エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

生田絵梨花

提供: エケペディア
2014年10月14日 (火) 20:19時点におけるNo.name2 (トーク | 投稿記録)による版 (略歴の書き直し。2011年の記事へ移動)
ナビゲーションに移動 検索に移動
乃木坂46
生田 絵梨花 いくた えりか
2014年乃木坂46プロフィール 生田絵梨花.jpg
所属事務所

乃木坂46合同会社

生年月日

1997年1月22日 (24歳)

出身地

東京都

血液型

A型

身長

160cm

合格期

1期生

選抜回数

9回

生田 絵梨花(いくた えりか、1997年1月22日 - )は、乃木坂46のメンバー。ドイツ・デュッセルドルフ生まれ、東京都出身。乃木坂46合同会社所属。

略歴

2011年
  • 8月21日、乃木坂46第1期生オーディションに合格。暫定選抜メンバー16名に選ばれる。
2012年
  • 2月22日、1stシングル『ぐるぐるカーテン』で初選抜入り。
2014年
  • 4月20日、進学準備の為、9thシングルへの不参加と一時休業を発表。6月28日のお茶会イベントを最後に一時休業。
  • 10月2日 - 5日、ミュージカル『虹のプレリュード』で舞台に初主演。
  • 10月8日、10thシングル『何度目の青空か?』で初センター。

人物

キャラクター

この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、整理する必要があります。
この項目は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
  • ドイツ生まれである。しかし、現在ではドイツ語はあまり覚えていない様子。5才からは東京で過ごしている。
  • 姉が一人いる。
  • オーディションを受けた理由は、「簡単に言うと、「こんなチャンス2度とない!」と思って」とのこと。
  • 二次審査ではaikoの「かぶとむし」、四次審査では、I WiSHの「明日への扉」、最終審査では、aikoの「スター」を歌った。
  • チャームポイントは、「パッチリな目」。
  • 公称の身長は160cmであるが、実は159cmらしい。本人曰く、「夏だしきっとすぐ伸びるだろうと思って、見栄を張りました」。あと3cm欲しいらしい。
  • 将来の夢は、音楽の道に進んでいくこと。
  • 日常の外着は基本的にジャージで、「家出るときから帰りまで、電車もそのままジャージ派。」。ここで言うジャージとは、一般的にいうジャージではなく、Tシャツ+スウェットの生田スタイル。乃木坂46に入るまでジャージとは無縁の生活だった。
  • 「乃木坂って、どこ?」内で、MCのバナナマンに決めてもらった暫定キャッチフレーズは、「どんどんいくどん生田どんっ。U~DON!」。これは本人がうどんが好きなことに由来する。
  • 過去に、ミュージカルに出演していたことがある。
  • バレエの経験がある。
  • ピアノを弾くことができる。中学校では、校歌の伴奏係を務めていた。乃木坂46のオーディションとも平行してコンクールにも参加していて、全国大会に出場した。
  • 本人曰く、「絵は下手だけど模写なら得意(・∀・)!」。しかし、番組で披露した絵はお世辞にも上手いといえるものではなかった。後日、ブログにて「模写は」ということが改めて証明された。
  • 七福神であるが、中学生メンバーであったため(いわゆるJC8)、イベントや番組に出演しないことが多かった。
  • 生田自身は、この「JC8」という単語を知っているようである。
  • 2011年11月末の「乃木坂46 コンベンション 2011」では、ファンの前で初めてその腕前を披露し、度肝を抜いた。
  • このイベントのニコ生中継があることをツイッターで知り、タイムシフト予約をしていた。鹿児島に住む祖父母にも伝え、見てもらった。
  • ピアノ、歌、バレエ、演技など、一見万能さを感じさせる場面が多いが、メンバーやファンの間では天然ではないかと言われている。
  • 料理が苦手と思われる。
  • 冠番組「乃木坂って、どこ?」内で挑戦した、だし巻き玉子作りは、IHクッキングヒーターに溶いた玉子を直接かけるなど、惨憺たる結果に終わっている。このあまりに常軌を逸する暴挙については、台本だったのではという声も少なくない。いつか料理番組のアシスタントをやってみたいとか。
  • 中学生ということもあって、学校、レッスン、ピアノと忙しく、他の時間はあまりないようである。
  • 11月に行われていた、「乃木坂って、どこ?タイトルコール ファン投票」で7位ランクインした。
  • 生田の母も、生田に投票しようとしたが、「アドレスにikutaが入ってて恥ずかしいからやめた」らしい。
  • 亡くなった祖父がビクターに所属していて、レコード大賞でなんらかの賞をもらったことがあるらしい。
  • オーディション時、伊藤寧々とずっと同じだった。当時は「寧々さん」と呼んでいたが、今では「まめちゃん」と呼ぶ。
  • オーディション終了後の秋元康のコメントで、「6年前の前田敦子そっくりの良い子もいた。」というのがあるが、これは生田のことと思われる。 しかし、生田をセンターにすると「AKBのマネ」になってしまうことから、生田のセンター構想はなくなった。ただし、これは容姿に関しての話であり、内面的なことや技術的なことではない。
  • AKB48指原莉乃が生田のことを好きなのではないかと言われたが、それはモーニング娘。の生田衣梨奈のことであった。
  • 自分が表紙になっている、BLTスペシャル乃木坂46版の第1弾を2冊購入。付録の生写真は、井上小百合(ヨリ)、大和里菜(ヒキ)だった。
  • 12月にBLTの第二弾をメンバーは一冊貰い、生田は斎藤ちはるの生写真を引いた。
  • 白石麻衣が生田の写真を引いてサインを頼まれたところ、間違って「まいやんLOLE」と書いてしまった。
  • 2012年、母と初詣に行き、引いたおみくじの結果は「末吉」だった。
  • 祖母から届いた年賀状には、「乃木坂四〇六おめでとう」というコメントが添えられていた。

