エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「篠田麻里子/ノート」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
(あああ (トーク) による版 124035 を取り消し)
タグ: 取り消し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
73行目: 73行目:
  
 
=== マネージャー恫喝 ===
 
=== マネージャー恫喝 ===
* 2012年7月、テレビ出演に握手会にイベント、現在のAKB48は息をつく暇もないほど忙しい。中でもAKBとしてだけでなく個々の仕事が充実している選抜メンバーは、雑誌取材やピンでのテレビ番組収録、CM撮影など多忙だ。もちろん劇場公演や新曲のレコーディング、ダンスレッスンもある。女優としての仕事も多い大島優子、バラエティーのみならず主演映画の撮影、さらにHKT48の活動準備など目の回る忙しさの[[指原莉乃]]、主演ドラマの撮影中である[[小嶋陽菜]]などは、季節の変わり目ということもあって体調を崩しやすくなっているとか。だが今のAKBでもっとも忙しいのは、ソロでのCMが多くファッションモデルとしても活動する篠田麻里子なのだという。「朝から晩まで仕事が詰め込まれていることが多く、睡眠時間は平均3~4時間。それでも美貌の維持には他のメンバーの数倍気を使っていて、美容院には頻繁に通い、スキンケアや筋トレも怠らないそうです。ある意味、AKBでもっともプロ意識の高いメンバーなのかもしれません」(芸能記者)。だが、そのプロ意識が暴走しているとの話も聞こえてくる。ソロ仕事ではなく、AKB全体でのとある撮影現場での一幕だ。「大人数でガヤガヤしている現場だったのですが、篠田さんが突然、マネジャーを『おいッ、××!!』と大声で呼びつけたんです。一瞬、その場がシーンとしましたね。呼びつけられた男性マネジャーはすぐ駆け寄って、篠田さんから何か言われていたんですが……すっかり女王様と下僕、という雰囲気でした。前田敦子や[[板野友美]]も天狗になっていると悪評名高いですが、マネジャーを呼び捨てにするのはさすがにありませんよ」(関係者)。四六時中行動をともにするマネジャーだけに、篠田麻里子も態度が横柄になってしまったのだろうか。普段、彼女は雑誌取材などに愛想良く対応することで有名で、仕事がやりやすいと評判だっただけに、この豹変ぶりに関係者も仰天したのだという。もともと篠田麻里子の「恐ろしさ」はAKB内では周知の事実で、同期メンバーはまだしも後輩たちはほとんど彼女に寄り付かない。「握手会の楽屋でも、SKE48の松井珠里奈以外の後輩とは親しくしているのを見たことがない」とは前出の芸能記者の談だ。マネジャー恫喝の場面を目撃した後輩たちは、篠田麻里子の本性にいっそう震えあがっていることだろう<ref>[http://www.menscyzo.com/2012/07/post_4288.html 「おいッ××!!」篠田麻里子がマネジャーを恫喝、恐ろしすぎる素顔に後輩激震] - メンズサイゾー 2012年7月4日</ref>。
+
* 2012年7月、テレビ出演に握手会にイベント、現在のAKB48は息をつく暇もないほど忙しい。中でもAKBとしてだけでなく個々の仕事が充実している選抜メンバーは、雑誌取材やピンでのテレビ番組収録、CM撮影など多忙だ。もちろん劇場公演や新曲のレコーディング、ダンスレッスンもある。女優としての仕事も多い大島優子、バラエティーのみならず主演映画の撮影、さらにHKT48の活動準備など目の回る忙しさの[[指原莉乃]]、主演ドラマの撮影中である[[小嶋陽菜]]などは、季節の変わり目ということもあって体調を崩しやすくなっているとか。だが今のAKBでもっとも忙しいのは、ソロでのCMが多くファッションモデルとしても活動する篠田麻里子なのだという。「朝から晩まで仕事が詰め込まれていることが多く、睡眠時間は平均3~4時間。それでも美貌の維持には他のメンバーの数倍気を使っていて、美容院には頻繁に通い、スキンケアや筋トレも怠らないそうです。ある意味、AKBでもっともプロ意識の高いメンバーなのかもしれません」(芸能記者)。だが、そのプロ意識が暴走しているとの話も聞こえてくる。ソロ仕事ではなく、AKB全体でのとある撮影現場での一幕だ。「大人数でガヤガヤしている現場だったのですが、篠田さんが突然、マネジャーを『おいッ、××!!』と大声で呼びつけたんです。一瞬、その場がシーンとしましたね。呼びつけられた男性マネジャーはすぐ駆け寄って、篠田さんから何か言われていたんですが……すっかり女王様と下僕、という雰囲気でした。前田敦子や[[板野友美]]も天狗になっていると悪評名高いですが、マネジャーを呼び捨てにするのはさすがにありませんよ」(関係者)。四六時中行動をともにするマネジャーだけに、篠田麻里子も態度が横柄になってしまったのだろうか。普段、彼女は雑誌取材などに愛想良く対応することで有名で、仕事がやりやすいと評判だっただけに、この豹変ぶりに関係者も仰天したのだという。もともと篠田麻里子の「恐ろしさ」はAKB内では周知の事実で、同期メンバーはまだしも後輩たちはほとんど彼女に寄り付かない。「握手会の楽屋でも、SKE48の松井珠理奈以外の後輩とは親しくしているのを見たことがない」とは前出の芸能記者の談だ。マネジャー恫喝の場面を目撃した後輩たちは、篠田麻里子の本性にいっそう震えあがっていることだろう<ref>[http://www.menscyzo.com/2012/07/post_4288.html 「おいッ××!!」篠田麻里子がマネジャーを恫喝、恐ろしすぎる素顔に後輩激震] - メンズサイゾー 2012年7月4日</ref>。
  
