エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

BACKS LIVE!!

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
BACKS LIVE!! ロゴ.jpg

BACKS LIVE!!(バックス ライブ)は、2021年6月16・17・18日に、舞浜アンフィシアターで開催された櫻坂46のコンサート。

概要

  • 2021年5月14日に配信形式で開催された、2ndシングル『BAN』発売記念・購入者限定配信ミニライブの最後に発表された[1]。櫻坂46としては初の有観客となる。配信は生配信のみ実施された。
  • 1stシングル『Nobody's fault』、2ndシングル『BAN』で「櫻エイト」を除く、3列目のメンバー単独で行われる。開催理由は、グループをより強固にするため[2]
  • 当初は公演名を「櫻坂46 3列目メンバーライブ」としていた[1]が、2021年6月2日に公演タイトル「BACKS LIVE‼︎」が公表され、特設サイトがオープンした[3]
  • 各曲のセンターはメンバーの立候補で決められた。
  • 総合振付・ステージングはTAKAHIRO[4]

日程と会場

  • 2021年6月16日(水)・6月17日(木)・6月18日(金):千葉・舞浜アンフィシアター
    • 開場(配信開始)17:00、開演18:00

出演メンバー

上村莉菜齋藤冬優花土生瑞穂原田葵守屋茜渡辺梨加井上梨名遠藤光莉大園玲大沼晶保幸阪茉里乃関有美子武元唯衣増本綺良松田里奈守屋麗奈

※当初出演予定だった尾関梨香は引き続き静養が必要とされたため不参加となった[5]

セットリスト

  • センターは(カッコ内)で表記。
  • セットリストは3日間とも共通。センターが前日から変更がある場合は太字で表記。
  • FC限定配信は行われていない。

6月16日

影ナレ:関有美子、増本綺良、守屋麗奈

  1. Overture
  2. Nobody's fault (土生瑞穂)
  3. Plastic regret (原田葵)
  4. 半信半疑 (松田里奈)
  5. Microscope (幸阪茉里乃)
  6. 偶然の答え (関有美子)
  7. 君と僕と洗濯物 (渡辺梨加)
  8. ブルームーンキス (守屋麗奈)
  9. 最終の地下鉄に乗って (上村莉菜)
  10. 思ったよりも寂しくない (守屋茜)
  11. それが愛なのね (遠藤光莉)
  12. なぜ 恋をして来なかったんだろう? (大園玲)
  13. Buddies (増本綺良)
  14. BAN (大沼晶保)

アンコール

  1. 櫻坂の詩

ダブルアンコール

  1. Nobody's fault (土生瑞穂)

お辞儀はアンコール、Wアンコールとも遠藤光莉

6月17日

影ナレ:大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃

  1. Overture
  2. Nobody's fault (遠藤光莉)
  3. Plastic regret (原田葵)
  4. 半信半疑 (松田里奈)
  5. Mcroscope (幸阪茉里乃)
  6. 偶然の答え (関有美子)
  7. 君と僕と洗濯物 (渡辺梨加)
  8. ブルームーンキス (守屋麗奈)
  9. 最終の地下鉄に乗って (上村莉菜)
  10. 思ったよりも寂しくない (守屋茜)
  11. それが愛なのね (武元唯衣)
  12. なぜ 恋をして来なかったんだろう? (大園玲)
  13. Buddies (増本綺良)
  14. BAN (齋藤冬優花)

アンコール

  1. 櫻坂の詩

ダブルアンコール

  1. Buddies (増本綺良)

お辞儀はアンコール、Wアンコールとも遠藤光莉

6月18日

影ナレ:上村莉菜、原田葵、守屋茜

  1. Overture
  2. Nobody's fault (井上梨名)
  3. Plastic regret (原田葵)
  4. 半信半疑 (松田里奈)
  5. Microscope (幸阪茉里乃)
  6. 偶然の答え (関有美子)
  7. 君と僕と洗濯物 (渡辺梨加)
  8. ブルームーンキス (守屋麗奈)
  9. 最終の地下鉄に乗って (上村莉菜)
  10. 思ったよりも寂しくない (守屋茜)
  11. それが愛なのね (土生瑞穂)
  12. なぜ 恋をして来なかったんだろう? (大園玲)
  13. Buddies (増本綺良)
  14. BAN (武元唯衣)

アンコール

  1. 櫻坂の詩

ダブルアンコール

  1. BAN (武元唯衣)

お辞儀はアンコール、Wアンコールとも遠藤光莉


脚注

外部リンク