エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「梅原真子」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
148行目: 148行目:
 
*<s>[http://www.nmb48.com/member/umehara_mako/ NMB48公式サイトプロフィール]</s>
 
*<s>[http://www.nmb48.com/member/umehara_mako/ NMB48公式サイトプロフィール]</s>
 
*<s>[https://plus.google.com/117308735985370148240 Google+アカウント]</s>
 
*<s>[https://plus.google.com/117308735985370148240 Google+アカウント]</s>
 +
<!--
 
*[https://twitter.com/umehara_mako ツイッターアカウント]
 
*[https://twitter.com/umehara_mako ツイッターアカウント]
 
*[https://www.instagram.com/mako_si/ インスタグラムアカウント]
 
*[https://www.instagram.com/mako_si/ インスタグラムアカウント]
 +
-->
  
 
{{NMB48}}
 
{{NMB48}}

2019年6月13日 (木) 20:27時点における最新版

NMB48
梅原 真子 うめはら まこ
2013年NMB48プロフィール 梅原真子.jpg
公式ニックネーム

まこぽん

生年月日

1999年1月11日 (20歳)

出身地

京都府

血液型

A型[1]

身長

152cm[2]

合格期

3期生

選抜回数

0回

梅原 真子(うめはら まこ、1999年1月11日 - )は、NMB48の元メンバー。京都府出身。

略歴

2011年
  • 12月25日、NMB48第3期生オーディションに合格。
2012年
  • 2月18日、NMB48劇場において、3期生としてお披露目される。
  • 10月10日、チームBIIの結成に伴い、チームのメンバーに選出される。
2014年
  • 1月31日、卒業を発表。
  • 2月21日、卒業公演。
  • 3月2日、パシフィコ横浜でのサイン会をもって、NMB48としての活動を終了。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「誠の幸せを届けるように、真っ向勝負を挑ませていただきますえ。(よろしおす)京都府出身・中学3年生・14歳「まこぽん」こと梅原真子です」[3]
  • 公式ニックネームは、まこぽん。「ちなみにニックネームの『まこぽん』実は最初、候補にすらなかったんですょ」[4]
  • 平成11年1月11日というゾロ目生まれ[5]
  • 「真子」と名付けたのは母親。「お腹にいるときにひらめいたんだって。生まれて顔を見たらやっぱり真子やったって」[4]
  • 歌は得意だが、ダンスは苦手。運動も苦手[1]
  • 武器はマシンガントーク。でも天然キャラでメンバーからも突っ込まれる愛すべき存在[6]
  • チャームポイントは、広いおでこ。パッチリお目々[1]。出っぱったおでこはおじいちゃん譲り[6]で、困っていることは、デコイジリされること[7]
  • 父・母・本人・弟の4人家族[7]
  • 劇場支配人評。
「今は身長は小さいですが、これからがすごく楽しみです。絵がうまいので”絵画王”と呼ばれています」(2012年・金子剛[6]
「ラジオではトークのセンスが光ります。パフォーマンスも成長中で、京都弁もかわいらしいですね」(2013年・金子)[2]
  • 将来の夢は、どんな役でも演じられる女優。憧れているのは、小池栄子[1]

NMB48加入前

  • 4歳の時、弟が誕生。「お姉ちゃん、お兄ちゃん、あるある。弟、妹ができるとヤキモチでイジメる(笑)。でもやっぱりかわいい♪ ちなみに弟の名前はパパがつけたそうです」[4]
  • 幼稚園の頃から女優に憧れていて、絶対テレビに出たいっていう強い気持ちを思う[1]
  • キッズモデルとなり芸能活動を開始。ファッションショーや雑誌に出演する[1]
  • 小学校低学年の頃は、「家が好きであんまり友達と遊んでなかったかな? 逆に弟は毎日毎日、友達と遊んでる元気ボーイ」[4]
  • 小学4年生の頃は、「漢字テスト30点…ヤバイ雰囲気がただよいだす…(汗)」[4]
  • 小学校6年の初期の頃、「幼稚園のときから目指していた芸能関係に本格的に進みたく中学受験を決意! ただ、想像を絶する知能だったので塾に通う。しかし塾のテストで理科がグラフに表せないという事件が発生! テンスウガ、タカスギタのか…?(笑)。塾の先生から「理科は捨てましょう」と言われる」[4]