 
=== 愛煙 ===
 
=== 愛煙 ===

2020年4月8日 (水) 02:18時点における最新版

スキャンダル

篠田麻里子もまたバッシング報道などが多いメンバーの一人。篠田麻里子の特長は、加入以前の裏の経歴などが主な物。全メンバーで唯一オーディション合格を経ておらず、電撃加入から有名事務所への移籍、総選挙での高順位、メンバー随一のソロ仕事の多さなど、まさにAKBのシンデレラガールとも言える経緯を辿っているが、その“表向き”の経歴とは違う、裏の経歴もまたよく話題に挙がる。

高校時代

  • 週刊文春』によると、篠田麻里子は高校時代がモテ期だったらしく、バンドマンやジャニーズ系のイケメン、長身の同級生やクラブDJなどと交際をしていたという。元彼とされる人物からの「付き合っていた当時は篠田に好意を寄せる男性からのひがみがすごく大変であった。そして、たいへん気が強く、ケンカの時などは絶対に引かなかった」とのコメントまで掲載されている[1]

キャバ嬢疑惑

  • 高校卒業後、福岡の服飾専門学校生へと進学した篠田麻里子は、中洲のキャバクラで源氏名を「涼(りょう)」とし、働き始める。当時は今のようなお姉さんキャラではなく、妹キャラとして人気が高かったが、絶対的なNo1が店に居たため、万年No2だったようだ[1][2]
  • 2006年の加入後、ネット上には「中州のガ○アで働いていた」「キャストネームは涼」など、店名や源氏名まで書かれている。
下記の「喜び組」を報じた週刊文春もこの説を取り上げており、「篠田は福岡のキャバクラで(窪田)社長と知り合って上京した」としている。働いている最中、店でAKB48の運営会社「AKS」の窪田康志社長に見初められ、「私、アイドルになります」と宣言して辞めたのだという[1]
  • ある雑誌の「沢山のファンの顔を覚えるために、ファン手帳をつけたりはしない?」という質問に、篠田麻里子は「なんですかそれ?キャバクラみたいでヤダ」と答えている。情報としてキャバ嬢がそういうのをつけていると知っていただけかも知れないが、まるでキャバクラで働いていた事がある様な答え方にも見える[3]
  • 『文春』には、その当時の篠田麻里子の友人と名乗る人物が登場し、「お客に気を使って握手したりとか、結局AKBでもやってることが水商売の時とかわんないよ」と篠田麻里子がぼやいていたことを告白している。AKBは「会いにいけるアイドル」をコンセプトとし、発展してきたグループだが、ファンとの近すぎる距離に辟易していたのだろう[1]

