄した表現とみられている。
  3. ^ 「~にいがったフレンド!」を放送してきた全ネット局(テレビ埼玉を除く)の後番組として、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京制作)が放送されることとなった。
  4. ^ 「そそのかして」の誤記と思われる。
  5. ^ 「くだらない」を誤記したもの。
  6. ^ 後に公表された「NGT48第三者委員会調査報告書」では、AKSと今村の雇用関係は「業務委託契約」であったと公表されている。
  7. ^ 産経新聞グループの公式ニュースアプリ。

出典

  1. ^ NGT山口真帆さんへの暴行容疑で男2人逮捕、不起訴に - 朝日新聞 DIGITAL - 2019年1月9日
  2. ^ a b ファン2人がアイドル宅押しかけ - NHK 首都圏のニュース 2019年1月9日
  3. ^ NGT山口真帆が暴行被害 自宅に押し掛けたファンに口塞がれる…男2人逮捕も不起訴に - スポーツニッポン 2019年1月9日
  4. ^ a b NGT山口真帆、暴漢に襲われる 運営は取材応じず - 日刊スポーツ 2019年1月9日
  5. ^ a b NGT山口真帆さんが暴行被害 - デイリースポーツ online 2019年1月9日
  6. ^ a b NGT山口さん、男2人から暴行 逮捕の男2人「話したかった」 - 新潟日報モア 2019年1月10日
  7. ^ a b 山口真帆が騒動言及「お騒がせしてしまって…」全文 - 日刊スポーツ 2019年1月10日
  8. ^ 元NGT北原里英 暴行被害告白の山口真帆に「あなたは謝るべきではない!」 - スポーツニッポン 2019年1月10日
  9. ^ 指原莉乃 NGT山口真帆の謝罪に「謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフが…」 - スポーツニッポン 2019年1月10日
  10. ^ a b 山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告 - NGT48 Official Site 2019年1月10日
  11. ^ 被害のNGT山口さん、騒動を謝罪 暴行問題 ファンは運営側を批判 - 新潟日報モア 2019年1月10日
  12. ^ NGT48劇場公演中止のお知らせ - NGT48 Official Site 2019年1月10日
  13. ^ また説明なし、運営側への批判増す NGTメンバーへの暴行事件 - 新潟日報モア 2019年1月12日
  14. ^ NGT3周年イベントも一部コーナー中止 被害者の山口は休演 - スポーツニッポン 2019年1月12日
  15. ^ グループ総監督・横山由依 NGT48騒動を謝罪「運営に厳しく言わせていただきました」 - 東スポWeb 2019年1月12日
  16. ^ キャンペーン · 今村悦郎: NGT48グループ今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求めます。 - Change.org(タイトルは原文ママ)
  17. ^ NGT48山口真帆さん暴行事件 犯人グループは1年前からマンション内の部屋を借りていた - 文春オンライン 2019年1月12日
  18. ^ NGT西潟茉莉奈と太野彩香が「事件」関与を否定 - 日刊スポーツ 2019年1月13日
  19. ^ NGT48・今村支配人更迭 運営会社謝罪、第三者委設置を表明 - 新潟日報モア 2019年1月14日
  20. ^ NGT48の劇場支配人を更迭 運営側が謝罪 - 毎日新聞 2019年1月14日
  21. ^ 山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告 - NGT48 Official Site 2019年1月14日
  22. ^ NGT暴行事件で運営責任者会見 風紀の乱れ認めた 支配人更迭、後任は前SKEマネジャー女性 - スポーツニッポン 2019年1月14日
  23. ^ NGT今村前支配人の異動先は東京「引き続きNGT48グループをサポート」 - スポーツニッポン 2019年1月14日
  24. ^ NGT元支配人、東京本社の「取締役室」付けに異動 - 日刊スポーツ 2019年1月18日
  25. ^ 一部報道で語られている「Z会」の名称について - Z会ホームページ 2019年1月14日
  26. ^ NGT騒動でZ会まさかの声明文「関係ございません」 - SANSPO.COM 2019年1月15日
  27. ^ 当社 CM 放映について - 一正蒲鉾株式会社 2019年1月15日(PDF文書)
