エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

THE LAST LIVE

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
THE LAST LIVE ロゴ.jpg

THE LAST LIVE」(ザラストライブ)は、2020年10月12日および13日に開催された欅坂46の配信限定コンサート。

概要

KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!』で発表された、欅坂46としてのラストステージ。当初は、東京・国立代々木競技場第一体育館での開催を予定していた[1]が、無観客配信ライブとして開催することとなった[2]

Stagecrowd、楽天チケット×Rakuten TV、ローソンチケット/ZAIKOの3プラットフォームからネット配信された[2]

内容は、上述のオンラインライブのパフォーマンスにおける表現をさらに進化させ、グループの“静”と“動”の両面が存分に感じられるよう、欅坂46としての最後の2日間の別メニューでの提供するものとしていた[3]

チケットの公称実売数は、初日は約8万、2日目は11万で2日間計19万。推定視聴総数は57万人[4]

日程・会場

  • 2020年10月12日(月)・13日(火) 開場(配信開始)18:00、開演(ライブ開始)18:30[2]
  • 会場:東京・代々木第一体育館 [5]

出演メンバー

セットリスト

[6]

(かっこ内はセンター)

10月12日
  1. Overture
  2. サイレントマジョリティー(小林由依)
  3. 大人は信じてくれない(山﨑天)

VTR:土生瑞穂

  1. エキセントリック(土生瑞穂)
  2. 語るなら未来を…(土生瑞穂)

VTR:渡邉理佐

  1. 月曜日の朝、スカートを切られた(渡邉理佐)
  2. Student Dance(森田ひかる)

VTR:上村莉菜

  1. カレイドスコープ
    上村莉菜、原田葵、井上梨名、武元唯衣、藤吉夏鈴、森田ひかる
  2. 渋谷川
    小林由依

VTR:齋藤冬優花

  1. I'm out(齋藤冬優花)
  2. Nobody(小林由依)

VTR:佐藤詩織

  1. 東京タワーはどこから見える? (佐藤詩織)
  2. 避雷針 (渡邉理佐)
  3. 不協和音 (菅井友香)

VTR:渡辺梨加

  1. キミガイナイ (渡辺梨加)
  2. 君をもう探さない (上村莉菜)
  3. もう森へ帰ろうか? (上村莉菜)

VTR:小林由依

  1. 黒い羊 (小林由依)

MCおよびアンコールは行われなかった。


10月13日
  1. Overture
  2. 危なっかしい計画
  3. 手を繋いで帰ろうか?

VTR:小池美波

  1. 二人セゾン(小池美波)
  2. 太陽は見上げ得る人を選ばない

VTR:原田葵

  1. 制服と太陽(原田葵)
  2. 世界には愛しかない(守屋茜)

VTR:尾関梨香

  1. コンセントレーション
    尾関梨香、小池美波、齋藤冬優花、松平璃子、山﨑天
  2. Deadline
    菅井友香、守屋茜、渡邉理佐、田村保乃、松田里奈

VTR:二期生

  1. 10月のプールに飛び込んだ(森田ひかる)
  2. 砂塵(菅井友香)
  3. 風に吹かれても(小林由依)
  4. アンビバレント(小池美波)
  5. ガラスを割れ!(小林由依)

VTR:守屋茜

  1. 誰がその鐘を鳴らすのか?

VTR:菅井友香
MC:菅井友香

  1. サイレントマジョリティー(小林由依)

MC

EXTRA
Nobody's fault[注釈 1](森田ひかる)

特記事項

  • 永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』収録の未発表曲『カレイドスコープ』、『コンセントレーション』、『Deadline』、『砂塵』が初披露された。
  • 櫻坂46として初の楽曲『Nobody's fault』が初披露された。
  • ステージ終了後のファンクラブ会員限定の配信では、メンバー全員が集合。12日には大沼晶保、13日には松田里奈の誕生日が祝われた。

脚注

注釈

  1. ^ 櫻坂46の名義の1stシングル表題曲
  2. ^ ツイッターの発言ママ

出典

外部リンク