サプライズ加入

  • 上京後、AKBのオーディションを受けるも、落選。当時、劇場に併設されていたカフェで働くことになる。そして、ファンからの人気が高かったからという理由で、異例のAKBメンバー入りとなった。窪田康志にみそめられてAKBへ誘われたのなら、オーディションに落ちるのは不自然ではあるが、裏を返せば、いきなり20人以上の中の一人としてデビューするよりも、「カフェで働いていた子が可愛すぎて、AKB入り」という方が、特別感はある。
  • オーディションに落ちたにも関わらず、わずか1ヶ月後にはAKB48のメンバーに大抜擢されるなど、特殊な経緯を辿っている篠田麻里子。表向きの理由として語られているのは、「カフェに可愛い子がいると話題になり、当時行われていたアンケートで、メンバーを押さえて人気者となったため、秋元がファンからの要望に応える形で、サプライズで加入させた」というもの。これをそのまま信じれば、まさにシンデレラストーリーとも言えるエピソード。だが、このシナリオには疑問点も多い。
2005年12月デビューのAKBだが、当時はまったく人気が出ず、メンバーより少ない人数で公演を行う事もしばしば。初の“満員御礼”となったのは、篠田麻里子が加入した後の2月4日。つまり1月の段階では250人の小さな劇場すら満杯に出来ないほどのファンしかAKBにはいなかった。それほど少ないファンの意見が、どれほどの価値があるのかという点。だがファンが少ないという事は、当時の状況を知るファンが少なく、運営側としては情報操作がしやすかったのも事実。
  • あるアイドル雑誌には、当時を知るというファンはこう語っている。
「確かに彼女がカフェで働いているのは知ってたけど、客が足並み揃えて猛プッシュしたという話は聞いた事が無い。その辺りは、“後付け”の理由だと思ってもらって間違いないとおもいますけど。ある意味裏口入学みたいなものじゃないですか。だから推し難いみたいな空気は客席に流れてましたよ。とにかく『メンバーに加わる事になりました』という発表があって、客も『あぁそうですか。決まったんなら仕方ないですね』ぐらいの反応。彼女の人気が出てくるのは、今の事務所(サムデイ)に移って、いろんな活動をする様になってからで、この時点では劇場人気はイマイチだった。作られた人気だったんですよ」[4]
ちなみに、公平を期すために、早い段階から篠田麻里子推しだったファンにも話を聞いてみたが、やはり同じような反応だった。
「結局AKBのファンって、小さくて可愛くて、それでいて業界ズレしていない、処女性みたいなものなんですよ。そんなところにポンッと“大人の女”が出てきたって、誰が推すんだ?って話ですよね。僕は推しましたけどね(苦笑)。かなり少数派だった事は確かです。彼女自身チームAの中では浮いていたんだと思いますよ(これは本人も語っている)。イジメみたいなものは無かったようですよ。本当に劇場人気があったら、他のメンバーもジェラシーを抱いたんでしょうけど、そうでもなかったから、別に問題視されなかったんじゃないですか?」。どうやらこれが、篠田麻里子のシンデレラストーリーの真実なのかもしれない。[4]
  • (業界関係者)「秋元さんのAKB評である『クラスで一番かわいいコではなく』に習い、キャバクラで2番目にあまんじていた篠田を、窪田氏がスカウトしたカタチなんでしょうかね(笑)。しかし、アイドルデビューを約束され、意気揚々と上京してみればカフェで働かされる始末。まぁこれも、篠田を大人数グループにありがちな"その他大勢"から際立たせるための演出だというウワサもありますが…。その後、ようやくデビューしたと思えば、メディアへの出演はほぼなく、もっぱら専用劇場で歌うばかり。高校時代に異性にモテ、キャバ嬢時代もNo2にまで上りつめていた篠田からすれば、愚痴りたくなるのも当然かもしれませんね」[1]

喜び組問題

窪田康志#喜び組問題も参照。
  • 2010年2月、『週刊文春』(2月18日号)は、運営スタッフや元AKBメンバーの証言を元にして、AKBがAKS社長の窪田康志の喜び組(某国で将軍様のために歌や踊り、性的奉仕などを行う女性たちの事)になっていると報じた。そして篠田麻里子の名前を挙げ、彼女は窪田社長と同じマンションに住んでおり、さらに社長名義のクレジットカードを渡され、好きに私服を買っているなど、事実上の愛人関係であると報道した[2]
同じマンションに住んでいる事は、篠田麻里子本人もAKS側も認めているが、本人はマンションを変えた事について「過去にストーカー被害にあった為の引っ越し」であるとコメント。AKSは、「同じマンションに住まわせることがなぜ"不適切な関係"につながるのか」と、それぞれコメントしている[5]
しかし窪田康志というのは大金持ちの御曹司で、AKBの起業資金20億円をポンッ出せる様な人物。その様な人物が住む高級マンションの家賃はどこから出ているのか。所属事務所のサムデイがマンションor家賃を用意してくれているのか、それともよほど篠田麻里子の給料が良いのか。AKBメンバーには篠田麻里子の他にも地方から上京して来ている者も多いが、共同生活を送ったりと、かなり生活は厳しいのが現実[6]。他にも、篠田麻里子の羽振りが良いのは多数のメンバーが証言しており、クレジットカードを渡されているというのも信憑性が高い。事実、アイドル雑誌などには、篠田麻里子がクレジットカードで高価な買い物を楽しむ様子を見たという目撃証言も多数寄せられている。
  • この報道に対しAKBサイドは、公式ブログで次のように反論した。「タイトルおよび内容に至るまで事実無根であり、弊社としては大変遺憾に思っております。つきましては、出版社および媒体に対して断固抗議の姿勢を持って臨むべく、現在、顧問弁護士と法的手段を取るべく準備をしております。AKB48を応援してくださっているファンの皆様および関係各位におかれましては、本件において多大なるご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げると共に、事実無根の記事内容に翻弄されることなく、今までと変わらぬご支援ご声援を賜れますよう、改めてお願い申し上げる次第です」。
AKBサイドは写真週刊誌と蜜月関係を築くことで、スキャンダルが報道されることはほとんどなかった。そのAKB運営が「法的手段を取る」と明言したため、かつてない騒動に発展しそうな事態となった。
  • 2010年6月2日、AKS社長・窪田康志は、週刊文春の誤報で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋や記者らに計約1億5千万万円の損害賠償と、謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴していたことが分かった[7]
AKS側は「記事内容は全くの事実無根で、社長やメンバーらに回復困難な損害を与え、AKB48の活動にも深刻な影響を及ぼしている」と主張[7]。これに対し文春側は「記事内容には自信を持っている」として同日の第1回口頭弁論で争う姿勢を示した。これにより「AKB喜び組」問題は裁判によって白黒付けられる事となった。

