八木仁愛

提供:エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
僕が見たかった青空
八木 仁愛 やぎ とあ
2024年僕が見たかった青空プロフィール 八木仁愛.jpg
公式ニックネーム

とあ

所属事務所

Ligareaz Management

生年月日

2007年5月1日 (17歳)

出身地

東京都

血液型

A型

身長

155cm

合格期

1期生

選抜回数

3回

センター回数

3回

パーソナルカラー

イエベ春

オーディション番号

4(3次選考通過者SHOWROOM)

八木 仁愛(やぎ とあ、2007年5月1日 - )は、「僕が見たかった青空」のメンバー。東京都出身。Ligareaz Management所属。

略歴

2023年
  • 4月22日、乃木坂46公式ライバルグループオーディションに合格。
  • 6月15日、乃木坂46の公式ライバルグループメンバー発表会で、「僕が見たかった青空」のメンバーとしてお披露目された。同時に1stシングル「青空について考える」でセンターを務めることが発表された[1]
  • 11月27日深夜に放送された「坂道の向こうには青空が広がっていた」中で、選抜制が導入される2ndシングル「卒業まで」で青空組(選抜メンバー)に選ばれた[2]。1stシングルに引き続きセンターを務める[3]

人物

キャラクター

  • アピールポイントは「耳」[4]
  • 『坂道の向こうには青空が広がっていた。』(フジテレビ)のMCを務めるチョコレートプラネットの松尾駿とは親戚関係にあたる(松尾の妻の母と八木の祖母がいとこ)[5]

「僕が見たかった青空」加入前

  • 「ワールドオブダンス」米国大会に出場したことがある[6]

「僕が見たかった青空」として

2023年

  • 6月15日、メンバー発表で、初代センターを務めることが発表された。八木は、「プレッシャーを感じてる部分もあるんですけど、このグループは23人で1つのチームだなと思うので、みんなで力を合わせて精一杯頑張っていけたらなと思ってます」と意気込んだ[7]。メンバー発表会終了後には、早﨑すずき吉本此那柳堀花怜塩釜菜那らとともに、21時から配信された『ABEMA Prime』(アベプラ、ABEMA)に生出演した[8][9][10]

参加曲

シングルCD選抜曲

  • 青空について考える(センター)
    • 制服のパラシュート
    • 飛ばなかった紙飛行機
  • 卒業まで(センター)
    • 微かな希望
    • 真っ白に塗り直せ!
    • 暗闇の哲学者(センター)

ギャラリー

出典

  1. ^ 乃木坂46公式ライバル「僕が見たかった青空」初々しいメンバー23名お披露目 1stシングルは8月に - 音楽ナタリー 2023年6月15日
  2. ^ 僕が見たかった青空、初の選抜制を導入した2ndシングル「卒業まで」発売決定 - ototoy 2023年11月28日
  3. ^ 「僕が見たかった青空」初の“選抜発表”裏側密着企画を配信、2作連続センター・八木仁愛は複雑心境 - モデルプレス 2023年12月4日
  4. ^ 「僕が見たかった青空」センター・八木仁愛のアピールポイントは「耳」 8月30日デビュー - ENCOUNT 2023年6月15日
  5. ^ 僕青のセンター・八木仁愛、グループ初冠番組のMC芸人と親戚だった - サンケイスポーツ 2023年10月18日
  6. ^ 乃木坂46公式ライバル「僕が見たかった青空」 メンバープロフィール - スポーツニッポン 2023年6月16日
  7. ^ 乃木坂46公式ライバル“初代センター”は16歳・八木仁愛「23人で1つのチーム」意気込み語る - モデルプレス 2023年6月15日
  8. ^ ABEMAニュース ツイート - Twitter 2023年6月14日
  9. ^ 【僕青】僕が見たかった青空が生出演!乃木坂46公式ライバルの野望は?パーソナルカラー推しの理由は?|アベプラ - ABEMA Prime #アベプラ【公式】(YouTube) 2023年6月16日
  10. ^ EXITから“ガヤの洗礼”も 「僕が見たかった青空」が初の生放送番組で笑顔の対応 グループ名に「日本の坂は調べました(笑)」 - ABEMA Times 2023年6月16日

外部リンク