エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

JKT48

提供: エケペディア
2013年6月16日 (日) 01:13時点におけるWiking48 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「 『'''JKT48'''』(ジェイケーティ フォーティエイト)は、インドネシア・ジャカルタに発足する、秋元康総合プロデュースの...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

JKT48』(ジェイケーティ フォーティエイト)は、インドネシア・ジャカルタに発足する、秋元康総合プロデュースのアイドルグループ。


概要

  • AKBプロジェクト初となる海外を拠点とする姉妹グループ。
  • インドネシアは、中国・インド・米国に次ぐ世界第4位の人口2億3000万人を抱える、ASEANの議長国。関係者は「日本と正反対で、人口の半数が30歳未満という若いエネルギーに満ちた国で、夢をかなえるためにひた走るAKB48の思想にピッタリ」と、この国を選んだ理由を説明した。[1]

歴史

2011年

  • 9月11日、『フライングゲット』劇場盤握手会にて結成が発表。
  • 11月2日、第1期生に28名が合格。
  • 12月10日、インドネシア国内の「ポカリスエット」CMに出演。
  • 12月17日、テレビ番組に出演し、初のパフォーマンスを披露。
  • 12月20日、「紅白対抗歌合戦」に出演(日本初お披露目)。

2012年

  • 2月13日、2名が辞退を発表しJKTを卒業(初の卒業生)。
  • 3月3日、Google+に個人アカウントを解説。
  • 5月10日、2名が卒業。
  • 5月17日~20日、ジャカルタで初めての劇場公演「パジャマドライブ」(インドネシア語Ver)を行う(専用劇場ではない)。
  • 8月24日、AKB48高城亜樹仲川遥香がJKTに移籍することが発表。
  • 9月1日、専用劇場をオープン。

オーディション

第1期生オーディション

  • 応募者:約1200名[2]
  • 書類審査・面接合格者:50名[2]
  • 最終審査:11月2日[3]

合格者:28名[3]

第2期生オーティション

  • 応募者:約4,500名[4]
  • 書類審査:
  • 二次審査:合格者67名[4]
  • 最終審査:2012年10月6日、合格者31人[4]
  • 本当の最終審査:2012年月日[4]

メンバー

卒業生

卒業日 名前 h
2012年2月13日 シティ・ガヤトリ
Siti Gayatri
2012年2月13日 インタニア・プラタマ・イルハム
Intania Pratama Ilham
2012年5月10日 アリサ・アストリ
Allisa Astri
2012年5月10日 ファヒラ
Fahira

HKT48劇場

  • ジャカルタ市内中心部のショッピングモール「FX」内に約200人を収容する新劇場を持つ。
  • 2012年5月17日に「仮設」劇場で公演デビューしたが、以降は劇場を借りて“仮設劇場公演”を行っていたが、2012年9月1日にHKT48専用劇場をオープン。海外グループが専用劇場を持つのは、JKTが初となる。[5]

脚注・出典

外部リンク