メンバー移籍問題

  • 上記の窪田康志と篠田麻里子の一件は、AKBに思わぬ変化をもたらしたとされる。それはスキャンダルが報じられた翌月に行われたライブ「満席祭り希望 賛否両論」での事。最後に、正規メンバー全員が自社のAKSから、別の芸能事務所へと移籍するというサプライズが行われたが、一見、メンバーにとっては嬉しいだけの事の様にも思えるが、AKSにとっては残っていた全メンバーを手放さなければならなったという非常事態。詳細は該当項目に委ねるが、窪田康志の「喜び組問題」によってAKSサイドは“メンバー”と、“主導権”を芸能プロダクションに奪われるという、一大転機にもなった。

KinKi Kids・堂本光一

  • インターネットでは篠田麻里子と堂本光一の目撃情報が流布しているが、信憑性のあるソースや具体的な証拠も上がってはいなかった。
2010年10月に『新堂本兄弟』にAKBがゲスト出演し、二人が共演した際、堂本光一が「ものすごい篠田さんとウワサになってるんやって。すごいらしい。会ったこともないもんね?」と噂話について話を切り出した。篠田麻里子の方は「『Mステ』で1回」と、昨年10月23日放送の『ミュージックステーション』で共演していたことを指摘。だが、その際にKinKiとAKB48はトークの絡みが一切なく、堂本光一は共演していたことすら覚えていないあり様で、「会ったっけ……?」と呆然としていた。いずれにせよ、本人たち自らが話題に触れ、噂は完全な“ガセネタ”であるとした[8]

島田紳助

  • 島田紳助は引退を発表する直前、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で篠田麻里子と共演。島田紳助が自分の"お気に入り"を番組に呼んでいたことは度々週刊誌などで報じられている通りだが、篠田麻里子に対しても同様だったようで獲物を狙うようないやらしい目で見ていたという。その後、メールアドレスを交換し、マメに落とそうと狙っていたがなかなか彼女はなびかなかったという[9]

SMAP・中居正広

  • AKB48・篠田麻里子の交際情報をめぐって、一部週刊誌が不穏な動きを見せているという。すでに複数の媒体が証拠集めや張り込み取材に動いているようだが、その相手はなんとSMAP中居正広というから驚きだ。この交際説がマスコミ関係者の間で囁かれだしたのは、1カ月ほど前から。篠田麻里子には、昼夜問わず張り込みが行われていたが、現在に至るまで決定的な証拠は出てきていないのが現状だ。
「SMAPとAKB48は共演も多く、特に中居とは『火曜曲!』(TBS系)で共演しています。ともに『歌が下手』という共通点で篠田との絡みは特に多く、中居も中居でAKB48の中ではサバサバした麻里子様のことがお気に入りのようです」(週刊誌記者)
日頃からスクープを追う記者の取材法のひとつに、「テレビやラジオでタレントの発言をくまなくチェックし、新しい恋人ができたのではという雰囲気を探し出す」という手法がある。今回の交際説のきっかけとなったのも、篠田麻里子のTwitter上での発言や番組内での絡みが発端だったようだ。
「『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でバッタリ会った時に『中居兄さんにもらった』と言って、SMAPの新アルバムの写真をTwitterに載せていました。このほかにも、2人の仲が良さそうだとネット上で話題になっていました。そこで『それじゃ、可能性があるなら張り込んでみようか』という流れになったようですね」(前出記者)
いまだ人気絶頂が続くAKB48の同性人気No.1と、日本を代表する男性アイドルグループのリーダーの熱愛情報。たとえガセでも、張り込む価値があるということか。業界内でウワサが広まりつつある現状に、芸能プロ関係者はこう見解を示す。
「一緒に食事をしたというだけで大騒動になってしまうことを、両者だけでなく所属事務所も十分理解しているはず。たとえ交際していたとしても、どちらかの家で密会なんてことさえ難しいですよ。ただでさえプライベートに気をつけなければいけない2人だけに、普通に考えて、おそらく付き合ってはいないでしょうが……」
火のないところに煙は……というものの、やはりこの交際情報はガセということなのだろうか。双方のファンからしても考えられない話だが、万が一なにか動きがあったときのために、取材を続ける媒体も存在しているようだ。果たして真相は?[10]