  28. ^ NGT起用の企業、CMの放送を見合わせ - 日刊スポーツ 2019年1月15日
  29. ^ NGTメンバー暴行事件に余波 テレビCM休止やPR動画削除 - 新潟日報モア 2019年1月15日
  30. ^ NGT48劇場公演中止と演目変更のお知らせ - NGT48 Official Site 2019年1月15日
  31. ^ NGTの正規メンバー公演中止、多数が心身不調訴え - 日刊スポーツ 2019年1月15日
  32. ^ 「早く正常な状態に戻って」NGT48暴行事件で新潟県知事 - 産経ニュース 2019年1月16日
  33. ^ NGT48荻野由佳に関するSNS投稿について - ホリプロ 2019年1月16日
  34. ^ NGT48(兼任メンバーを除く)のAKB48 54thシングル「NO WAY MAN」【大握手会 1月20日(日)幕張メッセ開催】不参加のお知らせ - NGT48 Official Site 2019年1月18日
  35. ^ NGT48、20日の「AKB大握手会」不参加を発表「ご迷惑をお掛けいたします」 - スポーツニッポン 2019年1月18日
  36. ^ NGT48暴行騒動で20代女性マネジャーも!ハンター集団の餌食 - 東スポWeb 2019年1月18日(インターネットアーカイブ)
  37. ^ 一部報道されている元女性スタッフへの嫌がらせの件について - NGT48 Official Site 2019年1月20日
  38. ^ マスコミの皆様へ - NGT48 Official Site 2019年1月20日
  39. ^ とがちゃん ツイート - Twitter 2019年1月21日
  40. ^ 元AKB総支配人戸賀崎氏NGT騒動臆測にコメント - 日刊スポーツ 2019年1月21日
  41. ^ NGT48劇場1月25日(金)~31日(木)の劇場公演詳細について - NGT48 Official Site 2019年1月22日
  42. ^ NGT、公演終了後メンバー「お見送り」当面中止 - 日刊スポーツ 2019年1月22日
  43. ^ 「運営側の対応に問題」と陳謝 NGT48メンバーへの暴行事件 - 新潟日報モア 2019年1月23日
  44. ^ 新支配人「まず心のケア、セキュリティー整備を」 メンバー、ツイッターへのアンチコメント「怖い」 - 新潟日報モア 2019年1月23日
  45. ^ NGT第三者委は「外部弁護士・有識者で」AKS運営責任者が明言、規律の乱れには「厳正な措置」 - 新潟日報モア 2019年1月23日
  46. ^ NGT支配人「正規公演は2月メドに」コメント全文 - 日刊スポーツ 2019年1月25日
  47. ^ 第三者委員会の設置に関するお知らせ - NGT48 Official Site 2019年2月1日
  48. ^ NGT正規メンバー公演再開も山口真帆の姿なし - 日刊スポーツ 2019年2月9日
  49. ^ a b 山口真帆もRTで不快感 元AKB総支配人・戸賀崎氏ツイートに批判殺到→謝罪「取り返しのつかないことをした」 - J-CASTニュース 2019年3月7日
  50. ^ a b ご報告 - AKB48オフィシャルブログ 2019年3月7日
  51. ^ a b NGT問題「ぐたらない報道」不適切投稿で関係者更迭 - 朝日新聞デジタル 2019年3月7日
  52. ^ NGT48研究生 羽切瑠菜 活動辞退のご報告 - NGT48オフィシャルサイト(ニュースリリース)2019年3月10日
  53. ^ 『NGT48』荻野由佳を起用したファッションブランドが大炎上! - まいじつ 2019年4月21日
  54. ^ a b AKB48選抜総選挙につきまして - AKB48 Official Blog 2019年3月13日
  55. ^ a b AKB48総選挙「見送り」の波紋 NGT事件、AKB劇場支配人退任との関係は - 東スポWeb 2019年3月14日
  56. ^ NGT48のにいがったフレンド!情報 - NGT48オフィシャルサイト(ニュースリリース)2019年3月15日
  57. ^ NGTの冠番組3月いっぱいで終了 公式サイト発表 - 日刊スポーツ 2019年3月15日
  58. ^ NGTの冠番組が終了へ 深夜テレビ 25日最終回 - 新潟日報モア 2019年3月15日
  59. ^ AKB48 KING RECORDS official website | 【開催詳細】AKB48「NO WAY MAN」劇場盤発売記念 大握手会 2019年3月16日(土)・17日(日)パシフィコ横浜 開催詳細について - KING RECORDオフィシャルサイト 2019年3月15日
  60. ^ NGT握手会は超厳戒態勢、防犯対策カメラ設置 - 日刊スポーツ 2019年3月15日
