エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

市來玲奈

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
乃木坂46
市來 玲奈 いちき れな
2014年乃木坂46プロフィール 市來玲奈 2.jpg
公式ニックネーム

れなりん

所属事務所

日本テレビ放送網

生年月日

1996年1月22日 (23歳)

出身地

千葉県

血液型

A型

身長

153cm

合格期

1期生

選抜回数

4回

市來 玲奈(いちき れな、1996年1月22日 - )は、乃木坂46の元メンバー。千葉県船橋市出身[1]。日本テレビ放送網(編成局アナウンスセンターアナウンス部)所属。

略歴

2011年
  • 8月21日、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。
2012年
  • 1月8日、デビューシングルの選抜メンバーに選出。
2014年
  • 4月、早稲田大学に入学。
  • 6月26日、学業専念のため、乃木坂46の卒業を発表[2]
  • 7月21日、8thシングル「気づいたら片想い」発売記念個別握手会を最後に乃木坂46を卒業。
2015年
  • 4月23日、ミライプロダクションに所属し、芸能活動を再開[3]
2017年
  • 2月2日、日本テレビ放送網のアナウンサー職に内定したことが明らかになる。2018年4月入社予定[4]
2018年
  • 3月23日、東京都内で行われた自身の主演映画『9~ナイン~』の舞台挨拶をもって、所属タレントとしての活動を事実上終了。
  • 3月31日、ミライプロダクションを退所。
  • 4月2日、日本テレビ放送網に入社。
  • 6月27日、日本テレビ系『ZIP!』に新人アナウンサー紹介で出演し、日本テレビ入社後初出演[5]
  • 8月19日、10月より日本テレビ系『行列のできる法律相談所』のアシスタントを担当することが生放送で発表される[6]

人物

この項目は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

キャラクター

  • 兄妹はいない、一人っ子。
  • 愛称は「れなりん」だが、「いちきちゃん」「れなっち」「れな」なども本人公認。
  • 「玲奈」という名前の由来は、綺麗な鈴の音色[7]
  • 苗字の正字は「市」(「来」の旧字体。ただし、使用する漢字表記の制限がある一部メディアにおいては、「市来」と表記されることもある)。
  • 「学業と芸能活動を絶対に両立させる」と決めている。オーディション時にプロデューサーの秋元康から「学業との両立は本当に大変だがやっていけるか?」と聞かれ、「はい」と強い意志で答えた[8]
  • 当初公表していたAKB48のライバルは、前田敦子

加入前

  • 2007年、ロンドンインター(社交ダンス)出場。
  • 2011年、早稲田大学本庄高等学院に合格。

乃木坂46として

2011年

  • 8月21日、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。オーディション時暫定選抜メンバーに選ばれる。
  • 9月25日、第一回公式イベント「第一回お見立て会」に参加。
  • 10月2日、冠番組「乃木坂って、どこ?」で発表された暫定選抜メンバーに選出。
  • 10月9日、冠番組「乃木坂って、どこ?」で、スタッフが選んだ、暫定七福神に選ばれる。
  • 10月23,24日、「第一回お見立て会<追加開催>」に参加。
  • 11月7日、株式会社明治製菓とのキャンペーン「手づくりバレンタイン×乃木坂46」の選抜メンバーに選ばれる。
  • 11月8日、「<芸術の秋> 100名限定!あなたの似顔絵、描かせていただきますっ!会」に参加。
  • 11月30日、「乃木坂46 コンベンション 2011」に参加。市來はDance Abilityに出演。
  • 12月2日、乃木坂46公式サイト上で行われていた、「ファン投票 あなたのお気に入りの、「乃木坂って、どこ?」はどれ!?」で10位にランクイン。
  • 12月11日、「第42回 東京モーターショー2011ステージイベント」に参加。
  • 12月16日、FRIDAYで、生駒里奈生田絵梨花と共に参加したグラビア特集が掲載された(撮影は11月20日)。
  • 12月20 - 25日、「乃木坂46 クリスマス・スペシャルウィーク」(銀座ソニービル)に参加。

2012年

  • 1月5日、「乃木坂46 新年のご挨拶させてくださいっ!会」に参加し、そこで発表した2012年の抱負は、『雨垂れ石を穿つ』。
  • 1月8日、この日放送の「乃木坂って、どこ?」で、デビューシングルの選抜が発表され、選抜メンバーに選ばれた。しかし、今回は七福神に選ばれず通常選抜メンバーとなった。
  • 1月12日、「明治手づくりチョコレート」新CM発表会に参加。
  • 1月19日、 AKB48の「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012」に前座として参加。
  • 1月29日、「乃木坂メンバーが全国8ヵ所にお邪魔します!」に参加。