バッシング報道

スリーサイズ詐称疑惑

  • もともと、AKBのメンバーは公式HP上のプロフィールで、身長とスリーサイズを公開していた(※今年夏以降、HP上でのスリーサイズ表記は削除されている)。ただし、サイズは加入当初のまま更新されておらず、成長期にメンバー入りする少女も多いため、現在のスリーサイズとは大きく異なった表記が少なくなかった。例えば、すでに卒業したがチームKの小野恵令奈などは、活動中にどんどん成長し、今では90cmのFカップはあろうかという豊乳の持ち主。だが、卒業するまでHP上では「バスト78cm」のままだった。
そうした成長に伴う「逆サバ」が発生するのは致し方ないところだが、篠田麻里子に関しては全くの逆で、むしろバストサイズがダウンしているのである。当初、HP上で公開されていたスリーサイズは、上から87cm、57cm、85cmと、グラビアアイドル級の"超"ナイスボディー。しかしこのスリーサイズと篠田麻里子の肢体はどうも一致しない。バスト87cmと言えば、爆乳ムチムチグラドルとして人気を誇った篠崎愛(18)と同じ。ほしのあきでさえ、88cmだ。篠田麻里子はスリムな体型で腕や足もガリガリ、肉づきのよいタイプではないため、アンダーバストは65cm前後と予想される。とすれば、トップとアンダーの差が22cmということになり、彼女はおよそE~Fカップということになる。篠田麻里子はこれまで3冊の写真集を上梓しているが、面積の小さい水着を着用して両腕で肉を寄せても谷間すらできず、乳房の豊かさを感じさせるショットはまるでない。お世辞にも、巨乳とは言えないのである。
計測を間違えたのか、それともサバを読み過ぎてしまったのか。実際のサイズは、75~80cm前後でB~Cカップといったところだろう。それを裏付けるかのように、秋以降にグラビアを飾った「週刊ヤングジャンプ」(集英社)、「フライデー」(講談社)では、共にバストサイズを82cmに修正している。ただし、所属する大手芸能事務所・サムデイの運営する公式サイト上プロフィールでは、未だに87cmのままである[5]

態度

  • AKB加入時は、元カフェ店員だけありファンにも優しく接していたが、大手芸能事務所バーニング系列のサムデイに移籍してからは、態度が激変。握手会では無愛想な態度で、手を抜くようになった。代理店関係者によると、「裏表がすごいらしく、身内からは嫌われています」[11]
  • 最近はAKB48の人気が出てきたが、それに伴いメンバーが天狗になっているという話もちらほら。昔から前田敦子の名前はよく挙がっていたが、最近ではソロでレギュラー番組を持つ篠田麻里子も前田敦子に匹敵する傲慢ぶりとか。
カメラマン「篠田の場合は事務所の売り方もありますが、『ウチはソロでやれるので、雑誌はソロ以外やりません』などと仕事を選ぶので、AKB48で取材したい時は大変。篠田本人も『もうこれぐらいでいいでしょ?』と、雑誌の場合は明らかに手を抜いてきます。でもテレビの場合はニコニコとスタッフに自ら売り込むなど、完全に仕事を選んでいます」[12]
  • 芸能プロダクション関係者「篠田は歌唱力が低いため、歌手としてのソロデビューはまずありえない。女優としての資質も高くはないですが、事務所は女優仕事を詰め込んでいます。彼女の所属事務所は業界でも最大手で、バーニングの系列。藤原紀香をスターダムに押し上げた剛腕を持っています。現在、AKBの劇場公演やライブなどはAKS が、メディア露出のブッキングは同じくバーニングと親しい大手のケイダッシュが仕切るように分業されていますが、篠田のソロ仕事もケイダッシュ担当。事務所も本人も女性の支持層を厚くしたいとのことで、ファッション誌への露出は積極的ですが、男性向け週刊誌の取材やグラビアは渋るようになってきており、手を焼いているようです」[5]

ファン層

  • 「篠田の握手会の列には、ダブルのスーツを着た、40代くらいの"そっち系"の方ではないかとおぼしき男性がよく並んでいます。初期から現場に通っている古参ヲタの中にも、金髪でB系ファッションの人、チョイ悪なヒゲ面の人など、裏稼業系と思しき人もいました。そういう人たちはやたら金があって、ファンクラブ枠をいくつも持っています。握手会でも何度もループして、『鍵閉め』(握手会で最後のひとりになること。その時点でまだ握手券を何枚も持っていれば、その分長く話せる。握手券を大量に持っていれば、この「鍵閉め」になる確率は当然上がる)によくなっていました」(アイドルライター)
「鍵閉め」はファンにとってのステータスであり、ファンの中にはこうした資金力にモノを言わせる裏稼業のファンも少なからずいるようだ[13]