乃木坂46加入前

  • プロダクションに所属していた[要出典]

2011年

  • 8月21日、乃木坂46第1期生オーディションに合格。暫定選抜メンバー16名に選ばれる。
  • 10月9日、「乃木坂って、どこ?」で、スタッフが選んだ、暫定七福神に選ばれる。
  • 10月23日、「第一回お見立て会」で、ミュージカル『レ・ミゼラブル』より、「夢やぶれて」を披露。
  • 12月、出演映画『ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始まる物語』が発売。本作は乃木坂46加入前の同年8月に撮影されたもので、生田絵梨花としてではなく、「池上 花衣(いけがみ かい)」名義での出演[1]
  • 11月、明治チョコレート選抜16名に選ばれる。
  • 11月27日、「乃木坂って、どこ?」で、スタッフが選んだ、ダンス七福神に選ばれる。
  • 11月30日、「乃木坂46 コンベンション 2011」で、Music Abilityに出演し、全体のトップバッターとしてピアノを披露した。
  • 初めに弾いたのは、「プロコフィエフ ピアノソナタ第2番4楽章」。同アビリティの、衛藤美彩「赤いスイートピー」、川村真洋「三日月」で伴奏も務めた。
  • 12月2日、乃木坂46公式サイト上で行われていた、「ファン投票 あなたのお気に入りの、「乃木坂って、どこ?」はどれ!?」で7位にランクイン。[2]
  • 12月16日、FRIDAYで、生駒里奈市來玲奈と共に参加したグラビア特集が掲載された。
  • 12月23日、「乃木坂46 クリスマス・スペシャルウィーク」に参加し、MCを務めた。