  61. ^ a b NGT48第三者委員会調査報告書 - NGT48 Official Site 2019年3月21日
  62. ^ 「なんでうそばかり」NGT山口真帆さん、運営会見中に異議ツイート(2/4ページ) - 産経ニュース 2019年3月22日
  63. ^ a b 「なんでうそばかり」NGT山口真帆さん、運営会見中に異議ツイート(3/4ページ) - 産経ニュース
  64. ^ NGT運営、山口真帆を説得した言葉「みんなで前を向いてがんばろう」 - 「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録(2) - マイナビニュース 2019年3月22日
  65. ^ 騒動渦中のNGT「新潟ラーメン祭」出演中止を発表 - 日刊スポーツ 2019年3月25日
  66. ^ BSNラジオ ツイート - Twitter 2019年3月26日
  67. ^ ページが見つかりませんでした - 株式会社ニューメディア
  68. ^ 【NGT48】ケーブルTVも打ち切りか? - 5ちゃんねる(地下アイドル板)
  69. ^ NGT48の広告契約更新保留 新潟知事「事態収束してない」 - 産経ニュース 2019年3月27日
  70. ^ FM-NIIGATA「NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会」のお知らせ - NGT48 Official Site 2019年3月27日
  71. ^ NGT48の広告契約を終了 JR東日本が回答 - 日刊スポーツ 2019年3月28日
  72. ^ JR東がNGT48契約更新保留 - 共同通信 2019年3月28日
  73. ^ 新潟市もNGTの起用見合わせ 暴行問題の収束見通せず - 新潟日報モア 2019年3月29日
  74. ^ NGT48 テレビ広告なくなる - NHK 首都圏のニュース 2019年3月28日
  75. ^ アイドル取材班@朝日新聞 ツイート - Twitter 2019年3月29日
  76. ^ 騒動渦中NGT48 今度はFM番組が終了…劇場4月前半は休館日 4月のスケジュール“真っ白”に - スポーツニッポン 2019年3月29日
  77. ^ NGT暴行問題でAKS幹部が新潟市に謝罪 中原市長「信頼回復に努めてほしい」 - 産経ニュース 2019年4月5日
  78. ^ NGT48暴行、運営幹部が新潟県に謝罪 「信頼失った」 - 産経ニュース 2019年4月10日
  79. ^ NGT48『世界の人へ』発売記念 個別握手会 京都会場 開催中止に伴う返品のご案内 - ソニーミュージック公式サイト 2019年4月10日
  80. ^ NGT、「チーム制」廃止の裏で... 握手券「振替打ち切り」と「返金対応」が発表されていた - J-CASTニュース 2019年4月11日
  81. ^ NGT48、現行のチームを廃止し再出発 - SANSPO.COM 2019年4月11日
  82. ^ NGT山口真帆 出直し段取りに反発?「たぶん一方的」のツイートに「いいね - Sponichi Annex 2019年4月13日
  83. ^ 被害者のNGT山口真帆 101日ぶり公演に出る - 日刊スポーツ 2019年4月17日
  84. ^ NGT山口真帆 所属チームの解散はスタッフだけで決まった…有料会員向けメールで - デイリースポーツ online 2019年4月21日
  85. ^ 山口真帆101日ぶり公の場で卒業発表 NGT48チームG公演で復帰も… - Sponichi Annex 2019年4月21日
  86. ^ a b 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」 - Sponichi Annex 2019年4月22日
  87. ^ a b 「このタイミングで...」NGT起用の企業に批判リプライ大量 広報「今後の参考にする」 - J-CASTニュース 2019年4月22日
  88. ^ a b Heatherからお知らせ - ヘザーダイアリー(アダストリア)2019年4月23日
  89. ^ NGT山口、ツイッターのヘッダー画像を変更…同時卒業の2人と統一の「支援絵」に - デイリースポーツ 2019年4月23日
  90. ^ NGT中井りか、山口真帆への「死ね」暴言を否定「ふぇっていう赤ちゃん言葉見たいので遊んでただけ」 - スポーツ報知 2019年4月23日
  91. ^ AKS、NGT山口襲撃犯を提訴 昨年12月逮捕の実行犯2人か - Sponichi Annex 2019年5月1日
  92. ^ 山口真帆が2日連続有料メールで秋元康氏に感謝 - 日刊スポーツ 2019年5月3日