後輩潰し

  • 2012年6月、大いに盛り上がったAKB48 27thシングル選抜総選挙の中で、1位を奪還した大島優子よりも注目を浴びたのが、篠田麻里子のスピーチだった。据わりきった目で後輩たちを挑発する篠田麻里子の様子は、ファンですら「怖い」と震えさせるほどだった。この篠田麻里子のスピーチはスポーツ紙などのメディアでも大きく取り上げられた。彼女のスピーチを受けて、SKE48松井珠理奈や、NMB48山本彩が「言って下さったからには、行かせて頂きます!」とブログに記すなど、姉妹グループの一部メンバーは闘争心を燃やしているようだが、AKBに長く在籍する後輩たちは「とても潰しに行けない」と怖気づいているという。「篠田は26歳と年齢が高いだけでなく、本気で怖いですから…。すでに卒業した奥真奈美やSKE48の松井珠理奈など、かなり年の離れたメンバーには優しく接し、仲も良いのですが、中堅のコたちにはビビられていて、楽屋でも接触がないですね」(週刊誌記者)。篠田麻里子が「本気で怖い」とはどういうことか。例えば、昨年3月に放送された『週刊AKB』で、ドッキリ企画の最中に篠田麻里子がぶち切れたシーンは有名だ。「何で謝らなきゃいけねぇんだよ、おい!」「おい!何がおかしいんだよ、あん?」「お前が謝れよ!!」。篠田麻里子は周囲も凍りつく迫力で仁藤萌乃を恫喝。仁藤萌乃から奪い取った竹刀で机をバンバン叩きながら「あん?謝れよ、おい」と執拗に繰り返し仁藤萌乃を追い詰める篠田麻里子。そのときの篠田麻里子の目は、まさにヤンキーのそれ。驚き静まりかえった他のメンバーたちも、次第に「これはヤバイ」と感じたのか、教師役のカンニング竹山を呼ぶ。後に、これは「篠田による逆ドッキリだった」という説明がなされたが、あまりの迫力に「予想外にマジギレした篠田にスタッフも慌てて逆ドッキリだったと後付けしたのでは」とファンの間ではもっぱらだ。あれほど恐ろしい一面を見せつけられては、後輩たちが篠田麻里子を恐れるのも無理はない。昨年9月に開催された「じゃんけん大会」で優勝している篠田麻里子だが、彼女と対戦した後輩たちは一様に「気迫が凄かった」「目がマジで怖かった」と語っている。
おまけに「潰しに来い」と言っておきながら、篠田麻里子自身が「後輩潰し」をしている、という声もある。というのも、総選挙後の6月11日に別のメンバーが「Google+」にアップした凝った加工写真を、なんの説明もなく篠田麻里子は自身のTwitterに転載。篠田麻里子のフォロワーの多くは、彼女が加工したものと思い込み「すごい技術!」と称賛している。写真を勝手に使われたのは、チームK野中美郷。篠田麻里子と同じ福岡県出身で、08年に加入した6期生だ。現在、47都道府県を回る全国ツアー中のAKBだが、ツアータイトルは「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」。秋元康いわく「みんながテレビや映画や雑誌で見るのとは違うAKB48を観せたい」「こんなコもいるんだ、AKBって層が厚いね、と思わせたい」という意図で、これまでほとんど目立たなかった野中美郷の名をタイトルに冠したそうだ。野中美郷は写真のコラージュが得意で、よく劇場公演の後などに所属するチームKの全メンバーの楽屋写真を撮影し、16人分の顔を組み合わせて一枚の画像を構成、「Google+」やブログで公開している。11日にはチームAバージョンを作成して公開したのだが、その直後に篠田麻里子がTwitterで何の脈略もなく「わーーーー\(^o^)/チームA」というコメントと共にその画像をアップ。野中美郷の作品だということは、その前後にもまったく触れず…。一方の野中美郷は「Google+」上で「麻里子さまのツイッターで、麻里子作と勘違いされている模様です」と指摘するファンがいるものの、スルーして普通の更新を続けている。ここで篠田麻里子に絡んでいければ野中美郷自身の知名度も上がるはずだが、泣き寝入りの状態。気軽に声をかけられるような存在ではないということなのだろうか[14]

マネージャー恫喝

  • 2012年7月、テレビ出演に握手会にイベント、現在のAKB48は息をつく暇もないほど忙しい。中でもAKBとしてだけでなく個々の仕事が充実している選抜メンバーは、雑誌取材やピンでのテレビ番組収録、CM撮影など多忙だ。もちろん劇場公演や新曲のレコーディング、ダンスレッスンもある。女優としての仕事も多い大島優子、バラエティーのみならず主演映画の撮影、さらにHKT48の活動準備など目の回る忙しさの指原莉乃、主演ドラマの撮影中である小嶋陽菜などは、季節の変わり目ということもあって体調を崩しやすくなっているとか。だが今のAKBでもっとも忙しいのは、ソロでのCMが多くファッションモデルとしても活動する篠田麻里子なのだという。「朝から晩まで仕事が詰め込まれていることが多く、睡眠時間は平均3~4時間。それでも美貌の維持には他のメンバーの数倍気を使っていて、美容院には頻繁に通い、スキンケアや筋トレも怠らないそうです。ある意味、AKBでもっともプロ意識の高いメンバーなのかもしれません」(芸能記者)。だが、そのプロ意識が暴走しているとの話も聞こえてくる。ソロ仕事ではなく、AKB全体でのとある撮影現場での一幕だ。「大人数でガヤガヤしている現場だったのですが、篠田さんが突然、マネジャーを『おいッ、××!!』と大声で呼びつけたんです。一瞬、その場がシーンとしましたね。呼びつけられた男性マネジャーはすぐ駆け寄って、篠田さんから何か言われていたんですが……すっかり女王様と下僕、という雰囲気でした。前田敦子や板野友美も天狗になっていると悪評名高いですが、マネジャーを呼び捨てにするのはさすがにありませんよ」(関係者)。四六時中行動をともにするマネジャーだけに、篠田麻里子も態度が横柄になってしまったのだろうか。普段、彼女は雑誌取材などに愛想良く対応することで有名で、仕事がやりやすいと評判だっただけに、この豹変ぶりに関係者も仰天したのだという。もともと篠田麻里子の「恐ろしさ」はAKB内では周知の事実で、同期メンバーはまだしも後輩たちはほとんど彼女に寄り付かない。「握手会の楽屋でも、SKE48の松井珠理奈以外の後輩とは親しくしているのを見たことがない」とは前出の芸能記者の談だ。マネジャー恫喝の場面を目撃した後輩たちは、篠田麻里子の本性にいっそう震えあがっていることだろう[15]