2012年

  • 1月5日、「乃木坂46 新年のご挨拶させてくださいっ!会」で語った2012年の抱負は、「全力坂。これからキツくなる坂を全力であがる」。

2014年

  • 4月20日、神奈川・パシフィコ横浜で行われた『気づいたら片想い』個別握手会で進学準備のため一時休業を発表。「今まで乃木坂と高校生活を両立してやってきたんですけど、どうしても積み残しがいっぱいあって、そういうのを次のステップに進めない、このままにしておくと進めないという気がしたので、この夏、進学準備のために力をつけることに集中したいなと思いました。でも休むのは次のシングルだけで、また……(歓声)すみません! すぐに戻って来ようと思うので、ちょっとの間だけ皆さんすみません、待っていてください! プリンシパルまではきちんと出て、そのあと休業を考えています。たぶんそろそろ次のシングルの選抜発表が行われる時期で、その前に皆さんに直接伝えたいなと思ったのでこの場を設けさせていただきました。なので、まああと2カ月は普通に活動しますし、そのあともすぐ戻って来ますのでよろしくお願いします!」[3]
  • 6月28日、『気づいたら片想い』購入者特典イベントとして開催されたお茶会に参加。この日を最後に一時休業となった。「先週は握手会があったんですけど、皆さん「寂しい」って感じで来てくださって。でも寂しいって言ってくださるってことは、私の帰りを待ってくださってるのかなって思うし、実際に「勉強がんばってね」とか「待ってるよ」とか皆さん言ってくださったので、私も休業中はやることをやって、また早く帰ってきたいなと思ってます。」[4]
  • 7月25日、10thシングルからの活動再開と10月に舞台「虹のプレリュード」で主演する事が発表される。「ちょうど休業を決めた頃にこのお話をいただきました。進学のために頑張らないといけない時期と重なってはいましたが、迷いなくやりたい!と思いました。舞台に立つことが私の夢だからです。主演ということで少し不安もありますが、それ以上に多くの事を吸収できるというワクワク感でいっぱいです。まだ経験も浅いので、キャストのみなさん・スタッフさん方からたくさん学んで、素敵な作品を作りたいです。そして10枚目シングルから乃木坂の活動再開ということで、パワーをチャージした分、よりはじけられたらと思います。よろしくお願いします!」[5]
  • 8月4日、『乃木坂って、どこ?』にて10thシングルの選抜メンバーが発表。初センターを獲得する。
  • 8月19日、10thシングル『何度目の青空か?』が都内で行われた「HTC J butterfly」の新製品発表会で初披露され、復帰後初のステージに立つ[6]
  • 10月2日 - 5日、ミュージカル『虹のプレリュード』で舞台に初主演。前日の10月1日には、公開舞台稽古が行われた[7]

交友関係

性格・趣味

  • 夜はやたらとテンションが高い。
  • 好きな食べ物は、うどん・りんご・チョコレート。うどんは特に五目うどんが好き。
  • 趣味は音楽を聴くこと、好きなことはバラエティー鑑賞。「アメトーーク!!!」が好き。
  • カラオケで歌うのは、「松田聖子」、「aiko」、「いきものがかり」。
  • AKB48は知っているようで、番組内で「大声ダイヤモンド」と回答したり、ブログでも板野友美の絵を載せる、楽曲の歌詞を書くなどしている。
  • ROCKジャンルで聴くのは、GLAY、Janne Da Arc、THE HIGH-LOWSなど。
  • 得意なスポーツはテニス(一応)。
  • 時々野球観戦をする。ジャイアンツファン。詳しいわけではないが、応援歌は何曲か歌える。

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

  • ぐるぐるカーテン
    • 乃木坂の詩
    • 会いたかったかもしれない
    • 失いたくないから
    • 白い雲にのって
  • おいでシャンプー
    • 心の薬
    • ハウス!
  • 走れ!Bicycle
    • 人はなぜ走るのか?
    • 音が出ないギター
  • 制服のマネキン
    • 指望遠鏡
    • ここじゃないどこか
  • 君の名は希望
    • シャキイズム
    • ロマンティックいか焼き
  • ガールズルール
    • 世界で一番 孤独なLover
    • 人間という楽器
  • バレッタ
    • 月の大きさ
    • そんなバカな…
    • やさしさとは
  • 気づいたら片想い
    • ロマンスのスタート
    • 吐息のメソッド
    • ダンケシェーン(センター)
  • 何度目の青空か?(センター)
    • 転がった鐘を鳴らせ!
    • 私、起きる。
    • Tender days

脚注・出典

外部リンク