エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

けやき坂46 Zepp Tokyo公演

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

けやき坂46 Zepp Tokyo公演 (ひらがなけやき ゼップトーキョーこうえん)は、2017年3月21・22日に、東京・Zepp Tokyoで行われたけやき坂46のコンサート。

概要

  • けやき坂46初のワンマンライブ。
  • 2日間合計で5000人を動員[1]

日程と会場

  • 日程:2016年3月21日(火)/22日(水) 開場17:30  開演18:30
  • 会場:Zepp Tokyo

出演メンバー

セットリスト

2日間とも同一。

  1. Overture
  2. ひらがなけやき
  3. 世界には愛しかない
  4. 二人セゾン
  5. 青空が違う
  6. 僕たちの戦争
  7. 手を繋いで帰ろうか
  8. ABC(The Jackson 5)
  9. 僕たちは付き合っている
  10. サイレントマジョリティー
  11. 誰よりも高く跳べ!

アンコール

主な出来事

  • エンタテインメントコーナーのMCとして、21日公演には吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)、22日公演には荘口彰久(フリーアナウンサー)が登場した[2]
  • Zepp ツアーの開催が発表され、ツアー初日を2017年5月31日にZepp Nambaで行うことが告知された[3]
  • Zepp Namba公演のオープニングアクトとして、けやき坂46メンバーがタップダンスを披露することになり、タップダンサーのHIDEBOH[注釈 1]がデモンストレーションを披露した[3]

特記事項

  • およそ2年後となる、2019年3月14日、同所 Zepp Tokyo で開催された「MTV LIVE PREMIUM:日向坂46 -1st Story-」で、佐々木久美は「M全然うまくいかなくて、終わった後に親にダメ出しをされた」と苦い思い出があることを告白し、佐々木美玲も「実はこのZepp Tokyoでやったライブが一番悔いが残っている。」と語っている[4]

脚注

注釈

  1. ^ 2018年8月から吉本坂46の一員

出典