愛煙

  • アイドルとタバコ。これほど最悪な組み合わせはそうそうお目にかかれないが、9月上旬、ネット掲示板で今をときめくAKB48メンバーの「喫煙情報」が流布された。自称「フジテレビの楽屋受付をする派遣社員」で「AKBファン」を名乗る人物が、今年いっぱいで終了がアナウンスされた音楽番組『HEY!HEY!HEY!』収録の際に、AKBメンバーたちの態度が悪かったと書き込んだのである。それによれば、その人物が「お茶出し」業務のために彼女たちの楽屋へ入室したところ、篠田麻里子と小嶋陽菜が「仲良くタバコ吸いながら髪をイジッてた」という。そのほか、共演者に挨拶回りをしていたのは大島優子と柏木由紀高橋みなみの三人だけだった、指原莉乃がトイレで「大」をしていたなどと暴露している。この書き込みは当然ながら波紋を呼び、掲示板に集う人々で真偽が検証されたが、結局は書き込みをした人物による「妄想」では、ということで落ち着いた。もし仮にこの人物が本当に楽屋を訪ねて得た情報を書き込んでいたとしても、業務上知り得たタレントの個人情報を公にすべきではなく、悪質な書き込みだ。それに篠田麻里子と小嶋は共に成人しており、喫煙していても何ら問題はない。ただし「アイドル」という肩書きを持っているがゆえに、喫煙癖は彼女たちの商品価値を大きく貶めることになる。
「現役アイドル時代に喫煙が発覚して痛い目にあったのは、元モー娘。加護亜依高部知子が有名。しかしいずれも未成年時だったためです。元アイドルでは小泉今日子が喫煙者であることを公表していますし、AKBも年長者は案外問題ないのでは。とはいえ、篠田は若い肉体づくりにストイックなので、わざわざ老化を早めるタバコを吸うとは思えませんけどねえ。小嶋も肌荒れを気にしているうえ、私生活でも女の子らしさ・アイドルらしさを貫いていますから、喫煙する理由がなさそうです。根っからのアイドル好きで、可愛いモノへの憧れが強いタイプなので“ワルぶって”タバコに手を出したりもしなさそうですし……悪質なデマなんじゃないですか?」(スポーツ紙記者)
一方で、アイドルでこそないが若い「女優」たちは、撮影現場などで比較的あけすけにタバコをふかしているという。有名なのが10月から日本テレビ系で主演ドラマがスタートする人気女優の北川景子。また、最近ヘビースモーカーであることが明らかになったのは、儚げなイメージのある蒼井優だ。蒼井優は「1時間しか我慢できなくて、1時間きっちりで中抜けして1本。また1時間して中抜け1本」と関係者に暴露されたこともある。
「待ち時間ならいいんですけど、インタビュー取材中にも堂々とタバコをくゆらせているのがちょっと……。これはアイドルグループのもそうですけどね。仕事中は控えてよ、って思っちゃいます。北川景子はさすがに取材中は吸いませんが、くわえタバコや歩きタバコは愛煙家としてちょっと問題。深田恭子も愛煙家で、前に週刊誌で泥酔した彼女が『恭子は~、お酒もタバコも好き!』と絶叫していたと伝えられたことがありますね。週刊誌といえば、榮倉奈々も芸人との飲み会で喫煙していたと報じられています。いずれも20代以上のタレントたちですから、マナーさえ守って吸えば別にいいんですけどね」(芸能ライター)
また、ドラマ『サマーレスキュー~天空の診療所~』(TBS系)の打ち上げで、三浦理恵子尾野真千子が会場テラスで豪快に喫煙していた姿も週刊誌に目撃されている。そのほか、華原朋美広末涼子も、かつて喫煙シーンを押さえられている。片瀬那奈安倍麻美柴咲コウ山本梓小向美奈子のように、タバコをくわえた状態で撮影した写真やプリクラが流出して発覚することも。もちろん前述のように、成人であれば何の問題もないが、禁煙促進の世論が高まっている現代で、喫煙者であるタレントのイメージは決していいとは言えず、商品価値の下落が心配される。とりあえず、愛煙家であるならば喫煙マナーだけはしっかり守ってもらいたいものだ[16]

