エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ドーム1日めせとり)
64行目: 64行目:
 
{{書きかけ}}
 
{{書きかけ}}
 
[[ファイル:欅坂46_夏の全国アリーナツアー2019_東京ドーム公演_ロゴ.jpg|サムネイル|右]]
 
[[ファイル:欅坂46_夏の全国アリーナツアー2019_東京ドーム公演_ロゴ.jpg|サムネイル|右]]
* 9月18日公演では、全体曲の全ての曲のセンターを[[平手友梨奈]]が務めた。また、アンコールは1曲のみ行われ、約1年半ぶりに[[不協和音]]が披露された{{注釈|同曲を披露したのは、2018年4月8日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」3日目公演以来530日ぶり。平手がセンターを務めたのは、2017年12月31日に放映された第68回NHK紅白歌合戦以来626日ぶり、コンサートでは、2017年8月30日、千葉・幕張メッセで開催された「欅坂46 全国ツアー2017 真っ白なものは汚したくなる」最終公演以来749日ぶりとなった。}}。
+
* 9月18日公演では、全体曲の全ての曲のセンターを[[平手友梨奈]]が務めた。また、アンコールは1曲のみ行われ、約1年半ぶりに『[[不協和音]]』が披露された{{注釈|同曲を披露したのは、2018年4月8日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」3日目公演以来530日ぶり。平手がセンターを務めたのは、2017年12月31日に放映された第68回NHK紅白歌合戦以来626日ぶり、コンサートでは、2017年8月30日、千葉・幕張メッセで開催された「欅坂46 全国ツアー2017 真っ白なものは汚したくなる」最終公演以来749日ぶりとなった。}}。
  
 
;9月18日
 
;9月18日
93行目: 93行目:
 
#'''[[不協和音]]'''
 
#'''[[不協和音]]'''
 
</div>
 
</div>
 
  
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==

2019年9月18日 (水) 23:51時点における版

この項目は最新の出来事を記載しています。情報は出来事の進行によって急速に変更される可能性があります。(2019年8月)
欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 ロゴ 訂正.jpg

欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019』(けやきざかフォーティーシックス なつのぜんこくアリーナツアー2019)は、2019年8月16日から同年9月19日にかけて宮城・神奈川・大阪・福岡・東京で開催される欅坂46のコンサートツアー。

概要

公式サイトに掲載された暗号
  • 2017年から開催されている、『夏の全国アリーナツアー』の3年目。
  • 2019年6月24日の発表当初は、宮城・神奈川・大阪・福岡のホール・アリーナ会場のみ告知されていた[1]
  • 同年8月8日、追加公演として東京ドーム公演が発表された。欅坂46にとっては初の東京ドーム公演となる[2]。これに先駆け、前日の8月7日夜、公式サイトに謎の暗号が公開された[3][注釈 1]

出演メンバー

開催当時、欅坂46に在籍していたメンバー(2期生含む)。

平手友梨奈は怪我により、以下公演について、欠席もしくは一部のみの出演。

  • 宮城、神奈川:欠席[4]
  • 大阪・福岡:一曲のみ参加(後述

東京ドーム公演は織田奈那が欠席[5]

日程

  • 8月16日・17日・18日:宮城・ゼビオアリーナ仙台
    • (16日のみ)開場 17:00 / 開演 18:30
(17・18日)開場 15:30 / 開演 17:00
  • 8月22日・23日:神奈川・横浜アリーナ
    • 開場 17:00 / 開演 18:30
  • 8月27日・28日:大阪城ホール
    • 開場 17:00 / 開演 18:30
  • 9月4日・5日・6日:福岡国際センター
    • 開場 17:00 / 開演 18:30
  • 9月18日・19日:<追加公演>東京ドーム
    • 開場 15:00 / 開演 18:00

セットリスト

宮城・神奈川・大阪・福岡

  • 4会場、10公演とも共通
  • 大阪・福岡の計5公演でM15・避雷針の一曲のみ、平手友梨奈がセンターとして一部復帰[6][注釈 2]
  • 8月28日公演のオープニング映像から平手の映像が付け加えられた。
  • 総合振付とステージングはTAKAHIRO[7]
  1. OVERTURE
  2. アンビバレント
  3. 風に吹かれても
  4. 語るなら未来を…
  5. Student Dance
  6. 東京タワーはどこから見える?
  7. 君をもう探さない
  8. もう森へ帰ろうか?
  9. キミガイナイ
  10. 二人セゾン
  11. Nobody
  12. I'm out
  13. エキセントリック
  14. 月曜日の朝、スカートを切られた
  15. 大人は信じてくれない
  16. 避雷針

アンコール

  1. 危なっかしい計画


<追加公演>東京ドーム

この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 東京ドーム公演 ロゴ.jpg
  • 9月18日公演では、全体曲の全ての曲のセンターを平手友梨奈が務めた。また、アンコールは1曲のみ行われ、約1年半ぶりに『不協和音』が披露された[注釈 3]
9月18日
  1. OVERTURE
  2. ガラスを割れ!
  3. 語るなら未来を…
  4. Student Dance
  5. エキセントリック
  6. 世界には愛しかない
  7. 青空が違う
  8. バレエと少年
  9. 制服と太陽
  10. 二人セゾン
  11. キミガイナイ
  12. もう森へ帰ろうか?
  13. 僕たちの戦争
  14. 結局、じゃあねしか言えない
  15. サイレントマジョリティー
  16. 避雷針
  17. アンビバレント
  18. 風に吹かれても
  19. 危なっかしい計画
  20. 太陽は見上げる人を選ばない

アンコール

脚注

注釈

  1. ^ 日程と東京ドームの座標が記されていた
  2. ^ 宮城および神奈川公演の同曲センターは鈴本美愉
  3. ^ 同曲を披露したのは、2018年4月8日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」3日目公演以来530日ぶり。平手がセンターを務めたのは、2017年12月31日に放映された第68回NHK紅白歌合戦以来626日ぶり、コンサートでは、2017年8月30日、千葉・幕張メッセで開催された「欅坂46 全国ツアー2017 真っ白なものは汚したくなる」最終公演以来749日ぶりとなった。

出典

外部リンク