  93. ^ 山口真帆 秋元康氏へ感謝「唯一心配してくれた」 事件の真相解明に期待「犯人誰ですか?」 - Sponochi Annex 2019年5月3日
  94. ^ NGT山口真帆、有料会員向けメールで秋元康氏が「唯一心配してくれていた」と感謝 - サンスポ 2019年5月3日
  95. ^ NGT山口真帆 秋元康氏に感謝&謝罪…有料会員メールで「ごめんなさい」 - デイリースポーツ 2019年5月3日
  96. ^ 山口真帆、秋元康氏に感謝「心配してくれていたと聞いています」 - スポーツ報知 2019年5月3日
  97. ^ a b NGT48・山口真帆が秋元氏に謝罪「極悪人と思っていたことをお詫び」 - 東スポWeb 2019年5月3日
  98. ^ 山口真帆、卒業公演で菅原りこと長谷川玲奈に感謝 - ORICON NEWS 2019年5月18日
  99. ^ NGT48菅原りこの今後の活動に関しまして - NGT48 Mobile 2019年5月6日
  100. ^ NGT48長谷川玲奈の今後の活動に関しまして - NGT48 Mobile 2019年5月6日
  101. ^ NGT48山口真帆の今後の活動に関しまして - NGT48 Mobile 2019年5月6日
  102. ^ NGT荻野さんを「殺す」などと脅迫 容疑の男逮捕 - 毎日新聞 2019年5月20日
  103. ^ 荻野由佳を名指し「殺す」脅迫 24歳無職男逮捕 - 日刊スポーツ 2019年5月20日
  104. ^ NGT48荻野由佳に対する脅迫罪での犯人逮捕について - ホリプロ 2019年5月20日
  105. ^ NGT荻野由佳、脅迫事件犯人逮捕で所属事務所が声明「ぎりぎりの精神でずっと耐え忍んでいた」 - Sponichi Annex 2019年5月20日
  106. ^ NGTメンバー、山口真帆を批判? 真偽不明の「インスタスクショ」が拡散 - J-CASTニュース 2019年5月20日
  107. ^ 元AKB総支配人・戸賀崎氏が問題ツイートを弁明「“ファンとつながっている”という報道に対して言った」 - Sponichi Annex 2019年5月20日
  108. ^ メンバーのSNSの取り扱いに関してのご報告 - NGT48 Official Site 2019年5月21日
  109. ^ 更迭された「NGT48」前支配人が初告白 「山口真帆」襲撃犯との癒着を否定 - デイリー新潮
  110. ^ NGT支配人ツイッター、早くも炎上の様相 メンバーに誹謗中傷と説明も… - デイリースポーツ online 2019年5月24日
  111. ^ NGT48・山口さん暴行事件 運営側が男性ファンらを提訴 新潟地裁 - 産経ニュース 2019年5月24日
  112. ^ 山口真帆が大手事務所の研音に移籍、48G関係で初 - 日刊スポーツ 2019年5月25日
  113. ^ 山口真帆、事務所移籍で過去のSNS全投稿を削除 - 日刊スポーツ 2019年5月25日
  114. ^ サンデージャポン【公式】 ツイート - Twitter 2019年5月27日
  115. ^ サンジャポが謝罪 NGT報道に誤り「山口さんの投稿ではありませんでした」 - Sponichi Annex 2019年5月27日
  116. ^ TBS幹部、「サンジャポ」の山口真帆コメント間違いは「ご本人のコメントとファンの書き込みを間違えた単純ミスです」 - スポーツ報知 2019年5月29日
  117. ^ 「サンジャポ」NGT“誤報”を謝罪 山口真帆コメント「山口さんのものではありませんでした」 - スポーツ報知 2019年6月2日
  118. ^ NGT48、国民文化祭スペシャルサポーター復帰困難に 開会式出演せず - 産経ニュース 2019年5月29日
  119. ^ NGT48研究生 山崎美里衣 活動辞退の報告 - NGT48 Official Site 2019年6月4日
  120. ^ NGT研究生の山崎美里衣、家族と話し合い活動辞退 - 日刊スポーツ 2019年6月5日
  121. ^ 新潟知事「NGT48と契約しない」国民文化祭スペシャルサポーター 暴行事件影響で - 産経ニュース 2019年6月5日
  122. ^ a b 新潟市、NGTと再契約せず 南区PR大使 - 新潟日報モア 2019年6月7日
  123. ^ 長谷川玲奈 所属のお知らせ - 声優事務所 クロコダイル(ニュースリリース)2019年6月10日
  124. ^ 長谷川玲奈、独占インタビュー!10日から声優事務所で再出発 (1/2ページ) - SANSPO.COM 2019年6月10日
  125. ^ NGTメンバー脅迫、略式起訴=新潟区検- 時事ドットコム 2019年6月10日
