エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

松田栞/ノート

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

無期限謹慎とホテル密会疑惑

2011年

  • 9月4日、吉田朱里、松田栞より活動を謹慎したいとの申し入れがあり、運営側も受理したと発表された。
吉田朱里のコメントより「私、吉田朱里からいつも応援して下さる皆様へお知らせがあります。本日、9月4日をもちましてNMB48の活動をしばらくお休みさせていただきたいと思います。そして2ndシングル選抜を辞退させていただきます。最近、毎日たくさんのお仕事をさせていただく中で、自分の中で悩み事や不安をを抱え、NMB48の活動と向き合うことができななくなりそうな自分がいました。そんな、私の言動で、メンバーやスタッフに迷惑をかけ、何よりもファンの皆様の期待に応えられないのでは?と考えるようになりました。このまま浮ついた気持ちで不安を抱えたまま、NMB48の活動を続けても自分のためにも良くないし、何よりも、応援してくださる皆様に申し訳ないと思います。でも私は、NMB48に入って一度も後悔はしたこともないし、もちろんNMB48が大好きなのでお休みさせていただく間、もう一度初心に戻って自分を見つめ直したいと思います。NMB48で自分の夢をかなえるためには、全てを捨てて1から全力で取り組まないといけないと思いました。応援してくださる皆様、スタッフの方々、そしてメンバーには凄い申し訳ない気持ちでいっぱいです。でもこれからも温かく見守っていただけたら嬉しいです。必ずパワーアップして戻って来ます。宜しくお願いします。」[1]
  • 「私の言動で、メンバーやスタッフに迷惑をかけ」と、謹慎になった具体的な理由までは説明されていないが、事前に噂になっていたものの一つが、吉田朱里が男性ファンと繋がっていたのではというもの。さらに、8月11日に握手会のため東京のホテルに宿泊していた際に、吉田朱里を含むメンバー数人が、同じホテルに泊まっていた男性ファン数人に電話し、自分たちの部屋に招き入れていたという[2]
だが結局その事が運営側にバレてしまい、これが原因で仕事から外されるなどの処分を受ける事になったのだという。松田栞も、実はこの件に関わっていた4人のメンバーのうちの1人だったとされる。
  • NMB48は、9月2日に島田玲奈が男性スキャンダルで“謹慎”になったばかりで、わずか3日間で3人もの謹慎者を出したことになる。謹慎原因について、ファンとの密会説や、運営側との衝突説などが挙げられているが、運営側は今回の2人の件について、「自己都合で活動休止することに対して“謹慎”という言葉を使った。処分の対象になる事象があったわけではない」と否定。2人から謹慎の申し入れがあったのは7月末から8月上旬の間(上記の噂の話は8月中旬)で、「公演活動や学校生活の日常生活などでの悩みが原因。犯罪にかかわることではない」と説明。ただ、謹慎が解除される期限については決まっておらず、長期になるという[3]。運営によると、何も問題は無かったとの事だが、発表直前の昼頃に更新された本人たちのブログを見ると、「楽しすぎてテンションおかしくなって変顔」(吉田朱里)、「夜の公演も頑張ります 休憩中にじぇりー食べてます!! うまきちっ」(松田栞)などと書き込んでおり、2人ともとても悩みを抱えていて、自分から謹慎を申し入れるような雰囲気ではないことから、「何かしでかしてしまい、その処罰として謹慎を言い渡された」という見方が大多数を占めている[4]
  • メンバーにも大きな衝撃だったようで、発表後からほとんどのメンバー(特に同期)はブログを更新しておらず、ファンから心配する声も上がっている。更新した何人かも多くは語っていないが、渡辺美優紀「今みなさんにすごく心配をおかけしています。メンバーのこと、私自身のこと。みなさんを不安にさせてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、私のことは心配しないで下さい。絶対に大丈夫です!! 今はそれだけです!」[5]近藤里奈「心配してくださってる皆様へ。私は元気に頑張っています!危なっかしくて心配ばかりおかけしますが、これからもよろしくお願いします」とコメントしている[6]
  • 運営事務局は「マネジメントとして、スケジュール管理も含め、精神的、身体的なケアに、初心に戻ってしっかり務めたい」と反省を口にしたが、デビュー曲が25万枚を超えるヒットを記録し、順風満帆なスタートを切ったはずのNMB48の度重なる問題の噴出に、ファンの間にもショックが広がっている。NMBの島田玲奈が謹慎となった日は、AKBからも謹慎と卒業の2名を出しており、「調子に乗ってグループ作りすぎ。全然管理できてない」「謹慎を申し入れるって日本語おかしい」「ボロボロじゃないか。運営できるのか?」など、運営陣の管理能力を問う声は厳しい[4]
  • 9月6日、2ndシングルの選抜メンバー変更が発表。謹慎中の吉田朱里に加え、さらに渡辺美優紀と近藤里奈が選抜から外された[7]
実は、今回選抜から外された渡辺美優紀と近藤里奈が、ホテルで男性と密会していたという4人の内の残りの2名[2]。つまり、これで4人全員が何らかの処分を受けたことになる。運営側は「処分の対象になる事象はなかった」と発表した割には、なぜか噂のあったメンバー全員を処分しているなど、相変わらず不自然な点が多い。
  • 11月27日、松田栞の復帰に関する投票が実施されることが発表される[8]
  • 12月7日、ファン投票の結果、賛成8,377票(86%)、反対1,406票(14%)。賛成票が過半数を超えたため、2012年1月1日以降、松田栞はNMB48メンバーとしての活動を再開することが決定した[9]

2012年

  • 1月1日、活動を再開。

出典