エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「佐藤美波」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
1行目: 1行目:
 
{{メンバー情報
 
{{メンバー情報
 
| グループ = AKB48
 
| グループ = AKB48
| チーム = 研究生
+
| チーム = チームA
 
| 名前 = 佐藤 美波
 
| 名前 = 佐藤 美波
 
| 読み = さとう みなみ
 
| 読み = さとう みなみ
22行目: 22行目:
 
| オーディション番号 = 32 (AKB48 16期)
 
| オーディション番号 = 32 (AKB48 16期)
 
}}
 
}}
'''佐藤 美波'''(さとう みなみ、2003年8月3日 - )は、[[AKB48]][[チームA]]専属の[[研究生]]。神奈川県出身。[[AKS]]所属。
+
'''佐藤 美波'''(さとう みなみ、2003年8月3日 - )は、[[AKB48]][[チームA]]のメンバー。神奈川県出身。[[AKS]]所属。
  
 
== 略歴 ==
 
== 略歴 ==
30行目: 30行目:
 
; 2017年
 
; 2017年
 
*12月8日、「[[組閣]]」(チーム再編成)により、[[チームA]]専属の研究生となることが発表される。
 
*12月8日、「[[組閣]]」(チーム再編成)により、[[チームA]]専属の研究生となることが発表される。
 +
; 2019年
 +
*9月12日、「[[AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~]]」in 東京・江戸川区総合文化センターにおいて、チームA正規メンバーへの昇格が発表される<ref>[https://www.oricon.co.jp/news/2144326/full/ AKB48研究生・佐藤美波&道枝咲、加入1000日超で正規メンバー昇格に涙] - ORICON MUSIC 2019年9月12日</ref>。
  
 
== 人物 ==
 
== 人物 ==

2019年9月13日 (金) 02:12時点における版

AKB48 チームA
佐藤 美波 さとう みなみ
2019年AKB48プロフィール 佐藤美波.jpg
公式ニックネーム

みなみ

所属事務所

AKS

生年月日

2003年8月3日 (16歳)

出身地

神奈川県

血液型

O型[1]

身長、体重

153cm[2] 42kg

合格期

16期

選抜回数

0回

オーディション番号

32 (AKB48 16期)

佐藤 美波(さとう みなみ、2003年8月3日 - )は、AKB48チームAのメンバー。神奈川県出身。AKS所属。

略歴

2016年
  • 10月16日、AKB48第16期生オーディションの最終審査に合格し、仮研究生となる。
  • 12月8日、AKB48の16期生としてお披露目される。
2017年
  • 12月8日、「組閣」(チーム再編成)により、チームA専属の研究生となることが発表される。
2019年

人物

キャラクター

  • 公式ニックネームは「みなみ」。
  • 子役出身者[2]
  • 劇場支配人評。

「元気いっぱい、天然キャラの癒し系。センターを任せる楽曲も多い。カメラの前ではなぜか笑顔がぎこちなくなる」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[2]

AKB48として

2016年

交友関係

性格・趣味

  • アピールポイントは、丸顔でふっくらしているほっぺた[4]
  • 特技は、物作り!(携帯のケースなど)[4]
  • 趣味は、絵を書く事、ダンス、歌、アニメを見る事、おさんぽ[1]
  • 短所は、面倒くさがり[4]
  • 好きな食べ物は、オムライス、ホットケーキ[4]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

  • #好きなんだ」に収録
    • 抱きつこうか? - AKB48 16期研究生名義
  • NO WAY MAN」に収録
    • わかりやすくてごめん - PRODUCE48選抜名義
    • 夢へのプロセス - AiKaBu選抜名義

注釈

出典

  1. ^ a b AKB48Mobileプロフィール
  2. ^ a b c 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P127より。
  3. ^ AKB48研究生・佐藤美波&道枝咲、加入1000日超で正規メンバー昇格に涙 - ORICON MUSIC 2019年9月12日
  4. ^ a b c d e 光文社『AKB48じゃんけん大会公式ガイドブック2017』P121より。

外部リンク