NMB48として

2011年

  • 中学1年の冬、NMB48第3期生オーディションに応募。オーディションを受けた動機は「同年代の女の子が一生懸命に頑張っているのをテレビで見て衝撃を受けたからです」[4]「まだAKBさんのことをあまり知らなかった時、何かで『会いたかった』を観たんです。それから調べて、AKB48さんだとわかって、アイドルに憧れを持つようになりました」[1]
  • 12月、オーディションの最終審査に合格。
「一次合格通知が届いた時は興奮したぁ~。続いて二次も合格…夢か? ついに三次オーディション! ダンスはめっちゃ下手でした…←あえて過去形…(笑)。歌った曲は、伊藤由奈さんの『Precious』めっちゃ得意で、自信アリアリやったんですが、サビに行く前にストップ…。落ちた…と確信した瞬間でした。数日後、合格通知が…イッツア、ミラクル!」[4]

2012年

  • 2月18日、NMB48劇場において、3期生としてお披露目される。
  • 4月29日、3期生公演「会いたかった」の初日公演が行われたが、22名の中から選ばれた出演メンバー16名の中に入ることが出来なかった。
ブログ「今日の公演に真子は、出られてません。舞台に立てなかったのは、今まだ、真子の実力が足らず、皆さまの前でお見できるレベルではなかったからです…。初日メンバー落ちを聞かされたとき、悔しくて、悲しくて涙が止まりませんでした…。そして今日も舞台の横からメンバーのパフォーマンスを見ていて涙が出て来ました…。でも今日は、悔し涙でも、悲しい涙でもなく、感動の涙でした…。みんなすごい!! 真子を応援してくださっていた皆さま、今日は出れなくて本当にごめんなさい…。でも真子も必ずあの舞台に立ちます!約束します! あと少しだけ待ってくださいね」[8]
  • 5月17日、3期生「会いたかった」公演に初めて出演し、初日を迎えた。
「なんとか初日公演終えました。緊張したぁ~。緊張したぁ~。『まこぽんコール』ちょー嬉しかったぁ。お花もありがとうございました。2回もいただいちゃて、ごめんなさい。ちょぉ~嬉しかば~い。 これからも応援してください」[9]
  • 8月6日、NMB48が出演するラジオ番組、YES-fm「じゃんぐる♥レディOh!」(月~水19:00~20:00)の月曜レギュラーとなる[10]
ブログ「わたくし梅原真子、レギュラーで出演!させていただけることになりましたぁ~! いつも応援してくださる皆さん肩のおかげでこうした、レギュラー番組をやらせていただくことができました。選抜発表のたびに皆さんをガッカリさせていたのに、いつも温かいコメントやお手紙などで励ましていただき、真子はまっすぐ前向きに頑張れています。本当に、ありがとうございます。ラジオは言葉だけで表現して皆さんに伝えるので、とても難しいと思いますが、そこはくちから生まれたぽん梅原! はーこと力を合わせて、がんばります! まこぽんウイルスを電波に乗せて、まこぽんちゅー毒感染者を増やすぞぉ。聴いてね」[11]
  • 10月10日、チームBII結成・お披露目「会いたかった」公演が行われ、チームBIIのメンバーに選出される[12]
ブログ「私、梅原真子はなんとなんとなんとチームBIIに入ることができましたー。今まで、真子のことを温かく見守って応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。「何で梅原やねん?」とか、叩かないでくださいね(笑笑)。てか、そんなこと言われないような、グレートアイドル梅原を目指します。三期生公演では、初日メンバーに入れずみんなよりもスタートが遅れました…。汗をいっぱいかいてがんばってるメンバーの姿をずっと袖で見ていた頃もありました…。色々な選抜にも外れてきた真子…。応援してくださってる皆さんをずっとずっとガッカリさせまくりでした…。そんな真子のことを見捨てずに手紙やブログのコメントなどで、はげまし元気付けてくださった皆さん。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。でもちょっとビックリしたでしょ?まさか真子が入るとは…ておい!←(笑)。自分のマイクを持ってステージにたてた嬉しさは一生忘れません!! どうか、これからも真子についてきてください!まこぽんチュー毒者をどんどん増やしていこーー(笑)。NMB48の一員としての自覚と責任をしっかりもってこれからも思いっきり頑張ります! 今日からチームBIIの梅原真子をよろしくお願いします」[13]

