エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

野中美郷/ノート

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動

福岡ソフトバンクホークス・今宮健太との破局報道

  • 2014年8月9日、福岡ソフトバンクホークスの内野手・今宮健太と結婚を前提にした交際をしているとの記事が、同日付のスポーツ報知にて報道(その後、球団、今宮サイドが否定)。
  • 今宮健太と野中美郷が「結婚を前提とした真剣交際」と一部で報じられたが、実は7月末に破局していたことがわかり波紋を広げている。2人の結婚は9日、一部朝刊スポーツ紙が報道したが、今宮本人が同日の日本ハム戦後に取材に応じ「今はフリーです。まったくない話です」と言い切った。球団側も公式ツイッターに多数寄せられたファンからの「本当ですか?」などの問い合わせに「間違いのようですよ」と否定した。今宮健太は2009年にソフトバンクからドラフト1位指名を受けてプロ入り。4年目の昨季、遊撃手として初のゴールデングラブ賞を受賞し、今季はファン投票でオールスター戦に初出場した。今宮健太は過去に野中美郷と交際していたかどうかに言及していないが、事情を知る関係者は「両者が真剣交際をしていたことは事実。球団も本人から交際を聞いて把握していたようです。野中は今年4月にAKB48を卒業(注:9月23日の握手会まで活動)したが、その大きな理由が結婚を前提にした今宮との真剣交際ですよ」と明かす。ともに九州出身で、同い年という共通点のあった2人。野中美郷は小学3年まで過ごした地元・福岡に愛着を持っており、ソフトバンクの大ファンだった。AKB48在籍中から今宮健太と何度か食事をともにするうちにひかれたという。別の関係者は「野中はAKBを卒業しただけでなく、5月には所属事務所との契約も終了し芸能界まで引退した。もちろん花嫁修業のためですよ」と語る。在籍中の野中美郷は期待される存在で、2012年4月からスタートした全国ツアー「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」にも名前が使われたほどだ。握手会も今年9月まで予定されていただけに卒業という決断は周囲に迷惑をかける状況だったが、野中美郷は今宮健太を選んだ。メンバーや関係者らには交際報告もしていたという。「そんな真剣さを受けて、今宮も結婚を視野に入れていた時期はあったようです。握手会が9月まで残っている野中を気にして、今宮は周囲に2人の交際を公にするのは『握手会が終わってから』とお願いしていたようですから」(同)真剣交際を選んで卒業したことで、野中美郷は今月上旬、AKB48時代にお世話になった関係者らに「応援していただいたのに、すいません…」と律義に報告していたことも分かっている。
ただ2人の交際は長くは続かなかった。関係者の話を総合すると、何度か衝突を繰り返し、2人が別れを決断したのは7月末。破局の理由は2人だけにしか分からないが、共通の知人は「今宮はシーズン中で多忙だからすれ違いということもあったようだが、それよりも今宮が野中に不信感を募らせたことが大きい」と明かす。その原因はネット上に何度となく今宮健太と野中美郷の交際情報が載ったこと。「あまりにも続くので、今宮は『野中サイドの誰かが情報を流しているのではないか?』と疑心暗鬼になったみたい。それが原因で、喧嘩になったこともあったと聞いたことがありますから」この証言を裏付けるかのように今宮健太は今月7日、自身のフェイスブックでネット上の野中美郷との交際&結婚情報について、「噂がこわい。名前が出てるコと付き合ってないし」と嫌悪感を示していた[1]
  • 「球界関係者の間では、2人が交際しているのは知られた話だったが、AKB48の恋愛禁止ルールがあったので、どこも書かなかった。今宮は今シーズン売り出し中で、女性ファンが多く、交際が発覚すれば球団の営業にとっては大きなマイナス。それだけに、破局は球団にとって喜ばしい限りだが、破局に至ったのはある事件がきっかけだったとか。その事件とは、6月19日、AKB48現役メンバー・高城亜樹の公式ツイッターに『今日はみちゃ(野中)とSBの今宮選手と森(唯斗)選手と4人で食事したよ』と書き込まれ、即座に削除された件。その後、高城が『私が書いていないことが、私のTwitterで呟かれている』と“乗っ取り”であることを明かし、後日になって高城の事務所が、高城のTwitterのパスワードを知る取引先の社員が無断でログインして投稿したと発表。とりあえず、一件落着したが、この件で今宮と野中の間に溝ができ、7月に破局を迎えてしまったようだ。恨むべきは不正アクセスで、2人の名前を出したTwitter“乗っ取り犯”か、あるいは……」(週刊誌記者)」[2]

出典