  126. ^ NGT48 高沢朋花と渡邉歩咲の活動辞退を発表 山口真帆ら卒業公演参加メンバー - スポニチアネックス 2019年6月22日
  127. ^ 令和元年6月定例会(陳情第4号) - 新潟県 2019年6月24日
  128. ^ 【追記】NGT問題で「百条委員会」設置求める陳情書 新潟県議会に提出「多くの県民が納得していない」 - J-CASTニュース 2019年6月25日
  129. ^ ご報告 - NGT48 Mobile 2019年7月1日
  130. ^ 新生NGT「つながり防止策」など異例7ヵ条発表 - 日刊スポーツ 2019年7月1日
  131. ^ NGT48山口さん事件 運営会社が男性ファンらに3000万円賠償請求 - 産経ニュース 2019年7月5日
  132. ^ NGT運営会社に訴えられた男性ファン、争う構え 損賠訴訟の口頭弁論 - 産経ニュース 2019年7月10日
  133. ^ 元NGT山口真帆暴行容疑巡る訴訟 傍聴席3.2倍 - 日刊スポーツ 2019年7月10日
  134. ^ NGT山口真帆、自宅に来た男性ファンに「襲われた」逮捕トラブル - デイリースポーツ online 2019年1月9日
  135. ^ 山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告 - NGT48 Official Site 2019年1月10日
  136. ^ 【NGT48】山口真帆、昨晩のSHOWROOM配信の内容 - AKB48@メモリスト 2019年1月10日
  137. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  138. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  139. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  140. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  141. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  142. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  143. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  144. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  145. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  146. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  147. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  148. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  149. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  150. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  151. ^ 山口真帆 ツイート - Twitter 2019年1月9日 ArKaiBu tw48
  152. ^ 各社取材に「担当者不在」、運営は沈黙... NGT暴行被害にみる「危機管理」の重要性 - J-CASTニュース 2019年1月10日
  153. ^ NGT48・山口真帆、自宅で襲われた…暴行容疑で男2人逮捕 - サンケイスポーツ 2019年1月9日
  154. ^ NGT山口真帆「男2人に襲われた」 関係者は他メンバー関与否定 - デイリースポーツ online 2019年1月9日
  155. ^ 被害のNGT山口さん、騒動を謝罪 暴行問題 ファンは運営側を批判 - 新潟日報モア 2019年1月10日
  156. ^ 北原里英 ツイート - Twitter 2019年1月10日 ArKaiBu tw48
  157. ^ 大滝友梨亜 ツイート - Twitter 2019年1月10日
  158. ^ なぜ山口真帆が謝らなければならないのか…現役メンバー、OG、メディア関係者、作曲家など、AKB関係者も続々と怒りを表明 - wezzy 2019年1月11日
  159. ^ NGT48 Official Site NGT48劇場公演中止のお知らせ - 2019年1月10日
