エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「Not yet」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
(アルバム『already』のアートワークを追加。)
103行目: 103行目:
 
|-
 
|-
 
!1
 
!1
|
+
|[[File:Already (Type-A)(DVD付).jpg|100px]]
 
|2014年4月23日
 
|2014年4月23日
 
|'''already'''
 
|'''already'''

2014年4月17日 (木) 09:35時点における版

Not yet
Not yet.jpg
活動期間

2011年1月 -

レーベル

日本コロムビア (Futureレーベル)

事務所

太田プロダクション

公式サイト

メンバー

Not yet」(ノット イェット)は、AKB48の派生ユニットの一つ。

概要

  • ユニット名の「Not yet」は「まだまだ」を意味し、秋元康も「歌もダンスも“まだまだ”だけど、『その分、成長できるんだ』と解釈して、一生懸命に頑張る実物大の4人をコンセプトに名づけた」と語っている。[1]
  • リーダーは大島優子[2]しかし大島によると「リーダーシップはあまり出さないようにしています。年齢もキャリアも上の私がリードしすぎると、他のメンバーと距離ができてしまうかもしれないので、みんな平等にというスタンスです」[3]
  • 4人組ユニットにした理由は、「大島優子を中心に指原莉乃北原里英でユニットを組もうと準備していたのですが、3人ユニットは、すでに(プロダクション尾木の)ノースリーブス、(ワタナベエンターテインメントの)フレンチ・キスがデビューしたので、急遽AKB48期待のエース、横山由依を加入させることにしました」と説明。[4]
  • 結成当時、大島・北原・指原の3人は太田プロダクション所属。2012年3月に横山も太田プロへ移籍した。また、「Not yet」の公式サイトから太田プロへのリンクがされている。
  • 略称は無し。[5]

歴史

2011年

  • 1月21日、「リクエストアワーセットリストベスト100 2011」の2日目、ユニットの結成を発表。
  • 3月16日、デビューシングル「週末Not yet」をリリース。
  • 7月6日、2ndシングル「波乗りかき氷」をリリース。
  • 10月9日、TBSで『ヨンパラ FUTUREゲームバトル』を放送開始。
  • 11月16日、3rdシングル「ペラペラペラオ」をリリース。

2012年

  • 3月25日、横山が太田プロダクションへ移籍。
  • 5月30日、4thシングル「西瓜BABY」をリリース。(当初6月6日予定だったが、第4回総選挙が行われることから1週間前倒しになり、渡り廊下走り隊7の新曲と同日となった)。[6]
  • 6月15日、指原がHKT48へ移籍。Not yetの活動はこれまで通り行う。

2013年

  • 9月25日、5thシングル「ヒリヒリの花」をリリース。

2014年

  • 4月23日、1stアルバム『already』をリリース予定。

メンバー

ディスコグラフィー

シングル

アートワーク リリース日 タイトル 最高週間順位 備考
Futureレーベル
1 週末Not yet (通常盤Type-A)(DVD付).jpg 2011年3月16日 週末Not yet 1位 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
2 波乗りかき氷 (通常盤Type-A)(DVD付).jpg 2011年7月6日 波乗りかき氷 1位 通常盤A
通常盤B
通常盤C
3 ペラペラペラオ(通常盤)(Type-A)(DVD付).jpg 2011年11月16日 ペラペラペラオ 2位 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
4 西瓜BABY (通常盤Type-A)(DVD付).jpg 2012年5月30日 西瓜BABY 1位 通常盤A
通常盤B
通常盤C
通常盤D
5 ヒリヒリの花 (通常盤Type-A)(DVD付).jpg 2013年9月25日 ヒリヒリの花 1位 通常盤A
通常盤B
通常盤C
通常盤D

アルバム

アートワーク リリース日 タイトル 最高週間順位 備考
Futureレーベル
1 Already (Type-A)(DVD付).jpg 2014年4月23日 already Type-A
Type-B
Type-C
Type-D

関連項目

脚注・出典

外部リンク