2014年

  • 1月31日、チームBII公演において、NMB48を卒業することを発表。チームBIIのメンバーでは、初めての卒業発表となった。
「私、梅原真子はNMB48を卒業します。NMB48で色々な活動を経験する中で、昔からあったもう一つの夢に対しての想いが次第に強くなってきました。
今まで通りNMB48の活動をしながら、その夢を追いかける事が出来ないかと何度も考えました。でも、私の性格上、NMB48の活動と両立をするのは難しく、どちらも中途半端な結果になってしまうのではないかと思います。たくさん悩んで悩んで考えた結果、NMB48を卒業して、もう一つの夢に向かって進む事を決意致しました。今年の春から高校生になります。夢に向かってこれからは勉強も頑張って行こうと思います。
今まで選抜に選ばれなくても、私をずっと応援し励まして下さった皆様、本当にありがとう御座いました。NMB48として活動してきた事、そして、今まで応援して下さった皆さんが私にとっての大きな財産です。NMB48としての活動は残りわずかとなりますが、宜しくお願い致します」[14]
卒業公演後の集合写真。
  • 2月21日、NMB48劇場で、卒業公演が行われる。
アンコールでは、梅原の希望により、思い入れの強い『桜の花びらたち』を3期生で披露した[15]
ブログ「こんばんは、まこちゃんです。今日は卒業公演でした!少しさみしさもありましたが…最高のメンバーに背中を押してもらえて、自分の夢に向けての決心もより強まりました。なんて素敵な世界に生まれたのだろうで、会場のみなさんが肩を組んで揺れてくださりました。それにペンライトが虹色でした。すっごく暖かい気持ちになれました。ぐぐたすなどのコメントでも今日の公演に来れなかった方からのエールもしっかり受け取りましたよ。本当にありがとう。この活動は私にとって大きな大きな宝物です!飛び級は必要ない。一歩一歩着実に進んでいきます!でも、少しずつでも必ず進歩して行きたいと思います。これからも組閣でどうなるかとか分からないですけど、チームBIIの応援よろしくお願いします!!これからも二人三脚してください。NMB48をこれからも愛してください!あ、でもまだ活動は少し残ってますから!!とりあえず、素晴らしい劇場でパフォーマンスをさせていただいていたことに感謝をして、この日々を自信に変えてこれからも精進してまいります。あと、少し見守っていてください・・それじゃ、おやすみなさい」[16]
  • 3月2日、パシフィコ横浜での『カモネギックス』劇場盤 なんば式サイン会をもって、NMB48としての活動を終了。
Google+「みなさん、本当に今までありがとうございました。これからNMB48としての梅原真子ではなく、梅原真子として歩み始めたいと思います。みなさんがいる。わたしはそう信じてこれから頑張ります。だからこれからもずっと温かい皆さんでいてください。NMB48を支え続けてください。本当に最後までわがままですが、わたしを応援してください。よろしくお願いします。今まで本当にありがとうございました。みなさん、大好きです。NMBありがとう!!まこ、頑張る!」[17]

交友関係

性格・趣味

  • 性格は、負けず嫌い、過去は振り返らない[8]
  • 長所は、イヤなことはすぐ忘れる[1]
  • 特技は、上手くないけどウェイクボード[1]
  • 趣味は、城・タワー探索[1]
  • 好きな食べ物は、お母さんの手料理[1]
  • 好きな野菜は、ピーマン、イチゴ[5]
  • 好きな色は、ピンク[7]
  • 好きな言葉は、「気合いで」[1]
  • 「茶っP」と「楽ッCー」というロングコートチワワを2匹飼っている[7]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

NMB48

AKB48

アルバムCD選抜曲

NMB48

AKB48

  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

出演

YNN NMB48 CHANNEL

出典

外部リンク