2013年

  • 1月、5thシングル「君の名は希望」の選抜メンバーに選ばれず、自身初のアンダーメンバーへ。
  • この頃より、大学進学をめざし、受験勉強のため芸能活動をセーブ[9]

2014年

  • 3月14日、内部推薦により、早稲田大学・第1志望の文学部に合格したことが明らかになる。乃木坂46メンバー初の早大生。2011年春から早大の付属高校に通い、デビューから約1年は、選抜メンバーとしてアイドル活動を続けた。新幹線で片道2時間以上かけて自宅から通学。移動中や楽屋での空き時間も勉強に費やした。付属校のため卒業すれば希望する全員が早大に内部進学できるが、志望学部に進むには、学年上位の成績をとる必要があった。必然的にこの1年は学業優先となった。昨年10月の代々木第1体育館ライブなどのビッグイベントも欠席。選抜メンバーからも外れた。その一方で、1日10時間以上勉強する日々が続いた。3万字以上に及ぶ卒業論文も執筆。経験も踏まえた「アイドル論」をテーマに、基準の成績をクリアし、志望の文学部への進学を決めた。文学部を選んだ理由については、「アナウンサーの方も多く卒業されているし、多くの分野から専攻を選べるから」と説明した。目標を達成し、ようやく乃木坂46の活動にも力を入れられる。他のメンバーは多くの経験を積み、すぐに選抜に復帰できる保証などないが、「アイドルと大学の両立をより濃いものにしたい」と意気込んでもいる[10]
  • 4月、早稲田大学文学部に入学[9]
  • 6月26日、学業専念のため、乃木坂46を卒業することを発表した[2]
「先程、公式ホームページで発表されました。私、市來玲奈は8thシングルの活動、7月21日の握手会をもって乃木坂46を卒業します。突然の発表になり本当に申し訳ありません。そしてブログで卒業をお伝えすることになり、本当に申し訳ありません。私は加入当時から今まで学業との両立を掲げて活動し今春、大学進学を果たしました。言葉では言い尽くすことのできないたくさんの感謝でいっぱいです。ファンの皆さんに今までずっと応援して頂きました。学業のために握手会やライブを欠席しなければならずメンバー、スタッフ、ファンの皆さんを含め、多くの方に御迷惑をおかけしてしまいました。快く思わない方はたくさんいらっしゃったと思います。そのような中でも変わらずに応援して下さるみなさん。みなさんの温かく、優しく、心強い支えがなかったら、私は今ここにはいないと思います。みなさんが一緒に歩んで下さったので、私は前を向くことが出来ました。本当に感謝しています。ありがとうございました。
私は心の中で「大学生になったらきっと自由な時間も多くなるから高校生の時に出来なかった分まで思い切り活動して、絶対にみんなに追いつく」そう誓っていました。握手会やイベント欠席の時は、悔しい思いで一杯でしたが、とにかく自分は大学進学を果たすこと。その目標をみなさんやスタッフ、メンバーも理解してくれたことには深く感謝しています。しかし大学は自分が思っていたよりも甘くはありませんでした。高校時代とは違い大学は専門性を要し、更に深く学問を究める場所です。自主性を重んじる中、必修科目もありなかなか思う通りに行かず、歯痒さは今まで以上でした。乃木坂46はグループ。私個人のせいで全体の足を引っ張りたくない、そう思う気持ちが強くなりました。「これからだよね!」そう応援して下さるみなさんの期待に応えることができず、迷惑ばかりかけてしまう自分が嫌になりました。中途半端な自分が本当に嫌いです。何度も考え、そして決断した答えです。