  160. ^ 「NGT48」劇場3公演急きょ中止を発表「ご迷惑をおかけします」 - スポーツニッポン 2019年1月10日
  161. ^ 増田有華 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  162. ^ 増田有華 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  163. ^ 増田有華 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  164. ^ 多田愛佳 ツイート - Twitter 2019年1月10日 ArKaiBu tw48
  165. ^ 田名部生来 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  166. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  167. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  168. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  169. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年1月11日 ArKaiBu tw48
  170. ^ 横山由依 ツイート - Twitter 2019年1月10日 ArKaiBu tw48
  171. ^ なぜ山口真帆が謝らなければならないのか…現役メンバー、OG、メディア関係者、作曲家など、AKB関係者も続々と怒りを表明 - wezzy 2019年1月11日
  172. ^ とがちゃん ツイート - Twitter 2019年3月7日
  173. ^ お詫び - AKB48オフィシャルブログ 2019年3月8日
  174. ^ AKB総選挙、今年は開催せず 来年以降の開催は未定 - デイリースポーツ online 2019年3月13日
  175. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年3月13日 ArKaiBu tw48
  176. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年3月13日 ArKaiBu tw48
  177. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2019年3月13日 ArKaiBu tw48
  178. ^ AKS松村氏、NGT騒動と総選挙開催見送りは「関係ございません - サンケイスポーツ 2019年3月23日
  179. ^ 【NGT48】早川支配人コメント全文 (チームNIII千秋楽 開演前) - AKB48@メモリスト 2019年4月21日
  180. ^ 【速報】NGT48長谷川玲奈が卒業発表 (コメント全文) - AKB48@メモリスト 2019年4月21日
  181. ^ 【速報】NGT48菅原りこが卒業発表 (コメント全文) - AKB48@メモリスト 2019年4月21日
  182. ^ NGT48山口真帆、卒業発表「このグループに変わってほしかった」【コメント全文】 - ORICON NEWS 2019年4月21日
  183. ^ a b NGT山口の卒業発表にファン大荒れ…怒号、涙、あきれ顔 - デイリースポーツ online 2019年4月21日
  184. ^ 山口真帆が溝埋まらず卒業決断 一部ファンから怒号 - 日刊スポーツ 2019年4月21日
  185. ^ NHKの「AKB48 SHOW!」終了へ 「ショックだなぁ」「神番組だったよな」 - J-CASTニュース 2019年2月20日
  186. ^ 「私たちアイドルに出来ること」 AKB48選抜総選挙が開催見送り、指原や須田ら心境つづる - ねとらぼ 2019年3月14日
  187. ^ 新潟県知事 NGTに「NO!」広告出演契約の更新保留「収束しているとは思えない」 - デイリースポーツ online 2019年3月28日
  188. ^ NGT起用 JRも自粛 4月以降契約更新保留 - 新潟日報モア 2019年3月28日
  189. ^ NGT48暴行事件「イメージダウン」「関係切って」新潟県や市に意見や苦情約2000件 - 産経ニュース 2019年4月19日
  190. ^ 新潟県にNGT関連の抗議が約3000件…広告出演契約は保留継続 - デイリースポーツ online 2019年4月23日
  191. ^ NGT48荻野由佳に向かう批判の嵐 - Wessy 2019年4月6日