エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

「岩本蓮加」の版間の差分

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
3行目: 3行目:
 
| 名前 = 岩本 蓮加
 
| 名前 = 岩本 蓮加
 
| 読み = いわもと れんか
 
| 読み = いわもと れんか
| 画像 = [[ファイル:2018年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加 2.jpg|250px]]
+
| 画像 = [[ファイル:2019年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加.jpg|250px]]
 
| 公式ニックネーム =  
 
| 公式ニックネーム =  
 
| 所属事務所 = 乃木坂46合同会社
 
| 所属事務所 = 乃木坂46合同会社
51行目: 51行目:
 
ファイル:2018年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加.jpg|[[シンクロニシティ]]<br>(2018年)
 
ファイル:2018年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加.jpg|[[シンクロニシティ]]<br>(2018年)
 
ファイル:2018年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加 2.jpg|[[帰り道は遠回りしたくなる]]<br>(2018年)
 
ファイル:2018年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加 2.jpg|[[帰り道は遠回りしたくなる]]<br>(2018年)
 +
ファイル:2019年乃木坂46プロフィール_岩本蓮加.jpg|[[夜明けまで強がらなくてもいい]]<br>(2019年)
 
</gallery>
 
</gallery>
  

2019年10月11日 (金) 21:50時点における最新版

乃木坂46
岩本 蓮加 いわもと れんか
2019年乃木坂46プロフィール 岩本蓮加.jpg
所属事務所

乃木坂46合同会社

生年月日

2004年2月2日 (15歳)

出身地

東京都

血液型

B型

身長

157cm

合格期

3期生

選抜回数

2回

サイリウム

ピンク[1]

岩本 蓮加(いわもと れんか、2004年2月2日 - )は、乃木坂46のメンバー。東京都出身。乃木坂46合同会社所属。

略歴

加入以前
  • つりビット・Cupitronが所属するKisspoint Recordsのアイドル研究生「ファーストきすぽ」に所属していた[2]
2016年
  • 9月4日、乃木坂46第3期メンバーオーディションに合格[3]。LINE LIVE「乃木坂46 第3期生 決定スペシャル!」でお披露目。出版社コラボレーション特別企画賞で、「LOVE berry」(徳間書店)の特別賞を受ける[4]
  • 12月10日、乃木坂46 3期生「お見立て会」(日本武道館)でステージデビュー[5]
2018年

人物

キャラクター

  • 2016年9月の加入時に12歳で、乃木坂46メンバーの最年少。また、欅坂46、けやき坂46も含めた坂道シリーズのメンバー中でも最年少である。
  • 5歳年上の姉の影響で乃木坂46のファンになり、3期生に応募[7]

交友関係

  • 3期生最年長の吉田綾乃クリスティーと仲が良い[7]
  • 好きな先輩は齋藤飛鳥、週刊誌で「私が乃木坂を受けるきっかけになった方。今でもお話しするときは緊張してしまいます。」と話している[要出典]

性格・趣味

  • ギターが弾ける[7]
  • 景色の写真を撮るのが好き。[要出典]
  • 好きなYouTuberはえむれな、しばなんチャンネル、Fischer's、すしらーめん≪りく≫、スカイピース、まあたそ、怪盗PINKID、ゆなちゃんねる、マホト、すずしょうと。[要出典]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

脚注

  1. ^ 2017年始まりましたね 岩本蓮加- 3期生 公式ブログ 2017年1月1日
  2. ^ ファーストきすぽTwitter - 2015年9月14日
  3. ^ 乃木坂46 3期生メンバー決定! - 乃木坂46公式サイト 2016年9月4日
  4. ^ 乃木坂46新メンバー12人決定<プロフィール/ソロ写真/「anan」「non-no」など全20誌特別賞> - モデルプレス 2016年9月4日
  5. ^ 乃木坂46 3期生 初のイベント「お見立て会」12/10 日本武道館にて開催決定! - 乃木坂46公式サイト 2016年10月31日
  6. ^ テレビ東京系「乃木坂工事中」2018年7月2日の放送より
  7. ^ a b c 日経BPムック「日経エンタテインメント!アイドル スペシャル 2017」、日経BP、2017年。

外部リンク