その他

  • 大規模な握手会を開催することで「会いに行けるアイドル」として人気の基盤を築いたAKB48だが、気軽に会えることで“勘違い”するファンも増えてきた。恋人気取りで彼女たちへの溢れんばかりの愛をネット上に吐露する輩も目立つ。篠田麻里子にも「しつこいストーカーがいる」と話題である。2012年7月、TwitterおよびGoogle+での篠田麻里子の投稿に、一方的かつ意味不明なコメントを連投し、彼女から返信がないにもかかわらず毎日のように突っかかっている。たとえば、篠田麻里子の「もうすぐ写真集が発売される」という投稿に対して、「麻里子様ごめんCMの話、僕にはオファーが来てないんだけれどだまされてない?あと麻里子様と連絡がとれない(何故?)」「もうこの企画は使われてしまうので2人で目標にしていたものが一つなくなっちゃうね」などとコメント。さらに篠田麻里子のことを「ベストパートナーで一生一緒にいたい人」とし、「本当に結婚考えてくれてるよね?だから会いにきてくれてるんだよね?」とまで…。「妄想もここまで来ると圧倒されますね。この迷惑ファンは、チーム4の田野優花にもGoogle+で絡んでいて、『田野が特定のヲタと個人的にメールしている』という誤解を生みました。こういった思い込みの激しいファンは、ネット上で妄想をバラまくだけならまだしも、握手会で実際に接触することがあるわけですから、メンバーも怯えていますよ」(AKB48関係者)。AKBの握手会では、ファンがメンバーに暴言を吐いて問題とされたことが過去にもあり、個々のブースに警備員を配置して警戒しているものの、アクシデントは防げない状況だ。「もちろんほとんどのファンは普通の人で、『頑張ってください』とか応援の言葉をくださいますが、やはり中には勘違いして“オレ様”態度で触れてきたり、メンバーを“オレの女”扱いした態度をとる人もいます。先日の握手会では、よほどキモチ悪いファンに当たったのか、休憩時間になるや否やバックヤードに駆け込んできたメンバーのSが、鬼の形相で手をゴシゴシ洗浄している場面に遭遇してかわいそうになりました」(前同)[17]

出典

  1. ^ a b c d e 「AKBでもやってることが水商売の時と変わらない」篠田麻里子AKB48批判!? - メンズサイゾー 2011年9月29日
  2. ^ a b 「喜び組!?」AKB48運営、社長と篠田麻里子の愛人報道を否定 泥沼法廷劇に発展か - 日刊サイゾー 2010年2月11日
  3. ^ 『AKB48×プレイボーイ』
  4. ^ a b 『BUBKA』2010年12月号
  5. ^ a b c 第二の藤原紀香?AKB48ナンバーワン美女・篠田麻里子の疑惑を検証!! - メンズサイゾー 2010年12月26日
  6. ^ やまぐちりこの初体験は「枕営業」?AKB48時代のセックスを暴露 - メンズサイゾー 2010年12月14日
  7. ^ a b AKB48記事、誤報と提訴/週刊文春に1億5千万請求 - 四国新聞社 2010年6月1日
  8. ^ 『新堂本兄弟』で禁断の秘密に言及!! 堂本光一とAKB48篠田とのウワサの真相 - 日刊サイゾー 2010年11月2日
  9. ^ 篠田麻里子が島田紳助に狙われていた!? とのトンデモ情報!! - メンズサイゾー 2012年1月19日
  10. ^ AKB48篠田麻里子、「SMAP中居との交際」のウワサで業界騒然 - サイゾーウーマン 2012年8月30日
  11. ^ 『BREAKMAX』2010年7月号
  12. ^ AKB48・前田敦子の天狗っぷりが止まらない!? 今度はメンバーを恫喝か - 日刊サイゾー 2010年9月9日
  13. ^ アウトローには板野友美が大人気!? 瓜田純士、元ヤクザたちの推しメンとAKB48論 - 日刊サイゾー 2011年8月17日
  14. ^ 「潰しに来い」発言はパクリ!? むしろ「後輩潰し」に勤しむ篠田麻里子 - メンズサイゾー 2012年6月17日
  15. ^ 「おいッ××!!」篠田麻里子がマネジャーを恫喝、恐ろしすぎる素顔に後輩激震 - メンズサイゾー 2012年7月4日
  16. ^ 篠田麻里子・榮倉奈々・深田恭子も?ヘビースモーカー疑惑の真偽は - メンズサイゾー 2012年9月23日
  17. ^ 過剰ストーカーに怯えるAKB48「握手会の後、鬼の形相で手をゴシゴシ」する場面も - メンズサイゾー 2012年7月18日