エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

Route 246

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
乃木坂46 配信限定シングル
Route 246
Route 246 配信限定盤.jpg
発売日

2020年7月24日

レーベル

N46Div.

販売形態

ダウンロード

乃木坂46 の シングル
配信限定 配信限定
世界中の隣人よ Route 246 -

Route 246」(ルート・ツー・フォーティシックス[1])は、2020年7月24日からソニー・ミュージックレコーズからデジタル配信によって販売された乃木坂46のシングル曲。

概要

Route 246
乃木坂46
作詞

秋元康

作曲

小室哲哉

編曲

小室哲哉、Music Design

MV監督

maxilla

振付

Acchan

センターは齋藤飛鳥[2]

小室哲哉が、初めて乃木坂46の曲の作曲・編曲を手掛ける。AKB48グループ坂道シリーズでの秋元康との共作は初となる[1]。2018年4月をもって音楽業界から引退していた小室の復帰第一作ともなる[2][注釈 1]

7月22日深夜、「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)生放送で初オンエアされた[1]

7月24日、『ミュージックステーション 夏の3時間半SP』(テレビ朝日)でTV初披露[5]

MVは、7月23日正午からティーザーが公開された。フルサイズ公開は後日としている。

MVは7月上旬に横浜・大桟橋や都内各所など2日間で撮影。コンセプトは、小室哲哉サウンドで踊る乃木坂46、そして映し出す今現在の東京。小室哲哉のサウンドに衣装を合わせ、グループ初の短い丈のスカートやショートパンツでの撮影となった。MV監督はmaxilla[6]

楽曲のタイトル「Route 246」は、乃木坂46が所属する事務所が所在する東京都千代田区から静岡県沼津市に至る「国道246号線」のことである[7]

振付は、Acchan[8]

主な記録

  • オリコン週間合算シングルランキング第13位(2020年8月3日付)(18,853pt)[9]

収録内容

2020年7月24日、iTunes、レコチョク、mora、Apple Music、LINE MUSIC、YouTube Music,、Amazon Music、KKBOX、Spotify、AWA、ドワンゴ、music.jpの各サイトより配信開始[10]

  1. Route 246 [3:52]

注釈

  1. ^ 小室が引退する前の最後の楽曲は、秋元がプロデュースしているラストアイドル「風よ吹け!」(2018年4月発売)であった。ただし秋元との共作ではなく、小室が作詞・作曲・プロデュースまで務めていた[3]。なお、秋元作詞、小室作曲の共作としては2010年11月発売のやしきたかじん「その時の空」以来約10年ぶりである[4]

出典

外部リンク