芸能界のことを全く知らない素人だった私にこのような素敵な、輝いた世界を教えてくれた乃木坂46。私の人生の中で乃木坂46のメンバーとして活動した日々は最も素晴らしく、大切な宝物です。私の好きな四字熟語や星、深海魚、れなりん川柳、あどれな☆LINKをはじめ、ブログやモバメでみなさんと様々なお話をすることができ共感していただけたこと、一生忘れません。自分のことのように私のことを心配して下さり、家族のような温かさに包まれていました。本当にありがとうございました。最後に私は自分の夢は決して諦めていません。自分の軸はぶれないように頑張ります。もちろんこれからいろんな経験をして、また目標も変わってくるかもしれません。今を大切にし、もっともっと自分を研いていきます。
メンバーのみんな、スタッフのみなさんそしてファンのみなさん大好きです。本当にありがとうございました。残り少ない時間ですが、みなさんと一緒にかけがえのない思い出を作っていきたいと思います。宜しくお願い致します」[11]
  • 7月21日、8thシングル「気付いたら片想い」個別握手会にて、卒業セレモニーが実施された。最後の握手会が終了すると、市來は自身の握手レーンから音楽に乗せて登場。大勢のファンやメンバーが見守る中、「ぐるぐるカーテン」「制服のマネキン」にあわせて助っ人の着ぐるみ「ステッピー」とともに社交ダンスを披露した。以下挨拶全文
「今日は皆さんにスタンダードとラテン両方を踊るということで、とてもちょっと緊張したんですけど、もう老化ですかね、息が切れてしまってますね(笑)。いつもならこれ以上の曲を何十曲も踊れていたんですけど、ダメですね、もう。でもこうやってこういう機会を作っていただけて本当に感謝しています。ありがとうございます。
本日をもって乃木坂46を卒業いたします。市來玲奈です。本当にありがとうございました。
乃木坂46に入ったのは2011年の8月21日、私がまだ高校1年生15歳の頃でした。まだ芸能活動など一切したことがなくてド素人だった私を、乃木坂46の世界に入らせていただき、私にとってみればもう何もかもがわからない新しい世界でした。ですが、そのような中で私が約3年間、今日は7月21日ですけど来月8月21日はもう乃木坂が結成して3年目ですかね、にあたります。ここまで活動できたのは本当にファンの皆さんのおかげだと思っています。
たくさんイベントとか欠席をすることになってしまい、皆さんにももちろん、メンバーのみんなにも本当に迷惑をかけてしまったと思っています。ですがそのような中で、皆さんがいつも「大丈夫だよ」と声をかけてくれて、背中を押してくださった姿は絶対に忘れません。そのようなメンバーやファンの方の声援が私の力になっていたことは確かです。本当に数々の生きてきた、18年間生きてきた中でたくさんの方々に出会ってきたんですが、この乃木坂46の活動の3年間において出会った方々への感謝の気持ちは本当に数知れません。改めて言わせてください。本当にありがとうございました。
メンバーのみんな、本当にありがとう。たくさん迷惑をかけてしまったけれど、いつも楽屋にいったときに「おはよう」とか「れなりん、おつかれさま」とか言ってくれて、みんな本当に私の支えになっていました。本当にありがとう。みんなと過ごしてきたこの3年間は、本当に毎日が楽しくてもう仕事だとは思えないような感じで、ケーキを投げたメンバーも、一緒にケーキを投げたりとか本当にたくさんの思い出があって本当にみんなには感謝してます。本当にありがとう。これからもがんばってください。
そしてスタッフの皆さん、本当に今まで私を支えてくださり、本当に本当にありがとうございました。感謝しています。本当にありがとうございました。
3年間で乃木坂46で学んだことを糧に、これからも努力し続けていきたいと思います。私には目指したいもの、挑戦したいものがあります。絶対にいつかそれを叶えたいと思っています。精一杯がんばりますのでそれまでまた応援していただければと思います。そして誰よりも、乃木坂46のことをこれからもよろしくお願いいたします。私もずっと応援しています。大事な仲間です。本当にファンの皆さん、そしてメンバーのみんな、スタッフの皆さん、大好きです! 本当にありがとうございました!」[12]

乃木坂46卒業後

2015年

  • 4月23日、ツイッターアカウントを開設。ミライプロダクションの所属となり、芸能活動を再開したことを明らかにする。また、事務所サイト内のブログでは、今年冬に公開予定の映画「サンタクロースズ」に、また8月上演の舞台「DANCE WITH ME ‼︎」にそれぞれ出演することを報告[13][3]

2017年

  • 2月、日本テレビにアナウンサーで2018年度の内定を獲得したことが明らかになる[4]

2018年

  • 2月17日、東京・イオンシネマ板橋で行われた自身の主演映画『9~ナイン~』の舞台挨拶で、日本テレビへアナウンサー職として入社することを初めて公表する[14]
  • 3月31日、芸能活動を終了。
  • 4月2日、日本テレビ放送網に入社。

交友関係

性格・趣味

  • 性格は、本人曰く「かめさんモード」。完璧主義で頑固な一面があり、物事をグレイのままにしておけない。そのため、母親に要領が悪いと言われる。かなりの甘えん坊。
  • 人に言えない癖は、どうにもならなくなると駄々をこねること。
  • 見た目から真面目そうな学級委員タイプに見られるが、メンバー曰く天然。生徒会役員を務めたことがある。。中学卒業時には、答辞を務めた。
  • ラテンダンスやモダンダンスなどの社交ダンス10種目が得意。社交ダンスは小学6年時から続けており、武道館で踊ったこともある。アマチュアA級ラテン、B級モダン。「乃木坂に入ってからは現役を退いていますが、プロのダンサーとしてまた踊りたいと思っています」[15]
  • 好きな食べ物は、焼肉、中華料理、タピオカ。好きなラーメンの味は、豚骨。好きな寿司は、いくら、中トロ。好きなケーキは、タルト。
  • 苦手な食べ物は、レバー。
  • 好きなアーティストは、西野カナ、JUJUなど。
  • AKB48で好きな楽曲は、「大声ダイヤモンド」、「フライングゲット」。
  • AKB48以外で好きなアイドルは、元SKE48(元・乃木坂46兼任)の松井玲奈[16]
  • 好きなスポーツは、テニス、バドミントン。本人曰く「想像を絶する程の 上手さ (o゚д゚)o ???」だとか。
  • ボーゲンスキーができる。
  • 得意な科目は、英語。
  • 苦手な科目は、数学。
  • 好きな色は、青、ピンク。
  • トイプードルを飼いたがっているが、未だ実現していない[17]
  • ディズニーが好き。
  • 行ってみたい国は、アメリカ。
  • 理想の女優は、瀧本美織、香里奈など、サバサバしたお姉さん系。ピュアな恋愛ドラマに出演したり、サバサバ系の役を演じてみたい。
  • 好きな異性のタイプは、悪口を言わない人。異性の好きな仕草は「目が合って 自然な笑顔で おぅっ って言ってくれるような そんな感じ ゙♪(っ’ω’)っ))」。
  • 好きな花は、桜。
  • 好きな香りは、洗濯の香り、陽の香り。
  • 好きな季節は、夏。寒いのは苦手。
  • 遊園地で好きな乗り物は、絶叫マシン。
  • 好きなブランドは、aqua girl、FREE’S MART、Heather、minimum、etc。
  • モットーは、「雨垂れ石を穿つ」。
  • 好きな言葉は、「思いやり」。幼い頃から「自分は傷ついても 絶対に他人を傷つけるな」と母に言われてきた。
  • 電話とメールでは、電話派。その理由は、声が聞けるから。
  • 好きな駅の発着メロディーは、御茶ノ水駅のアトム。
  • 温泉が好きで、自宅でも様々な入浴剤を使っている。
  • 漫画やアニメにはあまり詳しくない。
  • よくコンビニをはしごする。
  • バンドをするなら、ギター希望。

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

出演

  • 乃木坂浪漫(2012年4月2日 - 9月27日、テレビ東京)#19、84

脚注

  1. ^ こんにちは、ふなばし – 市來玲奈さん - MyFunaねっと 2011年1月1日
  2. ^ a b 市來玲奈 卒業のお知らせ - 乃木坂46公式サイト 2014年6月26日
  3. ^ a b 元乃木坂46市来玲奈が芸能活動再開 映画出演も - 日刊スポーツ 2015年4月24日
  4. ^ a b 元乃木坂46市来玲奈、日テレのアナウンサー内定 - 日刊スポーツ 2017年2月3日
  5. ^ 元乃木坂 市來玲奈アナが「ZIP!」出演で“顔見せ” ネット反響「綺麗になってた」 - スポーツニッポン 2018年6月27日
  6. ^ 元乃木坂・市來玲奈アナ、サプライズ発表に涙…10月から「行列のできる法律相談所」3代目アシスタント - スポーツ報知 2018年8月19日
  7. ^ http://blog.nogizaka46.com/rena.ichiki/2012/01/002249.php
  8. ^ http://blog.nogizaka46.com/rena.ichiki/2012/01/002243.php
  9. ^ a b “現役早大生”乃木坂・市來玲奈、学業専念で卒業発表「甘くなかった」 - ORICON NEWS
  10. ^ 乃木坂の市来玲奈、メンバー初の早大合格
  11. ^ http://blog.nogizaka46.com/rena.ichiki/2014/06/019096.php
  12. ^ 乃木坂46市來玲奈、卒業挨拶で社交ダンス披露 - 音楽ナタリー 2014年7月21日
  13. ^ MIRAI PICTURES Academy「Academy's Voice」 - 2015年4月23日
  14. ^ 市来玲奈「日本テレビに就職決まって、すごく幸せ」 - 日刊スポーツ 2018年2月17日
  15. ^ http://www.asahi.com/edu/nogizaka46/profile/ichikirena.html
  16. ^ http://blog.nogizaka46.com/rena.ichiki/2012/02/003044.php
  17. ^ http://blog.nogizaka46.com/rena.ichiki/2011/11/002213.php

外部リンク